IL VOLO in 清水寺~京都遺産ライブ~

IL VOLO

©2024 TATE CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

2024年/99分/企画・製作:テイトコーポレーション/配給:ギャガ
出演:イル・ヴォーロ、ジャンルカ・ジノーブレ、イニャツィオ・ボスケット、ピエロ・バローネ
指揮:マルチェロ・ロータ
演奏:パシフィックフィルハーモニア東京
撮影協力:音羽山 清水寺、京都東山 即成院
後援:イタリア大使館

公式ホームページ

オペラ界のレジェンド プラシド・ドミンゴも絶賛した若きヴォーカル・ユニット“イル・ヴォーロ”
世界遺産 古都・京都の清水寺で一夜限りのプレミアムライブ!

圧巻の歌唱力と美しいハーモニーで、三大テノールを継ぐ新世代のヴォーカル・ユニット“イル・ヴォーロ”。2016年にイタリア・フィレンツェの世界遺産・サンタクローチェ広場、2019年に南イタリアの世界遺産マテーラで行ったコンサート映像が劇場公開され、日本でも高い評価を得て大ヒットとなった。そして2022年の夏、彼らの3度目の来日に合わせ、アジア・日本で初めて、世界遺産・京都「音羽山 清水寺」での映像制作プロジェクトが始動した。京都の空から世界の空へ、平和への願いを込めて、全27曲のライブ映像を完全収録。約1250年に亘る清水寺の歴史の中で、海外アーティストの奉納ライブは今回が初となる。良き伝統を守りながらも、新しい風を取り入れた彼らの圧巻の歌声と、幻想的な清水寺との夜景が見事にマッチし、今までに見たことのない、美しく優雅なライブ映像がここに完成した。

“イル・ヴォーロ”、その意味は“The Flight”(飛ぶこと・飛翔)――歌声を翼に世界へ羽ばたく、イタリアの稀代の若きヴォーカル・ユニットである。ジャンルカ・ジノーブレ、イニャツィオ・ボスケット、ピエロ・バローネの歌が大好きな三人の若者がイタリアの人気オーディション番組に出場したことが機となり、2009年にユニットを結成。以来、アメリカ、ヨーロッパ、南米、オーストラリアなど世界各地で多数の公演を開催し、その若さに似合わぬ芳醇な歌声と深い表現力で、幅広い層のファンを魅了している。大ヒット曲「グランデ・アモーレ」は動画再生サイトで、驚異の2億回再生を突破。

SETLIST

誰も寝てはならぬ/グラナダ/広がりゆく愛/忘れな草/帰れソレントへ/カタリ・カタリ/ノッテ・ステラータ/恋する兵士/フニクラ・フニクラ/星は光りぬ/オー・ソレ・ミオ/乾杯の歌/グランデ・アモーレ  ※他、全27曲


料金

一律
¥3300

※本作は特別興行のため、サービスデーや、招待券、ポイント鑑賞券などの無料鑑賞券はご利用いただけません。