どこへ出しても恥かしい人

どこへ出しても恥かしい人

© SHIMAFILMS

2019 年/日本/64分/DCP/配給:シマフィルム株式会社
監督:佐々木育野
撮影:高木風太
編集:宮本杜朗、松野泉、佐々木育野
出演:友川カズキ、石塚俊明、永畑雅人、及位鋭門、及位然斗、及位玲何、大関直樹、安部俊彦、林秀宣 六兵衛鮨、菊池豊ほか

公式ホームページ

ちあきなおみ、大島渚、中上健次らを魅了したアーティスト、友川カズキ
その競輪に狂う日々を記録したドキュメンタリー

ミュージシャン、画家、詩人としてカルト的人気を誇る友川カズキ。1974年にレコードデビュー、代表曲に「生きてるって言ってみろ」、ちあきなおみに提供(作詞作曲)した「夜へ急ぐ人」などがある。画家としても活動を始め、1985年に初の個展を開催。その多彩な表現活動は、中上健次(作家)、大島渚(映画監督)ら多数の芸術家、文化人から惜しみない賛辞を浴びた。異形のアーティスト、友川カズキの2010年夏の記録を収めたドキュメンタリー。

ギャンブル、音楽、絵画――
何十年も変わらないこの鋭利な表現はどこから湧き出すのか

一部では高く評価されながらも、広く大衆に受け入れられることはなく、川崎の小さなアパートで今も粛々と暮らしている友川。20年来、どっぷりのめり込んでいるのが競輪で、3年ぶりに会う大学生の四男までも競輪場に連れ出し指南するほどのハマりっぷり。本人は「競輪が病気なら、生涯治らないでほしい」と豪語する。いくら負けても大穴狙いで、競輪仲間には滅多に当たらないとも言われている。それでも、今日もまた一日の大半の時間を競輪場に出向くか、あるいは家でのレース予想に割いている。映画はその生活の一部始終をカメラが捉えていく。部屋のTVの前で、競輪場で、車券を握りしめて叫ぶ姿、近所の公園の噴水で水浴びをする姿、そして絵を描き、ライブで歌う姿……この現代にあって奇跡的ともいえる無頼詩人・友川カズキの慎ましくさえ見える日常の中で、もはやギャンブルや音楽というジャンルに収まりきらないほどの熱量が表出する。またこの映画の為に、石塚俊明、永畑雅人らと車中で演奏したシーンも見どころのひとつ。
冒頭から競輪の予想を外し続ける友川。果たして劇中で万車券を手にすることができるのか・・・!?

友川カズキ(ともかわ・かずき)

1950年秋田県生まれ。1974年のレコードデビュー以後、計30作を超える作品を発表。執筆活動や画家活動も並行して行い、80年代以降は絵画個展も多数開催。2010年、フランス人映像作家・ヴィンセント・ムーン監督によるドキュメンタリー映画『花々の過失』が国内公開された。2018年6月には2000年代PSFレーベル時代の音源を集めたベスト盤「先行一車」をリリース。そして2019年6月には、これまでのエッセイ・詩などをまとめた『一人盆踊り』(ちくま文庫)を上梓し、各方面で話題を呼ぶ。そして齢69にして、ますます進化し深化する「表現者」として旺盛なライブ活動を今日まで続けている。

どこへ出しても恥かしい人 どこへ出しても恥かしい人 どこへ出しても恥かしい人

上映日時

4/4(土) 4/5(日)~4/10(金) 4/11(土)~4/17(金)
18:30~19:34 18:20~19:30 20:35~21:45 レイト割画像

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800