近日上映作品

公開延期 時期調整中

フレディ・M・ムーラー特集 マウンテン・トリロジー

フレディ・M・ムーラー特集 マウンテン・トリロジー画像 公式ホームページ

【前売券】全国共通劇場鑑賞券【3回券】3,600円を当館受付にて発売中!特典:オリジナルクリアファイルをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

有隣堂さん取り扱い分は、特典は付きません。

映画史に燦然と輝く“山”映画の最高峰、『山の焚火』。
巨匠フレディ・M・ムーラーの伝説の傑作が、35年の歳月を経てデジタルリマスターで甦る! 
日本初公開の『我ら山人たち』『緑の山』を合わせた三部作一挙公開

ダニエル・シュミットやアラン・タネールらと並び、1960年代後半に起こったスイス映画の新しい潮流「ヌーヴォー・シネマ・スイス」の旗手として知られる、フレディ・M・ムーラー。『山の焚火』は、1985年に発表され、ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を獲得し、世界にムーラーの名を轟かせた。
本特集では、『山の焚火』とあわせて「マウンテン・トリロジー」を構成する2本のドキュメンタリーを同時公開。民話と山に惹かれたムーラーが、吸い寄せられるように生まれ育ったスイス・ウーリ州の山岳地帯に戻り、長期取材を敢行。そこから生まれた三部作は、人と自然、そしてまるで現代を予知したかのような今日的問題を驚くほど大胆な創意と圧倒的な映像で描き出す。

山の焚火
我ら山人たち─我々山国の人間が山間に住むのは、我々のせいではない
緑の山


山の焚火

山の焚火

1985年/スイス/117分/スイス・ドイツ語/配給:ノーム
原題:Hohenfeuer
監督・脚本:フレディ・M・ムーラー
撮影:ピオ・コラーディ
録音:フロリアン・アイデンベンツ
編集:ヘレーナ・ゲルバー
出演:トーマス・ノック、ヨハンナ・リーア、ロルフ・イリック、ドロテア・モリッツ、イェルク・オーダーマット、ティッリ・ブライデンバッハ

広大なアルプスの山腹。人々から隔絶された地で、ほぼ自給自足の生活を送る4人家族。10代半ばの聾啞の弟はその不自由さゆえに時に苛立つこともあるが、姉と両親の愛情を一身に受け健やかに育つ。ある日、草刈り機が故障したことに腹を立てた弟は、それを投げ捨て父の怒りを買う。家を飛び出し山小屋に隠れ、一人で生活をする弟。そこに食料などを届ける姉。二人は山頂で焚火を囲み楽しい時間を過ごすが、やがて姉の妊娠が発覚し…。 雄大な自然に囲まれた美しく神話的な世界。その閉ざされた空間の中に潜む人間のリアリティがスクリーンから溢れ出す。巨匠フレディ・M・ムーラーの伝説の傑作。

山の焚火 山の焚火 山の焚火

我ら山人たち

我ら山人たち─我々山国の人間が山間に住むのは、我々のせいではない

1974年/スイス/108分/スイス・ドイツ語/配給:ノーム
原題:Wir Bergler in den Bergen sind eigentlich nicht schuld, dass wir da sind
監督:フレディ・M・ムーラー
原案:フレディ・M・ムーラー、ジャン=ピエール・オビー、ゲオルク・コーラー
撮影:イワン・シューマッハー
編集:フレディ・M・ムーラー、エヴェリーネ・ブロムバッハー
録音:リュック・イェルサン

ムーラーの故郷、スイスのウーリ州。変わりゆく山岳地帯にすむ山人たちの生き方と精神世界に迫るドキュメンタリー。1974年ロカルノ国際映画祭国際批評家賞受賞。

我ら山人たち 我ら山人たち 我ら山人たち

緑の山

緑の山

1990年/スイス/128分/スイス・ドイツ語/配給:ノーム
原題:Der grune Berg
監督、原案:フレディ・M・ムーラー
撮影:ピオ・コラーディ
編集:カトリン・プリュス
録音:フロリアン・アイデンベンツ

アルプスの山間で持ち上がった放射線廃棄物処理場の建設計画。土地と自分たちのルーツを守ろうとする反対派と賛成派の住民たちを追ったドキュメンタリー。

緑の山 緑の山 緑の山

公開延期 時期調整中

サクリファイス

サクリファイス

© Récolte&Co.

2019年/日本/77分/制作・配給:Récolte&Co.
監督・脚本・編集:壷井濯
プロデューサー:藤原里歩
副プロデューサー:柗下仁美、林海斗
撮影:柗下仁美
録音:藤原里歩
撮影助手:柳田智哉
助監督:加登谷美琴
制作:下村花
音楽:大津沙良
主題歌:ぐみ(from パスワードの人)「小譚歌」
出演:青木柚、半田美樹、五味未知子、藤田晃輔、櫻井保幸、矢﨑初音、下村花、柗下仁美、青木陽南、田港璃空、三坂知絵子、草野康太、三浦貴大

