現在上映作品

7/28(土)~

特集 戦後73年 沖縄と日本の戦後を見つめなおす

二度と戦争をする国にならぬよう!
今年も上映致します!

特集 戦後73年 沖縄と日本の戦後を見つめなおす

日本が二度と戦争をする国にならぬよう、年に一度、終戦の夏が来る度に思いを新たにする戦後シリーズ。今年は「沖縄と日本の戦後を見つめなおす」と題して、戦後とは切っても切り離せない沖縄を舞台にした作品、戦争、国の在り方をテーマにした作品を取り上げます。日本人はどんな思いでこの戦後73年を生きてきたのか、国際社会の中で平和国家としての国の在り方は?これから戦後100年、戦後200年と、戦後が続くためには何が必要か?皆様とともに考えるきっかけに出来れば幸いです。

上映スケジュール 全6作品

7/28(土)~8/3(金) 8/4(土)~8/10(金) 8/11(土) 8/12(日)~8/17(金) 8/18(土)~8/24(金)
    野火[特別上映]
10:30~
野火
ライブ映像10:30
野火(本編)11:00
(休憩あり)
メイキング12:30
監督トーク
コスタリカの奇跡
10:00~
コスタリカの奇跡
OKINAWA1965
10:00~
沖縄1965
  まぶいぐみ
12:00~
まぶいぐみ
OKINAWA1965
11:45~
沖縄1965
 
  ひろしま
14:25~
ひろしま
まぶいぐみ
14:10~
まぶいぐみ
まぶいぐみ
14:10~
まぶいぐみ
 
カタブイ
16:20~
かたぶい
       

予定表 横にスクロールできます

(入場料)

『OKINAWA1965』

【前売券】1,000円
【当日料金】一般1,700円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

その他の作品

【当日料金】一般1,500円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

※『野火』は[特別上映]につき、招待券、ポイントカードなど無料鑑賞券はご利用いただけません。

上映作品紹介

野火

©SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

公式ホームページ

【ライブ映像】本編上映前
【メイキング】本編上映後
【トークショー】
メイキング上映後、塚本晋也監督

野火[特別上映]

【本編】2014年/日本/87分/DCP/配給:海獣シアター
監督・製作・脚本・撮影:塚本晋也
原作:大岡昇平
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子
【石川忠×中村達也 ライブ映像】2015年/30分/BD
監督:坂本あゆみ/出演:石川忠、中村達也
【メイキング】2015年/60分/BD
監修・構成:塚本晋也/演出・編集:長岡広太

なぜ大地を血で汚すのか!
二度と戦争をする国にならないための再々々上映!

今年は本編に加え、60 分のメイキング「塚本晋也解説『野火』20 年の軌跡」も上映。戦争体験者の声、撮影風景、映画祭、全国の劇場行脚の様子を通して、戦後70 年という重大な年を浮き彫りにする濃密なドキュメンタリーに仕上がっています。
さらにほとんどの塚本作品の音楽を手がけ、2017 年12 月21 日に逝去したメタルパーカショニストの石川忠と、本作にも出演のBLANKEY JET CITY ドラマー中村達也が共演した30 分のライブ映像も公開。当館の音響で体感できます。
「戦後70年の初上映のとき、すでに兵隊として戦地に行かれた方はほとんどいらっしゃらなくなり、戦地のほんとうの恐怖を知る機会が少なくなりました。戦争の恐怖。それを知ることが、戦争に近づかない一番の方法だと思います。これからも、大きなスクリーンで、体験としての「野火」を味わっていただきたいと思います。」塚本晋也

*日本映画プロフェッショナル大賞 監督賞
*第30回高崎映画祭 最優秀作品賞、最優秀新人男優賞(森優作)
*第10回KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭 批評家賞、最優秀撮影賞
*第7回TAMA映画賞 特別賞
*第70回毎日映画コンクール 監督賞、男優主演賞(塚本晋也)

まぶいぐみ

公式ホームページ

【トークショー】
初日上映後、原作者・三木健さん

まぶいぐみ ~ニューカレドニア引き裂かれた移民史~

2017年/日本/110分/BD/配給:シネマ沖縄
監督:本郷義明
原作・監修:三木健
製作:末吉真也
企画・脚本:本郷義明、末吉真也
撮影:川満洋平、與那良則
音楽:ARIA

