台北ストーリー

台北ストーリー

©3H Productions Ltd

1985年/台湾/119分/DCP/配給:オリオフィルムズ
原題:青梅竹馬 Taipei Story
監督・共同脚本:エドワード・ヤン
主演・製作・共同脚本:ホウ・シャオシェン
音楽:ヨーヨー・マ
出演:ホウ・シャオシェン、ツァイ・チン、ウー・ニェンツェン、クー・イーチェン

台湾ニューシネマの奇跡の瞬間。
エドワード・ヤン 幻の傑作!

『牯嶺街少年殺人事件』のエドワード・ヤンが1985年に手がけた第2作目となる長編監督作品。
すでに『フンクイの少年』『冬冬の夏休み』などを発表していた盟友ホウ・シャオシェンが、エドワード・ヤンのために自宅を抵当に入れてまで製作費を捻出し、完成へとこぎつけた。ホウ・シャオシェンにとってはこれが俳優として唯一の主演作品となる。
日本では長らく劇場未公開だったが、マーティン・スコセッシ率いるフィルム・ファウンデーションにより、エドワード・ヤン生誕70年、没後10年となる2017年に、4Kデジタルリストア版で劇場初公開が実現した。

この街は、そしてわたしたちは、これからどこに向かってゆくのだろう。

1980年代半ば、急激に変貌を遂げつつある大都市、台北。
アリョンは少年時代にリトルリーグのエースとして将来を嘱望されていたが、いまは家業の紡績業を継ぎ、布地問屋を営んでいる。幼なじみで恋人のアジンは不動産ディベロッパーで働くキャリアウーマン。過去に囚われた男と未来に想いをはせる女のすれ違いが、かわりゆく台北の街並みに重ねられ、そしてある過去の出来事が重なり、思いもよらぬ結末が訪れる・・・

台北ストーリー 台北ストーリー 台北ストーリー

上映日時

11/24(土)~11/30(金) 12/1(土)~12/7(金)
12:00~14:05 19:55~22:00

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800