大海原のソングライン

大海原のソングライン

©Small Island Big Song

2019年/オーストラリア、台湾/82分/配給:ムーリンプロダクション
英語題:Small Island Big Song
中国語題:小島大歌
監督:ティム・コール
プロデューサー:バオバオ・チェン
製作:Small Island Big Song Pty, Ltd.、小島大歌影音工作室
協力:MUSIC from OKINAWA
後援:オーストラリア大使館、ソロモン諸島名誉領事館
出演:クアナ・トレス・カヘレ、タリカ・サミー、ホロモナ・ホロ、アレナ・ムーラン、チャールズ・マイマロシア、ポエモアナ

公式ホームページ

入場者プレゼント
ご来場の方に『大海原のソングライン』B2ポスターをプレゼント!※数量限定

5000 年前、人々を繋いだものは、文字ではなく音楽だった
東は太平洋のイースター島、西はインド洋のマダガスカルに至るまで16の島国に残る伝統的なパフォーマンスを記録した前例のない音楽ドキュメンタリー

5000年前、太平洋には海を渡る人々がいた。彼らは数千年に渡って大海原を攻略し、地球の半分を覆う島々にたどり着いた。文字が普及する前の時代、彼らは音楽で交流していった――。
監督とプロデューサーの2人は3年間に渡りその航路をたどった。台湾から出発してオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、さらに太平洋の向こう側に位置するマダカスカル、そしてイースター島に至るまで16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録していった。
本作はオーストラリアの先住民に受け継がれる“ソングライン”という思想/信仰に基づいて、100名を越える各島々の音楽家たちと共同で、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌をもう一度集結させる壮大な音楽プロジェクト!「Small Island Big Song」と名付けられたこの試みは、単なる伝統音楽の記録に留まらず、それぞれの島で生きる人々が伝承の音楽を伝統の楽器で演奏し、やがて一つの壮大なアンサンブルを奏でる…!

ソングラインとは?

本作のテーマでもあり、またイギリスの音楽雑誌『Songlines』もその名を冠しているソングラインとは一体なんのことでしょう?日本では耳慣れないこの言葉は英語ではあるものの指し示しているのはオーストラリア・アボリジナルの民族的な思想・風習に基づいています。アボリジナルの神話には様々なトーテム( 自然信仰の対象物) があり、彼・彼女たちは生活の中で動植物や岩、湖などを歌いながら世界を作り上げていきました。オーストラリアの内陸にはこのような目には見えなくとも、声や歌によって継がれていった無数の道が存在します。それこそがソングラインなのです。
『大海原のソングライン』はオーストラリアの内陸部を飛び出して太平洋にかつて歌い継がれた道を改めて見つけにいこうとしているのです。

大海原のソングライン 大海原のソングライン 大海原のソングライン

上映日時

8/22(土)~8/28(金) 8/29(土)~9/4(金)
15:40~17:10 11:35~13:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800