うんこと死体の復権

うんこと死体の復権メイン画像

⒞2024「うんこと死体の復権」製作委員会

2024年/日本/106分/配給:きろくびと
監督:関野吉晴
プロデューサー:前田亜紀、大島新
撮影:松井孝行、船木光、前田亜紀
編集:斉藤淳一
音響効果:金田智子
整音:高木創
監督補:船木光
宣伝美術:安倍大智
関西宣伝:松井寛子(風まかせ)
配給・宣伝:きろくびと
製作:ネツゲン/クリエイト21

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券 1,400円(税込)を当館受付にて発売中!

うんこと死体が地球を救う?
価値観を覆す、鼻つまみ者たちを巡る
いのちの循環の旅へ

「グレートジャーニー」で知られる探検家で医師でもある関野吉晴はアマゾン奥地の狩猟採集民との暮らしを通して、自然とヒトとの関係について考え続けてきた。そして、2015 年から『地球永住計画』というプロジェクトを始める。この地球で私たちが生き続けていくためにはどうしたらいいかを考える場だ。関野はそこで3人の賢人に出会う。野糞をすることに頑なにこだわり、半世紀に渡る野糞人生を送っている伊沢正名。うんこから生き物と自然のリンクを考察する生態学者の高槻成紀。そして、死体喰いの生き物たちを執拗に観察する絵本作家の舘野鴻。3人の活動を通して、現代生活において不潔なものとされるうんこ、無きモノにされがちな死体を見つめると、そこには無数の生き物たちが織りなす、世の中の常識を覆す「持続可能な未来」のヒントが隠されていた…。

関野吉晴初監督作品
プロデューサーは『なぜ君…』『国葬の日』の前田亜紀&大島新

初監督を務めた75歳の探検家・関野吉晴をプロデューサーとして支えるのは、『なぜ君は総理大臣になれないのか』や『国葬の日』などで近年注目のドキュメンタリー映画を制作するネツゲンの前田亜紀と大島新。これまで関野が出演するテレビ番組や映画を手がけた縁からタッグを組んだ。二人が敬愛する関野が 4 年をかけてあらたに挑んだ、いのちの循環をたどる”旅”は果たしてどんな結末になるのか—


うんこと死体の復権画像1 うんこと死体の復権画像2 うんこと死体の復権画像3

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1200 ¥800
会員 ¥1500 ¥1200 ¥800