現在上映作品

7/13(土)~

ジョージア[グルジア]映画祭in横浜

2019.7.13-8.2
17作品一挙上映

コーカサスから未知の感動

ქართული კინოს ფესტივალი იოკოჰამაში

誕生110年を迎えたジョージア(グルジア)映画、サイレント時代の伝説的作品から、70年間にわたるソヴィエト時代の名作、1991年独立後の混迷を経て蘇った現代ジョージア映画の数々は、真に映画の王国にふさわしい、傑作揃いです。ジョージア映画祭in横浜では、昨年の岩波ホール上映作品の中から短・中編を含む、選りすぐりの17作品を一挙上映、激動の時代を生きたジョージア民族の誇り、そして人々の息吹を感じ取っていただければ幸いです。

全国巡回主催:ジョージア映画祭・コミュニティシネマセンター
特別協力:ジョージア国立映画センター、ジョージア映画アカデミー
ジョージアフィルム、ジョージア映画発展基金
企画:はらだたけひで/企画協力・日本語字幕:児島康宏/上映素材制作:大谷和之
協力:ザジフィルムズ、ダゲレオ出版[イメージフォーラム・フィルム・シリーズ]

■ジョージア(グルジア)Georgia=Sakartveloについて


ジョージアはコーカサス山脈の南に位置し、ロシア、アゼルバイジャン、アルメニア、トルコと国境を接している。面積は北海道の約80%、人口は約370万人。ジョージア人を中心に多様な民族が暮らし、主な宗教はジョージア正教である。ジョージア語では国名をサカルトヴェロという。3000年の古い歴史をもち、東西交易の要所であるために他国から度重なる侵略を受けてきたが、今日まで独自の言語、文化を守り通してきた。ロシア帝国から脱却した1918年を独立した年とするので2018年は100年にあたる。70年間、ソ連邦に組み込まれていたが1991年に独立を回復する。しかし内戦とともにアブハジア、南オセチアで分離独立の紛争が起こり、国内は混乱した。現在、状況は改善され、ワイン発祥の地といわれるこの国には世界から多くの観光客が訪れ、映画などの文化芸術は人々に新鮮な驚きを与えている。

入場料

『陽のあたる町』以外の作品

当日料金:一般1,500円/会員1,200円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

『陽のあたる町』のみ
当日料金:一般1,800円/会員1,500円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

トークイベント

7.20㊏12:10回『映像』『ケコとコテ』上映後 ゲスト:はらだたけひでさん
*イベント終了後、ロービーにおいて「はらだたけひでさんを囲む会」開催予定!お時間の許す方はこちらもぜひご参加下さい!

(原田健秀)絵本作家、ジョージア(グルジア)文化研究。1954年東京生まれ。2019年2月まで44年間、岩波ホールに勤務する。1978年公開の『ピロスマニ』以降、同ホールでのジョージア映画公開に努め、昨年は創立50周年記念としてジョージア映画祭を企画する。絵本に『パシュラル先生』のシリーズ、『フランチェスコ』(ユニセフ=エズラ・ジャック・キーツ国際絵本画家最優秀賞)、『しろいおひげの人』など多数。著作に『グルジア映画への旅』、『放浪の画家ニコ・ピロスマニ』、『放浪の聖画家ピロスマニ』などがある。

上映スケジュール 全17作品

7/13(土) 7/14(日) 7/15(月) 7/16(火) 7/17(水) 7/18(木) 7/19(金)
祈り13:40-14:58
祈り
希望の樹13:40-15:35
希望の樹
懺悔ざんげ13:40-16:13
懺悔ざんげ
陽のあたる町13:40-15:30
陽のあたる町
祈り13:40-14:38
祈り
希望の樹13:40-15:35
希望の樹
映像微笑んで映像微笑んで13:40-15:30
映像
微笑んで
懺悔ざんげ15:05-17:40
懺悔ざんげ
陽のあたる町15:45-17:35
陽のあたる町
祈り16:20-17:40
祈り
希望の樹15:45-17:40
希望の樹
懺悔ざんげ15:05-17:40
懺悔ざんげ
陽のあたる町15:45-17:35
陽のあたる町
ダンサー少年スサ15:45-17:40
ダンサー
少年スサ

