近日上映作品

10/30(土)~1週間限定

神ミタイナ時間

神ミタイナ時間

2021年/日本/116分
脚本・監督:久保田唱
音楽:三善雅己
主題歌:Rose in many Colors
出演:谷佳樹、沖野晃司、今出舞、吉田宗洋、添田翔太、花崎那奈、緑谷紅遥、春原優子、高橋雄一、福田智行、内田智太、彦摩呂、酒井敏也、平山空、大音文子、大神拓哉

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,300円(税込)を当館受付にて発売中!
特典:7種類から選べるキャスト生写真をプレゼント!
※前売券は、オンライン購入にはお使いいただけません。窓口購入のみお使いいただけます。

イベント情報
11/3(水)9:45回上映後、沖野晃司さん、吉田宗洋さん、大音文子さん(司会)の舞台挨拶がございます。

死ぬのが決まってるような人間にしか
出来ないことやらせてくれ

「第一線で活躍するのはもう間もなくの事」
中堅お笑いコンビの槙本と尾崎はそう言われ続けながらも長期間のコンビ活動に終止符を打ち、数年が経とうとしていた。コンビ解散後も、槙本は別の相方と新たなお笑いコンビ組んだが、煮えきらないのは相変わらず。相方の津地不踏(つちふまず)からも厳しい言葉を受け続ける日々。そんな日々を過ごし続ける槙本の元に、元相方の尾崎が現れる。決してどん底ほど暗くない。むしろ、笑いが身近にあるだけに、状況の割に妙に明るい。そんな日々を過ごし続ける槙本の元に、元相方の尾崎が現れる。

「お前、もうすぐ死ぬ」

診断した昔馴染みの医者に代わって、槙本の為に余命宣告をした尾崎。突き出される揺るぎのない診断書。自分の残り少ない余命に愕然とする槙本に尾崎はとある提案をする。

「お前にしか出来ないことがある」

尾崎は槙本に、過去に原因不明の自殺で亡くなった一人の仲間の話を始める。「あいつが死んだ本当の原因が、わかりかけてるって聞いたらどう思う?」人間、もう死ぬってわかったら、その後出来るのは“今”と“これから”生きてく人間の為に何が出来るか。究極に無欲で、究極に奉仕。そんな神みたいな時間で、お前は何をする?

企画演劇集団<ボクラ団義>舞台作品の映画化!
クラウドファンディングで1,000万円超の支援金が集まる、期待の作品!

当初、2020年10月に<ボクラ団義>舞台作品としての上演を予定しつつ、新型コロナウイルスの流行・感染拡大を鑑みて、舞台公演の中止を決定した本作。しかしながら、この作品を楽しみにしてくださっていたお客様たちの「観たい」との声に応えるべく、同作の映画化を企画。そのためのクラウドファンディングでは設定目標を上回る10,124,000円の寄付が集まり、支援者様からからも非常に期待されている作品。
上演を予定していた舞台と同じキャスト、そして、舞台と同じ脚本・演出家が、脚本・監督にて撮影。劇団として初となる映画作品を、セルフ・メディアミックスで届ける、渾身の一作。


神ミタイナ時間 神ミタイナ時間 神ミタイナ時間

10/30(土)~1週間限定

にじいろトリップ~少女は虹を渡る~

にじいろトリップ

©国映株式会社

2021年/日本/39分/配給:ブロードウェイ
監督:いまおかしんじ
出演:櫻井佑音、荻野友里、小林竜樹、歳内王太、西山真来、小川朝子、守屋文雄、佐藤宏、サニー(犬)、櫻井拓也(写真)

公式ホームページ

虹に願いを―。
雨のキャンプ場を舞台に、両親の復縁を願う少女の気持ちを歌にして届ける、ミュージカル仕立ての切なくも愛おしい感動作

小学5年生の晴花は、両親(信孝と久美子)とキャンプ場にやってくる。離婚間近の二人は、険悪な雰囲気になる。翌朝、晴花は一人、森に出かけていく。願い事を叶えてくれるという滝を目指す。
途中、同い年の男の子・大地と出会い、大地の道案内で、仲違いしながらも滝にたどり着く。晴花は願う。家族3人やり直せますように。
森の中、急な腹痛に襲われる晴花は、倒れているところを発見される。助けられた晴花の目の前でまた両親の言い争いが始まる。晴花は、その場を逃げ出す。
追いかけてきた久美子と二人、話をする。「ごめんね、ちゃんとしたお母さんになれなくて」。
晴花は久美子を抱きしめる――。

2020年度「映画芸術」日本映画ベスト1に選出された『れいこいるか』のいまおかしんじ監督が、新たなる傑作を生みだした。
主役の少女を演じるのは、本作が初主演作となる櫻井佑音(さくらいゆうね)。テレビ東京系「THE カラオケ★バトル」に出演する実力を持ち、3 月には待望のファーストミニアルバム「My Precious」がリリースされたその歌声を、ミュージカル仕立ての本作で惜しみなく披露。気持ちを歌にして届ける少女を好演し、先に公開された大阪アジアン映画祭では「天使の歌声」と絶賛が相次いだ。
母親役には、平田オリザ主宰の劇団「青年団」に所属し、舞台から映画まで幅広く活躍する『22年目の告白 私が殺人犯です』(17)『娼年』(18)の荻野友里。 父親役には、園子温監督作『恋の罪』(11)で映画デビューを果たし、高橋ヨシキ監督作『激怒 RAGEAHOLIC』の公開を控える小林竜樹。
関西弁が印象に残る子役の歳内王太、いまおか作品に欠かせない『れいこいるか』(20)の西山真来、佐藤宏、『まんが島』(17)『すずしい木陰』(20)の監督としても活躍する守屋文雄が共演。
撮影時11歳の櫻井佑音が主演に決まると、監督は、子供から少女になりつつある時期はこの瞬間しかないと考え「今、撮らなきゃ、もう機会はない」と、2020年4月、新型コロナウイルスの感染に細心の注意を払いながら撮影。櫻井佑音の歌声を生かして突然ミュージカル仕立てになる展開も「ぼそぼそとセリフを話すよりも、生き生きとしていて、あの瞬間を切り取ることができたのではと、ミュージカル仕立ての設定にしたことに満足している」と監督は振り返っている


にじいろトリップ にじいろトリップ にじいろトリップ

11/5(金)~

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

©2021 C&Iエンタテインメント

日本/2021年/124分/配給:ビターズ・エンド
監督:森義仁
脚本:高田亮
原作:燃え殻『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)
出演:森山未來、伊藤沙莉、東出昌大、SUMIRE、篠原篤、平岳大、片山萌美、高嶋政伸、ラサール石井、大島優子、萩原聖人

公式ホームページ

話題沸騰のベストセラー小説がついに映画化!!
あの時も、あの場所も、あの人も、
すべてがいまの自分に繋がっている。

2016年に初版発行されて以来、世代を超えて共感の声が広まり続けている「ボクたちはみんな大人になれなかった」(新潮文庫刊)は、作家・燃え殻によるデビュー作。ウェブメディアの連載や SNS上で大きく話題を呼び、あいみょんを始め、糸井重里、小沢一敬、会田誠、吉岡里帆、EXITの 兼近大樹といった様々なジャンルのクリエイターや著名人から悶絶する程に絶賛された。誰もが感じる切なさや懐かしさが凝縮されたこの物語は、10代や20代からは時代を超えて感情に訴える「エモさ」で話題を呼び、30代や40代からは舞台となっている90年代を代表するミニシアター、渋谷の街、流行した音楽や映画のタイトルなど当時のカルチャーを懐かしみながら楽しめると様々な年代を魅了し続けている。若い世代から熱く支持されているシンガーソングライターのあいみょんは、共感 のあまり原作の文庫本にエッセイを寄せている程だ。

豪華キャストの出演が明らかに!

公式SNSでの週1回のキャスト発表が話題になったが、主人公・佐藤を演じる森山未來以外の6名のキャストが解禁された。中でも映画化決定時から誰が演じるか注目が集まり憶測が飛び交った、主人公の忘れられない初恋の人、ヒロイン・かおりについては8/2(月)付けで伊藤沙莉が演じていることが明らかにされた。その他にも、原作に登場するキャラクターとしては、失恋を引きずる佐藤の目の前に現れる謎の美女・スーをSUMIRE、約20年間共に働き、貧乏な頃から同じ釡の飯を食う関口を東出昌大、佐藤と関口の長年の上司に萩原聖人、密かに佐藤に思いを寄せる七瀬に篠原篤と言った豪華出演陣が発表された。また、映画オリジナルキャラクターで、2015年の40代になった佐藤の恋人・恵を大島優子が演じることが明らかとなった。


ボクたちはみんな大人になれなかった ボクたちはみんな大人になれなかった ボクたちはみんな大人になれなかった ボクたちはみんな大人になれなかった ボクたちはみんな大人になれなかった ボクたちはみんな大人になれなかった

11/6(土)・11/7(日)

柳下美恵のピアノdeフィルム vol.4『浮草物語』

2021.11.6(土)・7(日)

柳下美恵の<ピアノdeフィルムvol.4>

サイレント映画の35ミリフィルム上映 × ピアノの生伴奏

映画が誕生して120年あまり。最初の約40年間の作品は今ではサイレント映画と呼ばれています。映写機のフィルムがスクリーンに映し出され、語りや音楽伴奏と共に上映していました。トーキーは映写速度が24コマ/秒ですが、サイレントは作品によって違っています。トーキーのスクリーンサイズは作品によって違っていますが、サイレントは1.33×1でした。デジタル上映が主流になる今、映画が誕生した頃の形にこだわった上映を試みます。

©1934 松竹株式会社

1934年/日本/86 分/24fps/35mm /モノクロ/スタンダード/サイレント/松竹キネマ
監督:小津安二郎/原作:ジェームス・横(小津安二郎)
脚本:池田忠雄/撮影:茂原英雄
出演:坂本武、八雲恵美子、飯田蝶子、三井秀男、坪内美子、突貫小僧


