ひと夏のファンタジア

ひと夏のファンタジア

©Nara International Film Festival+MOCUSHURA

監督:チャン・ゴンジェ/出演:キム・セビョク、岩瀬亮、イム・ヒョングク、康すおん
2014年/日本・韓国/96分/DCP/配給:「ひと夏のファンタジア」プロジェクト
2014-2016

公式ホームページ

舞台挨拶
7/10(日)上映後、岩瀬亮さん(出演者)の舞台挨拶が決定しました!

“夢の映画”をめぐる、ささやかな恋と無限の映画の物語。

第19回釜山国際映画祭・監督組合賞をはじめ、ロッテルダム国際映画祭などに選出され、第二のホン・サンス、韓国の是枝裕和として世界から注目を集める俊英チャン・ゴンジェの長編第三作は、河瀬直美プロデュースのもと奈良県で撮影された、映画を巡るファンタジー。韓国では公開1週間で1万人、公開1ヵ月で3万人を超える観客を動員し、インディーズ映画としては異例の大ヒットを記録した。

映画は、次回作の構想を練る映画監督の話と、若い男女の淡いラブストーリーの二部構成になっており、ふたつの世界を同じ俳優陣が演じわけている。それぞれの世界がモノクロとカラーで描きわけられている点にも注目だ。

監督のチャン・ゴンジェは、デビュー作『つむじ風』(2009)がバンクーバー国際映画祭グランプリ、自らの結婚生活をベースにした前作『眠れぬ夜』(2012)は全州映画祭グランプリと観客賞をダブル受賞し、香港、ロッテルダム、そして東京国際映画祭などで上映された韓国インディーズ界の雄だ。本作も香港、ロッテルダムの上映をはじめ、釜山国際映画祭・監督組合賞を受賞している。 映画監督の夢の映画とは何か。トリュフォーの『アメリカの夜』など映画製作の舞台裏を描いた名作群に連なる、新たな傑作の誕生だ。

第1章 韓国から奈良県五條市にシナリオ・ハンティングにやってきた映画監督のテフン。彼は日本語を話す助手のミジョンと共に、観光課の職員タケダの案内で町を訪ね歩く。古い喫茶店、廃校、一人暮らしの老人の家……インタビューを通し、寂れゆく町にも人々の営みを感じたテフンは、旅の最後の夜に不思議な夢を見る。目覚めたとき、窓の外には花火があがっていた…。

第2章 韓国から奈良にやってきた若い女性ヘジョン。彼女は五條市の観光案内所で知り合った柿農家の青年ユウスケと共に、古い町を歩き始める。ユウスケは徐々に彼女に惹かれるようになり…。

ひと夏のファンタジア

ひと夏のファンタジア

ひと夏のファンタジア

上映日時

7/9(土)~7/15(金) 7/16(土)~7/22(金) 7/23(土)~7/29(金)
10:30〜12:15 17:10〜18:50 20:00〜21:45

料金

一般 大学・専門 高校以下・シニア
通常 ¥1800 ¥1500 ¥1000
会員 ¥1500 ¥1200 ¥1000