予定表 横にスクロールできます

7/20(土) 7/21(日) 7/22(月) 7/23(火) 7/24(水) 7/25(木) 7/26(金)
映像ケトとコテ※映像ケトとコテ※12:10-13:51
映像
ケトとコテ
トークイベント
私のお祖母さんスヴァネティの塩私のお祖母さんスヴァネティの塩12:10-14:05
私のお祖母さん
スヴァネティの塩
西暦2015年ブラインド・デート12:10-14:05
西暦2015年
ブラインド・デート
映像微笑んで映像微笑んで12:10-14:00
映像
微笑んで
他人の家12:10-14:00
他人の家
少女デドゥナメイタン 世界のへそ12:10-14:05
少女デドゥナ
メイタン 世界のへそ
西暦2015年大いなる緑の谷12:10-13:55
西暦2015年
大いなる緑の谷
西暦2015年大いなる緑の谷14:30-16:10
西暦2015年
大いなる緑の谷
少女デドゥナメイタン 世界のへそ14:15-16:10
少女デドゥナ
メイタン 世界のへそ
他人の家14:15-16:05
他人の家
西暦2015年ブラインド・デート14:15-16:10
西暦2015年
ブラインド・デート
ダンサー少年スサ14:15-16:10
ダンサー
少年スサ
映像ケトとコテ※映像ケトとコテ※14:15-16:05
映像
ケトとコテ
私のお祖母さんスヴァネティの塩私のお祖母さんスヴァネティの塩14:15-16:10
私のお祖母さん
スヴァネティの塩

予定表 横にスクロールできます

7/27(土) 7/28(日) 7/29(月) 7/30(火) 7/31(水) 8/1(木) 8/2(金)
西暦2015年ブラインド・デート18:00-19:55
西暦2015年
ブラインド・デート
他人の家18:00-19:50
他人の家
少女デドゥナメイタン 世界のへそ18:00-19:55
少女デドゥ
ナメイタン 世界のへそ
映像ケトとコテ※映像ケトとコテ※18:00-19:50
映像
ケトとコテ
希望の樹18:00-19:55
希望の樹
懺悔ざんげ18:00-20:33
懺悔ざんげ
祈り18:00-19:25
祈り
ダンサー少年スサ20:05-22:00
ダンサー
少年スサ
映像微笑んで映像微笑んで20:05-21:55
映像
微笑んで
西暦2015年大いなる緑の谷20:05-21:50
西暦2015年
大いなる緑の谷
私のお祖母さんスヴァネティの塩私のお祖母さんスヴァネティの塩20:05-22:00
私のお祖母さん
スヴァネティの塩
陽のあたる町20:05-21:55
陽のあたる町
祈り20:40-22:00
祈り
希望の樹19:40-21:35
希望の樹

予定表 横にスクロールできます

7/13(土)~

サスペリア<4Kレストア版>

サスペリア4Kレストア版

© VIDEA S.P.A.

1977年/イタリア/英語/99分/DCP/配給:合同会社是空、株式会社ハピネット
原題:SUSPIRIA
監督:ダリオ・アルジェント
脚本:ダリオ・アルジェント、ダリア・ニコロディ
撮影:ルチアーノ・トボリ
音楽:ゴブリン
出演:ジュシカ・ハーパー、ステファニア・カッシーニ、ジョーン・ベネット、アリダ・ヴァリ、フラビオ・ブッチ、ウド・キア、ミゲール・ボゼ

公式ホームページ

トークイベント
7/20(土)20:10回上映後、落合寿和さん(本作字幕翻訳)によるトークイベントがございます!
*数々のホラー作品の字幕翻訳を手がける字幕演出家。最新刊「映画の字幕ナビ」

鬼才ダリオ・アルジェントが創造したゴシック・ホラー映画の金字塔! 全世界に衝撃を与えた、極美の4Kレストア版!

