ベトナムを懐う

ベトナムを懐う

©HKFilm

2017年/ベトナム/88分/配給:ムービー・アクト・プロジェクト
原題:Dạ cổ hoài lang
英題:Hello Vietnam
監督:グエン・クアン・ズン
脚本:タイン・ホアン、タイ・ハー、グエン・クアン・ズン
撮影:グエン・チン・ホアン、ジェップ・テー・ヴィン
音楽:ドゥック・チー
出演:ホアイ・リン、チー・タイ、ゴック・ヒエップ、ディン・ヒウ、ジョニー・バン・トラン、トリッシュ・レ、タイン・ミー、チョン・カン、オアイン・キウ

公式ホームページ

故郷へのおもいを持ち続ける祖父と故郷を知らない孫。
二人の衝突はやがて一家の歴史の扉を開く

1995年冬のニューヨーク。雪の中を老人ホームから抜け出してきたトゥーは、息子グエンと孫娘タムのアパートに転がり込むが、ボーイフレンドの誕生日を祝おうとしていたタムは祖父の乱入に困惑を隠せない。ベトナムの思い出を語るトゥーとアメリカ育ちのタムの溝は深まるばかりで、ついにタムの怒りが爆発、トゥーは家を飛び出す。そこへ帰ってきたグエンは故郷への哀しい思いを語り始めた。なぜグエンは祖国を捨てたのか。タムはベトナム移民である自分の知られざるルーツと家族の歴史を知ることになる。

異国でおもう故郷は なぜこんなにも遠い――

祖国を離れニューヨークで暮らす3世代のベトナム人たちを描いた、人気舞台の映画化作品。
監督のグエン· クアン·ズンは、日本でも岩波ホールでかつて上映された『無人の野』(1979)のシナリオを書いた作家グエン・ クアン·サンの息子で、ベトナムではアクション映画『超人X.』や『輝ける日々に(「サニー」ベトナム版)』などヒットメーカーとして知られる逸材。 主演のホアイ·リンは、コメディアンであり俳優であり、MCなどもこなす超人気有名人。チー·タイもホアイ·リンと同じくベトナムのお笑い界に欠かせないコメディアンで、2人がコンビで共演している作品も多数公開されている。
こちらの元となったのは、1990年代からベトナム国内で演じ続けられてきた戯曲で、原題の「Da Co Hoai Lang」は戦地に赴いた夫を待つ妻の切なさを歌う曲名。劇中でも主人公のトゥーと幼馴染のナムが、祖国を想い歌う場面も登場する。
祖国を離れざるを得なかったトゥーの息子グエン、その娘タム、それぞれの切なさ。長く戦争が続いたベトナムの哀しい歴史を背負いながら、異国で故郷を懐うそれぞれの想いを丁寧に描き出すヒューマンドラマ。

ベトナムを懐う ベトナムを懐う ベトナムを懐う

上映日時

6/1(土)~6/7(金) 6/8(土)~6/11(火) 6/12(水) 6/13(木)・6/14(金)
12:00~13:35 19:00~20:30 19:10~20:38 19:00~20:30

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800