「私の父親を探してください」
ニューカレドニア移民史の重い扉が開く

2005年、沖縄在住のジャーナリスト三木健は、ニューカレドニアの写真展に、シンポジウムのゲストとして招かれる。そこで出会った家族の長老が、戦後60年もの間、沖縄の父親の消息を探しているという。そこから彼の沖縄での肉親探しが始まったのだ。以後10年間に11回もニューカレドニアを訪れ、双方の家族をつなげて行く活動を行う。映画はニューカレドニア移民の歴史を追い、引き裂かれた家族のその後を紹介して行く。
沖縄では魂のことを《まぶい》という。本作のタイトル《まぶいぐみ》とは、ショックを受けたり、悲しい体験の中で《まぶい》を落としてしまったりした人々に、再び《まぶい》を込めるということを意味している。

沖縄1965

公式ホームページ

【舞台挨拶】8/19(日)上映後
都鳥伸也監督、都鳥拓也カメラマン

【前売券】全国共通前売券1,000円を当館受付にて発売中

OKINAWA1965

2017年/日本/95分/ドキュメンタリー/DVD/製作・配給:ロングラン映像メディア事業部
監督:都鳥伸也
企画・製作:都鳥伸也、都鳥拓也
撮影:都鳥拓也、小野寺亨、都鳥伸也
編集:都鳥拓也

あなたにも知ってほしい、沖縄の怒りの原点を
剣をもつ者、剣にて亡ぶ 基地を持つ国は基地にて亡ぶ

1965年、米軍占領下の沖縄。本土復帰を求める行進のさなか、報道写真家の嬉野京子さんによって1枚の写真が撮られた。幼い少女が無残にも米軍のトラックに轢殺された、当時の沖縄の縮図ともいえる写真だ。県民の土地は米軍によって強奪され、そこには戦争のための基地が作られた。そこに駐留する米兵の起こした事件は、さらに人々を傷つけた。これに沖縄の住民たちは立ち上がり、本土復帰は成った。しかし、“基地のない平和な沖縄に”という願いは未だ果たされていない。 本作は、平和を求め続けた、元海兵隊員のアレン・ネルソンさんや、沖縄のガンジーこと阿波根昌鴻さんをはじめとした人々の、想いの記録。沖縄の戦後はまだ終わっていない。

ひろしま

©奇跡への情熱[核廃絶プロジェクト]

【舞台挨拶】初日上映後
奇跡への情熱[核廃絶プロジェクト]
プロデューサー小林開さん

ひろしま-1945年8月6日、原爆雲の下の真実-

1953年/日本/104分/35ミリ→DCP/モノクロ/提供:独立プロ名画保存会/配給:奇跡への情熱[核廃絶プロジェクト]
監督:関川秀雄
製作:菊池武雄、伊藤武郎
撮影:中尾駿一郎、浦島進
音楽:伊福部昭
編集:河野秋和
出演:岡田英次、月丘夢路、加藤嘉、山田五十鈴

奇跡への情熱[核廃絶プロジェクト]
長きを経て、多くの方々の想いを込めて、幻の映画が、奇跡のリマスター

1945年8月6日午前8時15分、みち子の姉・町子は警報が解除され疎開作業の最中に、米原先生を始めクラスの女生徒達と一緒に被爆した。みち子は爆風で吹き飛ばされ、弟の明男も黒焦げになった。遠藤幸男の父・秀雄は、妻・よし子が梁の下敷きで焼死ぬのをどうすることも出来なかった。陸軍病院に収容された負傷者は、手の施しようもなく、狂人は続出し、死体は黒山のごとく転がり、さながら生き地獄だった。しかし軍部は、ひたすら聖戦完遂を煽るのだった。
自らも広島で被爆した教育学者・長田新が編集した「原爆の子~広島の少年少女のうったえ」を日教組が映画化、広島市民ら約8万8千人が出演し、原爆が投下された直後の惨状を再現した。

*1955年ベルリン国際映画祭 長編映画賞 受賞

コスタリカの奇跡

公式ホームページ

コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~ 再々々上映

2016年/アメリカ・コスタリカ合作/90分/ドキュメンタリー/BD/配給:ユナイテッドピープル
原題:A BOLD PEACE
監督・プロデューサー:マシュー・エディー、マイケル・ドレリング
制作:ソウル・フォース・メディア
制作協力:スパイラル・ピクチャーズ
出演:ホセ・フィゲーレス・フェレール、オスカル・アリアス・サンチェス、ルイス・ギジェルモ・ソリス、クリスティアーナ・フィゲーレス他

