現在上映作品

6/23(土)~

武蔵野

武蔵野

2018年/日本/111分/BD/配給:映画「武蔵野」製作委員会
監督・撮影・編集:原村政樹
プロデューサー:鈴木(神出)敏夫
音楽:鈴木光男/演奏:gaQdan 鈴木光男
語り:小林綾子

公式ホームページ

舞台挨拶
初日6/23(土)10:00回上映後、原村政樹監督の舞台挨拶がございます!

「日本農業遺産」の農村の輝きを、映像美と共に伝えるドキュメンタリー

武蔵野の俤は今わずかに入間郡に残れり。なかば黄いろくなかば緑な林の中に歩いてゐると、澄みわたつた大空が梢々の隙間からのぞかれて日の光は風に動く葉末葉末に砕け、その美しさいひつくされず。(国木田独歩著「武蔵野」より)

どんなに時代が変わっても、変えてはならないものがある


江戸時代から360年以上に亘って継承されてきた循環農業が今も息づく埼玉県川越市・三芳町・所沢市などには、世界でも他に例のない大都市近郊の平地林が残っています。大都市周辺でこのような場所は世界でも唯一、ここにしか残っていないと専門家が指摘しています。

ひとたび足を踏み入れれば、まるで高度経済成長以前の村にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。江戸時代、それまで不毛の大地であったこの地に、農家が木を植え、森を育みながら、森の恵みを活かして農業を続けてきました。長年、落ち葉を集めて堆肥を作ることで不毛な土地を豊かな農地に変えていきました。15年から20年周期で木を伐採し、薪や家の建材としました。伐採した木の切り株からは新たな芽が出て、それが再び樹木として再生し、森は若返りを繰り返しました。それから360年、今も農家は先祖が残してくれた貴重な森を大切に守りながら作物を育てているのです。

この地の農家は貴重な雑木林を「ヤマ」と呼んでいます。「ヤマは暮らしに必要なものを分け与ええてくれる。ヤマがあるからこそ、人は生きていける」と誇らしげに語ります。人間の暮らしばかりではなく、植物や動物、昆虫など、すべての生き物の命を「ヤマ」が支えています。「ヤマ」の土には無数の微生物が生息し、微生物の働きによって生命に欠かせない栄養素が供給されています。「ヤマ」は命の源なのです。
そんな貴重な「ヤマ」が徐々に失われつつあります。東京という大都市近郊であり、高度経済成長以後、開発の波が押し寄せ、「ヤマ」は産業廃棄物処理場や倉庫などに転用されています。このままのスピードで開発が進めば、あと50年で「ヤマ」は消滅するかもしれない、とも言われています。
そんな中、「ヤマ」の価値を見直し、「ヤマ」を守ろうと立ち上がった市民が、農家と手を結んで活動を始めました。荒れた「ヤマ」の再生を目指して、老朽化した樹木を伐採するボランティアの人たちが農家と手を携え、活動しています。木工作家たちもこの地の森の木を活かして家具や調度を製作しています。全世界の土の調査をしてきた土壌学者が初めて調査に入り、今まで見たこともない優れた土の姿も明らかにしました。

後継者難に苦しむ日本の農業の現実とは正反対に、この地では大勢の20代、30代の若い後継者が意欲的に江戸の伝統農法を継承しています。ここは日本でも稀にみる後継者の多い村です。若者たちは「親父が楽しそうに農業をしている姿を見て育ったことが、自然と家の農業の後継ぎになった」と、口をそろえて話します。若い後継者らしく、伝統を受け継ぐだけでなく、未来を展望しながら新しい農業にも挑戦しています。父親と母親、そして息子夫婦が一緒に畑で働き、常に笑顔が絶えない家族の様子を見ていると、とてもうらやましくなります。何事も激変する現代社会にあって、この地の農家の人たちは時代に対応しつつも、変えてはならに貴重な「農の文化」を、しなやかに守り続けてきたのです。それは日本だけでなく、世界中の人々にとっても、人類の遺生きた遺産として、後世に残したい宝物だと思えてなりません。

長年、農業をライフワークにドキュメンタリー映画を創り続けてきた私にとっても、これほど若い農業後継者が育っている農村は他に知りません。人間のいのちの根底を支える食べ物を育てる農業の未来は、この地で受け継がれてきた江戸の循環農業にヒントが隠されていると思えます。それは人が暮らす地域の自然環境を大切に守り育てる営みがあるからです。

