現在上映作品

“仮設の映画館”で上映中

グリーン・ライ 〜エコの嘘〜

グリーン・ライ 〜エコの嘘〜

©e&a film

2018年/オーストリア/97 分/配給:ユナイテッドピープル
原題:The Green Lie
監督:ヴェルナー・ブーテ
出演:ヴェルナー・ブーテ、カトリン・ハートマン、ノーム・チョムスキー、ラージ・パテル、ヴィンセント・ハンネマン、ディーン・ブランチャード、スコット・ポーター、ソニア・グァジャジャラほか

公式ホームページ

仮設の映画館はこちらからご覧いただけます!

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,300円を当館受付にて発売中!特典:特製ポストカードをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

「環境に優しい」「サステナブル」
耳触りの良い言葉の裏側に隠された残酷な真実に迫る

スーパーで見かける「環境に優しい」商品。買うだけでオランウータン、海、そして熱帯雨林まで救えるというが本当だろうか?確かに「お買い物は投票」というように一人ひとりの消費行動は企業に影響を与える力がある。でも、本当に正しく消費するだけで世界を救えるのだろうか?
ヴェルナー・ブーテ監督は、グリーンウォッシングの専門家カトリン・ハートマンとスーパーを訪れ、カップスープ、ピザやドレッシングなど多くの既製品に「持続可能な」と表示のあるパーム油が使われていることを知る。「持続可能なパーム油なんてない」と主張するカトリンに驚き、実態が知りたくなった監督は世界一周航空券を買い、ハートマンと一緒に旅に出た。
2人がまず向かったのは、パーム油の生産量世界一のインドネシア。数日前まで熱帯雨林だったが、パーム油農園を拡大するため企業によって不法に焼き尽くされた土地を現地の活動家の案内で訪れると、監督はその痛ましい惨状を見て絶句する。どうしても普段の買い物と、森林破壊が結びつかない。どうすれば環境破壊をせずに済むのか?買わないことなのか、正しい消費の選択をすることなのか? 2人はブラジル、ドイツ、米国を巡って、様々な業界の実態を調べていく。そして著名な学者ノーム・チョムスキーなどに解決方法を聞きに行く。そこで目にするのは、目を覆いたくなるような衝撃の事実だった!
持続可能な未来のために、私たち一人ひとりがどう行動するべきか問うドキュメンタリー。

グリーン・ライ 〜エコの嘘〜 グリーン・ライ 〜エコの嘘〜 グリーン・ライ 〜エコの嘘〜

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

“仮設の映画館”で上映中

どこへ出しても恥かしい人

どこへ出しても恥かしい人

© SHIMAFILMS

2019 年/日本/64分/DCP/配給:シマフィルム株式会社
監督:佐々木育野
撮影:高木風太
編集:宮本杜朗、松野泉、佐々木育野
出演:友川カズキ、石塚俊明、永畑雅人、及位鋭門、及位然斗、及位玲何、大関直樹、安部俊彦、林秀宣 六兵衛鮨、菊池豊ほか

公式ホームページ

仮設の映画館はこちらからご覧いただけます!

ちあきなおみ、大島渚、中上健次らを魅了したアーティスト、友川カズキ
その競輪に狂う日々を記録したドキュメンタリー

ミュージシャン、画家、詩人としてカルト的人気を誇る友川カズキ。1974年にレコードデビュー、代表曲に「生きてるって言ってみろ」、ちあきなおみに提供(作詞作曲)した「夜へ急ぐ人」などがある。画家としても活動を始め、1985年に初の個展を開催。その多彩な表現活動は、中上健次(作家)、大島渚(映画監督)ら多数の芸術家、文化人から惜しみない賛辞を浴びた。異形のアーティスト、友川カズキの2010年夏の記録を収めたドキュメンタリー。

ギャンブル、音楽、絵画――
何十年も変わらないこの鋭利な表現はどこから湧き出すのか

一部では高く評価されながらも、広く大衆に受け入れられることはなく、川崎の小さなアパートで今も粛々と暮らしている友川。20年来、どっぷりのめり込んでいるのが競輪で、3年ぶりに会う大学生の四男までも競輪場に連れ出し指南するほどのハマりっぷり。本人は「競輪が病気なら、生涯治らないでほしい」と豪語する。いくら負けても大穴狙いで、競輪仲間には滅多に当たらないとも言われている。それでも、今日もまた一日の大半の時間を競輪場に出向くか、あるいは家でのレース予想に割いている。映画はその生活の一部始終をカメラが捉えていく。部屋のTVの前で、競輪場で、車券を握りしめて叫ぶ姿、近所の公園の噴水で水浴びをする姿、そして絵を描き、ライブで歌う姿……この現代にあって奇跡的ともいえる無頼詩人・友川カズキの慎ましくさえ見える日常の中で、もはやギャンブルや音楽というジャンルに収まりきらないほどの熱量が表出する。またこの映画の為に、石塚俊明、永畑雅人らと車中で演奏したシーンも見どころのひとつ。
冒頭から競輪の予想を外し続ける友川。果たして劇中で万車券を手にすることができるのか・・・!?