坂本武演じる喜八を主人公とした人気シリーズ‘‘ 喜八もの’’の第2弾。アメリカ映画に傾倒していた小津安二郎が、『煩悩』(1928年/アメリカ/ジョージ・フィッツモーリス監督)を下敷きにして映画化した下町人情劇。オリジナルはサウンド版であり、主題歌まであったが、現存プリントはサイレント版のみである。1959年には『浮草」というクイトルで小津自らリメイクしている。旅役者の一座の座長の喜八(坂本武)が昔子どもを産ませた女(飯田蝶子)のいる田舎町へ典行に行くのだが、現在彼の女である一座の看板役者(八雲理恵子)が嫉妬をして…。


柳下美恵のピアノdeフィルムvol.1画像サイレント映画ピアニスト。武蔵野音楽大学有鍵楽器専修(ピアノ)卒業。1995年、山形国際ドキュメンタリー映画祭のオープニング上映、映画生誕百年祭『光の生誕 リュミエール!』でデビュー。以来、国立映画アーカイブや神戸映画資料館などのフィルム・アーカイブ、映画の復元と保存に関するワークショップ、全国コミュニティシネマ会議、東京国際映画祭、京都国際映画祭、アップリンク、シネマ・ジャック&ベティなどの映画館、海外は韓国映像資料院、タイ・フィルムアーカイブ、SEAPAVAA(東南アジア太平洋地域視聴覚アーカイブ)マレーシア会議、ポルデノーネ無声映画祭やボローニャ復元映画祭(イタリア)、ボン無声映画祭(ドイツ)などで伴奏。日本、イギリス、アメリカ、デンマークで出版された『裁かるゝジャンヌ』のDVDやブルーレイの音楽を担当した。ピアノで見せる欧米スタイルの無声映画伴奏者は日本人初。映画を楽譜として映画に寄り添い続ける。映画館にピアノを常設する“映画館にピアノを!”、サイレント映画×ピアノの生伴奏“ピアノdeシネマ”、同じサイレント映画作品を連日上映する“ピアノ&シネマ”などサイレント映画を映画館で上映する環境作りに注力中。

チケット購入情報

11.3(水)より
オンラインは0:00~
劇場受付は9:30~
座席指定券をご購入いただけます。

11/6(土)~

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~

©2020 Sound Metal, LLC. All Rights Reserved.

2019年/アメリカ/120分/配給:カルチャヴィル
原題:Sound of Metal
監督・脚本:ダリウス・マーダー
原案:デレク・シアンフランス
音楽:ニコラス・ベッカー、エイブラハム・マーダー
出演:リズ・アーメッド、オリヴィア・クック、ポール・レイシー、マチュー・アマルリック、ローレン・リドロフ

公式ホームページ
劇場公開はバリアフリー字幕となります

映画制作者と監督の意思により、本作のメッセージ性に配慮して誰もが映画館での鑑賞をお楽しみいただくために、全世界で【バリアフリー字幕版】での劇場公開となっております。ご了承ください。
※字幕が小さめです。あらかじめご了承ください。

日常あたりまえに聞こえている”音”、
それが突然、聞こえなくなる・・・

突如難聴になったドラマーのルーベンは、一緒にバンドを組む恋人ルーに難聴者のコミュニティに連れていかれる。難聴であることをハンディとして捉えていなコミュニティの人々と過ごしながらも、その現実を受け入れることの難しさに直面するルーベンは、自分の人生を前に進めるために、ある決断をする・・・。
人生の挫折・再生を描きながら、その主人公の人生を疑似体験できる秀逸な感動作。

喪失から得た希望 究極の聴覚体験

難聴に陥るメタルバンドのドラマーの主人公ルーベンが直面する状態を、観客がまるで彼になったかのごとく味わえる本作は、2021年を代表する映画の1本として、本年度アカデミー賞で作品賞・主演男優賞・助演男優賞・脚本賞・編集賞・音響賞の主要6部門にノミネート。音響賞・編集賞の2部門を受賞した。

人生を一変する困難に直面してもがく主人公の中に入り込まずにいられない映画の高い完成度があるが、特に整ったサウンドシステム下で鑑賞をすることで、その醍醐味を味わえる音響・編集になっている。音響デザイナー、ニコラス・ベッカーとそのチームが見事に再現した主人公ルーベンを取り巻く音環境は、映画館の音響システムなら一層味わい深いものになるからだ。彼が聴覚ではなく身体的な振動を経験している様子や、全編通して”音”と”静寂”のシンフォニーで描く人生の切なさ・人間の強さ、そして挫折と再生をあたかも自分の体験として味わえる。『ノマドランド』『ファーザー』『プロミシング・ヤング・ウーマン』に並び、間違いなく本年度の映画シーンを代表する作品の1つだろう。


サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~ サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~ サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~

11/6(土)~

カナルタ 螺旋状の夢

カナルタ 螺旋状の夢

©Akimi Ota

イギリス・日本/2020年/121分/シュアール語・スペイン語/配給:トケスタジオ
原題:Kanarta
監督・撮影・録音・編集:太田光海
サウンドデザイン:マーティン・サロモンセン
カラーグレーディング:アリーヌ・ビズ
出演:セバスティアン・ツァマライン、パストーラ・タンチーマ
制作協力:マンチェスター大学グラナダ映像人類学センター

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,300円(税込)を当館受付にて発売中!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

イベント情報
11/6(土)16:40回上映後、太田光海監督の舞台挨拶が決定しました。

アマゾン熱帯雨林での住み込み撮影
衝撃的展開と惑受性豊かな他者への眼差し
「現実」に新たな世界線を引き直す 渾身のドキュメンタリー

パリで20代前半を過ごし、あらゆる映像を浴びるように吸収した後、イギリス・マンチェスター大学で先端学問「映像人類学」の博士号を取得した若手監督、太田光海。映画界に突如現れた新星にして異端児は、5ヶ国語以上を自在に操る圧倒的な語学センスと異文化に溶け込む類稀な適応力、そして既存の枠にとらわれない自由な映像術を併せ持つ。
日本人監督の概念ではとらえきれない規格外の才能が、アマゾン熱帯雨林での1年にわたる壮絶な住み込み撮影を経て放つ、渾身のドキュメンタリー。衝撃的展開と惑受性豊かな他者への眼差しによって、観る者の生きる「現実」に新たな世界線を引き直す。

エクアドル南部アマゾン熱帯雨林にあるシュアール族の集落、ケンクイム村。この秘境に暮らすセバスティアンとパストーラ夫妻は、変わりゆく世界と今なお生命力にあふれる森との狭間で生きている。かつて首狩り族として恐れられたシュアール族は、スペインによる植民地化後も武力征服されたことがない民族として知られている。
口噛み酒を飲み交わしながら日々森に分け入り、生活の糧を得る一方で、彼らはアヤワスカを始めとする覚醒植物がもたらす「ヴィジョン」や自ら発見した薬草によって、柔軟に世界を把握していく。変化し続ける森との関係の中で、自己の存在を新たに紡ぎだしながら。しかし、ある日彼らに試練が訪れ、物語は予想を越えて旋回していく。

近代化や森林破壊をはじめ環境の激変に揺れ動く現代のアマゾン熱帯雨林で、ささやかに、しかし力強く存在し続ける人間の生き様とは?夢を通した時空を越えるコミュニケーションとともに、絶えず更新されていく彼らの人生観とは?
セバスティアンとパストーラは、太田光海監督が自ら握るカメラを通し、これまで誰も目にしたことのなかった先住民たちのエコロジカルな世界に観る者を招き入れる。そこに立ち現れるのは、新たな時代における「共鳴」であり、はるかな境界線を越えて他者とつながる驚異的な可能性に違いない。


カナルタ 螺旋状の夢 カナルタ 螺旋状の夢 カナルタ 螺旋状の夢

11/6(土)~

恐るべき子供たち 4Kレストア版

恐るべき子供たち4Kレストア版

©️1950 Carole Weinkeller (all rights reserved) Restauration in 4K in 2020 / ReallyLikeFilms

1950年/フランス/105分/配給:リアリーライクフィルムズ+Cinemago
監督・脚本:ジャン=ピエール・メルヴィル
脚本:ジャン・コクトー、ジャン=ピエール・メルヴィル
撮影:アンリ・ドカエ
衣装デザイン:クリスチャン・ディオール
出演:ニコール・ステファーヌ、エドゥアール・デルミット
日本語字幕:横井和子
監修:中条省平

※当館の上映は2K版となります

公式ホームページ

【前売券全国共通特別鑑賞券1,500円を当館受付にて販売中!
特典:オリジナルポストカードをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

ヌーヴェルヴァーグ誕生前夜
コクトー×メルヴィル
70年の歳月を経て今蘇る驚異の4K映像!