公式ホームページ

東日本大震災から9年、「死の物語」を疾走する
311匹目の猫が殺された時、世界は何か変わるのでしょうか

かつて新興宗教団体〈汐の会〉で東日本大震災を予知した少女・翠は、今は陸上部に所属する女子大生としての日々を過ごしていた。
同じ頃、大学周辺では三つの事件が起こっていた。神崎ソラという孤独な学生の死。三一一匹殺されるまで終わらないとされる猫殺し。若者を戦争へ駆り立てる団体〈しんわ〉の暗躍。 平凡な毎日を忌み嫌う塔子は、同じ学部に通う愛想の良い青年・沖田が猫殺しの犯人ではないかと睨み行動を共にしていた。やがて彼が、キャンパス内で神崎ソラと接触を持っていた唯一の人物であることを知り、猫殺しだけでなくソラの殺害にも関与しているのではと疑い始めるが……。
東日本大震災から九年、「死の物語」の中を若者たちが疾走する。

本作の企画は、大学の授業で「東日本大震災をテーマにした脚本を書く」という課題が出たところからスタートした。不幸の中から幸福への糸口を見出だせるのが映画だとすれば、〈つながり〉ではなく〈断絶〉を、今こそ恐れずに描くべきではないか。そして、それは現代人が目を背けがちな「死の物語」でなくてはならない。「死の物語」には他者の孤独や不幸に寄り添う力があるからだ。こうして書き上げられた『サクリファイス』の脚本は、その後、立教大学映像身体学科の第一回スカラシップ作品に選出され、映画化された。
誰にでも愛想の良い好青年でありながら、猫の死体の写真を収集しているという複雑な内面を持つ主人公・沖田を演じるのは、『14の夜』『アイスと雨音』での演技が話題を呼んだ青木柚。「普通」を拒絶し、「境界の向こう」へ憧れを抱く女子大生・塔子役には、『花に嵐』『聖なるもの』や舞台でも活躍する半田美樹。霊能力に翻弄されながらも、大切な人との記憶を武器に走り続ける少女・翠役には、これが映画初出演となる五味未知子が挑んだ。脇を固める三坂知絵子、草野康太、三浦貴大ら実力派俳優たちの芝居も見所の一つである。
ラスト三十分、生者と死者の境界が取り払われ、物語そのものが「壊れる」時、寄る辺なき若者たちはどのような生き方を選択するのだろうか。是非、あなたの目で目撃して欲しい。

*SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019国内コンペティション優秀作品賞(長編部門)受賞
*第32回東京国際映画祭特別招待作品

サクリファイス サクリファイス サクリファイス

5/7(木)~

グリーン・ライ 〜エコの嘘〜

グリーン・ライ 〜エコの嘘〜

©e&a film

2018年/オーストリア/97 分/配給:ユナイテッドピープル
原題:The Green Lie
監督:ヴェルナー・ブーテ
出演:ヴェルナー・ブーテ、カトリン・ハートマン、ノーム・チョムスキー、ラージ・パテル、ヴィンセント・ハンネマン、ディーン・ブランチャード、スコット・ポーター、ソニア・グァジャジャラほか

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,300円を当館受付にて発売中!特典:特製ポストカードをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

「環境に優しい」「サステナブル」
耳触りの良い言葉の裏側に隠された残酷な真実に迫る

スーパーで見かける「環境に優しい」商品。買うだけでオランウータン、海、そして熱帯雨林まで救えるというが本当だろうか?確かに「お買い物は投票」というように一人ひとりの消費行動は企業に影響を与える力がある。でも、本当に正しく消費するだけで世界を救えるのだろうか?
ヴェルナー・ブーテ監督は、グリーンウォッシングの専門家カトリン・ハートマンとスーパーを訪れ、カップスープ、ピザやドレッシングなど多くの既製品に「持続可能な」と表示のあるパーム油が使われていることを知る。「持続可能なパーム油なんてない」と主張するカトリンに驚き、実態が知りたくなった監督は世界一周航空券を買い、ハートマンと一緒に旅に出た。
2人がまず向かったのは、パーム油の生産量世界一のインドネシア。数日前まで熱帯雨林だったが、パーム油農園を拡大するため企業によって不法に焼き尽くされた土地を現地の活動家の案内で訪れると、監督はその痛ましい惨状を見て絶句する。どうしても普段の買い物と、森林破壊が結びつかない。どうすれば環境破壊をせずに済むのか?買わないことなのか、正しい消費の選択をすることなのか? 2人はブラジル、ドイツ、米国を巡って、様々な業界の実態を調べていく。そして著名な学者ノーム・チョムスキーなどに解決方法を聞きに行く。そこで目にするのは、目を覆いたくなるような衝撃の事実だった!
持続可能な未来のために、私たち一人ひとりがどう行動するべきか問うドキュメンタリー。

グリーン・ライ 〜エコの嘘〜 グリーン・ライ 〜エコの嘘〜 グリーン・ライ 〜エコの嘘〜

5/7(木)~

星屑の町

星屑の町

©2020「星屑の町」フィルムパートナーズ

2019年/日本/102分/配給:東映ビデオ
監督:杉山泰一
原作・脚本:水谷龍二
出演:大平サブロー、ラサール石井、小宮孝泰、渡辺哲、でんでん、有薗芳記、のん、菅原大吉、戸田恵子、小日向星一、相築あきこ、柄本明

公式ホームページ

そこに、歌と仲間と夢があれば 人生はいつだって輝ける
昭和歌謡の名曲にのせて♪
25年愛され続けた人気舞台が遂に映画化!