軍事予算を社会福祉に充て
国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫る

世界には軍隊なしで国の平和を保ってきた国々がある。1948年に常備軍を解体した国、コスタリカがその一つだ。コスタリカは軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、医療を実現し、環境のために国家予算を振り分けてきた。その結果、「地球幸福度指数(HPI)2016」の世界ランキング一位に輝いている。 本作は、1948年から1949年にかけて行われた軍隊廃止の流れを追いながら、コスタリカが教育、医療、環境にどのように投資して行ったのか、壮大で意欲的な国家建設プロジェクトを明らかにしていく。また、憲法改正についての議論が活発化する中、平和国家としての在り方について、こういう国のカタチもあり得ると、一つの選択肢を示している。

かたぶい

© 2018 katabui. All Rights Reserved.

公式ホームページ

カタブイ -沖縄に生きる-

2015年/スイス・日本合作/80分/ドキュメンタリー/DCP/配給:ククルビジョン
監督:ダニエル・ロペス
撮影:土田豪介、カルロ・バリー二
水中撮影:長田勇
編集:サルバトール・ダルダノ
音楽:ドゥニ・フォンタナローサ
出演:新城利枝子、糸満盛仁、金城実、糸満盛彬、上間康弘

沖縄に生きる
急激な時代の変化のなかで、変わらない沖縄の心に迫る

スペイン系スイス人の映像作家・写真家のダニエル・ロペス、世界中を旅する中で訪れた沖縄に惹かれ、2003年に移住。13年間の沖縄暮らしで出会った人々との縁を大切にするなかでこの映画は誕生した。音楽、空手、琉球舞踊、町おこし…、様々な角度から「沖縄」のアイデンティティを探っていく。「なぜ沖縄に惹かれるのか」、沖縄の「日常」がなぜ世界を魅了するのか?その答えを見つけていく、監督初の長編ドキュメンタリー作品。本作は、ドイツ・台湾で満場の喝采を浴び、スイスでロングラン上映を達成した。タイトルの《カタブイ》とは、沖縄の方言で晴れている片方で降る雨のことを意味する。

8/11(土)~

テイク・エブリイ・ウェーブ

国家主義の誘惑

© 2017 TAKE EVERY WAVE LLC

2017年/アメリカ/118分/DCP/配給:レイド バック・コーポレーション
原題:Take Every Wave: The Life of Laird Hamilton
監督:ロリー・ケネディ
プロデューサー:ロリー・ケネディ、ポール・スピーカー、マーク・ベイリー、ジャック・ヤンゲルソン
脚本:マーク・ベイリー、ジャック・ヤンゲルソン
出演:レイアード・ハミルトン、ビル・ハミルトン、ガブリエル・リース、バジー・カーボックス、サム・ジョージ、デイヴ・カラマ、ブレット・リックル、ジェリー・ロペス、ピーター・カブリナ

公式ホームページ

サーフィン映画というジャンルを越えた、偉大なるウォーターマン、レイアード・ハミルトン、新たなる伝説の始まり!