友川カズキ(ともかわ・かずき)

1950年秋田県生まれ。1974年のレコードデビュー以後、計30作を超える作品を発表。執筆活動や画家活動も並行して行い、80年代以降は絵画個展も多数開催。2010年、フランス人映像作家・ヴィンセント・ムーン監督によるドキュメンタリー映画『花々の過失』が国内公開された。2018年6月には2000年代PSFレーベル時代の音源を集めたベスト盤「先行一車」をリリース。そして2019年6月には、これまでのエッセイ・詩などをまとめた『一人盆踊り』(ちくま文庫)を上梓し、各方面で話題を呼ぶ。そして齢69にして、ますます進化し深化する「表現者」として旺盛なライブ活動を今日まで続けている。

どこへ出しても恥かしい人 どこへ出しても恥かしい人 どこへ出しても恥かしい人

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

“仮設の映画館”で上映中

だってしょうがないじゃない

だってしょうがないじゃない

© 2019 Sundy inc.

2019年/日本/119分/DCP/製作・配給:サンディ
企画・監督:坪田義史
プロデューサー:柏田洋平
制作プロデューサー:池田将
制作:平岩大知、バイロン・グールド
撮影:坪田義史、池田将、和島香太郎
編集:和島香太郎、坪田義史
音楽:宇波拓
アニメーション:つのだふむ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金/ACY アーツコミッション・ヨコハマ

公式ホームページ

仮設の映画館はこちらからご覧いただけます!

発達障害を抱えながら独居生活を送る叔父の日常を
発達障害と診断された映画監督が撮り続けた三年間

精神に不調をきたした映画監督/坪田義史は、発達障害を持ちながら一人暮らしをする親類の叔父(まことさん)がいることを知る。坪田は衝動的にカメラを持ってまことさんに会いにいく。坪田はまことさんとの交流を深めていく中で「親亡き後の障害者の自立の困難さ」や「障害者の自己決定や意思決定の尊重」「8050問題にともなう住居課題」などの問題に直面していく。

〈監督の言葉〉

まことさんと出会ってから約三年の月日があっという間に過ぎました。こだわりが強く偏った僕の視線は、まことさんのどこまでも純粋な感性に触れ、フレームに収まりきらないありのままの姿に惹かれました。まことさんを撮りたい。 当時、鬱や不眠に悩み、精神科を受診して注意欠如多動性障害と診断を受け、破れかぶれの状態で撮影に及ぶ僕を、まことさんは「義史さん」と呼び、穏やかな表情で受け入れてくれました。取材を終えた別れ際の玄関先では、必ず「またね」と言って自ら手を差し出して握手をしてくれるまことさん。本作「だってしょうがないじゃない」は、まことさんの協力なしでは、成立しえなかった作品です。僕は、これからも、まことさんに会いに行きます。

*本編にはバリアフリー字幕がついています

だってしょうがないじゃない だってしょうがないじゃない だってしょうがないじゃない

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

“ステイホーム今だけおうち映画館”で上映中

ソンランの響き

ソン・ランの響き

©2019 STUDIO68

2018年/ベトナム/102分/提供:パンドラ/配給協力:ミカタ・エンタテインメント/配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト
原題:Song Lang
監督・脚本:レオン・レ
出演:リエン・ビン・ファット、アイザック、スアン・ヒエップ

公式ホームページ

ステイホーム今だけおうち映画館はこちらからご覧いただけます!

ベトナムの民族楽器<ソン・ラン>の響きにのせて
出会うはずのなかった孤独な二人の人生がひととき交差する
ボーイ・ミーツ・ボーイの物語

80年代のサイゴン(現・ホーチミン市)。借金の強引な取り立てで“雷のユン兄貴”と恐れられていたユンは、ベトナムの伝統歌舞劇〈カイルオン〉の花形役者リン・フンと運命的な出会いを果たす。初めは反発し合っていたふたりだったが、停電の夜にリン・フンがユンの家に泊まったのをきっかけに心を通わせていく。実はユンは〈カイルオン〉に欠かせない民族楽器〈ソン・ラン〉の奏者をかつて志した事があり、楽器を大切に持っていたのだった。粗野なユンと一途な役者リン・フン。一見対照的だが共に悲しい過去を持つふたりは、孤独を埋めるように響き合うのだった。やがてこれまで感じたことのない気持ちを抱き始めたふたりは、再会を約束し別れる。しかし、ユンが過去に犯したある出来事をきっかけに、ふたりの物語は悲劇的な結末に突き進んでいく――