1920〜1950年代、パリのカルチャー華やかなりし頃に時代の寵児となったジャン・コクトー。『美女と野獣』『オルフェ』など詩・小説・絵画・演劇・批評・映画などマルチな才能を発揮した彼の活動は当時の多くの芸術家たちに影響を与え、特にピカソやモディリアーニ、サティ、シャネル、ピアフ、藤田嗣治らとの親交は有名。日本でも澁澤龍彦、萩尾望都、寺山修司などジャンルに囚われない多くの芸術家たちに多大な影響を与えたことで知られている。
一方、ジャン=ピエール・メルヴィルは、スタジオ式の撮影スタイルとは距離を置き、俳優たちの演技はもちろん、街頭、自宅、公共の施設など、即興性を重んじた撮影方法を敢行、以後の映画界に大きな革新をもたらし、後には、『サムライ』や『仁義』などに続くフイルム・ノワールのスタイルを確立していった。 撮影のアンリ・ドカエもメルヴィルの撮影スタイルに共鳴し、この後、ルイ・マルの『死刑台のエレベーター』、トリュフォーの『大人は判ってくれない』など、ヌーヴェルヴァーグの大きなうねりの一端を担った。
まだ監督デビューしていなかった若きフランソワ・トリュフォーは、この映画を25回も観たとメルヴィルに告白し、後には「コクトー最高の小説が、メルヴィル最高の映画となった」と絶賛している。クロード・シャブロルも、『いとこ同志』にアンリ・ドカエを迎える際に「『恐るべき子供たち』と同じ様に撮って欲しい」と懇願したそうだ。ヌーヴェルヴァーグの胎動は、この作品を起点に既に始まっていたのである。

美しくも危険な姉弟を演じた俳優たちも素晴らしい。姉を演じたニコール・ステファーヌは、あのロスチャロイルドの家系で育った。弟役のエドゥアルド・デルミットは、コクトーに「彼は私にとって“美”そのもの」と言わしめ、彼の寵愛の下に生涯を送った。

日本語字幕は今回の公開を機に一新された。『燃ゆる女の肖像』の横井和子氏が翻訳を担当し、小説版『恐るべき子供たち』の翻訳者でもあるフランス文学者・映画評論家の中条省平氏が監修を担った。古典と現代の表現の絶妙のバランスが、今回の新訳では遺憾なく発揮されている。
また最新の4K映像は、コクトーとメルヴィルが拘った美術や撮影のディテールが、深みのあるモノクロームの映像の中にクリアに表現されており、その再現性は圧巻というほかない。

それは同性愛か、近親愛か
美しき姉妹によって繰り広げられる、危険な戯れ。

ある雪の日の夕方、子供達の雪合戦が熱を帯びる中、ポールは密かに想いを寄せていた級友ダルジュロスの放った雪玉を胸に受け倒れてしまう。怪我を負ったポールは自宅で療養することになるが、そこは姉エリザベートとの秘密の子供部屋、他者の介入を決して許さない、危険な愛と戯れの世界だった。


恐るべき子供たち 恐るべき子供たち 恐るべき子供たち

11/13(土)~

アミューズメント・パーク

©2020 George A. Romero Foundation, All Rights Reserved.

1973年/アメリカ/53分/配給:ビーズインターナショナル
原題:THE AMUSEMENT PARK
監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:リンカーン・マーゼル

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,400円(税込)を当館受付にて発売中!

ジョージ・A・ロメロ監督作品史上 最も“痛ましい”映画
失われていた幻の作品が4K修復版で蘇る!

多くの家族連れやカップル、若者で賑わう遊園地。白いスーツに身を包んだ優しそうな老人はひとり、無視され、罵られ、突き飛ばされ、存在を否定され、頭から流血し、スーツはボロボロになり、孤独と屈辱にまみれ、行き場を失い泣き崩れ、精神が崩壊、思考が停止する。

『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)などの巨匠・故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画。2年前に存在が発見され、4Kレストアが行われた。日本初上陸。 もともと年齢差別や高齢者虐待について世間の認識を高めるためにルーテル教会がロメロに依頼した企画だったが、出来上がった作品は老人の悲惨な状況が容赦なく映され、そのあまりにもストレートに当時のアメリカ社会を描いた内容に依頼者は慄き、危険なため封印されていた。 エンタメ性は皆無。当時のアメリカ社会を痛烈に批判。ロメロがある意味での教育映画を撮っていたという希少性。ホラー映画ではないがロメロの視点で現実を映し出した貴重な作品であり、半世紀封印されていた幻の作品がいよいよ日本初公開。


ボクたちはみんな大人になれなかった ボクたちはみんな大人になれなかった ボクたちはみんな大人になれなかった

11/13(土)~

ザ・クレイジーズ

ザ・クレイジーズ

©1973 PITTSBURGH FILMS.ALL RIGHTS RESERVED.

1973年/アメリカ/104分/配給:ビーズインターナショナル
原題:The Crazies
監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ
出演:W・G・マクミラン、レイン・キャロル、ハロルド・ウェイン・ジョーンズ

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,400円(税込)を当館受付にて発売中!

なぜ、善良な人々が死ぬのか。
ホラー映画界の巨匠ジョージ・A・ロメロが1973年に撮影した伝説のパニック・ホラー

アメリカの田舎町、エバンズ・シティ。ある日、住人の男性が突然発狂して妻を殺し、家に放火する事件が発生した。消防士のデヴィッドは現場で消火作業を行う中、同僚に町へ向かう軍の部隊を見たと告げられる。やがて町に防護服に身を包んだ兵士たちが現れ、伝染病の発生を理由に住人たちを強制的に連行し始めた。デヴィッドは詳しい説明も行わない軍の姿勢に反発し、友人のクランクと恋人のジュディを連れて数人の住人たちと共に軍の封鎖線からの脱出を試みる。実は町の付近に軍の輸送機が墜落し、搭載していた生物兵器のトリクシーが流出して飲料水の水源を汚染し、住人たちを発狂させていたのである。
政府は事態が明るみに出ることを恐れてペッケム大佐を派遣し、軍政を敷いて町を完全に封鎖すると同時に、封鎖失敗に備えて核爆弾による焼却を行うべく、上空に爆撃機を待機させる。デヴィットたちは軍から逃れるべく逃避行を続けるが、彼らの中にも発狂者が現れ、一行は次第に追い詰められていく。

『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』(68))『ゾンビ』(78)『死霊のえじき』(85))などゾンビ映画の生みの親であり、ホラー映画界の巨匠ジョージ・A・ロメロが1973年に撮影した伝説のパニック・ホラー。人間を発狂させる細菌兵器の事故による人々の混乱をセミ・ドキュメントタッチな設定と残酷描写を交えながらの狂人、軍人、生存者の手に汗握る三つ巴で描いた傑作。


ザ・クレイジーズ ザ・クレイジーズ ザ・クレイジーズ

11/13(土)~

マーティン/呪われた吸血少年

マーティン/呪われた吸血少年

©1977 MKR Group Inc.

1978年/アメリカ/96分/配給:ビーズインターナショナル
原題:Martin
監督・脚本:ジョージ・A・ロメロ
特殊メイク:トム・サヴィーニ
出演:ジョン・アンプラス、リンカーン・マーゼル、クリスティーン・フォレスト、エレイン・ナデュー、トム・サヴィーニ、ジョージ・A・ロメロ、リチャード・P・ルビンスタイン

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,400円(税込)を当館受付にて発売中!

誰も創造しえなかった 新たな吸血鬼伝説

ピッツバーグ行きの夜行列車で、青年マーティンは女性客を襲い、睡眠薬を注射して眠らせると生血をすすった。翌朝、犯行の証拠と死体を隠蔽し、通路にあふれる乗客たちをすり抜けてホームに降り立った彼の前には、白いスーツに身を包んだ老人が待ち構えていた。彼の名はクーダ。とても同年代には見えない2人だが、関係性は“いとこ”であるという。支線に乗り換えさらに小さな町に降りると、マーティンはろくに話しかけられることもないままクーダの自宅へと導かれる。マーティンの吸血行為を知っているクーダは、彼を自宅に住まわせ、行動のすべてを監視することにしていた。マーティンを“悪魔”だと考え、「町の人間には手を出すな」と警告するクーダは、室内に十字架やニンニクを掲げてマーティンを牽制するが、彼は「病気に過ぎない」と、十字架やニンニクが何の効力もないことを示す。クーダの経営する食料・日常雑貨店の手伝いをすることになるマーティンだったが、時おり湧き上がる血を求める衝動を抑えることができず、夜に家を抜け出しては凶行を続けていく。その一方で、クーダの孫であるクリスティーナと打ち解けた彼は、彼女の提案で部屋に電話を引く。孤独を抱え、自らが何者であるか思い悩むマーティンは、ラジオの身の上相談に匿名で電話。自分が吸血鬼であることを告白すると、彼は次第にリスナーの人気者となっていく。互いに孤独を抱える者として共感し、マーティンは唯一、町で暮らすサンティーニ夫人と心を通わせていく。吸血衝動が次第に抑えられ、マーティンは、このまま普通の生活を送っていくかに思えた。だが、夫人が突然自殺したことをきっかけに、物語は衝撃的な結末を迎える。

『ザ・クレイジーズ』 (1973)に続いてロメロが監督した劇場用映画。現代を舞台に、人間の血を求める少年(自称84歳)と、彼を監視するいとこの老人との確執を軸に、ドラキュラに代表される吸血鬼伝説を新たな視点・角度から描いた作品である。ロメロは本作を「自身の手掛けた作品の中で、最も気に入っている」と公言している。

本作には、後のロメロ作品に関わる出演者やスタッフ、いわゆる“ロメロ・ファミリー”が多々集まっている。カメオ出演している製作者のリチャード・P・ルビンスタインは、本作よりロメロとパートナー提携を行いローレル・グループを設立、本作以降のロメロ作品をプロデュースしてゆく。特殊メイクアップアーティストのトム・サヴィーニは本作がロメロ作品への初参加で、卓越した技術でリアルなスプラッター描写を披露した。また彼は俳優としても本作に出演している(アーサー役)。主演のマーティンを演じたジョン・アンプラスは、本作以降のロメロ作品に出演、『ゾンビ』ではキャスティング・ディレクターも務めている。クリスティーナ役のクリスティーン・フォレストもロメロ作品へ多数出演、『ゾンビ』ではアシスタント・ディレクター、『死霊のえじき』ではキャスティング・ディレクターなども担当。1981年にロメロと結婚した(後に離婚)。バイカーの恋人でチョイ役出演したゲイラン・ロスは『ゾンビ』『クリープショー』に出演。DJ役で声のみで出演し、本作の撮影監督を務めたマイケル・ゴーニックは『ゾンビ』以降も撮影監督として参加。その他、『ゾンビ』に関わるドナ・シーゲル、トニー・ブーバ、パスカル・ブーバなども出演している。


