現在上映作品

8/8(土)~

おかあさんの被爆ピアノ

おかあさんの被爆ピアノ

© 2020映画「被爆ピアノ」製作委員会

2020年/日本/DCP/113分/配給:新日本映画社
監督・脚本:五藤利弘
脚本協力:渡辺善則、黒沢久子
撮影:藍河兼一
実景撮影:高間賢治
美術:部谷京子
主題歌:南壽あさ子
音楽:谷川賢作
出演:佐野史郎、武藤十夢(AKB48)、森口瑤子、宮川一朗太、南壽あさ子、城之内正明、鎌滝えり、ポセイドン・石川、内藤忠司

公式ホームページ

イベント情報
◉8/8(土)15:45回上映前、佐野史郎さん、武藤十夢さん(AKB48)、南壽あさ子さん、城之内正明さん、五藤利弘監督のリモートによる舞台挨拶がございます!
◉8/15(土)15:45回上映後、南壽あさ子さん、五藤利弘監督のリモートによるトークイベント+南壽あさ子さんの生のピアノ弾き語りがございます!

“被爆してもピアノの音色は変わらなかったのです”
75年目のいま、蘇った音色が私たちに語りはじめる――

昭和20年8月6日、広島の壊滅的な状況の中で奇跡的に焼け残った“被ばくピアノ”を修理し、全国で平和コンサートを続ける調律師・矢川光則さんをモデルに、平和への想いを静かに、かつ心に滲みあがらせる感動作。

自身も被爆二世である調律師・矢川光則は爆心地から2キロほどの至近距離で被爆したピアノを修理、調律して、それを自ら運転する4トントラックに載せて全国を回っている。 都内で育った大学生の菜々子は、被爆ピアノコンサートについて偶然知り、調べるうちに被爆ピアノの一台を母・久美子が寄贈していることがわかった。被爆二世の母から広島のことや音楽講師をしていた祖母・千恵子のことなどを知らされてこなかった菜々子は、祖母のこと、広島のこと、被爆ピアノのことを知りたくなり、矢川に頼んで広島までトラックに乗せてもらって同行する。 母はどうして広島から出て行ったのか?祖母が菜々子に伝えたかったこととは? 調律師・矢川がなぜ被爆ピアノを伝える活動をしているのか? 菜々子は被爆ピアノの活動を辿り、自分のルーツを巡りながら次第に何かを見つけていく・・・

被爆ピアノとは…

広島に投下された原爆の爆心地から2キロほどの至近距離で被爆したピアノのこと。現在、矢川さんの経営する「矢川ピアノ工房」では6台所有(2020年5月現在)、出来るだけ元の部品を生かして調律され、命の大切さを奏でる平和の音色として現役で活躍している。 全国1500箇所以上の各地で音色を披露してきたが、その活動は国内だけにとどまらず、2010年にはニューヨークまで渡った。また、2017年には、ノルウェー・オスロ郊外で行われた「ノーベル平和賞コンサート」にて披露、演奏され、力強いピアノの音色に大きな拍手が送られた。

おかあさんの被爆ピアノ おかあさんの被爆ピアノ おかあさんの被爆ピアノ

上映日時

8/8(土) 8/9(日) 8/10(月)~8/14(金) 8/15(土)~8/21(金) 8/22(土)~8/28(金) 8/29(土)~
12:00~13:55
15:45~18:10
12:00~13:55
16:10~18:05
12:00~13:55
15:45~17:45
15:45~17:45 10:00~12:00 未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

8/9(日)1日限定

野火

野火

 ©SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

2014年/日本/87分/PG12/配給:海獣シアター
監督・製作・脚本・撮影:塚本晋也
原作:大岡昇平
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子

公式ホームページ

イベント情報
【リモートによるトークイベント】がございます!
8/9(日)14:05回上映後、ゲスト:塚本晋也監督

戦後75年アンコール上映!
今年の夏も『野火』はスクリーンに帰ってくる!