白いトウシューズが真赤に染まったとき スージーは、それが全て現実だと知った…。
アメリカからドイツのバレエ学校に留学してきたスージー。到着早々、彼女の周囲で奇妙な事件が次々と発生する。天井から落ちてくるうじ虫。盲導犬に噛み殺される盲目のピアニスト。学校に隠された秘密とはいったい何なのか・・・。
宝石のようにきらめく色彩の乱舞と華麗な殺人描写が観るものを圧倒する、イタリアを代表するホラー映画監督ダリオ・アルジェントの地位を決定づけたマスター・ピース。

2017年に製作40周年を記念し、本国イタリアで35mmオリジナルネガから初の4Kデジタルレストア版(撮影監督ルチアーノ・トヴォリ監修/最終承認)として甦った。2018年ローマにて3日間限定で行われた上映イベントでもその美しさが絶賛された、今なお色あせることのないホラー映画の傑作中の傑作。
※横浜シネマリンでの上映は4Kレストア版を元にした2K版となります。

サスペリア4kレストア版 サスペリア4kレストア版 サスペリア4kレストア版

上映日時

7/13(土)~7/19(金) 7/20(土)~7/26(金)
19:40~21:20 20:10~21:55レイトショー割レイト割

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

7/6(土)~

99歳 母と暮らせば

99歳 母と暮らせば

2018年/日本/92分/配給:イメージ・テン、ムービー・アクト・プロジェクト
監督・編集・企画・撮影・ナレーション:谷光章

公式ホームページ

トークイベント
●7/7(日)10:00回上映後、脳科学者・恩蔵絢子(おんぞうあやこ)さん、谷光章監督のトークイベントがございます。
●7/12(金)10:00回上映後、吉田勝明さん(日本老年精神医学会専門医、精神科専門医、横浜相原病院院長、著書「認知症は接し方で100%変わる!」)、谷光章監督のトークイベントがございます。
●7/10(水)、7/13(土)10:00回上映後、谷光章監督の舞台挨拶がございます。!
●7/19(金)10:00回上映後、谷光章監督の舞台挨拶がございます!

人生100年時代を楽しく生きるヒントが満載!
支え、支えられながら共に生きることのいとおしさが
じんわりと心にしみる、驚きと感動のヒューマンドキュメンタリー。

お茶目で天真爛漫でワガママ、認知症の進む99歳の母と、仕事の場を実家に移して介護を始めた71歳の息子。
在宅介護、老々介護のリアルな暮らしの中で繰り広げるユーモアあふれるとぼけた会話と摩訶不思議。認知症のための記憶障害、昼夜逆転、幻覚、幻視、物盗られ妄想、足腰の衰え、下の失敗、肺炎・・・高齢になるとほとんどの人が経験するさまざまな症状と付き合いながら、母の人生最終章を気持ちよく楽しく過ごさせるために奮闘する家族の姿が映し出される。
人生100年時代、介護される人もする人も共に幸せに暮らせる介護とは?穏やかで心地よい老後とは?高齢者と暮らす家族の在り方とは?
映像作家の谷光章が、白寿を迎えた母との生活を記録したセルフドキュメンタリー。

99歳 母と暮らせば 99歳 母と暮らせば 99歳 母と暮らせば

上映日時

7/6(土)~7/12(金) 7/13(土)~7/19(金)
10:00~11:40 10:00~11:35

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

7/6(土)~

ずぶぬれて犬ころ

ずぶぬれて犬ころ

©戸山創作所

2018年/日本/100分/DCP/配給:パンドラ
監督:本田孝義
原作:横田賢一「生きいそぎの俳人 住宅顕信―25歳の終止符」
脚本:山口文子
撮影:鈴木昭彦
音楽:池永正二
出演:木口健太、森安奏太、仁科貴、八木景子、原田夏帆、脇田敏博、坂城君、柳田幸則、渡辺厚人、金本保孝、田中美里

公式ホームページ

舞台挨拶
初日7/6(土)13:00回上映後、本田孝義監督、木口健太さん、森安奏太さん、原田夏帆さん、柳田幸則さんによる舞台挨拶がございます!
最終日7/19(金)11:45回上映後、本田孝義監督の舞台挨拶がございます!