11/20(土)~

片袖の魚

片袖の魚

© 2021 みのむしフィルム

2021年/日本/34分/製作・配給:みのむしフィルム
英題:The Fish with One Sleeve
プロデューサー・脚本・監督:東海林毅
原案:文月悠光 「片袖の魚」 (『わたしたちの猫』ナナロク社刊)
出演:イシヅカユウ、広畑りか、黒住尚生、猪狩ともか、田村泰二郎、原日出子

公式ホームページ

トランスジェンダーのささやかながらも確かな一歩を刻む34分。
わたしがわたしを生きる物語

トランスジェンダー女性の新谷ひかりは、ときに周囲の人々とのあいだに言いようのない壁を感じながらも、友人で同じくトランス女性の千秋をはじめ上司である中山や同僚の辻ら理解者に恵まれ、会社員として働きながら東京で一人暮らしをしている。
ある日、出張で故郷の街へと出向くことが決まる。ふとよぎる過去の記憶。ひかりは、高校時代に同級生だった久田敬に、いまの自分の姿を見てほしいと考え、勇気をふり絞って連絡をするのだが――

片袖に生まれたこの赤い魚が
あなたへと燃え渡りますように

自分を不完全な存在だと思い込み、自信を持てないまま社会生活を送るひとりのトランス女性が新たな一歩を踏み出そうとする――。そんなささやかな瞬間の物語を、詩人・文月悠光の詩を原案として、ゲイ老人の性と苦悩を描いた『老ナルキソス』(2017)がレインボーリール東京や上海クィア映画祭などで最高賞を獲得し、以降に監督した作品も世界のLGBTQ+映画祭で高い評価を得ている東海林毅が丁寧に映像化した。制作開始にあたっては、日本で初めてとなるトランスジェンダー女性当事者の俳優オーディションを開催。多数の応募者の中から主役に選ばれたのは、ファッションモデルとして活躍しているイシヅカユウ。これが映画初主演となる。音楽は蓮沼執太フィルでドラマーを務める尾嶋優(Jimanica)がオリジナル楽曲を提供。主題歌「RED FISH」の歌詞は原案の文月悠光が映画のために書き下ろした。また本作では新型コロナウィルス対策として少人数かつスピーディーな制作に対応するため、全編にわたりスマートフォン(Sony Xperia 1)1台のみで撮影が行われた。


片袖の魚 片袖の魚 片袖の魚

11/20(土)~

スクールガールズ

スクールガールズ

©2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

2020年/スペイン/105分/配給:ファインフィルムズ
原題:Las niñas
後援:スペイン大使館 Embajada de España
監督・脚本:ピラール・パロメロ
出演:アンドレア・ファンドス、ナタリア・デ・モリーナ、ソエ・アルナオ

公式ホームページ

入場者プレゼントのお知らせ
劇場公開を記念して、初日より先着で海外版ビジュアルポストカードをプレゼント致します!※なくなり次第終了となります。

人生はたくさんの真実と、少しの嘘でできている

1992年、バルセロナオリンピック開催に湧くスペイン。サラゴサの修道院に通う、母親と2人暮らしのセリア。バルセロナからやってきた大人びた転入生のブリサの影響で、新しい音楽、新しい遊びを知り、友人の姉たちともつるむようになる。しかしいつもの仲間とのゲーム中、ブリサに掛けられたある言葉をきっかけに、セリアは母親が決して話そうとしない真実に向き合うことになる。

スペイン最高賞ゴヤ賞ほか26冠!
90年代、少女たちは思春期への扉を開ける―

修道院に通うセリアが、友人たちとの新たな経験を通して思春期への扉を開け、家族を、そして自分自身を知っていく様を描いた『スクールガールズ』。監督・脚本を務めたピラール・パロメロ監督自身も4歳から修道院で学んでおり、長編デビュー作にしてスペイン映画界アカデミー賞とされるゴヤ賞作品賞・脚本賞を受賞した本作には、自身の体験が色濃く反映されている。「当時は極めて保守的なスペイン修道院の教育と、オリンピック開催の熱狂渦巻く、外の世界に溢れる刺激のギャップに困惑しました。しかし私たち―1992年に思春期を迎えた女性たちこそが、”勉強をし、独立して、なりたいものになれる”とはっきり感じることができた初めての世代だったのではないかと思います」と語る。セリアを演じるのは主演デビュー作となるアンドレア・ファンドス。監督は「彼女こそがこの映画の魂」と絶大な信頼を寄せる。『ミツバチのささやき』のアナ・トレントを思い起こさせる存在感と印象的な瞳で、数々の新人女優賞にノミネートされた。母親役にはゴヤ賞2冠のナタリア・デ・モリーナ。

*2021年ゴヤ賞 作品賞/撮影賞/新人監督賞/脚本賞
*2021年ガウディ賞 監督賞/外国語映画賞/音響賞/撮影賞
*2021年フェロス賞 脚本賞/監督賞/最優秀ドラマ作品賞
*2021年スペイン映画批評家協会賞 新人監督賞/脚本賞/新人女優賞
*2021年フォルケ賞 作品賞受賞
*2020年サン・セバスティアン国際映画祭 Dunia Ayaso 賞
*2020年マラガ映画祭 作品賞/撮影賞/最優秀スペイン映画賞
*2020年ベルリン国際映画祭 長編新人監督賞ノミネート/クリスタルベア賞ノミネート


スクールガールズ スクールガールズ スクールガールズ

11/20(土)~1週間、12/25(土)~1週間、アンコール上映

けったいな町医者

けったいな町医者

©「けったいな町医者」製作委員会

2020年/日本/116分/配給:渋谷プロダクション
監督・撮影・編集:毛利安孝
ナレーション:柄本佑

公式ホームページ

【前売券】特別シニア鑑賞券1,000円(税込)を当館受付にて発売中!

イベント情報
11/20(土)10:00回上映後、長尾和宏さん(医師、本作出演)の舞台挨拶が決定しました!

病とではなく、患者と向き合う医者がいる。
2500人を看取った尼崎の町医者・長尾和宏の日常を記録したドキュメンタリー。

みなさんは、「町医者」「在宅医療」という言葉にどんなイメージをお待ちだろうか?白衣を着て、美人の看護師を連れて、大きなカバンを持って、なんだか威張っている。 ……そんなイメージをちゃぶ台返ししてしまう町医者が、尼崎にいた。

好きな物を食べたい。最後まで自宅で過ごしたい。痛くない死に方がしたい。そんな患者さんと、家族の想いを守るために町医者は今日も全力で走る。怒る。泣く。歌う。看取る。

家が病室で、町が病棟や――
下町を舞台に、生と死を見つめる問題作。
長尾和宏のベストセラーを映画化した『痛くない死に方』で主人公を演じた柄本佑がナレーションを担当。


11/20(土)~1週間、12/25(土)~1週間、アンコール上映

痛くない死に方

痛くない死に方

©「痛くない死に方」製作委員会

2019年/日本/111分/配給:渋谷プロダクション
監督・脚本:高橋伴明
原作:長尾和宏
出演:柄本佑、坂井真紀、余貴美子、大谷直子、宇崎竜童、奥田瑛二 他

公式ホームページ

【前売券】特別協力鑑賞券1,000円(税込)を当館受付にて発売中!

終末の伴走者と、どう出会い、関われるのか・・・
在宅医と患者と家族の物語

在宅医療に従事する河田仁は、日々仕事に追われる毎日で、家庭崩壊の危機に陥っている。そんな時、末期の肺がん患者である井上敏夫に出会う。敏夫の娘の智美の意向で、痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく、“痛くない在宅医”を選択したとのこと。しかし河田は電話での対応に終始してしまい、敏夫は苦しみ続けてそのまま死んでしまう。「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」になってしまった。それならば病院にいさせたほうが良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺した事になるのかと、智美は河田を前に自分を責める。
在宅医の先輩でもある長野浩平に相談すると、病院からのカルテではなく本人を見て、肺がんよりも肺気腫を疑い処置すべきだったと指摘される河田。自分の最終的な診断ミスにより、敏夫は不本意にも苦しみ続け生き絶えるしかなかったのかと、河田は悔恨の念に苛まれる。長野のもとで在宅医としての治療現場を見学させてもらい、在宅医としてあるべき姿を模索することにする河田は、大病院の専門医と在宅医の決定的な違いは何かを長野から学んでいく。
2年後、河田は同じく末期の肺がんである本多を担当することになる。果たして、「痛くない死に方」は実践できるのか。

在宅医療のスペシャリストであり、実際に尼崎市で在宅医として活躍する長尾和宏のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」をモチーフに、高橋伴明監督が完全映画化。主演に日本映画界注目の俳優・柄本佑。その他坂井真紀、余貴美子、大谷直子、宇崎竜童、奥田瑛二など豪華キャストが終結。いつかは自分の親や自分自身に訪れる終期について考えさせられる、必見の一作。


痛くない死に方 痛くない死に方 痛くない死に方

11/27(土)~

シー・イズ・オーシャン

シー・イズ・オーシャン

© 2019 SHE IS THE OCEAN, INWAVES PRODUCTION. ALL RIGHTS RESERVED.