この映画で伝えたいことは、単に農業のことだけではありません。家族とは、仕事とは、地域とは、そして私たちを取り巻く自然環境とは、といったことを改めて考え直すきっかけとなるような映画です。ややもすれば殺伐とした現代社会に生きる私たちが人間らしさを取り戻したいとの願いを込めました。(原村政樹監督)

武蔵野 武蔵野 武蔵野

上映日時

6/23(土)~7/6(金)
10:00~12:00

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1600 ¥1100 ¥800
会員 ¥1300 ¥1100 ¥800

6/23(土)~

息衝く

息衝く

© teamJUDAS2017

2017年/日本/130分/DCP/製作・配給:team JUDAS 2017
脚本・監督・プロデューサー:木村文洋
出演:柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太、坂本容志枝、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾

公式ホームページ

舞台挨拶
7/9(月)19:50回上映後、木村文洋監督舞台挨拶が追加決定しました!

子供の頃、見上げた空の先には何があったのか―
これはわたしたちの希望を紡ぐ「この国」の物語

ある政権与党の政治団体でもあり、大新興宗教団体でもある「種子の会」。この映画は、そこで育った二人の男と一人の女を巡る、3.11以後のこの国の物語である。
宗教の掲げる理想、原発の再稼働に目を瞑る政党。理想と現実の間に揺れ、自らの信念を問い続けながらも団体の中で生きる二人の男、則夫と大和。一方、「種子の会」を離れ、母親となり、独りで子を育てる一人の女、慈。彼らには幼少期より絶対的に信頼を寄せる父親的存在がいた。「ひとは独りで生きていける程は強くない。世界ぜんたいの幸福を願うときこそ、個であれー」そう言ったかつての「種子の会」のカリスマは、日本という国を捨てて失踪した。彼が思い描いた未来は果たしてどこにあったのかー。
理想なき社会。そこで各個人がいかに希望をもち、生き続けていくのか。この映画を観る者は、ある特殊な生育環境で育った三人の、それでも誰しもが求める生の実感を追い求める旅を通して、この国の抱える根本的な問題を知ることになるだろう。

原発・宗教・家族―六ケ所村から東京へ。 社会と個の関わりを問い続けてきた木村文洋が描く、 3.11以後の日本のすがた

核燃料再処理工場がある青森県六ヶ所村を舞台に、そこに生きる家族の決断を描いた『へばの』(’08)。「地下鉄サリン事件」オウム真理教の幹部・平田信と逃亡を助ける女性の実在の話をベースに、ありえたかもしれない束の間の愛のすがたを描いた『愛のゆくえ(仮)』(’12)。常に社会と個のあり方と関わりに、鋭く問題を投げかけてきた木村文洋監督による最新長編は、2006年より『へばの』の対として構想にあった、東京に生きる30代の青年たちの物語。原発・宗教・家族を軸に据え、この社会で、いかにして個として生き続けることができるのかを問うた渾身の長編である。
脚本家チームに批評家・杉田俊介らを迎え、3年間に渡り脚本を執筆。撮影、制作は、『ひかりのおと』『愛のゆくえ(仮)』『新しき民』など挑戦的な作品を連打してきたスタッフ陣が務めた。音楽は北村早樹子が担当、演奏に坂本弘道、岡田拓郎(森は生きている)。 また役者には、演劇・映像界で活躍する 柳沢茂樹、長尾奈奈、古屋隆太(青年団)、坂本容志枝(zora)、川瀬陽太、小宮孝泰、寺十吾(tsumazuki no ishi)らが 参加。 脚本から撮影に至るまで独自の方法論で撮られた本作は、原発や宗教という巨大なテーマにも果敢に挑み、昨今の日本映画とは一線を画す驚くべき野心作がここに完成した。

ikizuku ikizuku ikizuku

上映日時

6/23(土)~6/29(金) 6/30(土)~7/6(金) 7/7(土)~7/13(金)
12:15~14:30 16:20~18:35 19:50~22:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1700 ¥1100 ¥800
会員 ¥1400 ¥1100 ¥800

6/23(土)~

馬の骨

馬の骨

©2018オフィス桐生

2018年/日本/91分/DCP/製作・配給:オフィス桐生
脚本・監督:桐生コウジ
脚本:坂ノ下博樹・杉原憲明 
撮影:佐々木靖之
出演:小島藤子、深澤大河、ベンガル、桐生コウジ