ベトナムの伝統芸能〈カイルオン〉を主題に、孤独なふたりの刹那的な出会いを描き、世界中の映画祭で話題を呼んだ本作が待望の日本公開。ユン役のリエン・ビン・ファットは、本作がデビュー作ながら粗暴な中に繊細さを隠し持つ孤独な男を演じ切り、見事第31回東京国際映画祭でジェムストーン賞(新人杯優勝)を受賞。一方、ベトナムのトップアイドルグループ・365dabandの元メンバーであるリン・フン役アイザックは、伝統歌劇の花形役者を艶やかな歌声と踊りで見事に演じ、その中性的な魅力を余すところなく発揮している。レオン・レ監督は少年期に渡った米国からベトナムへ帰国し監督デビューした本作で、既に国内外で37もの賞を受賞。その美しい物語は世界中で絶賛を浴びている。

ソン・ランの響き ソン・ランの響き ソン・ランの響き

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

“ステイホーム今だけおうち映画館”で上映中

サイゴンクチュール

サイゴン・クチュール

©M.A.P All rights resrved.

2017年/ベトナム/100分/配給:ムービー・アクト・プロジェクト
原題:Cô Ba Sài Gòn
監督:グエン・ケイ、チャン・ビュー・ロック
脚本:エー・タイプマシン
製作:ゴ・タイン・バン、トゥイ・グエン
主題歌:ドン・ニー
出演:ニン・ズーン・ラン・ゴック、ホン・ヴァン、ジエム・ミー、オアン・キエウ、S.T、ゴ・タイン・バン
字幕協力:大阪アジアン映画祭
特別協賛:松竹株式会社

公式ホームページ

ステイホーム今だけおうち映画館はこちらからご覧いただけます!

1969年からタイムスリップ!?
そこで出会ったのは、まさかの「自分」だった……。

1969年のサイゴン。9代続いたアオザイ仕立て屋の娘ニュイは、ミス・サイゴンに選ばれるほど美しくスタイルもファッション・センスも抜群。しかし60年代のニューファッションに夢中で、”野暮ったい”アオザイを仕立てる母と対立していた。そんなニュイがある日突然、現代にタイムスリップ!変わり果てた自分と店の姿に対面してしまう。なんと母が急逝した後、店が傾き倒産、生家も取り上げ寸前の状態だった。そこでニュイは自分の《人生》を変えるべく、ベトナムのトップデザイナーのもとで働くことに。しかし仕事では失敗ばかり。自身のファッション・センスも既に時代遅れと落ち込む。しかし青年・トアンの助けを借りつつ奮闘し、徐々に自信を取り戻していく。ニュイは果たして成りたかった《本当の人生》を取り戻すことが出来るのか?

永遠の女の子たちに捧ぐ、
カワイイがつまったビタミンムービー!

監督はアメリカ、イギリス、日本で実績を積み、プロデューサーとしても活躍するなど、ベトナム映画界きってのヒットメーカー、グエン・ケイ。エグゼクティブ・プロデューサーには『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演し、2013年には世界の美女ベスト10にも選ばれ、女優として成功する傍ら制作者としても目覚ましい活躍をみせるゴ・タイン・バン。コスチューム・デザイナーにベトナムを拠点に世界で活躍するデザイナー、テュイ・グエン。新世代のトップランナーの女性たちが集結し、ベトナムの伝統的な民族衣装・アオザイをテーマに、現代的でPOPなファッション・エンタテインメントを作り上げた。これまでのベトナム映画のイメージを一新した本作は、国内で大ヒットを記録。映画に出てくる新しいアオザイが若者の間でも大流行するなど、ファッション界にまで影響を与えた。
主人公・ニュイを演じるのは、出演作が歴代興行成績ベスト10に並ぶ人気女優、ニン・ズーン・ラン・ゴック。ニュイを助ける青年・トゥアンを演じるのは元人気アイドルグループ365daband(バーサウナム)のS.T。またゴ・タイン・バンもニュイの母親役で出演。主題歌をベトナムの安室奈美恵と称される歌姫ドン・ニーが担当し、本編にカメオ出演も。1人の女性の成長を華やかに描き、女性が元気になれる「ビタミン・ムービー」が遂に日本上陸!

サイゴン・クチュール サイゴン・クチュール サイゴン・クチュール

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800