現在上映作品

11/9(土)~

みとりし

みとりし

©2019「みとりし」製作委員会

2019年/日本/110分/配給:アイエス・フィールド
監督・脚本:白羽弥仁
原案:「私は、看取り士。」 柴田久美子著(佼成出版社刊)
企画:柴田久美子、榎木孝明、嶋田豪
出演:榎木孝明、村上穂乃佳、高崎翔太、斉藤暁、大方斐紗子、堀田眞三、片桐夕子、石濱朗、仁科貴

公式ホームページ

舞台挨拶
初日11/9(土)上映後、白羽弥仁監督の舞台挨拶&サイン会を開催いたします!

娘を亡くした喪失感の中、初めて知った“看取り士”という存在
誰にでも訪れる最期の日々を支え、「死」に穏やかに向き合うセカンドライフがはじまる

交通事故で娘を亡くした定年間際のビジネスマン・柴久生。家族ともバラバラになり、喪失感から自暴自棄になり、自殺を図ろうとした彼の耳に聞こえた「生きろ」の声。それは切磋琢磨して一緒に仕事に励んだ友人・川島の最期の声だったと彼の“看取り士”だという女性から聞かされる。聞き慣れない看取り士という職業に興味を持った柴は、「医師から余命告知を受けた人が最期をできるだけ安らかに旅立つことが出来るよう、お手伝いすること」が看取り士の仕事だと知る。
5年後、早期退職後セカンドライフの仕事として看取り士を選んだ柴の姿は、岡山県高梁市にあった。柴は小さな看取りステーション「あかね雲」で、ボランティアのスタッフたち、9歳で母を亡くした経験からこの職業を選んだ新人看取り士・高村みのり、新任の医者・早川奏太らと最後の時を迎える患者たちを温かく支えていく。

人生の最期、どこで旅立ちたいですか?
大切な人の最期、どのように送りたいですか?

誰にでも必ず訪れる最期の時。旅立つ人、そして送る人、それぞれの想いが走馬灯のように駆け巡る。その時、どのように旅立ち、どのように送るのか、予想することは難しい。それでも「こうしたい」という思いは誰にもあるのではないだろうか?その希望は、家族、パートナー、友人でも十分に理解し実行することは難しいことかもしれない。そんな希望を少しでも叶えるために近くでサポートしてくれる人が存在するならば、その役割を知ることは、人生の最期を豊かにしてくれるかもしれない。
高齢化社会になり、そして人間関係が希薄になった今だからこそ、「如何に死の瞬間を迎えるのか?」ということを考えなければならない現代。『おくりびと』(2008)は、亡き人を悼み送る納棺士の物語、『エンディングノート』(2011)は、旅立つ者の終活、そして残される家族へのメッセージを伝える物語だった。本作『みとりし』は、旅立つ者と送る者の最期の時間を温かく支える人々の物語である。

看取り士という仕事は、一般社団法人「日本看取り士会」の代表理事を務める柴田久美子さんの提案から始まった。多くの方を看取り、温かい時間を共に過ごしてきた経験を持つ彼女の著作「私は、看取り士。わがままな最期を支えます。」(佼成出版社)が『みとりし』の原案である。
彼女が以前より旧知の仲であった本作の主人公・柴久生を演じる榎木孝明とともに、「いずれ、死生観をテーマにした映画を作ろう」という想いを共有していたことをきっかけに、柴田氏の27年間の活動の集大成として映像化の話が進んだ。
自然豊かな岡山県高梁市を舞台に、主人公・柴久生の生き方を通して「如何に生き、死を迎えるか」の意味を伝える。主人公の 看取り士・柴久生役には、主役からバイプレイヤーまでこなす榎木孝明。成長の過程を歩む新人看取り士・高村みのり役には1,200名の中からオーディションで選ばれた新進女優の村上穂乃佳。そして、高崎翔太、斉藤暁、つみきみほ、宇梶剛士、大方斐紗子、櫻井淳子等の演技派俳優が脇を固める。監督は『She’s Rain』(1993)、『能登の花ヨメ』(2008)、『劇場版 神戸在住』(2015)、 『ママ、ごはんまだ?』(2017)などの数々の秀作を送り出してきた白羽弥仁。
やさしく、豊かな時間が流れる備中高梁を舞台に、最期を見守る看取り士の姿から、“生きる希望”に共感できる作品が完成した。