公式ホームページ

1989年流行語にもなった伝説のテレビ番組『イカ天』。
出演バンド「馬の骨」には30年後の後日談があった―。

自称音楽家と元アイドルのオフビート音楽コメディー

工事作業員の熊田(桐生コウジ)は元イカ天バンド「馬の骨」のボーカリスト。作業現場でトラブルを起こし解雇された熊田は、家賃1万5千円の格安シェアハウスに転がり込む。
アイドルのユカ(小島藤子)、ヲタク大学生の垣内(深澤大河)、キノコ狩りが趣味の宝部(ベンガル)、のんきな大家(しのへけい子)との奇妙な共同生活が始まる。住人たちから「職業は?」と問われた熊田は、つい「音楽関係」と口走ってしまう。アイドルを卒業し密かにシンガーソングライターを志していたユカは、熊田へのアプローチを開始する。やがて、熊田の正体が発覚し──。
夢を放棄して30年間、いまだ鬱屈とした日々を送っている中年男が、一途に夢を追い続ける若者との出会いによって、青春の後悔にケリをつけようと再起を図る。

イカ天バンド「馬の骨」桐生コウジ原案、『ひよっこ』小島藤子初主演

2017年NHK朝ドラ『ひよっこ』で注目を集めた小島藤子の映画初主演作。挿入曲「やまない音」の作詞、ギター弾き語りに初挑戦したのみならず、特技の書道を活かし題字も執筆。
出演はほかに『弱虫ペダル』の深澤大河、現役アイドル志田友美(夢みるアドレセンス)、茜屋日海夏(i☆Ris)、河上英里子などフレッシュな面々に加え、ベンガル、しのへけい子、信太昌之、黒田大輔、大浦龍宇一らベテラン勢が脇を固める。
『イカ天』審査委員長の萩原健太と、元たまの石川浩司も本人役として特別出演。
音楽監督に岡田拓郎(元 森は生きている)、予告編演出を乃木坂46の個人PVを手がける頃安祐良、アイドル挿入曲のプロデュースが久保こーじという異色コラボレーション。
ライブシーンの撮影はスピッツやエレファントカシマシを輩出した「新宿JAM」、練習スタジオや路上ライブは音楽の街として知られる高崎にて。第32回高崎映画祭で特別先行上映された。

馬の骨 馬の骨 馬の骨

【初日舞台挨拶】

6/23(土)20:50回終了後、小島藤子さん、桐生コウジ監督の舞台挨拶がございます。

小島藤子(こじま ふじこ) 桜本町ユカ役


小島藤子(こじま ふじこ)1993年、東京都出身。
2008年『キミ犯人じゃないよね?』で女優デビュー、『小公女セイラ』の真里亜役で注目を集める。映画では『書道ガールズ!!』『青空エール』『氷菓』などに出演。2017年のNHK『ひよっこ』寮長役は記憶に新しい。

桐生コウジ(きりゅう こうじ) 熊田美津夫役/脚本・監督


桐生コウジ(きりゅう こうじ)1965年、東京都出身。
イカ天バンド「馬の骨」解散後、俳優に転身、『座頭市』『アウトレイジ 最終章』などの北野映画に出演。プロデュース作品に『市民ポリス69』『ディアーディアー』。劇場映画三作目となる本作では脚本・監督も担当している。

上映日時

6/23(土)~6/29(金)
20:50~22:30 レイトショー割レイト割

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1500 ¥1100 ¥800
会員 ¥1200 ¥1100 ¥800

6/8(金)~

Vision

vision

©2018 “Vision” LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.