大岡昇平さんが小説にした、第二次世界大戦フィリピン戦線における日本軍の苦しい彷徨いを映画にしました。50年前に市川崑さんがやはりすばらしい映画にしていますが、私の『野火』はそのリメイクではなく、あくまで原作から感じたものを映画にしたものです。初めて読んだのは高校生のときですが、本当の戦場にいるような恐ろしさがあり頭から離れませんでした。

30歳をすぎ本格的に映画にしようと動き始めましたが、規模も大きく中々現実的にはなりませんでした。さらに歳月が流れ、今から10年前に、戦場に行った方々が80歳を越えたときに強い焦りの気持ちが起こりました、その方々のお話だけでも聞いておかなければとインタビューを始めました。しかしそれでも映画化は簡単には進みませんでした。そして、今、実際に戦争の痛みを知る人がいよいよ少なくなるにつれ、また戦争をしようとする動きが起こっているような気がしてなりません。今作らなければもうこの先作るチャンスはないかもしれない。また作るのは今しかないと思い、お金はありませんでしたが、多くの力強い協力を得て完成に至りました。

映画は一定の思想を押し付けるものではありません。感じ方は自由です。しかし、戦争体験者の肉声を体にしみ込ませ反映させたこの映画を、今の若い人をはじめ少しでも多くの方に見てもらい、いろいろなことを感じてもらいたいと思いました。そして議論の場に使っていただけたら幸いです。 塚本晋也

なぜ大地を血で汚すのか

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。
日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。

しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は早々に追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そしてはてしない原野を彷徨うことになるのだった。

空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものは…

*日本映画プロフェッショナル大賞 監督賞
*第30回高崎映画祭 最優秀作品賞、最優秀新人男優賞(森優作)
*第10回KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭 批評家賞、最優秀撮影賞
*第7回TAMA映画賞 特別賞
*第70回毎日映画コンクール 監督賞、男優主演賞(塚本晋也)

野火 野火 野火

8/8(土)、8/10(月)~8/14(金)

上映日時

8/9(日)
14:05~15:32

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1500 ¥1100 ¥800
会員 ¥1200 ¥1100 ¥800

葛根廟事件の証言

葛根廟事件の証言

2017・19年/日本/74分
製作・監督・録音・編集:田上龍一
撮影:片山和雄・田上龍一
出演:大島満吉、白浜真砂子、佐藤雅寛、大櫛戊辰、伏見惠子、藤原作弥、石田たか子、依田照子、横山艶子、高田京子、青木浩、烏森
劇中劇:神田さち子ひとり芝居「帰ってきたおばあさん」2015年11月7日東京都大田区公演

公式ホームページ

イベント情報
【舞台挨拶】がございます!
8/8(土)14:10回上映後、ゲスト:田上龍一監督

1945年8月14日、旧満州で起きた葛根廟事件。
あの日、何があったのか。12人の生存者・関係者が真相を語った。

太平洋戦争が終結する前日の昭和20(1945)年8月14日、旧満州(現中国東北部)から引揚げ避難中の日本人の一団が、ラマ教寺院葛根廟(内モンゴル自治区)付近で、旧ソ連軍の戦車隊の襲撃にあい、1,000人以上が死亡した。生存者は百数十人にすぎないとされ、犠牲者の多くは女性と子供だった。「葛根廟事件」は、日本敗戦の混乱時に満州で日本人が遭遇した惨劇の中でも、最も犠牲者が多いものだったといわれている。
あの日、満州で何があったのか。事件の生存者、関係者のインタビューで構成したドキュメンタリー。

福岡インディペンデント映画祭2018「ドキュメンタリー部門最優秀作品賞」。60分短縮版が、第20回ゆふいん文化・記録映画祭で、コンペティション部門最高賞の「第10回 松川賞」、「映文連アワード2017 企画特別賞」を受賞。
2019年、新たな写真や図を加えて改訂し、「劇場版」として公開となる。

葛根廟事件の証言 葛根廟事件の証言 葛根廟事件の証言

赤星月人「葛根廟事件邦人遭難の図」天恩山 五百羅漢寺所蔵

上映日時

8/8(土) 8/9(日) 8/10(月)~8/14(金)
14:10~15:30 休映 14:10~15:30

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

8/8(土)~

もったいないキッチン

もったいないキッチン

©UNITED PEOPLE

2020年/日本/日本語・英語・ドイツ語/95分/配給:ユナイテッドピープル
監督・脚本:ダーヴィド・グロス
プロデューサー:関根健次
主題歌:「Mottainai」OMG
出演:ダーヴィド・グロス、塚本ニキ、井出留美、髙橋巧一、青江覚峰、関藤竜也 他