2019年/アメリカ/98分/配給:レイドバック・コーポレーション
原題:She Is the Ocean
監督・脚本:インナ・ブロヒナ
プロデューサー:インナ・ブロヒナ
エグゼクティブ・プロデューサー:オードリー・デラニー、リサ・グットバレット、ジェームス・ハンツマン
協力:サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン

公式ホームページ

海を深く愛する9人の女性たちのストーリー

年齢、職業、国籍が異なる9人の女性にただひとつ共通するものは「海への深い愛」。 様々なバックグラウンドを持つ女性たちと海との関係をテーマに、ひとりひとりが自分の人生と深い関わりを持つ海への愛を語る。海は自分を癒やし、鍛え、時には悲しみさえ生み出す場所。――けれども立ち上がる力を与えてくれるのもやはり海。芯の強い女性たちの姿は、まるで母なる海そのもの。海との関わりが彼女たちの人生をより豊かなものにしてくれる様子を美しい映像と丁寧なインタビューを通して描き、彼女たちが抱く海への愛とその海を大切に守ろうとする強い想いが胸に響くドキュメンタリー。

Cinta Hansel(チンタ・ハンセル)サーファーの聖地、ハワイ・オアフ島ノースショアのパイプラインを乗りこなすプロサーファーになりたいと夢を語る14歳のバリニーズ。
Coco Ho(ココ・ホー)ハワイを代表するレジェンド・サーファー、マイケル・ホーを父に持つ若手プロサーファー。
Ocean Ramsey(オーシャン・ラムジー) サメの正しい生態を広めようとハワイで活動するサメ保護活動家であり、フリーダイバー。
Anna Bader(アンナ・バーダー )ドイツ出身のハイダイバー。クリフダイビングで8回のヨーロッパチャンピオン。
Andrea Moller(アンドレア・モーラー)マウイ在住のビッグウェーバーであり、救命救急士の顔も持つ。ビッグウェーブ・サーファー&WSL「ベストパフォーマンス2016」のチャンピオン。
Kealla Kennelly(ケアラ・ケネリー)ハワイ・カウアイ島出身。 ジェンダーを超えようと奮闘するプロサーファーであり、WSL「バレル・オブ・ザ・イヤー2016」のチャンピオン。2020年12月~2021年2月に開催された女性だけのビッグウェーブ・コンテスト「Red Bullマグニチュード」の初代優勝者。
Rose Molina(ローズ・モリーナ)チリ在住のフリーダイバーでありバレエダンサー。
Jeannie Chesser(ジニー・チェッサー)伝説のサーファー、故トッド・チェッサーの母。ハワイ在住でサーフボードのエアブラシ・アーティストでもある。
Silvia Earle(シルビア・アール)海洋生物学者、探検家、米国初の女性主任科学者


シー・イズ・オーシャン シー・イズ・オーシャン シー・イズ・オーシャン

11/27(土)~

ソクーロフ特集2021

ソクーロフ特集2021

11/27(土)-12/10(金)

ソクーロフ特集2021

11/27(土)-12/10(金)

アレクサンドル・ソクーロフ監督

今年6月14日に70歳の誕生日を迎えた鬼才アレクサンドル・ソクーロフ。ソビエト時代には、監督作が当局により<上映禁止>のレッテルを貼られていたが、今やロシアが世界に誇る巨匠である。発表の場も多岐にわたり、TVやビデオのみの作品を加えると、監督作は優に数百本を超えるといわれるほどの多作である。いずれも想像力を喚起させる独創的で創造力溢れる作品揃いだが、今回の特集では、ソクーロフのエポックメイキング的な4作を取り上げる。

入場料

一般1,500円/会員1,200円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

公式ホームページ

上映スケジュール

11/27(土) 11/28(日) 11/29(月) 11/30(火) 12/1(水) 12/2(木) 12/3(金)
第1話・第2話12:45-14:00
第1話・第2話
モスクワ・エレジー12:45-14:20
モスクワ・エレジー
第1話・第2話12:45-14:00
第1話・第2話
エルミタージュ幻想12:45-14:30
エルミタージュ幻想
第1話・第2話12:45-14:00
第1話・第2話
太陽12:45-14:40
太陽
第1話・第2話12:45-14:00
第1話・第2話
第3話14:10-15:30
第3話
エルミタージュ幻想14:30-16:15
エルミタージュ幻想
第3話14:10-15:30
第3話
太陽14:40-16:35
太陽
第3話14:10-15:30
第3話
モスクワ・エレジー14:50-16:25
モスクワ・エレジー
第3話14:10-15:30
第3話
第4話15:40-17:00
第4話
太陽16:25-18:20
太陽
第4話15:40-17:00
第4話
モスクワ・エレジー16:45-18:20
モスクワ・エレジー
第4話15:40-17:00
第4話
エルミタージュ幻想16:35-18:20
エルミタージュ幻想
第4話15:40-17:00
第4話
第5話17:10-18:45
第5話

第5話17:10-18:45
第5話

第5話17:10-18:45
第5話

第5話17:10-18:45
第5話

予定表 横にスクロールできます

12/4(土) 12/5(日) 12/6(月) 12/7(火) 12/8(水) 12/9(木) 12/10(金)
第1話・第2話13:45-15:00
第1話・第2話

第4話13:10-14:30
第4話
太陽13:10-15:00
太陽
エルミタージュ幻想13:10-14:55
エルミタージュ幻想
太陽13:10-15:00
太陽
エルミタージュ幻想13:10-14:50
エルミタージュ幻想
第3話15:10-16:30
第3話

第5話14:40-16:15
第5話
第1話・第2話15:10-16:25
第1話・第2話
第3話15:10-16:30
第3話
第4話15:10-16:30
第4話
第5話15:00-16:31
第5話

予定表 横にスクロールできます

作品紹介

モスクワ・エレジー タルコフスキーに捧ぐ

製作:1986-1987年/ソ連/88分/配給:パンドラ
ナレーション:アレクサンドル・ソクーロフ

亡命先のパリで1986年、54歳で客死した名匠アレクサンドル・タルコフスキー。没後35年を経てもなお、世界中の映画ファンを魅了し続けている。 ソクーロフ監督の第一回長編監督作『孤独な声』(1978年完成/1987年公開)が公開禁止処分を受けた際、彼は「この映画にも欠点はあるが、それは天才による欠点だ」と擁護した。そして、後年ソクーロフはタルコフスキーに捧げて本作をつくった。なお、同じく亡命者だったロストロポーヴィチ演奏のチェロが終了を飾る。

精神(こころ)の声 デジタル・リマスター版

製作:1995年/日本初公開:1996年/露・独・日(パンドラ)/合計328分/配給:パンドラ
全5話構成(第1話+第2話:71分/第3話:77分/第4話:77分/第5話:91分)
原題:Spiritual Voices from the diaries of war/a narrative in five episodes
ナレーション:アレクサンドル・ソクーロフ
音楽:モーツァルト、ベートーヴェン、メシアン、武満徹

タジキスタンとの内戦に派兵されたロシア軍の若き兵士たちを撮った、ソクーロフの金字塔ともいえるドキュメンタリー。なお、本作に登場する兵士はひとりも生還していない。

*1995年ロカルノ映画祭ソニー賞
*1995年山形国際ドキュメンタリー映画祭特別招待他多数

エルミタージュ幻想 デジタル・リマスター版

製作&日本初公開:2002年/露・独・日(NHK)/99分/配給:パンドラ
原題:Russian Ark
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
特別出演:ワレリー・ゲルギエフ
オリジナル音楽演奏:ロシア国立エルミタージュ交響楽団
音楽演奏:マリーンスキー歌劇場管弦楽団(指揮:ワレリー・ゲルギエフ)

美術品が陳列されたままのエルミタージュ美術館(所蔵品300万点以上は世界最大級)内部を使い、ロシア近・現代300年史を、世界映画史上初の90分ワンカットの手法で描いた史上最も贅沢な作品。世界的に大ヒットしている。

*2002年カンヌ国際映画祭正式出品/トロント国際映画祭最優秀造形賞
*2003年サンフランシスコ映画批評家協会賞/ドイツ映画賞最優秀撮影賞
*2004年ニカ賞(ロシア・アカデミー賞)最優秀美術賞・最優秀衣装賞
*2004年アルゼンチン映画批評家協会賞外国語映画賞他多数

太陽 デジタル・リマスター版

製作:2005年/日本初公開:2006年/露・伊・仏・スイス/110分/配給:パンドラ
原題:The Sun
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:イッセー尾形、佐野史郎、桃井かおり

20世紀の権力者を描く4部作の第3作目。戦争終結を機に日本は大きな変革を迫られていた…。

*2005年ベルリン国際映画祭正式出品
*2005年サンクトペテルブルク国際映画祭グランプリ他多数

12/4(土)~

HHH:侯孝賢 [デジタルリマスター版]

© AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997

1997年/92分/フランス=台湾/DC/配給:オリオフィルムズ
原題:HHH:A Portrait of Hou Hsiao-Hsien
監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:ホウ・シャオシェン、チュウ・ティエンウェン、ウー・ニェンチェン、チェン・グオフー、ドゥー・ドゥージー、ガオ・ジエ、リン・チャン

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,300円(税込)を当館受付にて発売中!

フランス映画を代表する映画監督のオリヴィエ・アサイヤスが、
作品ゆかりの地をめぐり、ホウ・シャオシェンの素顔に迫る

批評家時代から台湾ニューシネマを積極的に世界に紹介し、監督デビュー後もホウ・シャオシェンからの影響を公言して憚らない、フランスを代表する映画監督の一人オリヴィエ・アサイヤス『イルマ・ヴェップ』(96)『パーソナル・ショッパー』(16)『冬時間のパリ』(18)ほか)が、ホウ監督とともに台湾を旅しながら、彼の素顔に迫った貴重なドキュメント。当時『フラワーズ・オブ・シャンハイ』の脚本執筆中だったチュウ・ティエンウェン、ウー・ニェンチェンほか、ホウ監督と共に台湾ニューシネマをけん引してきた映画人たちのインタビューを交えつつ、『童年往事 時の流れ』(85)『冬冬の夏休み』(84)『悲情城市』(89)『戯夢人生』(93)『憂鬱な楽園』(96)の映像と共にホウ監督とアサイヤス監督が作品にゆかりのある鳳山、九份、金瓜石、平渓、台北をめぐる。撮影監督はエリック・ゴーティエ。表題の「HHH」は、ホウ・シャオシェンの英語表記Hou Hsiao-Hsienからとっている。


12/4(土)~1週間限定

稽古場 Rehearsal Hall

©2021フェイスエンタテインメント「稽古場」パートナーズ

2021年/日本/HD/66分(3作品合計)/企画・製作・配給:FAITHentertainment
プロデューサー:窪田将治
撮影・照明:西村博光
録音:大塚学
編集:窪田将治、澤井祐美
音楽:與語一平
助監督:高原一

クラウドファンディング
現在、【劇場配給支援プロジェクト】を行っております!ぜひご協力をお願い致します!