みとりし みとりし みとりし

上映日時

11/9(土)~11/15(金)
10:00~11:55
20:00~21:55 ※20:00回はレイトショー割レイト割

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

11/9(土)~

ディリリとパリの時間旅行

ディリリとパリの時間旅行

© 2018 NORD-OUEST FILMS – STUDIO O – ARTE FRANCE CINEMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – MAC GUFF LIGNE – ARTEMIS PRODUCTIONS – SENATOR FILM PRODUKTION

2018年/フランス、ベルギー、ドイツ/フランス語/94分/配給:チャイルド・フィルム
脚本・監督:ミッシェル・オスロ
音楽:ガブリエル・ヤレド
声の出演:プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ
後援:フランス大使館/アンスティチュ・フランセ

公式ホームページ

初日入場者プレゼント
初日11/9(土)ご来場のお客様に、特製クリアファイルプレゼント!数量限定、なくなり次第終了です!

ひとりぼっちのディリリが
パリで出会った、たからもの。

ベル・エポックの時代のパリ。 ディリリは、どうしても外国に行ってみたくて、ニューカレドニアから密かに船に乗りパリにやってきた。
開催中の博覧会に出演し、偶然出会った配達人のオレルとパリで初めてのバカンスを楽しむ約束をする。その頃、街の人々の話題は少女の誘拐事件で持ちきりだった。男性支配団と名乗る謎の集団が犯人だという。ディリリはオレルが紹介してくれる、パリの有名人たちに出会い、男性支配団について次々に質問していく。
洗濯船でピカソに“悪魔の風車”に男性支配団のアジトがあると聞き、二人は向かうが、そこでオレルは狂犬病の犬に噛まれてしまう。三輪車に乗ってモンマルトルの丘から猛スピードで坂を下り、パスツール研究所で治療を受け、事なきを得る。オペラ座では稀代のオペラ歌手エマ・カルヴェに紹介され、彼女の失礼な運転手ルブフに出会う。
ある日、男性支配団がロワイヤル通りの宝石店を襲う計画を知った二人は、待ち伏せし強盗を阻止する。その顛末は新聞に顔写真入りで大きく報じられ、一躍有名になったディリリは男性支配団の標的となり、ルブフの裏切りによって誘拐されてしまう。ディリリはオレルたち仲間の力を借りて男性支配団から逃げることができるのか? 誘拐された少女たちの運命は?

ベル・エポックのパリへ至福のタイムトリップ

アニメーションで独特の美しい世界を表現する、フランスの鬼才ミッシェル・オスロ監督の最新作はパリへの想いに溢れた宝石箱のような作品だ。
夕暮れのヴァンドーム広場、着飾った人々の集うオペラ座、チュイルリー公園や凱旋門など息をのむほどに美しいパリが描かれる。この風景は監督自身が4年間撮りためた写真をもとに作られ、黄金が滴り落ちるようなオペラ座の大休憩室の豪奢な輝きは、当時の華やかさそのままに再現されている。
19世紀末から20世紀初頭の、自由闊達で華やかなパリは、また世界中から多くの才能を惹きつけた時代でもある。映画に登場する著名人は100人を超える。女性として、母国では受けることのできなかった教育を求めてパリに来た化学者マリ・キュリー、細菌学者パスツールや、洗濯船に集う画家ピカソや、マティス。プルーストやアンドレ・ジッドら作家たちが登場する。音楽家のサティが「グノシエンヌNo.1」をピアノで弾き、ロートレックが描いたラ・グーリュやショコラが踊り、オペラ歌手エマ・カルヴェはドビュッシーの新作オペラ《ペレアスとメリサンド》の曲を歌う。街の至るところにミュシャのポスターが貼られ、サラ・ベルナールやエドワード皇太子が、ロワイヤル通りの宝石店に宝飾品を求めにやってくる。エマ・カルヴェの衣装を作るのは「キング・オブ・ファッション」とも称されたファッション・デザイナーのポール・ポワレだ。室内装飾はオルセー美術館やマルモッタン美術館などの協力を得て、監督がその高い美意識によって選んだ調度品で再構成された。ムーラン・ルージュやアイリッシュ・アメリカン・バーでの自由で洒脱な雰囲気は当時にタイムトリップしたかのような気分にさせる。