「山田修とハローナイツ」。大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹(ラサール石井)と込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾(大平サブロー)をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫(でんでん)は、ハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋と4人の子どもを女房にまかせてメンバーになった。それぞれの事情を抱えながらグループを続けてきたものの、これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城(戸田恵子)と地方を回りながら、何とか細々と活動を続けている。
そんなある日、東北の田舎町でメンバーが出会ったのは、東京から出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛(のん)。突然、ハローナイツに入りたいと直訴して、大騒動に発展、すったもんだの末に、愛はハローナイツに加入することとなり、状況が一変!たちまち人気者となりスポットライトを浴びることになる。 思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが─。
うだつが上がらないおじさんコーラスグルーブが、歌手を夢見るヒロインと出会うことで人生が大きく変わり、新たな人生を歩むことになる。そして、成功という高揚感の中で気づかされる“大切なこととは?”
「恋の季節」「宗右衛門町ブルース」「ほんきかしら」「新宿の女」「中の島ブルース」など、聴けば誰もが耳にしたことのある昭和歌謡が劇中に続々と登場。歌から生きる元気・勇気をもらった昭和という時代。その時代を彩った名曲が、令和に蘇る。さらに、「山田修とハローナイツ」として96年に発売した「MISS YOU」、オリジナル楽曲「シャボン玉」にも注目!
いつかはスポットライトを浴びたい、輝きたい、誰もが少なからず持つ思いを、名曲とともに追体験できる。終わった後、誰もが名曲を口ずさみたくなる、笑って、ホロリとする温かい映画が完成した。

のんが銀幕に復活!さらに熱唱披露で七変化
豪華ベテランキャスト陣×ヒロイン・のん
意外にして絶妙な組み合わせ

劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が、「笑ってホロリとする作品」を作ることを目指し結成したユニット「星屑の会」によって1994年に第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」を上演。その後25年に亘って愛され続けた舞台「星屑の町」シリーズ(全7作)、ついに映画化!
25年間を共にした仲間として息ぴったりのハローナイツのキャスト陣 。円熟味溢れる演技と阿吽の掛け合いが妙なリアリティを生み出し、たっぷりの笑いと、時には涙を誘いだす。さらに、本作のキーパーソンともいえるのが、6年ぶりの実写劇場映画出演となるヒロイン・のん。『マイ・フェア・レディ』のイライザの如く、田舎娘がやがて大輪の花を咲かせるまでの変身を見事に演じ、吹替えナシの透き通る歌声で、妖艶さと軽快さを見事に歌い分ける。60年代を意識した衣装の七変化も見逃せない。長年培われた熟練の芝居に、のんの透明感あふれる演技が加わることで、意外性がありつつもまたとない最高のメンバーで、観る人すべてを魅了する!

星屑の町 星屑の町 星屑の町

5/8(金)~8日間限定

『もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。』&『HERO DOCUMENTRY FILM』

もしサイ

©『もしサイ』&『HERO』製作委員会

2020年/日本/90分/配給:プラチナムピクセル/配給協力:プレシディオ
監督・脚本・編集:高橋朋広
音楽:クボナオキ
主題歌:SILENT SIREN「HERO」「恋のエスパー」(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
プロデューサー:山口晋路
撮影監督:高橋祐太
録音:内藤和幸
助監督:金子陽央
ヘア・メイク:長谷阪絵美
効果:岡田淳一
出演:吉田菫、梅村妃奈子、山内あいな、黒坂優香子、青山友、渡辺健太、26時のマスカレイド、Zero PLANET

公式ホームページ

【前売券】全国共通鑑賞券1,500円を当館受付にて発売中!特典:特製ステッカーをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

バンド結成10周年、SILENT SIRENついにスクリーンデビュー!

2019 年6 月9 日。SILENT SIREN のワンマンライブが、Zepp Divercity Tokyo で行われていた。代表曲『恋のエスパー』で「STOP」の掛け声と共に会場の時間が止まる。観客は一切身動きができなくなってしまうという、エスパーパワーを身につけたすぅの強力な超能力である。……という、 “お約束” である。「時間を巻き戻したいと思います!」そう言うと時空が歪んでライブの時間は巻き戻り、再びライブをやり直すはずだったが、本当に時空が歪み……。 すぅが目を覚ますと、そこは専門学校の教室だった。エスパーパワーの暴走で異次元に飛ばされてしまったらしい。ライブ会場に戻るため再び超能力をかけようとするが、何も起こらない。困惑したすぅが部屋を飛び出すと、ダサい女の子と出会う。おさげ姿にメガネのその女の子はメンバーのひなんちゅだった。しかもひなんちゅはサイサイを知らないどころか、長年バンドとして苦楽を共にしたはずのすぅのことを嫌っているようで…… サイサイの存在しないパラレルワールドへと飛ばされたサイサイメンバーたち。あいにゃんとゆかるんはどこで何をしているのか? サイサイの4人は、無事にファンの待つライブ会場へ戻ることができるのか?

2019 年9 月14 日に「31 時間テレビ」の企画内で放送された主演ドラマ「もしもあたしたちがサイサイじゃなかったら。」“SILENT SIREN が存在しない並行世界” を描いたSF 青春ドラマは、その斬新なストーリーとメンバーの初々しい演技がファンの間で大反響を呼び映像化を望む声が殺到!出演は主演のSILENT SIREN の4 名に加え実力派アイドルグループ 26 時のマスカレイドやメンズダンス& ボーカルユニットとして活動するZero PLANET など、ネクストブレーク間違いなしのSILENT SIREN と所縁のあるアーティストが参加。
そして、2019 年12 月30 日に行われた年末スペシャルライブ「HERO」をライブ当日まで追いかけたドキュメンタリー『HERODOCUMENTARY FILM』。誰もが誰かのヒーロー!をテーマに熱く盛り上がったライブの裏側に密着。普段見ることのできないメンバーの素顔を余すところなく映し出す。
結成10 周年ついにサイサイがスクリーンデビューを飾る! 2020 年、ますます盛り上がるサイサイから目が離せない!!!

