小三治

小三治

©2009 ドキュメンタリー映画「小三治」上映委員会. All Rights Reserved.

2009年/日本/104分/配給:ドキュメンタリー映画「小三治」上映委員会
監督:康宇政
出演:柳家小三治、入船亭扇橋、柳家三三、立川志の輔、桂米朝
語り:梅沢昌代

言葉よりも、ひとの“こころ”ありき…

”記録を残すのが嫌いな人“を
”記憶するドキュメンタリー映画“

噺家柳家小三治を3年半に渡り追ったドキュメンタリー。
「元々、撮られることは好きじゃないんです…」そんな言菓を口にする柳家小三治師匠。噺家の仕事が第一で、テレビ取材等も避けてきたストィックな人が上野・鈴本での「歌ま・く・ら」の公演ならと撮影が始まりました。それを契機に師匠独特の高座は勿論のこと、寄席の楽屋裏から、地方興業への旅、プライベートな場面など、師匠によりそいながら噺家・小三治を見つめ続けました。
普段、落語を見るお客さんにとっては“噺”は、完成されたものとしてしか写りません。しかし、こころの底から素直に惹きつけられる”噺“。それを紡ぎだすに至る裏側には何があるのか?この作品では、高座の表舞台と裏舞台で落語を通じて、弟子を育てること。己を磨くこと。そして落語と格闘している噺家の”ひたむきな姿“をドキュメンタリー映画として描き出しました

小三治 小三治 小三治

映画『小三治』+「落語会」柳家小八さん落語付き上映 12/11㊏14:30回

柳家 小八 やなぎや こはち

1977年1月26日生、広島県出身。2001年、東京農工大学工学部卒業。2003年、柳家喜多八に入門。前座となり、前座名「小たま」。2006年、二ツ目昇進、「ろべえ」と改名。2016年、師匠喜多八の死去に伴い、大師匠である十代目柳家小三治門下へ移籍。2017年、真打昇進、「柳家小八」と改名。自己PRは、清く、けだるく、元気良く!

入場料

柳家小八さん落語付き上映 ➡ 特別料金 一律2,500円
通常上映 ➡ 一般1,500円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円
横浜シネマリン会員の方 ➡ 落語付き上映、または通常上映のいずれか1回を無料でご鑑賞いただけます。

座席指定券

落語付き上映:12/1㊌よりインターネット、劇場受付にて販売開始
通常上映:各日上映日3日前よりインターネット、劇場受付にて販売開始
インターネット0:00~、劇場受付9:30~、会員(無料)も予約が必要です

上映日時

12/11(土) 12/12(日)~12/17(金)
落語付き上映 14:30-17:10
17:40-19:25
14:15-16:05