ディリリとパリの時間旅行 ディリリとパリの時間旅行 ディリリとパリの時間旅行

上映日時

11/9(土)~11/15(金) 11/16(土)~11/22(金) 11/23(土)~11/29(金)
12:10~13:50
※11/12(火)、11/14(木)は吹替版
休映 18:40~20:20
※11/24(日)は休映

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

11/2(土)~

春画と日本人

春画と日本人

©大墻敦

2018年/日本/87分/配給:ヴィジュアルフォークロア
監督・撮影・編集・製作著作:大墻敦
ナレーター:濱中博久
音楽:矢部優子、池田陽子、長谷川美鈴、長谷川武尚
協賛:国際日本文化研究センター
協力:国際浮世絵学会・文化資源学会
出演:小林忠(国際浮世絵学会会長)、浅野秀剛(国際浮世絵学会理事長)、木下直之(東京大学文化資学研究室教授)、石上阿希(国際日本文化研究センター特任助教)、浦上満(永青文庫春画展実行委員、古美術商)ほか[肩書きは取材当時]

公式ホームページ

「春画展割引」
春画展に行ったことが証明できるもの(チケット、図録、会場で撮影した写真、当時感想を投稿したSNSなど)を劇場受付でご提示いただくと、前売料金1,400円でご鑑賞いただけます!

舞台挨拶
初日11/2(土)12:10回上映後、大墻敦監督の舞台挨拶が急遽決定しました!

日本人は「春画」を知らない—
「世界が、先に驚いた。」 あの春画展から4年
驚きの内幕を描くドキュメンタリー

日本初の大規模な春画展が、2015年9月、東京の小さな私立博物館「永青文庫」で開幕された。国内外で秘蔵されてきた貴重な春画約120点を一堂に集めて展示する画期的な試み。それまで年間2万人の来館者だった永青文庫に、3ヶ月の会期中に21万人が押し寄せた。女性来館者55%、5人に1人が図録を購入するという異例の記録を打ち立て、美術界の話題をさらった。
開催までの道のりは困難を極めた。当初は、ロンドンの大英博物館で成功を収めた「春画展」の日本巡回展として企画されたが、東京国立博物館をはじめ国内の公私立博物館20館へ打診しても不調に終わった。海外で美術品として高く評価されている春画の展示が、なぜお膝元の日本ではすんなりと成立せず、小規模な私立博物館での開催となったのか。なぜ21万人もの熱狂的な観覧者が訪れたのか。映画は、展覧会を成功に導いた人々とともに「春画と日本人」をめぐる謎に迫っていく。

21万人が熱狂した「春画展」
テレビでは描けない「春画」のウラ/オモテ

男女の交わりや色恋を、鮮やかに、のびやかに表現した「春画」。葛飾北斎、喜多川歌麿、菱川師宣ら当代きっての浮世絵師のほとんどが絵筆をとり、当時最高水準の「彫り・摺り」の技術を用いた傑作が多い。しかし、明治時代になると、西洋的近代化を急ぐ政府は春画を徹底的に弾圧。何万の春画、数千の版木が燃やされ、名品が海外に流出した。
今では無修正の春画が出版され、書店で誰もが手に取り購入することができる。しかし実物を展覧会で展示することには見えない壁が立ちはだかる。この映画は、本物の「春画」を当たり前に観ることができる世の中を目指した人たちが体験した逆風と、知られざる苦労や努力を描きだしていく。すると春画の公開を問題視し、世間から隠そうとしてきた日本社会の摩訶不思議な《忖度》構造が浮かび上がってきた。