夭逝の俳人・住宅顕信。
ひとつの句が過去と現在を繋ぎ、人生を動かし、変えていく

2017年、小堀明彦は中学校でいじめにあっていた。教頭の諸岡は、掃除用具に閉じ込められていた明彦を見つける。教室に落ちていた張り紙「予定は決定ではなく未定である」を書いたのは、住宅春美という、かつて諸岡が関わった生徒だったことを語り始める。
1980年前後、住宅春美が働いていた食堂で彼女を紹介されたこと、商店街で再会したこと、春美が得度し「顕信」という法名になり「無量寿庵」という仏間を作ったこと。そして25歳の若さで亡くなったこと。
小堀は、諸岡から借りた住宅顕信の句集「未完成」を読み始め、その俳句と住宅顕信の生涯に徐々にのめり込んでいく。1984年、22歳の住宅顕信は急性骨髄性白血病を発症。家族の献身的な介護に支えられながら、句作に没頭していく。しかし病状が悪化し句集「未完成」の原稿を握り締めながら1987年、25歳の若さで亡くなるのだった。小堀は住宅の句と生き方に感銘を受け少しずつ変わっていく……。

人は、もがきながら生きている
すべてを俳句に捧げたその短い人生が、いま静かに現代を撃つ

岡山に生まれ25歳という若さでこの世を去った俳人・住宅顕信。5・7・5の字数にとらわれない自由律俳句を詠み、生涯に残した俳句はわずか281句。22歳の時に得度し浄土真宗本願寺派の僧侶となった。空前の俳句ブームと言われる現在、その死後に日常をテーマとした俳句と生き様が脚光を浴びている。その俳句と共にいきた稀有な人生を、生きづらさを感じながら生きる現代の中学生と重ね合わせて描いた『ずぶぬれて犬ころ』。
ドキュメンタリー映画『船、山にのぼる』『モバイルハウスのつくりかた』の本田孝義監督が初の劇映画に挑む。同郷の住宅の俳句と人生から「生きろ」というメッセージを感じ、オール岡山ロケと地元の熱い協力で本作を完成させた。
主演は『おんなのこきらい』『21世紀の女の子』で注目される木口健太。住宅を演じるために髪を短く切り、鬼気迫る演技で新境地を開いた。住宅の俳句に励まされる中学生・小堀を演じるのは岡山出身の新鋭、森安奏太。特別出演の田中美里ほか、実力派ぞろいが短くも強烈なひとりの人生を彩る。
人はどのように生き、そして去っていくのか。どの時代にも通づる普遍的なテーマが貫かれる。

ずぶぬれて犬ころ ずぶぬれて犬ころ ずぶぬれて犬ころ

上映日時

7/6(土)~7/12(金) 7/13(土)~7/19(金)
13:00~14:45 11:45~13:30

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

6/29(土)~

マルリナの明日

マルリナの明日

CINESURYA – KANINGA PICTURES – SHASHA & CO PRODUCTION – ASTRO SHAW © 2017 ALL RIGHTS RESERVED

2017年/インドネシア・フランス・マレーシア・タイ合作/95分/インドネシア語/配給:パンドラ
監督:モーリー・スリヤ
出演:マーシャ・ティモシー、パネンドラ・ララサティ、エギ・フェドリー、ヨガ・プラタマ

公式ホームページ

美貌の未亡人マルリナが、自らの正義と明日をかけて、誰も見たことのない復讐の旅に出る―!