※こちらのプロジェクトは2021年9月30日に終了しました。皆様ご協力ありがとうございました。

中村義洋監督×足立紳監督×窪田将治監督
ワークショップから生まれた3人の監督による3つのショートムービー

『忍びの国』(17)、『決算!忠臣蔵』(08)の中村義洋、『喜劇 愛妻物語』(19)が東京国際映画祭・コンペティション部門にて最優秀脚本賞を受賞した足立紳、『失恋殺人』(10)、『D坂の殺人事件』(15)、『裸の天使 赤い部屋』(21)など江戸川乱歩原作映画の第一人者である窪田将治。

2020年10月にこの3人が集まり、「ワークショップから短編を撮ろう!」と思い立ち動き始めた。ちょうどその時期に文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」もあり参加する俳優部は受講料を経費として落とせるし、我々はコロナ禍の中での制作スタイルを模索することができる。コロナ禍だからって何もやらず沈黙することが正しいとは思えない、だって活動屋だから。

クローズドで募集を開始したにも関わらず、15人限定参加のところ150名(倍率10倍)を超える応募があり各監督が厳選な書類選考の上、決定した15名+1名が集まった。(15名限定だったが、どうしてももう一人見てみたいと、結果16名でのワークショップとなった。)この時期は皆、飢えていたのだと思う。そして監督と俳優部の【3日間×3監督/計9日間】のワークショップを行い、各俳優の資質を吟味し、最終日にキャスティング。その後、各監督は予算・時間・設定など全てにおいて同条件の下、演出し制作した。撮影各1日+合評会1日を含め全11日間という異例の長期間型演技ワークショップに参加した俳優部16名の熱量と演技に対する思いを「稽古場」を舞台に、各監督がスクリーンに映し出した。

中村監督作『リアクション・マスター』はワークショップを舞台に人間の悲喜交々を描き、足立監督作『しちゃったね』はオーディションを舞台に元カノとの再会物話、窪田監督作『パッション・ゲーム』は売れないアイドルグループの解散話を、「稽古場」を舞台にリアリティを持たせながらストイックな演出で魅せていく。

プロジェクトをやろうと思った理由

緊急事態宣言が発令された時、エンタメ業界に従事する者の多くは不安に駆られ今後どうしようか悩んだ人が多くいたかと思います。私たちもその中の1人でした。我々、監督陣は兎も角、俳優部は劇場も追われ戦う場を奪われた人が多く出ました。映画館もまた、休業を余儀なくされました。今回のプロジェクトの劇場興行収入は参加俳優部(合計16人)に均等分配する事になっています。3人の監督(中村・足立・窪田)は収入分配は放棄してます。そうすることでコロナ禍の影響を受けた俳優部が少しでも収入を得られれば、コロナ禍に、このプロジェクト進める意義があるだろうと考えました。応援よろしくお願いします。

リアクション・マスター(18分)

監督・脚本:中村義洋
出演:松木大輔、中垣内彩加、望月めいり、廣田琴美、金城大和

〈中村義洋監督コメント〉

落ち込むことの多かった2020年という年で、今回の短編映画の撮影は、ああ、私は本当に現場が好きなのだなあ、と今更ながらに気づかされた、生涯忘れ得ぬ日となりました。何かと後ろ向きだった私に「そんなこと言ってたら何もできないじゃないすか」と半ば強引に巻き込んでくれた窪田監督と、泰然自若として終始笑みを浮かべていた足立監督に感謝申し上げます。
『リアクション・マスター』は実は十年ほど前から、いつかやれないかと虎視眈々とチャンスを窺っていた作品です。こういう映画があったらどうかと一人考えてはほくそ笑む、とてもふざけた仕掛けの映画ですが、この悪ふざけに怒るどころか共犯者として嬉々としてつき合ってくれた俳優の皆さんに、改めて、心から感謝申し上げます。

しちゃったね(27分)

監督・脚本:足立紳
出演:仁科かりん、横江泰宣、中野歩、宮地真緒、西村佳祐、田中偉登

〈足立伸監督コメント〉

コロナ禍のワークショップで出会った、面白くて素敵な俳優さんたちと短編映画を作りました。ワクワクすることを失うことが多いときに、僕にとっては数少ない楽しい時間でした。苦しいコロナ禍ではありますが、そのコロナ禍設定でちょっと笑えて少し元気が出るような作品を目指しつつ、魅力的な俳優さんたちが、そのまま魅力的に映ってくれたらと思って作りました。この俳優さんたちを、是非多くの方々に観ていただきたいです!

パッション・ゲーム(18分)

監督・脚本:窪田将治 出演:遠山泰市、財田ありさ、穴田結海、白戸達也、安倍乙

〈窪田将治監督コメント〉

2020年は悶々としたコロナ禍で、思うように行かない世界になってしまいました。この短編は理想とかけ離れ、思うように行かない人間が爆発する話です。こんな世界だからこそ思い浮かんだ話です。作品の中でくらい爆発させてくれと。結果、魅力的な5人の俳優部が鬱憤を晴らすかの如く輝いているかと思います。きっと時代を担う俳優がいると信じてますので、皆さんも歴史の目撃者となって貰えると嬉しく思います!

12/4(土)~

彼女はひとり

彼女はひとり

©2018「彼女はひとり」

2018年/日本/60分/配給:ムービー・アクト・プロジェクト
監督・脚本・編集:中川奈月
撮影:芦澤明子
出演:福永朱梨、金井浩人、美知枝、中村優里、三坂知絵子、櫻井保幸、榮林桃伽、堀春菜、田中一平、山中アラタほか

公式ホームページ

孤独な復讐が始まる――

高校生の澄子はある日橋から身を投げた。しかし、死ねずに生還する。父は引っ越そうと言うが自分の意思で残ることを選び、1年留年して学校に戻ってきた澄子は、同級生となった幼馴染の秀明を執拗に脅迫し始める。身を投げる原因を作ったのは秀明であり、秀明が教師である波多野と密かに交際していると言う秘密を握っていたのだった。その行為は日々エスカレートしていくが、そこには過去の出来事、そして澄子の家族に関わる、もうひとりの幼馴染・聡子の幻影があった…。

濱口竜介監督に続く、新たな才能!
今後最も活躍が期待される新鋭 中川奈月監督初長編作!

監督は、立教大学を卒業後、NCWで映画制作を開始。立教大大学院映像身体学科で本作『彼女はひとり』を制作、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018の国際コンペティション部門にてSKIPシティアワードを受賞するなど多くの映画祭に招待される。卒業後は、真利子哲也監督や濱口竜介監督を輩出した、東京藝術大学大学院映画専攻に進学し、黒沢清監督に師事。修了制作の『夜のそと』では、北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS2020」 Next Generation部門に選出されるなど、今後最も活躍が期待される新鋭監督のひとりである。

本作品は立教大学大学院の修了制作として撮影された学生映画であるにも関わらず、脚本の完成度の高さから、撮影には黒沢清監督、深田晃司監督、沖田修一監督の作品などを多く手掛ける芦澤明子が参加。主演には、カンヌ国際映画祭へ出品、絶賛された深田晃司監督『本気のしるし』出演の福永朱梨。誰にも愛されない孤独と悲しみから、他人を傷つけ、暴走していく澄子を繊細、かつ圧倒的な力で演じ、田辺・弁慶映画祭2019では俳優賞を受賞。澄子に執拗に責められ、疲弊していく秀明を、『きらきら眼鏡』主演の金井浩人が演じ、他に「牝猫たち』の美知枝や、『ミセス・ノイズィ』の三坂知絵子、『幸福な囚人』の山中アラタなど、個性的な面々が揃った。

*SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018国際コンペティション部門、SKIPシティアワード受賞
*田辺・弁慶映画祭2019 俳優賞受賞(福永朱梨)


彼女はひとり 彼女はひとり 彼女はひとり

12/11(土)~

RAMEN FEVER

©MK Film

2021年/日本/カラー/91分/配給・製作:MK Film
監督・プロデューサー・脚本・撮影・編集:小林真里
出演:中村栄利(NAKAMURA)、中村比呂人(AFURI)、竹井和之(とら食堂)、デヴィッド・ゲルブ(「二郎は鮨の夢を見る」監督)、山田宏巳(インフィニート ヒロ)、成澤由浩(NARISAWA)
エグゼクティブ・プロデューサー:小林正憲、小林道子
音楽:Slowdive、小林純生、Hideki “YODA” Suematsu

公式ホームページ

作り手と食べ手が一つになった時
至福の一杯が生まれる

日本の国民食「ラーメン」の世界的な熱狂ぶりと、この複雑で繊細な和食麺料理の奥深い魅力とエッセンスを検証しながら、世界のラーメン人気を支えワールドワイドな活躍を見せる中村比呂人(AFURI 代表取締役)と中村栄利(ニューヨーク「NAKAMURA」のオーナーシェフ)のカリスマ的な天才兄弟の情熱と熱い生き様に焦点を当てた、ドラマティックでエンターテインメントな、観る者の心と魂を激しく揺さぶる珠玉のドキュメンタリー映画が誕生した!

