真夜中の五分前

真夜中の五分前

Ⓒ 2014 “Five Minutes to Tomorrow” Film Partners

2014年/日本/129分/配給:東映
原作:本多孝好『真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A/side-B』(新潮文庫刊)
監督:行定勲
脚本:堀泉杏
撮影:中山光一
サウンド・デザイナー:ドウ・ドゥチー
出演:三浦春馬、リウ・シーシー(中国)、チャン・シャオチュアン(台湾)

イベント情報
7/18(日)上映後、行定勲監督の舞台挨拶が決定しました!

チケットご購入方法
7/15(木)よりご購入いただけます。
◉オンライン(本Webサイトから)は午前0時~
◉劇場受付は午前9時30分~
◉劇場受付限定当日券を午前9時30分~若干数販売予定

上海で、僕は美しい双子の姉に恋をした。でも、“彼女”は消えた。
一年後、思いもよらぬ姿で、再び“彼女”は僕の前に現れたー

上海の時計店で修理士として働く日本人青年、リョウの前にあらわれた美しい双子の姉妹。清楚で質素な姉ルオランと、妖艶で奔放な妹ルーメイ、対照的な姉妹に困惑しながらも、姉ルオランとの恋を深めていくリョウ。ところが、思いもよらない出来ごとによって、ふたりは離れることになる…。物語は後半、急展開を迎え、観るものをシンメトリーな謎に向き合わせる。「明日」を迎えるまでのわずかな時間=真夜中の五分前に見え隠れする、愛の永遠性。アジアに生まれた新たなラブストーリー『真夜中の五分前』は、過去を生きる男と、過去を亡くした女のゆくえを、あたたかな眼差しで追いかける。

新時代のコラボレーションにより、アジアを席巻する『真夜中の五分前』

時計屋に務める主人公を演じるのは、三浦春馬。1ヶ月の海外ロケ、中国キャスト、台湾キャストとの競演。自身初となる海外撮影に挑んだ。
ヒロイン役は、中国の人気女優リウ・シーシー。2011年に出演した「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」が中国で大ヒットしたほか、13年ジェット・リー主演『不二神探(BUDGES OF FURY)』のヒロイン役など、中華圏でいま大注目の女優である。台湾では2013年の「憧れの女優」ランキングで、リン・チーリンを上回り1位となっている。
また、台湾からは『台北の朝、僕は恋をする(原題:一頁台北)』や『GF*BF(原題:女朋友。男朋友)』、台北映画祭で最優秀長編劇映画賞など4賞を受賞した『失魂』などに出演する台湾を代表する俳優、チャン・シャオチュアンが参加。
2013年11月、12月に上海、モーリシャスで撮影を敢行、ダビング作業を台湾で仕上げた本作。行定勲が描く繊細な空気感と、異国撮影での景観との重奏が本作をさらにミステリアスな世界に誘っていく。これまで数々の海外映画祭への出品や、多くの作品がアジア公開されている行定勲だが、中国での撮影は本作が初となる。また、美術、サウンドデザイナーとして参加している香港、台湾スタッフとのコラボレーションも注目である。


真夜中の五分前 真夜中の五分前 真夜中の五分前

上映日時

7/18(日)
11:55-14:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1300 ¥1100 ¥800
会員 ¥1100 ¥1100 ¥800