SILENT SIREN

2012年11月シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビューし、通称“サイサイ”として親しまれるガールズロックバンド。ガールズバンド史上最短で日本武道館ワンマンライブを成功させ、翌年には横浜アリーナ・5ヵ国6都市を回るワールドツアーも敢行。デビュー5周年記念日にツアーファイナルとして武道館2Days公演を成功させ、2019年5月に行われたPoppin’Partyとのメットライフドームでの対バンも大成功に収めた。そして、2020年バンド結成10周年を迎え、その節目に行われる「サイサイ10歳祭~てっぺん目指してGO!サイレンGO!~」が山中湖交流プラザきららにて行われる。

もしサイ もしサイ もしサイ

6月上旬~

凱里ブルース

凱里ブルース

© Blackfin (Beijing) Culture & MediaCo.,Ltd – Heaven Pictures (Beijing) The Movie Co., – LtdEdward DING – BI Gan / ReallyLikeFilms

2015年/中国/113分/DCP/配給: リアリーライクフィルムズ + ドリームキッド
原題:路邊野餐 Kaili Blues
監督・脚本:ビー・ガン
撮影:ワン・ティアンシン
音楽:リン・チャン
出演:チェン・ヨンゾン、ヅァオ・ダクィン、ルナ・クォック、ユ・シシュ

公式ホームページ

【前売券】劇場特別鑑賞券1,500円を当館受付にて発売中!

ひとの想いは、時の流れの中にさまよう
ひとの魂は、水の流れの狭間にたゆたう
ポエティックな世界観の中に紡がれる、男の魂の彷徨
愛したひとたちの幻影を追って、彼が辿り着いた街とは…。

エキゾチックな亜熱帯、貴州省の霧と湿気に包まれた凱里市の小さな診療所に身を置いて、老齢の女医と幽霊のように暮らすチェン。彼が刑期を終えてこの地に帰還したときには、彼の帰りを待っていたはずの妻はこの世になく、亡き母のイメージとともにチェンの心に影を落としていた。さらにしばらくして、可愛がっていた甥も弟の策略でどこかへと連れ去られてしまった。チェンは甥を連れ戻す為に、また女医のかつての恋人に想い出の品を届ける為に旅に出たのだが、辿り着いたのは“ダンマイ”という名の、過去の記憶と現実と夢が混在する不思議な街だった──。

弱冠26歳、名も知れぬ中国の地方都市から突如現れた天性の才能に、世界が驚嘆!
中国第8世代の最前線に立つ、ビー・ガン監督デビュー作

『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』で鮮烈の日本初上陸を果たしたビー・ガン監督が、その名を全世界に知らしめた驚愕のデビュー作。
自己資金と借金、周囲の援助で完成へと漕ぎ着けた本作は、ロカルノ国際映画祭でお披露目されるや、各国のメディアやジャーナリストから驚きと称賛を持って向かえ入れられた。その時の興奮を、後に新華社通信は「過去五年で一番優れた中国国産映画」「中国映画を五十年進歩させる」と絶賛されたと伝えている。『ロングデイズ・ジャーニー〜』と同様に、ノーカットのロングショットがここでも40分間にわたって展開されており、主人公の魂の彷徨が哀愁と夢幻の世界の中に綴られる。ビー・ガン監督独自のスタイルがこのデビュー作で既に確立されていることに、観客は驚嘆することだろう。

*第68回ロカルノ国際映画祭新進監督賞 & 特別賞受賞
*第37回ナント三大陸映画祭黄金の熱気球賞[グランプリ]受賞
*第52回金馬奨最優秀新人監督賞・FIPRESCI賞受賞

凱里ブルース 凱里ブルース 凱里ブルース

6月上旬~

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ 

©2018 Dangmai Films Co., LTD, Zhejiang Huace Film & TV Co., LTD – Wild Bunch / ReallyLikeFilms

2018年/中国・フランス/138分/配給:リアリーライクフィルムズ + miramiru
原題:地球最后的夜晩 Long Dayʼs Journey Into Night
監督・脚本:ビー・ガン
美術:リウ・チアン
撮影:ヤオ・ハンギ、トン・ジンソン、ダーヴィッド・シザレ
照明:ウォン・チーミン
出演:タン・ウェイ、ホアン・ジエ、シルヴィア・チャン

※当館での上映は全編2D上映となります。

公式ホームページ

それは夢なのか、記憶なのか――
愛したひとの面影を追って、男がたどり着いた場所とは?