キャストは、神奈川県の名店「中村屋」で一世を風靡し「ラーメンゴッド」と呼ばれゼロ年代のラーメンブームを牽引、現在はアメリカを拠点に活動するニューヨークの「NAKAMURA」の天才シェフ、中村栄利。国内16店舗以外にもアメリカ(6月にオープンしたロサンゼルス店も大盛況)やポルトガル、シンガポールなど海外進出が続く日本を代表する人気チェーン「AFURI」の代表取締役、中村比呂人。世界中でセンセーションを巻き起こしているNetflix「シェフのテーブル」のクリエーターで大ヒット・ドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』の監督デヴィッド・ゲルブ。2015年と16年の「世界のレストラン・ベスト50」で8位に選ばれた「NARISAWA」の日本のトップシェフ、成澤由浩。世界的な名声を誇る日本を代表するイタリアン・シェフの鉄人、山田宏巳。そして福島県白河の伝説的な名店「とら食堂」の店主、竹井和之が出演。

音楽は、オープニングとエンディングの2曲をシューゲイザー・ロックのレジェンドで、イギリスの大人気バンド、スロウダイヴが担当。また国内外の数々の有名コンクールに入選するなど国際的評価も高いクラシック音楽作曲家、小林純生と、今年9月17日に11枚目のアルバム「Pirgrimage of the Soul」をリリースした、ワールドワイドな活動を続ける日本が誇るポストロックバンド、MONOのギタリスト、YODAがオリジナル楽曲を書き下ろしている。


12/18(土)~

クナシリ

クナシリ

© Les Films du Temps Scellé – Les Docs du Nord 2019

2019年/フランス/74分/配給:アンプラグド
原題:KOUNACHIR
監督・脚本:ウラジーミル・コズロフ
撮影:グレブ・テレショフ
製作:デヴィッド・フーシェ

公式ホームページ

旧ソ連生まれフランス在住の監督が描く、知られざる国後島の真実
北海道からわずか16キロの近くて遠い島

現在はロシアが実効支配する北方領土の国後島。日本が返還を要求しているため折に触れて話題にのぼるが、島の実態はあまり知られていない。我々が知らなかった国後島の現実が、この映画で初めて明らかにされる。

北海道からわずか16キロに位置し、かつては四島全体で約17,000人の日本人が生活していたという北方領土。しかし、戦後の1947年から48年にかけて強制退去が行われ、今日本人は一人もおらず、日本政府は問題が解決するまで、日本国民に入域を行わないよう要請している。本作では国後島の厳しい現状やロシア人住民らの生活の様子が収められ、政治に翻弄されてきた島民の暮らしや日本人が残した遺産を追っていく。そして日本とロシアの間の領土問題に対する住民らの複雑な思いにも迫っている。

戦後76年を経た現在の島民の暮らしと彼らの意外な本音

島に暮らす男性が、国後島に点在する日本人が暮らしていた痕跡を紹介していく。寺の石垣、朽ち果てた船や砲台など、島のいたるところに第二次世界大戦の痕跡がある。さらに、シャベルで土から掘り起こされたのは日本人が使っていたであろう醤油ビンや、欠けた茶碗だ。
軍関係に従事する男性は、第二次世界大戦中の1943年に製造されたという軽機関銃や弾薬を見せてくれた。そして、島民がソ連軍と日本兵に扮し、旧ソ連軍が国後島に上陸する様子をイメージした映像も見せてくれる。「我々はソ連軍司令部の代表だ。日本軍駐屯部隊に無条件降伏を要求する・・・」
ある高齢の男性は静かに語り出した。「1946年から49年の話をしよう。私たちが子どもの頃は日本人とも仲がよく、一緒になってよく遊んでいた。ロシア人は日本人から漁の技術を学んだんだ。ここは自然や温泉などの観光資源もあるが、現実には大砲と戦車、そしてごみ溜めがあるだけだ」と嘆く。
また、別の男性は国際経済フォーラムで安倍首相とプーチン大統領の首脳会談の開催を前にして語る。「一般庶民は日本との条約締結を望んでいる。雇用を生まなければ住民は酒におぼれて死ぬか、去っていくだろう」。
農業を営む別の女性は語る「日本人がいなくてもここで暮らせる。日本人は私たちに島を返還しろと言うけれど移り住むつもりはない。彼らは漁業をするためにこの海域が欲しいだけなのよ」。
一方、ある企業経営者は全く別の考えを持つ。「第二次世界大戦の結果の再検討はしない。島を返還する理由などどこにもない」。
一人ひとりがそれぞれの立場でこの島の在り方を語るのだった。

監督は旧ソヴィエト連邦で現ベラルーシ、ミンスク生まれのウラジーミル・コズロフ。現在はフランスを拠点として、長年、ロシアやフランスの題材をもとにドキュメンタリーを制作し続けている映像作家だ。今回、ロシア連邦保安庁、かつてのKGBの許可と国境警察の通行許可証を申請してようやく撮影の機会を得ることが出来たという。ロシア側の主張に偏ることなく、島に暮らす人々の証言や生活の実態を映した本作からは、本当に解決すべき問題や住民たちの真の願いが見えてくるだろう。


クナシリ クナシリ クナシリ クナシリ

12/18(土)~

チョコリエッタ

チョコリエッタ

©寿々福堂/アン・エンタテイメント

2014年/日本/159分/配給:ミカタ・エンタテインメント
監督・編集:風間志織
脚本:風間志織、及川章太郎
原作:大島真寿美「チョコリエッタ」角川文庫刊
エンディング曲:森川葵「jump!」
出演:森川葵、菅田将暉、岡山天音、三浦透子、市川実和子、村上淳、中村敦夫

公式ホームページ

少女と先輩は ちょぴり不思議な旅に出る。

知世子が5歳のとき、母親が交通事故で亡くなった。それ以来、兄弟のように育った愛犬ジュリエッタを心の支えにしてきたが16歳の時に死んでしまう。短く髪を切り、犬になろうとした知世子。進路調査に“犬になりたい”と書いて担任から呼び出された日、映画研究部の部室を訪れる。母が好きだったフェデリコ・フェリーニ監督の映画『道』を見れば、ジュリエッタに会えるような気がしたのだ。しかし、そのビデオテープは既に部室にはなく、卒業した浪人中の先輩・正岡正宗のものだった。訪ねて行った家で映像を編集していた正宗は、知世子に「俺の映画に出ないか」と誘う。知世子は不機嫌な顔をカメラに向けながらも、何となく正宗に自分と似たところを感じ、次第に彼を受け入れてゆく。まるで、『道』のザンパノとジェルソミーナのように、バイクに乗って2人の撮影旅行が始まる。街を走り、山を走り、海に出る。喧嘩、事故、初めてのホテル。旅は2人に何をもたらすのか……。

10代から注目を集めてきた風間志織監督が、直木賞作家・大島真寿美の初期傑作長編を2021年に設定を翻案し映画化

高校2年の時に制作した8mm『0×0(ゼロカケルコトノゼロ)』が、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)84に入選。第一回PFFスカラシップを獲得し製作された『イみてーしょん、インテリあ』(85)は、トリノ国際映画祭に招待されるなど10代から脚光を浴び、「天才少女の出現!」と騒がれた、風間志織監督。
22才で撮った『メロデ』(88)は、8mmながらユーロスペースでロングラン上映され、つづく『冬の河童』(95)では ロッテルダム国際映画祭タイガーアワード(グランプリ)を受賞。『火星のカノン』(01)では第14回東京国際映画祭にて日本人初のアジア映画賞を受賞。『せかいのおわり』(04)と共に、2作連続でベルリン国際映画祭フォーラム部門にノミネートされるなど、国内外でも高い評価を得てきた。

初の原作ものとなった本作では、森川葵、菅田将暉を起用し、設定を原発事故から10年後の2021年に翻案し映画化。未来に希望が見えない21世紀を生きる少年少女たちを寄り添うように描いた。撮影当時10代だった森川、菅田をはじめ、岡山天音、三浦透子など、今の日本映画界を牽引する若手俳優たちが集結した珠玉の青春映画を、設定の年である本年、リバイバル上映!


チョコリエッタ チョコリエッタ チョコリエッタ

2022年1/2(日)~ 新春アンコール上映

華のスミカ

華のスミカ

©2020 記録映画「華僑」製作委員会

2020年/日本/98 分
監督・企画 : 林 隆太
プロデューサー・撮影・編集 : 直井 佑樹

公式ホームページ

中国と台湾『二つの中国』でゆれた横浜中華街

横浜中華街には日本で最大規模の中国人コミュニティーがある。その歴史は約160年前にまで遡り、彼らは団結することで中華街を発展させ、日本社会で独自の地位を築いた。しかし、その道のりは平坦なものではなかった。1952年、横浜中華学校で毛沢東を支持する教育が行われているとして、教師が学校から追放されるという事件が起きた。この「学校事件」の結果、横浜中華街は大陸系と台湾系に学校と華僑総会が分裂。長きに渡り対立が続いた。日中台の政治に翻弄されてきた華僑の苦難と葛藤の歴史。そして、共生の時代を歩む現在。映画は横浜中華街の観光地ではない知られざる一面を映していく。

日本人だと思っていた父は、紅衛兵だった
中国語を話せない華僑四世がルーツをめぐる物語

華僑四世の監督・林隆太 (37) は、十五才の時に父・学文が中国人だと初めて知った。しかし、中国嫌いだった隆太は、家族の中の「中国」を避けるように生きてきた。それから十年以上経ったある日、一枚の写真と出会う。「台湾解放」というスローガンを声にし、横浜中華街を練り歩く紅衛兵の写真。 そこには、若かりし日の学文の姿があった。日本人として育った隆太は、なぜ同じ日本で暮らす中国人同士で対立するのか理解できなかった。「台湾は中国の一部。毛沢東は親父のようなもん」と言う学文。中国籍のまま晩年を迎え、認知症になった祖母・愛玉。ずっと避けて来た家族の過去 に触れたことをきっかけに、隆太は家族が過ごした横浜中華街と向き合う決心をする。中国・華僑のことを何も知らない華僑四世の監督は、家族や父の友人・知人に出会いながら、 時代に翻弄された華僑の人生と複雑な想いに気づいていく。

華のスミカ 華のスミカ 華のスミカ

2022年1/2(日)~

ヒルコ/妖怪ハンター

ヒルコ/妖怪ハンター

©2009 KEIKO KUSAKABE・MAKOTOYA CO.,LTD/SHINYA TSUKAMOTO・KAIJYU THEATER ALL RIGHTS RESERVED. ©2009 DAIJIRO MOROHOSHI/SHUEISHA