2018年/日本・フランス合作/110分/DCP/配給:LDH pictures
監督・脚本:河瀨直美
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
出演:ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、岩田剛典、美波、森山未來、田中泯、夏木マリ

公式ホームページ

ひとがひととして、 
母なる大地で生きることに 
真正面から向き合う、 
いのちの物語。

世界中で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良を舞台に、フランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、『あん』(15)、『光』(17)の2作に連続主演した日本を代表する俳優・永瀬正敏をダブル主演に迎え、長編劇映画第10作となる新たな傑作を完成させた。

共演には夏木マリ、岩田剛典、美波、森山未來、田中泯といった実力派が名を連ねる。さらなる深化、進化を見せる河瀨監督の最新作に世界が注目している。

木々が青々と茂る夏。紀行文を執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)は、奈良・吉野にある山深い神秘的な森に通訳兼アシスタントの花(美波)とやってきた。 彼女は、1000年に1度、姿を見せるという幻の植物を探していた。その名は“Vision”。旅の途中、山守の男・智(永瀬)と出会うが、智も「聞いたことがない」という……。ジャンヌはなぜ自然豊かな神秘の地を訪れたのか。山とともに生きる智が見た未来とは―。

vision vision vision

上映日時

6/8(金) 6/9(土)~6/15(金) 6/16(土)~6/22(金) 6/23(土)~6/29(金) 6/30(土)~7/6(金)
15:50~17:45 11:35~13:30
17:25~19:25
10:00~11:55 14:45~16:40 未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

6/2(土)~

ラジオ・コバニ

ラジオ・コバニ

2016年/オランダ/69分/クルド語/DCP/配給:アップリンク
原題:Radio Kobani
監督・脚本:ラベー・ドスキー
撮影監督:ニーナ・ボドゥー
第2カメラ:レベー・ドスキー
音声:タコ・ドライフォウト
編集:クサンダー・ネイストン
音楽:ユホ・ヌルメラ
サウンドデザイン:タコ・ドライフォウト
製作:ジョス・デ・パター
出演:ディロバン・キコ

公式ホームページ

ラジオから聞こえる「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を伝える
ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街で、大学生のディロバンは手作りのラジオ局をはじめる

トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。

そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。

「戦争に勝者などいません。どちらも敗者です」

「未来のわが子へ。戦争に勝者などいません。どちらも敗者です」そう語るディロバンは、いつか生まれるであろうわが子、そして今後生まれてくる“コバニで何が起きたか知りたい全ての子供たち”に向けて、自分の街や家族、友人たちが受けた悲惨な物語を手紙につづる。

戦闘真っ只中の2014年から、コバニに復興の光が差し込み始めるまでの激動の3年間を追ったカメラは、やがて日常生活のささやかな喜びや恋愛を享受するディロバン自身の姿も捉えている。

監督は、自身もクルド人のラベー・ドスキー。地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行、クルド人兵士によるIS兵士の尋問にも立ち会った。本作を、戦死したクルド人兵士の姉に捧げている。

ラベー・ドスキー監督Reber Dosky

「武器を作るのをやめろと私は言いたい。私は戦争の中で生まれ、育ち、戦争のせいで家族と共に何度か外国に逃げなくてはなりませんでした。そのたびに全てを失い、やり直しを余儀なくされたのです」 1975年生まれ。イラク北部のクルディスタン自治区ドホーク県出身。1998年よりオランダ在住。オランダ映画アカデミーで映画作りを学ぶ。卒業制作として撮った2013年の『The Call』では、戦争と移住が父と息子の関係に与えた影響について描き、国際映画祭でいくつかの賞を受賞した。短編映画『スナイパー・オブ・コバニ』(2015年)は世界的にブレイク、2016年の札幌短編国際映画祭の最優秀賞ドキュメンタリー賞をはじめ数々の賞を受賞した。

*本作は損傷の激しい遺体が映るシーンがありますので、あらかじめ了承の上ご覧ください。また、12歳未満の年少者は保護者指導の元による鑑賞をお願いします。

*2017年 コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭(CPH:DOX)F:ACT賞受賞
*2017年 マドリード・ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
*2017年 イスマイリア国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
*2017年 イスタンブール・ドキュメンタリー・デイズ 国際批評家連盟賞受賞
*2017年 ドホーク国際映画祭 クルド・ドキュメンタリー部門 最優秀作品賞受賞
*2017年 オランダ映画祭 長編ドキュメンタリー部門ノミネート
*2017年 フロントドッグ国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
*2017年 カメライメージ映画祭ドキュメンタリー部門 最優秀作品賞受賞

