ヴィタリナ

ヴィタリナ

2019年/ポルトガル/ポルトガル語・クレオール語/DCP/130分/配給:シネマトリックス
原題:Vitalina Varela
監督:ペドロ・コスタ
撮影:レオナルド・シモンエス
編集:ジュアン・ディアス、ヴィトル・カルヴァーリョ
録音:ジュアン・ガズア
製作:アベル・リベイロ・シャヴェス
出演:ヴィタリナ・ヴァレラ、 ヴェントゥーラ マヌエル・タヴァレス・アルメイダ、フランシスコ・ブリト、マリナ・アルヴェス・ドミンゲス、ニルサ・フォルテス

公式ホームページ

これは私たちの物語―
ポルトガルで2万人動員の異例の大ヒット!
リスボンの女性たちが涙した、痛みと波乱に満ちた暮らし、
そしてその先にある光

ひとり、カーボ・ヴェルデからリスボンにやってきたヴィタリナ。彼女は出稼ぎに行った夫がいつか自分を呼び寄せてくれると信じて待ち続けていた。しかし、夫は数日前に亡くなり、すでに埋葬されていた。ヴィタリナは亡き夫の痕跡を探すかのように、移民たちが暮らす街にある、夫が住んだ部屋に留まる決意をする。そして、その部屋の暗がりで自らの波乱に満ちた人生を語り始める―。

カーボ・ヴェルデからの移民女性がロカルノ国際映画祭女優賞受賞の快挙!
傑作『ヴァンダの部屋』から20年、鬼才ペドロ・コスタの新たな出発点

彼女の名前はヴィタリナ―。自身の名前と同じ主人公を演じたヴィタリナ・ヴァレラ。虚実の狭間で自らの半生を言葉に託し語りかける、その存在感は見る者を圧倒する。ロカルノ国際映画祭で女優賞を受賞。
監督は世界を驚愕させた『ヴァンダの部屋』(2000年)から一貫して、移民街フォンタイーニャスを舞台に作品を作り続けている、ペドロ・コスタ。ひとりの女性の苛酷な人生を、暗闇と一条の光の強烈なコントラストで描き、ロカルノ国際映画祭で最高賞の金豹賞を受賞。その新たな出発点として絶賛され、世界中の映画祭が招待、リスボンでは多くの女性たちの共感を呼び公開わずか1ヶ月で2万人を動員するヒットを記録した。


ヴィタリナ ヴィタリナ ヴィタリナ

上映日時

11/21(土)~11/27(金) 11/28(土)~12/4(金) 12/5(土)~12/11(金)
12:00~14:15
※11/23(月)・11/26(木)休映
14:15~16:30
※11/29(日)・12/2(水)休映
18:00~20:15
※12/5(土)・12/8(火)・12/11(金)休映

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800