1990年/日本/90分/配給:マコトヤ
監督・脚本:塚本晋也
原作:諸星大二郎「妖怪ハンター『黒い探求者』『赤い唇』」集英社
出演:沢田研二、工藤正貴、上野めぐみ、光石研、趙方豪、余貴美子、竹中直人、室田日出男

公式ホームページ

渾身のレストア&リマスターで蘇る恐怖と感動
特撮エンタテインメント・アドベンチャーホラー

サイバーパンク・ムービー『鉄男』で衝撃的世界デビューを果たした塚本晋也の監督二作目『ヒルコ/妖怪ハンター』がついにレストア&リマスターされた。オリジナルネガから高解像度スキャニングを行い、グレーディングを施した最新マスターをデジタル化。監督最終確認OKの完全版。山や道や空や太陽や樹々などの実景、光のグラデーションがリアルに、光と影が見事に蘇る。

原作:諸星大二郎 × 監督:塚本晋也 × 主演:沢田研二

多数の熱狂的なファンをもち、クリエイターから異分野の研究者まで、あらゆる方面から絶大な支持を誇る漫画家・諸星大二郎原作。60年代後半のグループサウンズ時代から豊かな表現力で圧倒的に存在し続けるアーティスト・沢田研二主演。初の35ミリ、初のメジャー配給となる塚本晋也は「どうしてもお願いしたかった沢田研二を主演」に「大好きな諸星大二郎漫画」を監督した。

新進気鋭の学者として考古学界で注目されていた稗田礼二郎だったが、ある学説を唱えてからは異端児扱いされ、存在はほとんど忘れられていた。そんな彼に、義兄で中学校教師の八部高史から一通の手紙が届く。古代人が悪霊を沈めるために造った古墳を発見したという内容だった。自分の学説が証明されるきっかけを感じた稗田は八部家を訪ねる。しかし八部は、生徒である月島令子と共に謎の失踪事件を起こしていた。稗田と八部の息子まさおは妖怪退治の武器を手に暗い校内を探索する。血の海の中の首なし死体、美しい歌声、首だけの多足生物…。夏の一夜、消えた少女を探して、恐ろしくも哀しい冒険が始まる。


ヒルコ/妖怪ハンター ヒルコ/妖怪ハンター ヒルコ/妖怪ハンター

2022年1/2(日)~

魔界転生

魔界転生

©東映

1981年/日本/122分/配給:東映
原題:Samurai Reincarnation
原作:山田風太郎
企画:角川春樹事務所
監督:深作欣二
脚本:野上龍雄、石川孝人、深作欣二
出演:千葉真一、沢田研二、佳那晃子、緒形拳、室田日出男、真田広之、松橋登、成田三樹夫、丹波哲郎、若山富三郎

エロイム・エッサイム、古き骸を捨て、蛇はここに蘇えるべし。
奇想天外!歴史上の傑人が時空間を超えて暗躍する……
忍法&オカルトをミックスした、空前絶後の伝奇大ロマン!

島原の乱で、12万幕府軍によりことごとく惨殺された一揆勢を率いて自害した天草四郎時貞。彼はその怒りと憎しみでこの国を焼き尽くさんものと、黄泉の国から蘇り、同じく夫・細川忠興の裏切りにより、無念の思いを抱いて自害した細川ガラシャ夫人らの霊を呼び出し、幕府の崩壊を謀る……。
現世で果たせなかった怨念を果たすべく、魔界衆が再びこの世に蘇り、歴史の時空間を超えて暗躍する。宮本武蔵、宝蔵院胤舜、伊賀の霧丸、柳生但馬守宗矩。まさに奇想天外、西洋の黒魔術と日本の忍法をミックスした、オカルティックなエンタテインメントが壮大なスケールで展開される。
製作・角川春樹。原作・山田風太郎。監督・深作欣二。この異能の下、時貞・沢田研二、ガラシャ夫人・佳那晃子、そして緒形拳、千葉真一、真田広之ら豪華、個性派キャストが顔を揃えた、禍々しくも異様に美しい一大伝奇ロマン。


魔界転生 魔界転生 魔界転生 魔界転生

2022年1/15(土)~

ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン

ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン

©MMXVII Morling Manor Music Corp. and Jowcol Music, LLC.
Photo by Francis Wolf ©Mosaic Images

2016年/アメリカ/99分/配給:Eastworld Entertainment、カルチャヴィル
原題:THE JOHN COLTRANE documentary/CHASING TRANE
監督:ジョン・シャインフェルド
出演:ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズ、マッコイ・タイナー、ウェイン・ショーター、ベニー・ゴルソン、ジミー・ヒース、レジー・ワークマン、ウィントン・マルサリス、カマシ・ワシントン、カルロス・サンタナ、コモン、ジョン・デンスモア(ザ・ドアーズ)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領)、藤岡靖洋、デンゼル・ワシントン(コルトレーンの声)
日本語字幕:落合寿和

公式ホームページ

ジョン・コルトレーン生誕95周年記念上映
ジャズ史上最大のカリスマ
その短くも求道的な人生を描くドキュメンタリー

マイルス・デイヴィスと並び、ジャズ史上最大のカリスマと称されるサックス・プレイヤー。 ジャズのみならず、現代にいたるアメリカ・ポピュラー音楽の歴史に多大な影響を与えたアーティスト。
1946年にプロとしてのキャリアをスタートするも、最初の10年弱は無名で陽の目を見ず、なかなかレコーディングの機会に恵まれなかった。1955年、マイルスのグループに抜擢されたことにより、その名がジャズ界に知れ渡るように。だが、当時の演奏は粗削りな部分が多く、評判は芳しいものではなかった。
その才能が覚醒したのは1957年。初期の代表作『ブルー・トレイン』やピアニストのセロニアス・モンクとの共演を経て、“シーツ・オブ・サウンド”と呼ばれた独自の奏法を確立。そして、そこからの10年間で『ジャイアント・ステップス』、『バラード』、『至上の愛』など、ジャズ史を更新する名盤を数多く発表。1966年7月には来日公演が実現。しかし、それから1年後の1967年7月に、40歳の若さで肝臓癌により急逝した。

不遇なキャリア初期、薬とアルコール依存症から脱却し才能を開花させた1957年、そして数々の名盤を作り出していく様子を、その作品に影響をうけたアーティスト等の証言をもとに紹介するとともに、これまであまり知られることのなかった彼の家族やプライベートについても描かれる。 わずか10年間でアメリカ・ポピュラー音楽史に偉大な足跡を刻んだジャズ界最高のカリスマ、その波乱に満ちた人生を追った傑作ドキュメンタリー。

2016年制作の本作は音楽ファンの間で長らく公開が待たれていたが、コルトレーンの生誕95周年の2021年、ついに日本での劇場公開が実現した。


ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン

©Don-Schlitten

ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン

©Don-Schlitten

2022年 新春上映

我が心の香港 映画監督アン・ホイ

我が心の香港 映画監督アン・ホイ

2020©A.M. Associates Limhed

2020年/香港/119分/配給:パンドラ
原題:好好拍電影 Keep Rolling
監督:マン・ リムチョン(文念中)
音楽:大友良英
出演:アン・ホイ(許鞍華)、ナンサン・シー(施南生)、ツィ ・ハーク(徐克)、フルーツ・チャン(陳果)、ティエン・チュアンチュアン(田壮壮)、ホウ・シャオシェン(侯孝賢)、アンディ・ラウ(劉徳争)、ジャ・ジャンクー(頁栂村)、シルヴィア・チャン(張支嘉)

公式ホームページ

人生は映画とともに
香港の現在とこれまで そして
これからも 香港のために映画を撮り続ける

アン・ホイ~アジアの女性監督のトップランナー!
ヴェネチア国際映画祭 生涯功労賞受賞!

『客途秋恨』(1990年)『女人、四十。』(1995年)などの作品で世界的に知られる、今年74歳になる香港映画の巨匠アン・ホイ。1980年代以降、ツイ・ハークやパトリック・タムらと共に、<香港ニューウェーブ>の旗手として香港映画の発展に大きく貢献した40年に及ぶ映画人生。
ダイナミックな時間の流れに沿いながら、アジアの女性監督のトップランナーとしての歩みでもあった。香港の文化を重んじ、ロンドンで映画を学んだ彼女は、まさに“東洋と西洋の出会い”“香港魂”を体現する存在でもある。今日に至る香港映画の発展に大きな貢献を果たしてきた彼女の実像に迫る。

アンディ・ラウ、シルヴィア・チャン、ホウ・シャオシェン
中華映画界の重鎮たちが語りつくすひとりの女性の生き様

日本人の母との慎ましやかな日常生活、香港への思い、女性としての生き様、エネルギッシュな撮影風景。そしてシルヴィア・チャン、アンディ・ラウ、ホウ・シャオシェン、フルーツ・チャン、田壮壮など香港・台湾・中国映画界の重鎮たちが、彼女の作品と人柄について語り尽くす。
監督のマン・リムチョンは、美術監督・衣装デザイナーを務めた『君のいた永遠(とき)』(1999年/シルヴィア・チャン監督)で香港電影金像奨芸術監督賞を受賞。『花様年華』(2000年/ウォン・カーウァイ監督/カンヌ国際映画祭2000年最優秀男優賞[トニー・レオン]他多数)のアート・ディレクターも務めた実力派。初監督となる本作で見事、2021年香港電影監督会新人監督賞を射止めた。アン・ホイ監督作では『男人四十』(2002年)の芸術監督、『黄金時代』(2014年)の衣装デザインなども担う。
音楽はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の音楽で日本レコード大賞作曲賞等、数多くの映画やテレビの音楽を手がける大友良英。大友は『女人、四十。』でもアン・ホイ監督の音楽を手がけ、本作は2度目のタッグとなる。


我が心の香港 映画監督アン・ホイ 我が心の香港 映画監督アン・ホイ 我が心の香港 映画監督アン・ホイ
シネマリンインスタグラム