燕 Yan

燕yan

©2019「燕 Yan」製作委員会

2019年/日本/86分/配給:catpower
監督・撮影:今村圭佑
脚本:鷲頭紀子
音楽:堤 裕介
出演:水間ロン、山中 崇、テイ龍進、長野里美、田中要次、宇都宮太良、南出凌嘉、林 恩均、平田 満、一青窈

公式ホームページ

イベント情報
9/27(日)16:25回上映後、水間ロンさん(主演・早川燕役)、テイ龍進さん(トニー役)の舞台挨拶が決定しました!

「僕は日本人と台湾人どっちだと思う?」
孤独に漂う境界線で 翼を探し求める者たちの物語

28歳の早川燕は、埼玉の父から台湾・高雄に住む燕の兄・龍心に、ある書類を届けてほしいと頼まれる。台湾人の母と日本人の父を持つ燕は、母の故郷である台湾・高雄で生まれ、日本で育った。燕を中国語で「イエンイエン(燕燕)」と呼んだ母は、燕が 5 歳のある夜、何も告げずに7歳年上の兄だけを連れていなくなってしまった。大好きだった母に「捨てられた」という思いだけが今も燕の心に強く残っている。母はどんな思いで自分を捨てたのか?なぜ手紙すらくれなかったのか?あれから 23年の月日が流れ、燕は様々な思いを抱えて台湾-母の故郷、兄の住む街、そして自分が生まれた場所へと旅立つ――。

若きトップカメラマン今村圭佑、映画長編監督デビュー作!

第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞等三冠を受賞した『新聞記者』のカメラマン、今村圭佑の初監督作品『燕 Yan』(つばめ イエン)。映画『星ガ丘ワンダーランド』、『帝一の國』、『サヨナラまでの30分』など数多くの話題作で撮影監督を務め、31歳ながらトップカメラマンとして活躍。撮影を手掛けた米津玄師のMV『Lemon』は再生回数5億回を突破。業界内外に多くのファンを持つ今村圭佑の待望の監督作が誕生!日本と台湾・高雄を舞台に、離れ離れになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱え、自分の居る処、ココロの居場所を探す姿を、印象的な映像と音楽に乗せて描いている。

主人公・早川燕役を演じるのは、映画初主演となる中国・大連出身の水間ロン。母に捨てられた複雑な思いを抱えながらも、母の故郷・台湾に住む兄を訪れ次第に変化していく内面を繊細に表現。作品に彩りを添える流暢な中国語も披露している。
燕の兄・林龍心役は、映画・テレビで欠かせない存在となった山中崇。弟との再会に戸惑いつつも、自らの生き方を貫き、強い意志と優しさを持ち合わせた兄役を熱演。兄弟の母・林淑恵役は、約5年ぶりの映画出演となる一青窈が演じ、透明感溢れる佇まいで作品に華を添える。さらに、テイ龍進、長野里美、田中要次、平田満といった豪華な布陣が勢ぞろいし物語を彩っている。

*第19回 高雄映画祭 TRANS-BORDER TAIWAN部門 正式出品


燕Yan 燕Yan 燕Yan

上映日時

9/19(土)~9/25(金) 9/26(土)~10/2(金)
20:30~22:00 レイト割画像 16:25~18:00

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800