ルオ・ホンウは、何年もの間距離を置いてきた故郷・凱里へ、父の死を機に帰還する。
そこでは幼馴染 白猫(パイマオ)の死を思い起こすと同時に、彼の心をずっと捉えて離れることのなかった、ある女のイメージが付き纏った。彼女は自分の名前を、香港の有名女優と同じワン・チーウェンだと言った。ルオはその女の面影を追って、現実と記憶と夢が交錯するミステリアスな旅に出る……。

それは夢なのか、記憶なのか――
鬼才ビー・ガン監督が誘う、後半60分、脅威のワンシークエンスショット映像体験

弱冠26歳で制作した『凱里ブルース』で、映画界に彗星の如く現れたビー・ガン。その年に開催された主要な映画祭で新人監督に贈られる賞を次から次へと獲得し、一躍時代の寵児となった。そのビーが3年の歳月を経て発表したのが、長編第2作にあたる本作である。第71回カンヌ国際映画祭では、時制や映画的文法の解体と再構築、そして前作でも試みた40分に渡るワンシークエンスショットを60分に、さらには3Dに拡張した、その大胆で革新的な映画手法に、批評家や観客から前作を凌駕する驚嘆と称賛の声があがった。

長編2作目の新人監督ながら、その期待度からスタッフ・キャスト共に中国・香港・台湾・フランスの一流スタッフが集結。主演は、アン・リー監督の『ラスト、コーション / 色・戒』で衝撃的なデビューを果たした国際女優のタン・ウェイ。男の現実とも幻想ともつかないミステリアスな存在である二人の女性を、時に妖艶に、また時に可憐に演じ、圧倒的な存在感を見せている。もう一人の主人公、ルオを演じるホアン・ジエは、その長身を生かしてダンサーからモデルへ、そして俳優に転身した。大陸的な男臭さの中に繊細な色気も感じさせる、これからが期待の俳優だ。二人の異なる母親のイメージを体現したシルヴィア・チャンは、映画女優としても、また映画監督としても高い評価を得ている、台湾を代表する国際派映画人である。

撮影はホオ・シャオシェンの作品で知られる台湾のヤオ・ハンギ、ディアオ・イーナン監督の新作『ワイルドレイクグース』が話題の中国人カメラマン、ドン・ジンソン、アカデミー外国語映画賞候補となった『裸足の季節』のフランス人カメラマン、ダーヴィッド・シザレ。この3人の才能が結集し、映画史に残る圧巻のカメラワークを成し遂げた。
さらに照明では、ウォン・カーウァイ作品を手掛けてきた香港のウォン・チーミンが参加していることも見逃せない。

ビー自身の故郷である貴州省凱里市での撮影にこだわり、土地の気候や風土、地形を巧みに映画セットに取り込み、今まで見たこともないような映像世界を体験することとなる本作。架空の街・ダンマイで、あなたはどのような物語を紡ぐことができるだろうか?

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ

5/30(土)~

ハニーランド 永遠の谷

ハニーランド

©2019,Trice Films & Apollo Media

2019年/北マケドニア/86分/配給:オンリー・ハーツ
原題:Honeyland
監督:リューボ・ステファノフ&タマラ・コテフスカ
製作:アタナス・ゲオルギエフ
撮影:フェルミ・ダウト、サミル・リュマ
音楽:Foltin
後援:駐日北マケドニア共和国大使館

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,200円を当館受付にて発売中!特典:特製ポストカードをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

「半分はわたしに、半分はあなたに」

主人公は、首都スコピエから20キロほど離れた、電気も水道もない故郷の谷で、寝たきりの盲目の老母と暮らすヨーロッパ最後の自然養蜂家の女性。「半分はわたしに、半分はあなたに」それが持続可能な生活と自然を守るための信条。しかし、彼女の平和な生活は、エンジン音とともに7人の子供と牛たちを引き連れてきた一家の襲来で激変する…。

ドキュメンタリー映画がアカデミー史上初の快挙
人間の、自然の、存在の、崇高さと美しさに満ちた物語

ギリシャの北に位置する北マケドニアで作られた本ドキュメンタリーは、本年度アカデミー賞において、ドキュメンタリー映画賞部門だけでなく、国際映画賞(旧・外国語映画賞)部門にも『パラサイト 半地下の家族』などと並びノミネートされるというアカデミー賞史上初めての快挙をなしとげた。 3年の歳月と400時間以上にわたる、対象との親密な関係の中で撮影された物語は、驚くほどユーモアに富み、人間と自然との繊細で絶妙なバランス、急速に姿を消しつつある生き方を、厳しくそして優しく描き出す。そしてそれは、ある素晴らしい女性の回復力についての忘れえぬ崇高な証となった。

ハニーランド ハニーランド ハニーランド

5/30(土)~ 1週間限定

歌ってみた 恋してみた

歌ってみた 恋してみた

2019年/日本/74分/配給:アルミード
監督・脚本・編集:西荻ミナミ
出演:上埜すみれ、大島薫、本村壮平、マメ山田、小林梓、深琴、しじみ、衣緒菜、佐藤ザンス、川端さくら、カメレオール、エリマキング、絵本オオカミ、やぶさきえみ、繫田健治

公式ホームページ

高円寺発!奇妙でポップ、アングラ全部のせ
全力妄想ファンタジー!

実家でニート中のサブカル女子ゆうこ。ネット友達ひかるからの誘いで上京し、ひかるの家に転がり込む。ひかるは容姿が女性の青年、いわゆる“男の娘”。二人の共通点は“歌ってみた”の謎の歌い手「タクロー」の信者ということ。ゆうこ達信者は、タクローの素性はおろか顔さえみたことがない。 ある日、ゆうこはひかるの知人でバンドマンのそうすけに憧れのタクローを罵られ、猛反撃!そうすけの繊細な心を傷つけてしまう。そんな中、ゆうこにタクローの正体を知るチャンスが訪れたが、小心者のゆうこは動く素振りがない。 そんな彼女の背中を押す妄想フレンドたち。ゆうこは勇気を振り絞り、タクローの元へと走る…

第90回キネマ旬報ベストテン個人賞 上埜すみれ × 噂のカリスマ女装男子 大島薫 W主演!