夫と子どもを亡くし、荒野の一軒家で暮らす天涯孤独のマルリナ。突然、彼女のすべてを奪おうとする7人の強盗団に襲われた。暴行を受けながらも、次々と強盗団を倒し、首領マルクスの首を刎ねて窮地から脱出。自らの正当防衛を証明するため、たった一人で、警察署へと向かう。だが、強盗団の残党達はマルクスの復讐を誓って、彼女の跡を追い始めていた…。

全く新しい「闘うヒロイン」に喝采!!!
インドネシアの荒野から放つ 超痛快“ナシゴレン・ウェスタン”!

哀愁が漂うマカロニ・ウェスタンの音楽、獲物を狙うように鈍く光る剣ナタ、灼けつく太陽と果てしない荒野…。インドネシアの若き女性監督が、この上ない映画愛をあふれさせながら、前代未聞の雰囲気を全編にまとわせ、全く新しい〈闘うヒロイン〉を生み出した!このインドネシアの流儀で貫かれた、ひとりの女性の闘いの物語は、さりげないユーモアも織り交ぜた会心の娯楽活劇として、カンヌをはじめ世界各国の映画祭で賞賛の嵐!まさに、異色の傑作エンタテイメントともいうべき、インドネシア流西部劇=“ナシゴレン・ウェスタン”が誕生した!

マルリナの明日 マルリナの明日

上映日時

6/29(土)~7/5(金) 7/6(土)~7/12(金) 7/13(土)~7/19(金)
11:45~13:25 16:20~18:00 未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

6/22(土)~

誰がために憲法はある

誰がために憲法はある

©「誰がために憲法はある」製作運動体

2019年/日本/69分/DCP/配給:太秦
監督:井上淳一
「憲法くん」作:松元ヒロ
製作:馬奈木厳太郎
プロデューサー:片嶋一貴
音楽:PANTA
出演:渡辺美佐子、高田敏江、寺田路恵、大原ますみ、岩本多代、日色ともゑ、長内美那子、柳川慶子、山口果林、大橋芳枝

公式ホームページ

舞台挨拶
6/23(日)10:00回上映後、井上淳一監督の舞台挨拶がございます!
7/20(土)16:20回上映後、井上淳一監督の舞台挨拶がございます!

芸人・松元ヒロの一人語り「憲法くん」を演じる名優・渡辺美佐子の鎮魂の旅

「憲法くん」とは、井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛したお笑い芸人・松元ヒロが20年以上、日本国憲法の大切さを伝えるためユーモラスに演じ続けている一人語りである。「憲法くん」はこう言う。「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」。そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子。文字で読む憲法と違い、本作で朗読される日本国憲法前文は、心の奥深くに突き刺さる。

わたしたちは、世界でいちばん、強くて素晴らしい武器をもっている。
原爆朗読劇を続けるベテラン女優陣が語る戦後、未来へ託す思いとは――

渡辺美佐子は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺が中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇をやり続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを語る姿を映し出す。
監督は『大地を受け継ぐ』(15)で原発事故により汚染された土地で農作物を作り続ける農家と、そこを訪れる学生たちの姿を真摯に見つめたドキュメンタリーを手掛けた井上淳一。同作でもタッグを組んだ弁護士の馬奈木厳太郎とともに、「憲法とは何か?なぜできたのか?」という原点を見つめ直すことができる作品を完成させた。子どもから大人まですべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー!

誰がために憲法はある 誰がために憲法はある 誰がために憲法はある

上映日時

6/22(土)~6/28(金) 6/29(土)~7/5(金) 7/6(土)~7/12(金)
10:00~11:20
19:10~20:25
18:55~20:10 14:55~16:10

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1700 ¥1100 ¥800
会員 ¥1400 ¥1100 ¥800
PAGE TOP ▲