あゝ、荒野 前編・後編

『あしたはどっちだ、寺山修司』公開記念/「キネ旬読者ベスト・テン 日本映画第1位」受賞記念

あゝ、荒野 前編・後編

2017年/日本/前編157分・後編147分/R15+/配給:スターサンズ
監督:岸善幸
原作:寺山修司
脚本:港岳彦、岸善幸
撮影監督:夏海光造
音楽:岩代太郎
主題歌:BRAHMAN
出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア、他

公式ホームページ

荒野、そこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。ネオンの新宿に交差する運命と青春。魂を揺さぶる、305分の怒濤――。

ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち…。 2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、 彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「この作品を、俺たちの代表作にする」主演の二人と監督が誓った言葉。菅田将暉×ヤン・イクチュン、気鋭のダブル主演が、寺山修司を鮮明に蘇らせる!

1960年代後半、激動の時代に演劇、映画、文学とマルチに活躍し、今なおカルチャーアイコンとして注目され続ける寺山修司。彼が遺した唯一の長編小説、『あゝ、荒野』。人々の“心の荒野”を見つめた傑作が、半世紀以上を経て大胆に再構築され、新たな物語として生まれ変わった。監督は『二重生活』の岸 善幸。2020年の東京オリンピック後を舞台に、都会の片隅を生きる人々の“心”を鋭く描きだす。衝撃のラスト、魂をたぎらせる、かつてない映画がここに誕生した。

*第91回キネマ旬報 日本映画読者ベスト・テン第1位、主演男優賞(菅田将暉)、助演男優賞(ヤン・イクチュン)

*第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 作品賞、主演男優賞(菅田将暉)

*第42回報知映画賞 作品賞、主演男優賞(菅田将暉)

あゝ、荒野 前編・後編 あゝ、荒野 前編・後編 あゝ、荒野 前編・後編

上映日時

前編・3/10(土)~3/16(金) 後編・3/10(土)~3/16(金)
17:40~20:20 20:30~23:00

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800