『ゴーストスクワッド』『あの娘が海辺で踊ってる』などに出演してきた女優の上埜すみれと、女装男子として注目された大島薫がW主演。様々なサブカルチャーのコミュニティが存在している高円寺にて撮影が行われ、サブカル女子、男の娘、バンドマン、百合、人外、妖精、ストーカーやダンスまで、カオス要素が盛り沢山!人間のディープな心の内に向き合い、ひたむきに頑張る女の子(娘!?)たちの友情や恋愛から目が離せない!
監督の西荻ミナミは、音楽活動中にMVの制作経験から、2015年に映画撮影を開始。短編映画『CHUCHUあいす☆苺味』をiPhoneにて製作し、フェチフェス映画祭で好評を得た。今作『歌ってみた 恋してみた』が初の長編映画。エンタメ要素満載でありながら、結末は観覧者の視点次第。謎多き新感覚ムービー!

歌ってみた 恋してみた 歌ってみた 恋してみた 歌ってみた 恋してみた

6月下旬~

大海原のソングライン

大海原のソングライン

©Small Island Big Song

2019年/オーストラリア、台湾/82分/配給:ムーリンプロダクション
英語題:Small Island Big Song
中国語題:小島大歌
監督:ティム・コール
プロデューサー:バオバオ・チェン
製作:Small Island Big Song Pty, Ltd.、小島大歌影音工作室
協力:MUSIC from OKINAWA
後援:オーストラリア大使館、ソロモン諸島名誉領事館
出演:クアナ・トレス・カヘレ、タリカ・サミー、ホロモナ・ホロ、アレナ・ムーラン、チャールズ・マイマロシア、ポエモアナ

公式ホームページ

5000 年前、人々を繋いだものは、文字ではなく音楽だった
東は太平洋のイースター島、西はインド洋のマダガスカルに至るまで16の島国に残る伝統的なパフォーマンスを記録した前例のない音楽ドキュメンタリー

5000年前、太平洋には海を渡る人々がいた。彼らは数千年に渡って大海原を攻略し、地球の半分を覆う島々にたどり着いた。文字が普及する前の時代、彼らは音楽で交流していった――。
監督とプロデューサーの2人は3年間に渡りその航路をたどった。台湾から出発してオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、さらに太平洋の向こう側に位置するマダカスカル、そしてイースター島に至るまで16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録していった。
本作はオーストラリアの先住民に受け継がれる“ソングライン”という思想/信仰に基づいて、100名を越える各島々の音楽家たちと共同で、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させる壮大な音楽プロジェクト!「Small Island Big Song」と名付けられたこの試みは、単なる伝統音楽の記録に留まらず、それぞれの島で生きる人々が伝承の音楽を伝統の楽器で演奏し、やがて一つの壮大なアンサンブルを奏でる…!

ソングラインとは?

本作のテーマでもあり、またイギリスの音楽雑誌『Songlines』もその名を冠しているソングラインとは一体なんのことでしょう?日本では耳慣れないこの言葉は英語ではあるものの指し示しているのはオーストラリア・アボリジナルの民族的な思想・風習に基づいています。アボリジナルの神話には様々なトーテム( 自然信仰の対象物) があり、彼・彼女たちは生活の中で動植物や岩、湖などを歌いながら世界を作り上げていきました。オーストラリアの内陸にはこのような目には見えなくとも、声や歌によって継がれていった無数の道が存在します。それこそがソングラインなのです。
『大海原のソングライン』はオーストラリアの内陸部を飛び出して太平洋にかつて歌い継がれた道を改めて見つけにいこうとしているのです。

大海原のソングライン 大海原のソングライン 大海原のソングライン

7/4(土)~

時の行路

時の行路

©「時の行路」製作委員会

2019年/日本/111分/配給:「時の行路」映画製作・上映有限責任事業組合
監督:神山征二郎
共同監督:土肥拓郎
原作:田島一「時の行路」「続・時の行路」「争議生活者」(新日本出版社刊)より
プロデューサー:藤野戸護
協力プロデューサー:永田博康
企画:中西繁
脚本:土屋保文、神山征二郎
音楽監督:池辺晋一郎
ラインプロデューサー:伊藤栄
撮影監督:加藤雄大
出演:石黒賢、中山忍、松尾潤、村田さくら、渡辺大、安藤一夫、綿引勝彦、川上麻衣子、日色ともゑ(ナレーション)

公式ホームページ

「非正規」で働く人々の現在を通して日本の未来を問う問題作
「派遣切り」に立ち向かう父と家族と仲間たちの希望の物語

青森の八戸でリストラにあった五味洋介は妻の夏美と子どもたちを実家に残して静岡の大手自動車メーカーの工場の旋盤工として働きながら、仕送りを続けていた。洋介は派遣社員であったがベテラン技能者として職場でも信頼され、充実した日々を送る合間に家族を三島に呼び、ともに暮らせる将来を夢見て頑張っていた。
しかし、ある日突然、リーマンショックに端を発した非正規労働者の「大量首切り」により職場を追い出されてしまう。洋介は理不尽な仕打ちに抗し、仲間と一緒に労働組合に入って立ち上がった。だが洋介や妻たち、支援の人々の願いは届かず、会社と裁判所は冷酷だった。そんな折、闘病中の夏美が倒れたと いう知らせを受け、洋介は郷里へ向かう・・・・。