「テイク・エブリイ・ウェーブ」はビッグウェーブ・サーファー、レイアード・ハミルトンの驚くべき半生と伝説的なキャリアを追った映画だ。大衆には愛されたがサーフィン業界からは無視されてきたレイアード。スポーツ界でもユニークな存在と言えるだろう。プロサーファーとしてコンテストで競う道を捨て、ビッグウェーブ・サーフィンの世界に君臨したウォーターマンだ。
サーフィンシーズンの冬のハワイ、カウアイ島を舞台に彼の半生が語られる。その冬はエルニーニョが過去最大とも言われる大波を運んできていた。未公開の過去のアーカイブ映像と、南カリフォルニア、バミューダ、カウアイ等で撮られた現在の映像が織りなすスーパースターの過去と現在の真の姿とは?レイアードとのインタビューに加えて家族や友人、彼をよく知る協力者や批判者たちとの会話から真のレイアードが浮かび上がる。
レイアードの映画スター並みのルックスや現在のマリブでのセレブな生活は、彼の戦いや失敗、そして勝利についての物語を覆い隠しているかもしれない。レイアードは人種的に分断された島で、理想的とは言えない家庭で育った荒れた少年だった。幼い頃から海が好きで、特にノースショアでも危険なことで知られるパイプラインが一番のお気に入りだったという。生まれつきの驚異的な身体能力と飽くなき衝動によって、レイアードは30年以上もサーフィン界の玉座に座り続けた。その間、ウィンドサーフィンのスピード記録の更新、トウイン・サーフィンの開発、パドリングでの英仏海峡横断に加えて、マウイのペアヒやタヒチのミレニアム・ウェーブを含む“アンライダブル”と思われていた波を制覇した。
自由奔放だった子供時代からサーフィンが産業として発展し商業化した時代を通して、レイアードはウォーターマンとしての生き方にこだわり、ビッグウェーブ・サーフィンの可能性を再定義し続けてきた。52歳になった現在、長年酷使してきた身体でレイアードは新たなフロンティアに挑んでいる。彼が今、情熱を注ぐのはフォイル・ボーディング。嵐の中で一輪車に乗るようなスポーツで、マスターしたアスリートは、世界でも数えるほどしかいない。
テイク・エブリイ・ウェーブは、巨大な波に乗ることに人生を捧げたアスリートの本当の姿に迫った物語である。

テイク・エブリイ・ウェーブ テイク・エブリイ・ウェーブ

上映日時

8/11(土)~8/17(金) 8/18(土)~8/24金)
16:20~18:20 20:00~22:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

8/4(土)~8/31(金)

真夏の夜の音楽映画祭3

毎年大好評の真夏の夜の競演!

真夏の夜の音楽映画祭3

今年はロック、ブルース、ラップミュージック、スティールパン、異なるジャンルの選りすぐり4作品をセレクト!そのプレイヤーたちの魂は、軽々と国境をも超える!

I AM THE BLUESアイ・アム・ザ・ブルース

ラスト・ワルツ<公開40周年記念上映>

大和(カリフォルニア)

スティールパンの惑星

上映スケジュール 全4作品

8/4(土)~8/10(金) 8/11(土)~8/17(金) 8/18(土)~8/24(金) 8/25(土)~8/31(金)

アイ・アム・ザ・ブルース


18:00~
アイ・アム・ザ・ブルース

ラスト・ワルツ


18:30~
ラスト・ワルツ

大和(カリフォルニア)


17:40~
大和(カリフォルニア)

スティールパンの惑星


18:00~
スティールパンの惑星

※8/25(土)のみ18:20~

ラスト・ワルツ


20:00~
ラスト・ワルツ

アイ・アム・ザ・ブルース


20:40~
アイ・アム・ザ・ブルース
 

大和(カリフォルニア)


19:50~
大和(カリフォルニア)

予定表 横にスクロールできます

(入場料)

【前売券】

『大和(カリフォルニア)』全国共通特別鑑賞券1,400円 

【当日料金】

『スティールパンの惑星』一般1,600円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

「その他3作品」一般1,800円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

 

上映作品紹介

アイ・アム・ザ・ブルース

©2015 EyeSteel (Blues) Productions Inc.

公式ホームページ

I AM THE BLUESアイ・アム・ザ・ブルース

2015年/アメリカ・カナダ合作/106分/英語/カラー/ドキュメンタリー/配給:CURIOUSCOPE
原題:I AM THE BLUES
監督:ダニエル・クロス
製作:ボブ・ムーア、ダニエル・クロス
撮影:ジョン・プライス
出演:ボビー・ラッシュ、バーバラ・リン、ヘンリー・グレイ、キャロル・フラン、
レイジー・レスター、ロバート・“ビルボ”・ウォーカー、ジミー・“ダック”・ホームズ、R.L.ボイス、リル・バック・シネガル、リトル・フレディ・キング他

ミシシッピ・デルタからルイジアナ・バイユー、その地に根付いたブルースの精神、その栄光と衰退、そして未来への希望を描き出す。

アメリカ南部のミシシッピ・デルタやルイジアナ・バイユーの大御所ブルース・ミュージシャンたちを追いながらブルースの栄光と衰退を描いたドキュメンタリー。主に80年代に活躍し、今も南部に暮らしチトリン・サーキットを続ける彼らにフォーカスし、観客をルイジアナ・バイユーの沼地からミシシッピ・デルタのジューク・ジョイント、ノース・ミシシッピ・ヒル・カントリーのムーンシャイン・バーベキューへと続く音楽の旅へと誘う。カナダ人監督ダニエル・クロスが3年以上の月日を費やして完成。全米で17年に公開されるや、驚異的な公開館数に伸ばした。