ラジオ・コバニ ラジオ・コバニ ラジオ・コバニ ラジオ・コバニ

初日6/2(土)上映後、内海旬子さんをお迎えしてトークイベントを開催

●イベント内容

内海さんは、シリア難民支援活動のために5月はヨルダンに滞在しています。帰国直後に生のシリア難民情報をお伝えいただくとともに、Q&Aも行います。

内海 旬子(うつみ じゅんこ) プロフィール


地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)理事。日本体育大学非常勤講師。
大学卒業後、外資系企業勤務を経て、カンボジアでのリハビリテーションセンター事業に携わり、その後もNGOにて主に障害分野の活動に従事。06年4月より 2013年9月までJCBL事務局長。2015年1月から2017年12月まで、日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)のヨルダンにおけるシリア難民の負傷者・障害者支援事業担当。

上映日時

6/2(土)~6/8(金) 6/9(土)~6/15(金) 6/16(土)~6/22(金) 6/23(土)~6/29(金)
14:25~15:40 16:00~17:15 18:30~19:45 16:50~18:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

5/26(土)~

ダンガル きっと、つよくなる

願いと揺らぎ

©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

2016年/インド/140分/DCP/配給:ウォルトディズニー・ジャパン、ギャガ
英題:DANGAL
監督:ニテーシュ・ティワーリー
脚本:ピユシュ・グプタ ニテーシュ・ティワーリー
撮影:サタジット・バンデ
製作者:アーミル・カーン
出演:アーミル・カーン、サークシー・タンワル、ファーティマ―・サナー・シャイク、サニャー・マルホートラ

公式ホームページ

父の夢をまとった姉妹がレスリングで世界に羽ばたく壮大な逆転サクセス・ストーリー。

レスリングの国内チャンピオンになったものの、生活のために引退したマハーヴィルは、金メダルの夢を息子に託すはずだったが、授かったのは、娘、娘、娘、娘──。やむなく夢は諦めたが、十数年後にケンカで男の子をボコボコにした長女ギータと次女バビータの格闘センスに希望を見出し、翌日から2人を鍛え始める。男物の服を着せ、髪を切り……暴走するマハーヴィルの指導を見た町の人々は一家を笑い者にするが、父の信念は曲がらない。やがて2人は目覚ましい才能を開花させ始める──。

頑固一徹なパパに扮するのは、公開時にインドで歴代興行成績を塗り替え、日本でも大ヒットを記録した『きっと、うまくいく』のアーミル・カーン。50本を超える作品に出演し、国内外で数々の権威ある賞に輝くインドの国民的スターだ。 ギータとバビータの子供時代と成長してからを演じる4人は、厳正な健康チェックを含むオーディションで選ばれた。父との葛藤に揺れるギータを情感豊かに演じたザイラー・ワーシムと、家族の絆を取り戻そうとする愛らしいバビータを演じたファーティマー・サナー・カーンは、すべての試合シーンを自分たちで演じた。彼女たちを一流のアスリートかつ女優に育て上げた監督は、ニテーシュ・ティワーリー。

人類史上最も熱い、パパの愛と野望。

インド映画の世界興収歴代第1位の座を奪取し、中国では『君の名は。』の記録のダブルスコアとなるモンスター級のヒットを樹立、今も各国で記録を更新中の話題の大興奮作。 圧巻の面白さと感動で人々の心をわしづかみにしたのは、レスリング一直線の熱血パパと2人の娘たちの実話。「巨人の星」の星一徹ばりの過酷な特訓を強いるパパに、「猛烈すぎる!」と驚いた観客も、因習、悪徳コーチ、挫折、世界の壁……いくつもの限界を、娘を支えながら共にブチ破っていくその姿に魂を燃やされる。やがて彼の真の目的が明かされた時、観る者の涙腺は決壊、クライマックス30分は爽快な涙が止まらない。

“ダンガル”とは、インド語でレスリングのこと。広い意味での情熱に溢れたファイターや、人間の尊厳も表し、闘い続ける者たちを称える言葉でもある。父から受け継いだ夢をまとい、姉妹がレスリングで世界へと羽ばたく壮大な逆転サクセス・ストーリーにして、全ての夢追い人へ贈る最高のエールが誕生した

ダンガル きっと、つよくなる ダンガル きっと、つよくなる ダンガル きっと、つよくなる

上映日時

一部のチラシの上映時間が間違っておりました。訂正してお詫び申し上げます。

5/26(土)~6/1(金) 6/2(土) 6/3(日)~6/8(金) 6/9(土)~
20:40~23:00 16:10~18:30
20:10~22:35
15:50~18:10
※6/8のみ15:50の回休映
19:50~22:15
未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800
PAGE TOP ▲