日本の自動車産業は1989年をピークにバブル経済が崩壊した後も、つねに日本経済をけん引してきた。アメリカ、ヨーロッパ、近隣のアジア諸国など市場を全世界に拡大し、もの作り日本の顔として長く君臨してきた。
しかし、2008年にリーマンショックと言われる経済不況が吹き荒れ、その中で、自動車業界は防衛手段としてまず、人員の整理を敢行してきた。派遣工をはじめ非正規労働者を契約期間内であるにもかかわらず、大量に解雇してきた。労働者は組合を結成して、全国の支援者と家族に支えられてこの不当解雇を法廷闘争に持ち込んでいった。しかし司法界は次々と企業に有利な判決を下してきていた。

神山征二郎 第30作目監督作品
日本映画界の巨匠らが作品づくりに参加

新藤兼人、今井正に師事し、「鯉のいる村」で監督デビュー、「ハチ公物語」「遠き落日」「ひめゆりの塔」から「月光の夏」「郡上一揆」「草の乱」「宮沢賢治 その愛」社会派作品を生み出してきた神山征二郎監督の第30作目となる。
そして、黒澤明のもとで現場を続け、数々の名作や大作を支える加藤雄大が撮影監督を、日本音楽界の重鎮で、同じく黒沢明作品や多くの名作映画のスコアを手がけた池辺晋一郎が音楽監督を担いこの作品をより気高く仕上げている。

時の行路 時の行路 時の行路

7月下旬~1週間限定 オールナイト上映あり!

死霊魂

死霊魂

©LES FILMS D’ICI-CS PRODUCTIONS-ARTE FRANCE CINÉMA-ADOK FILMS-WANG BING 2018

2018年/フランス、スイス/506分(3部合計)/配給:ムヴィオラ
原題:死霊魂
英題:DEAD SOULS
監督・撮影:ワン・ビン
製作:セルジュ・ラルー、カミーユ・ラエムレ、ルイーズ・プリンス、ワン・ビン

公式ホームページ

ある日突然、送られた収容所は〈飢餓収容所〉と化した。
地獄を生き延びた者たちの証言が死者の魂をよびおこす。

いまだ明らかにされていない中国史の闇、〈反右派闘争〉。1950年代後半、「我々は人民の自由な発言を歓迎する!」と中国共産党が主導した〈百家争鳴〉キャンペーンにのせられ、自由にモノを言ってみたら、〈右派〉と呼ばれ、55万人もの人が収容所に送られたのだ。そこに、大飢饉が重なった。「4500万人の死者を出した史上最も悲惨で破壊的な人災」(フランク・ディケーター著『毛沢東の大飢饉』)ともいわれる凄惨極まりない飢餓によって収容所は地獄と化した。カメラの前で語る、語る、語る、生還率わずか10%ともいわれた収容所を生き延びた者たち。2005年から2017年までに撮影された120人の証言、600時間に及ぶ圧巻の証言映像。

扉を開ける第一部から、衝撃がはしる第二部、壮絶にして崇高な第三部へ。
いつしかカメラを忘れ、あなたもまた目撃者となる。

背景や状況を提示し、収容所の扉を開ける第一部。飢餓の状況に衝撃がはしる第二部。そして右派を弾圧した側の証言者の重い問いかけと、死の間際にある人々の思いが壮絶にして崇高な第三部へ――。観客は、いつしかカメラを忘れ、自らが目撃者になるのだ。デジタルカメラ1台あれば、映画が世界と対峙できる時代に突入したと証明した『鉄西区』以来、たえず映画界を揺るがし続けてきたワン・ビン監督が、忘れ去られた死者の声を掘り返し、忘れるものかと撮りつづけた集大成である。

*2018年カンヌ国際映画祭 特別招待作品
*山形国際ドキュメンタリー映画祭2019 大賞&観客賞W受賞

死霊魂 死霊魂 死霊魂

初夏~

れいわ一揆

れいわ一揆

©風狂映画舎

2019年/日本/248分/DCP/製作・配給:風狂映画舎
監督:原一男
製作:島野千尋
アソシエイト・プロデューサー:有馬顕
撮影:原一男、島野千尋、岸建太朗、堀井威久麿、長岡野亜、毛塚傑、中井献人、田中健太、古谷里美、津留崎麻子、宋倫、武田倫和、江里口暁子、金村詩恩
編集:デモ田中、小池美稀

公式ホームページ

【前売券】全国共通鑑賞券2,000円を当館受付にて発売中!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

このままでは この国は壊れてしまう
令和元年夏、れいわ新選組から10名の候補者が参議院選挙に挑んだ

東京大学東洋文化研究所教授・安冨歩は2013年以来、「もっとも自然に生きる事ができる」スタイルとして、女性服を着る「女性装」を実践していた。彼女は、山本太郎代表率いるれいわ新選組から参議院選挙の出馬を決める。選挙活動を通して彼女が一貫して訴えるのは、「子どもを守ろう」。新橋SL広場、東京駅赤レンガ駅舎前、阿佐ヶ谷駅バスターミナル他都内各地から旭川、沖縄、京都まで――相棒の馬・ユーゴンとともに全国を巡ってゆく。そして故郷の大阪府・堺市駅前に立った彼女。美しい田園風景が無個性な住宅街に変わり、母校の校舎も取り壊されてしまい、喪失感を吐露し始める・・・。