※18歳未満入場禁止

本作品は、「春画」のオリジナリティと、収集・保存・研究にかけてきた方たちの意図を尊重するため「春画」にぼかしやトリミングをかけることなく紹介しています。その主旨をご理解のうえ劇場でご覧ください。DVD販売・テレビ放送の予定はありません。

*キネマ旬報ベストテン2018年文化映画第7位

春画と日本人 春画と日本人 春画と日本人

上映日時

11/2(土) 11/3(日)~11/8(金) 11/9(土)~11/15(金) 11/16(土)~
12:10~13:40 11:50~13:20 18:10~19:45 未定

料金

一般 大学・専門・シニア
通常 ¥1800 ¥1100
会員 ¥1500 ¥1100

※18歳未満の方はご鑑賞いただけません。

11/2(土)~

アートのお値段

アートのお値段

2018年/アメリカ/98分/英語/DCP/配給:ユーロスペース
英語題:THE PRICE OF EVERYTHING
監督:ナサニエル・カーン
出演:ラリー・プーンズ、ジェフ・クーンズ、エイミー・カペラッツォ、ステファン・エドリス、ジェリー・サルツ、シモン・デ・プリ、ジョージ・コンド、ジデカ・アクーニーリ・クロスビー、マリリン・ミンター、ゲルハルト・リヒター

公式ホームページ

バスキア、クーンズ、バンクシー、リヒター・・・
なぜ現代美術は億単位で売れるのか!?
アートとお金の関係に迫った初のドキュメンタリー映画の誕生!

バンクシーが1億5000万円の絵を落札の瞬間に細断したり、ジェフ・クーンズのステンレス製のウサギの彫刻が存命のアーティストでは史上最高額の100億円で落札されたりと、日本でもアートオークションの話題がニュースを賑わすようになった。今やアート作品は株や不動産のように投資の対象となり、世界のアート市場はかつてないバブルに湧いている。世界各地でアートフェアやオークションが行われ、企業がアーティストとコラボする。私たちの生活でもアートを目にすることが増えてきた。その一方では投機目的で購入され、倉庫の暗闇に眠る作品もある・・・。
いつからアートが商品になったのか?誰が何のために買っているのか?そもそも、アートの値段とは?

『マイ・アーキテクト ルイス・カーンを探して』でアカデミー賞にノミネートされたナサニエル・カーン監督が、誰もが抱くそんな疑問を美術界の有力者たちにダイレクトに投げかけながら、アートとお金の関係を探るドキュメンタリー。情熱的なオークショナーや、時代を創るギャラリスト、バブルを憂う評論家に、アートに魅入られたコレクター。そしてジェフ・クーンズ、ラリー・プーンズ、ジョージ・コンド、マリリン・ミンター、ジデカ・アクーニーリ・クロスビー、ゲルハルト・リヒターといった超一流アーティスト。彼ら十人十色の価値観がせめぎあいながらも共存するめくるめくアートの世界をさすらいながら、カーン監督はもう1つの問いを私たちに投げかける。そもそも、アートの価値って何だろう? アート市場の舞台裏に、あなたの答えを探しに行こう。

映画を彩る現代アートの傑作の数々!

ジェフ・クーンズの『ラビット』をはじめ、ゲルハルト・リヒター、マウリツィオ・カテラン、アンディ・ウォーホール、デミアン・ハースト、ウーゴ・ロンディノーネ、村上隆ほか、200点近い近現代美術の傑作が次々に登場し、観る者の目を楽しませる。またアーティストたちのアトリエでの制作過程、サザビーズでの白熱のオークションの様子、さらには現代アートが初めて高値で取引された伝説のスカル・オークションの映像など、見どころが満載!