公式ホームページ

食のもったいないを美味しく楽しく解決!
舞台は「もったいない精神」の国、日本 。

“もったいない”。
元々は仏教思想に由来する言葉で、無駄をなくすということだけではなく、命あるものに対する畏敬の念が込められた日本独自の美しい言葉だ。そんな“もったいない”精神に魅せられ日本にやってきたのは、食材救出人で映画監督のダーヴィド・グロス。ところがもったいない精神を大切にして来た日本の食品ロスは、実は世界トップクラス。その量毎年643万トンで、国民一人あたり毎日おにぎり1個分。一家庭当たり年間6万円のまだ食べられる食べ物が捨てられている。ダーヴィドはコンビニや一般家庭に突撃し、捨てられてしまう食材を次々救済!キッチンカーで美味しい料理に変身させる“もったいないキッチン”を日本各地でオープンする。

捨てられてしまう食材を救いに日本全国へ!
0円食材が美味しい料理に大変身。
目からウロコのロードムービー

福島から鹿児島まで4週間1600kmの旅。ダーヴィドと旅のパートナーニキを助けてくれるのは、もったいないアイデアを持つ日本のシェフや生産者たち。フレンチシェフがネギ坊主まで丸ごと使うもったいない料理、野山が“食材庫”という82歳で医者いらずのおばあちゃんが作る野草の天ぷら、0円エネルギー、自然の蒸気を使った蒸し料理など、もったいない精神に満ちたアイデアに出逢う。次第にダーヴィドは“もったいない”の先に、食品ロス解決のヒントだけではない、たくさんの幸せを見つけていく。さあ、2人と“もったいないキッチン”の旅に出かけよう!

もったいないキッチン もったいないキッチン もったいないキッチン

上映日時

8/8(土)~8/14(金) 8/15(土)~8/21(金) 8/22(土)~8/28(金)
10:00~11:45 11:40~13:25 17:20~19:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

8/8(土)~アンコール上映

音楽

音楽

©大橋裕之 ロックンロール・マウンテン Tip Top

2019年/日本/71分/ 配給:ロックンロール・マウンテン
監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之「音楽 完全版」(カンゼン)
脚本・絵コンテ・キャラタクターデザイン・作画監督・美術監督・編集:岩井澤健治
音楽:伴瀬朝彦、GRANDFUNK、澤部渡(スカート)
ロトスコープミュージシャン:Gellers、ホライズン山下宅配便、澤部渡(スカート)、安藤暁彦
劇中曲:GALAXIEDEAD、井手健介、野田薫、オシリペンペンズ
主題歌:ドレスコーズ「ピーター・アイヴァース」(キングレコード/EVIL LINE RECORDS)
出演:坂本慎太郎、駒井蓮、前野朋哉、芹澤興人、平岩紙、竹中直人、岡村靖幸

公式ホームページ

イベント情報
【舞台挨拶】がございます!
8/15(土)21:00回上映後、ゲスト:岩井澤健治監督

製作期間7年以上、作画枚数40,000枚超
71分をすべて手描き
せーの、で始まる オレたちの音楽

長編アニメーション映画『音楽』、遂に完成!
楽器を触ったこともなかった不良学生、研二、太田、朝倉の3人が、思いつきでバンド「古武術」を結成。ある日、彼らは「古美術」のメンバー、森田から「坂本町ロックフェスティバル」への出演を薦められるが……。

原作は、大橋裕之による伝説の自費出版漫画「音楽」。映像化不可能と言われてきた作品で、ミュージシャンをはじめ多くのクリエイターから熱狂的に支持されてきたロック奇譚である。
初期衝動溢れる漫画に対し、監督の岩井澤健治が挑んだのは、ほぼ独力による個人制作。実写で撮影した素材をアニメーション化する“ロトスコープ”という手法を採用し、妥協なき制作期間は7年を超えた。
監督は「誰も観たことがない映画を作る」と語り、そのエネルギーはクライマックスの演奏で爆発。撮影時は実際に空き地にステージを組み、ミュージシャンや観客を動員してのライブを敢行した。分業制やCG制作が主流のアニメーション制作において、何もかもが前代未聞の長編アニメーションプロジェクト。2019年のオタワ国際アニメーション映画祭では、長編コンペティション部門でみごとグランプリを受賞。
その熱量に伴い、今作には豪華出演陣が揃った。坂本慎太郎、駒井蓮、芹澤興人、前野朋哉、平岩紙、竹中直人、さらには役名は秘密で岡村靖幸が参加。また主題歌には圧倒的カリスマ性を誇るドレスコーズが新曲を書きおろすという、二度と揃う事はないであろう豪華顔ぶれが集結した。
いよいよ『音楽』が動き、響く。