『ゆきゆきて、神軍』『ニッポン国VS泉南石綿村』の原一男監督最新作

令和元年夏、参議院選挙で注目を集めた「れいわ新選組」から出馬した安冨歩を中心に、10名の個性豊かな候補者たちに、『ゆきゆきて、神軍』の原一男が鋭く迫った。昨年の東京国際映画祭でワールドプレミアが行なわれ、全上映作品で唯一Twitterのトレンドワードになり、世界の映画祭での上映が続々と決定し、選挙戦に留まらず、国内外の映画祭で注目を浴びている。過激な登場人物たちを通じて昭和・平成の時代をえぐったドキュメンタリー映画界の鬼才が、令和に突如現れた話題の政党にどのようにフォーカスしたのか。庶民の怒りと叫びを描いた『ニッポン国VS泉南石綿村』で新境地を開いた原一男が魅せる、新たな選挙エンターテイメント作品。また本作は原の新レーベル「風狂映画舎」の第1弾作品で、日本の“今”をいち早く世に問う作品に取り組むことをモットーとしている。

れいわ一揆 れいわ一揆 れいわ一揆

8月下旬~

きっと、またあえる

きっと、またあえる

2019年/インド/ヒンディー語、英語/143分/配給:ファインフィルムズ
原題:CHHICHHORE
監督:ニテーシュ・ティワーリー
出演:スシャント・シン・ラージプート、シュラッダー・カプール、ヴァルン・シャルマ、プラティーク・バッバル、ターヒル・ラージ・バシン、ナヴィーン・ポリシェッティ、トゥシャール・パーンデー、サハルシュ・クマール・シュクラ、ムハンマド・サマド

公式ホームページ

友人が大変なら、どこにいても駆け付ける!
泣いて、笑って そして、大人になり再会した――

受験生の息子が病院に担ぎ込まれた!そこに集まった、今は親世代になったかつての仲間たち7人。年を重ねて、太ったり容姿もだいぶ変わったけれど、学生時代に泣いて笑ってバカをやったあの日の友情は変わらない。親友アニの受験に失敗した息子を励ますため、悪友たちは「負け犬時代」の奮闘を病室で語り出す――。90年代、インドでもトップクラスのボンベイ工科大学に入学したアニ。しかし振り分けられたのはボロボロの4号寮。気のいい先輩や愉快な仲間はいるが、そこは寮対抗の競技会で万年最下位で、他の寮から“負け犬”と呼ばれていた。しかし今年はなんとしても汚名を返上する!そのためには、バスケ、サッカー、重量上げ、カバディ、チェス、ボードゲームと多種の試合に勝てる選手を用意する必要があった。4号寮は実力はないが、知恵とやる気とチーム力であらゆる手段を使い勝ち抜いていく。だが敵も黙ってはいない。果たして、勝利を手にすることはできるのか、そして彼らが最後に得たものは?!

世界興収インド映画No.1の監督、最新作!

『バーフバリ』を越え、インド映画で世界興収No.1となる340億円を稼ぎ出し、メガヒットを記録した前作『ダンガル きっと、つよくなる』のティワーリー監督による最新作。本作『きっと、またあえる』は、2019年9月6日にインドで公開されると、国内興収27億5000万円以上を稼ぎ出し大ヒット。出演は、『PK』のスシャント・シン・ラージプート、ヒロインは『サーホー』のシュラッダー・カプール。今最も輝いている2人が恋人役で、本作で初共演した。

きっと、またあえる きっと、またあえる きっと、またあえる

10月上旬~

私たちが生まれた島~OKINAWA2018~

私たちが生まれた島

© 2019 有限会社ロングラン 映像メディア事業部. All Rights Reserved.

2019年/日本/141分/配給:有限会社ロングラン 映像メディア事業部
監督:都鳥伸也
企画・製作:都鳥伸也、都鳥拓也
撮影:都鳥拓也、都鳥伸也、與那良則、城間克彦
取材ディレクター:山内昌信
取材コーディネーター:吉田尚子
空撮:今泉真也
編集:都鳥拓也
ナレーター:小林タカ鹿

公式ホームページ

島で育った若者たちが見た
「今の沖縄」と「これからの沖縄」

2019年に沖縄で行なわれた、辺野古新基地建設の賛否を問う「県民投票」で沖縄の人々が基地建設に明確に「NO」を突き付け、沖縄に希望を与えたことは記憶に新しい。この映画ではその原動力となった元山仁士郎さんの活動や、村議会議員に立候補した3児の母・城間真弓さんの奮闘、戦争で激戦地となった伊江島で育った高校生の中川友希さんが沖縄の過去と向き合おうとする姿を通し、未来を担う沖縄の若者たちが自分たちの視点で基地問題について考え、行動する姿を追った。その軌跡は「今の沖縄」と「これからの沖縄」を知る手がかりになるはずだ。
製作したのは、沖縄の基地問題の歴史を描き、好評を博した『OKINAWA1965』の都鳥拓也(とどりたくや)・都鳥伸也(とどりしんや)。故郷・岩手県北上市を拠点に活動する双子の兄弟である。37歳の彼らは今作では徹底して沖縄の現在と未来の当事者である島の若者の視点に立ち、彼らの本音と若者らしい等身大の姿を描きだす。
これは、戦後から脈々と基地問題を受け継いできた大人たちから、その想いを自分たちなりの感性で継承しようとする若者たちの記録である。

私たちが生まれた島 私たちが生まれた島 私たちが生まれた島
シネマリンインスタグラム
PAGE TOP ▲