アートのお値段 アートのお値段 アートのお値段

上映日時

11/2(土)~11/8(金) 11/9(土)~11/15(金)
20:15~22:00 レイトショー割レイト割
※11/3(日)のみ20:30~22:15
16:15~18:00

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

11/2(土)~

あなたを、想う。

あなたを、想う。

© Dream Creek Production Co. Ltd./ Red On Red

2015年/台湾・香港/119分/配給:A PEOPLE CINEMA
原題:念念
監督・脚本:シルヴィア・チャン 
脚本:蔭山征彦
撮影:リョン・ミンカイ
出演:イザベラ・リョン、チャン・シャオチュアン、クー・ユールン、リー・シンジエ

公式ホームページ

舞台挨拶
クー・ユールンさんついに来日!11月3日(日)上映後、舞台挨拶が決定しました!

来場者プレゼント
ご来場の方に特製ポストカードをプレゼント!数量限定無くなり次第終了。

半券提示割
①台湾家庭小皿料理店「口福館(こうふくかん)」さんで、『あなたを、想う。』入場券半券を提示の方にデザートをサービス致します!
②台湾点心専門店「茂園(もえん)」さんで1,000円以上お買い上げの方で、『あなたを、想う。』入場券半券提示の方は10%offになります!

わたしにとどけ…、あなたのこころ。
それぞれの想いが生む、忘れえぬラストシーンへ。

台東の沖にある、美しい島・緑島で生まれたユーナンとユーメイ兄妹。二人に毎日のように人魚の物語を話して聞かせる母は、息子と夫を置いて幼いユーメイだけを伴い台北へと去り、間もなく他界した。月日は流れ、駆け出しの画家となったユーメイは、家族を引き裂いた母への怒りを抱えて生きている。ユーメイにはボクサーの恋人ヨンシャンがいるが、試合が近づいて過敏になる彼に妊娠したことを告げられずにいた。網膜剥離であることを隠して試合に臨んだヨンシャンは、コーチに選手証を取り上げられ途方に暮れる。彼にとってボクシングは、亡き父と自分を繋ぐ唯一のものだった。一方、ユーナンは台東で旅行ガイドとして忙しく働きながらも、孤独の中で過去を思う日々を送っている。ある夜、台風で足止めされて立ち寄った店で、ユーナンは、あまりにも切ない幻影に遭遇する……。

台北と、台東。美しい光と影の、映像世界。
内面深くあまりにも切ない、シルヴィア・チャン、作家の極地。

両親の離婚で離れ離れになった兄妹と、妹の恋人。3人の心の揺れや親への想い。その切なすぎる物語を、台北と台東の圧倒的に美しい風景の中に綴っていく。3人の若者の過去と現在が複雑に交錯しながら繰り広げられる物語の脚本をシルヴィア・チャン監督と共に手がけたのは、台湾で活躍する日本人俳優・蔭山征彦。彼が温めていた3つの短編の脚本が監督の目に留まり、1本の作品へと結実した。2015年に台湾を皮切りに各地で公開され高い評価を受けて、香港電影評論學會大奨で最優秀脚本賞を獲得。ヒロインに香港女優イザベラ・リョンを起用、彼女の恋人役を『花蓮の夏』『GF*BF』の人気俳優チャン・シャオチュアン、兄役を40年近いキャリアを誇る実力派クー・ユールンが演じた。また、兄妹の母をかつて監督に見出されたリー・シンジエが務め、蔭山征彦も写真出演している。
原題『念念』。2015年、第16回東京フィルメックス特別招待。

あなたを、想う あなたを、想う あなたを、想う

上映日時

11/2(土)~11/8(金) 11/9(土)~11/15(金)
18:00~20:05 14:00~16:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800
PAGE TOP ▲