*第43回オタワ国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門グランプリ受賞!
*アヌシー国際アニメーション映画祭2020 長編部門 最優秀オリジナル音楽賞!

音楽 音楽 音楽

上映日時

8/8(土)~8/9(日) 8/10(月)~8/14(金) 8/15(土)~8/21(金)
20:35~21:50 レイト割画像 20:25~21:40 レイト割画像 21:00~22:15 レイト割画像

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

7/18(土)~

エレファント・マン 4K修復版

エレファント・マン 4K修復版

©1980 BROOKSFILMS LTD

1980年/アメリカ=イギリス合作/モノクロ/124分/配給:アンプラグド
原題:The Elephant Man
監督:デイヴィッド・リンチ
脚本:クリストファー・デ・ヴォア、エリック・バーグレン、デイヴィッド・リンチ
製作:ジョナサン・サンガー
撮影:フレディ・フランシス
音楽:ジョン・モリス
出演:アンソニー・ホプキンス、ジョン・ハート、アン・バンクロフト、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、フレディ・ジョーンズ

※当館の上映は2K版となります

公式ホームページ

僕は動物じゃない
僕は人間なんだ

19世紀のロンドン。優秀な外科医トリーヴズ(アンソニー・ホプキンス)は、見世物小屋でエレファント・マンと呼ばれる青年メリック(ジョン・ハート)と出会う。極端に身体が変形したメリックの姿を目にしたトリーヴズは、大きな衝撃を受け、彼を研究対象として病院で預かることに。当初は物も言えず怯え続けるメリックを誰もが知能も低いと思っていたが、ある日、知性溢れる穏やかな性格であることが発覚。その後、新聞で取り上げられたメリックの元を舞台女優のケンドール夫人(アン・バンクロフト)をはじめ、上層階級者が訪れるようになる。トリーヴズは自分が形を変えた見世物小屋の興行師と同じなのではないかと悩むが……。

《公開40周年記念》感動の名作がデイヴィッド・リンチ監督自身の監修により4K修復版として蘇った!

19世紀のロンドンで“エレファント・マン”と呼ばれた実在の青年ジョゼフ・メリックの生涯と彼を取り巻く人々の交流を描いた感動作。
長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』(77)でカルト的な人気を得つつも、当時、弱冠33歳だった新鋭デイヴィッド・リンチ監督の名を一躍世界中に轟かせることになった作品。日本では1981年5月に公開され、国内外合わせたその年の全公開作品の中でナンバーワンの配収を記録。社会現象とも言える一大ブームを巻き起こした。米タイム誌が選ぶ「カラー時代のモノクロ映画ベスト10」で、『ベルリン・天使の詩』(87/ヴィム・ヴェンダース)、『シンドラーのリスト』(93/スティーヴン・スピルバーグ)などを抑え、堂々の1位を獲得している。
スタッフにはフランケンシュタインやドラキュラなどが登場する、怪奇映画監督としても知られるフレディ・フランシスが撮影監督として参加。彼がこだわったモノクロ映像特有の光と影、19世紀末の退廃的なロンドンの町並みが、この度の4K修復によってより幻想的に、よりクリアになったことで、メリックの喜びと絶望のコントラストも一層鮮やかに映し出している。

エレファント・マン 4K修復版 エレファント・マン 4K修復版 エレファント・マン 4K修復版

上映日時

7/18(土)~7/24(金・祝) 7/25(土)~7/31(金) 8/1(土)~
12:25~14:35
15:55~18:05
13:00~15:10
18:45~20:55
未定

料金

一般・大学・専門・シニア 高校生以下
通常 ¥1100 ¥800
会員 ¥1100 ¥800