ラスト・ワルツ

© 2018 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved

公式ホームページ

ラスト・ワルツ<公開40周年記念上映>

1978年/アメリカ/117分/カラー/DCP/配給:ブロードウェイ
原題:THE LAST WALTZ
監督:マーティン・スコセッシ
製作:ロビー・ロバートソン
出演:ザ・バンド、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、ニール・ダイヤモンド、リンゴ・スター、ロン・ウッド、ドクター・ジョン、ポール・バターフィールド、ロニー・ホーキンス、マディ・ウォーターズ他

マーティン・スコセッシ監督『ラスト・ワルツ』公開40周年記念伝説のライブが今、大音響デジタル・リマスター映像で蘇る!

1976年11月25日、伝説のライブ会場となったのはサンフランシスコのウィンターランド。ザ・バンドがバックバンドをつとめたこともあるボブ・ディランをはじめ、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリソン、マディ・ウォーターズ等、音楽史に大きな足跡を残した偉大なミュージシャンたちが次々と現れ、ザ・バンドと競演。二度と実現不可能な、一夜限りの贅沢で華麗なロック・フェスティバルがスクリーンに甦る。超一流のスタッフが揃うことで、ハイクオリティが実現し、時代を超えて語り継がれる“永遠の傑作”が誕生した。

大和(カリフォルニア)

©DEEP END PICTURES INC

公式ホームページ

舞台挨拶
8/19(日)上映後、宮崎大祐監督の舞台挨拶がございます!

大和(カリフォルニア)

2016年/日本・アメリカ合作/119分/DCP/配給:boid
監督・脚本:宮崎大祐
音楽:Cherry Brown、GEZAN、宍戸幸司(割礼)、NORIKIYO、のっぽのグーニー
撮影:芦澤明子(J.S.C.)
音響:黄永昌
サウンド・デザイン:森永泰弘
プロデューサー:伊達浩太朗、宮崎大祐
出演:韓英恵、遠藤新菜、片岡礼子、内村遥、塩野谷正幸

奪われた怒りと声を取り戻せ。
米軍基地の町を舞台にした新世代音楽青春映画、ここに誕生。

神奈川県大和市。この町は戦後米軍基地と共に発展してきた。厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。この町に住む十代のラッパー・長嶋サクラは日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけにして2人は距離を縮めていくのだが―。

スティールパンの惑星

© 2017 PAN! OUR MUSIC

公式ホームページ

スティールパンの惑星

2015年/トリニダード・トバゴ/80分/英語、日本語、フランス語/カラー/配給:LIME Records
原題:PAN! Our Music Odyssey
監督:ジェローム・ギオ、ティエリー・テストン
脚本:キム・ジョンソン
プロデューサー:ジャン・ミッシェル・ジベ
音楽監督:ティエリー・プラネル
録音プロデュース:渡辺洋一
出演:レイ・ホルマン、アンディ・ナレル、レン・“ブグジー”・シャープ、レナルド・“レッド”・フレドリック、エバ・ゴールドスティーン、二ノ宮 千紘、ジョバンニ ・クレアモント

カーニバルの熱狂と興奮、カリブ海最南端のちっぽけな島、トリニダード・トバゴで生まれた世界で一番新しいアコースティック楽器

第二次世界大戦後間もなく、音楽への情熱に突き動かされた少年たちが、廃棄物だったドラム缶を盗んだことからすべては始まった。発明当初、公共の場での演奏すらままならなかったパンは、現在のシーン確立にまで結実した。最大120人編成の“スティールバンド”が200 以上参加する、世界最大のパンコンテスト“パノラマ”は、世界3大カーニバルの一つとして名を馳せる。情熱から生まれた楽器の音色と、パノラマへ想いを込めるプレイヤーたちが紡ぐ音色を浴びるため、世界中から大勢の人々が、ここ~スティールパンの惑星~を訪れる。

*8/25(土)・8/26(日) 日本丸 メモリアルパークステージで開催される「ヨコハマスティールパンフェスタ」に合わせてアンコール上映!

PAGE TOP ▲