パレスチナのピアニスト

パレスチナのピアニスト

2020 年/イスラエル/61 分/配給:ユナイテッドピープル
原題:The Pianist from Ramallah
監督:アヴィダ・リヴニー
プロデューサー:エイタン・エヴァン、ウディ・ザンバーグ
撮影:ネイエフ・ハムド
編集:ニリ・フェラー

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,000円(税込)を当館受付にて発売中!特典:オリジナルポストカード

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

パレスチナ、イスラエル、そしてロシア。
青年ミシャのピアニストになる夢は国境を越える!
音楽を愛し、夢を追うすべての人に贈る音楽ドキュメンタリー

将来プロのピアニストとなることを夢見ているモハメド・“ミシャ”・アーシェイクは才能ある10代のピアニストで、ピアノを始めてわずか3年後の13歳で国際ピアノコンクールにて優勝を果たしている。それも一日3、4時間という限られた練習時間で。
練習時間が少ないのは、彼が住んでいる場所が特殊な場所だからだ。ミシャの父はパレスチナ人、母はロシア人で、イスラエルと紛争を抱えているパレスチナ自治区のラマッラに住んでいる。
ピアノの先生はロシア出身のユダヤ系イスラエル人。ピアノのレッスンを受けるため、通常車で1時間のところをイスラエルが設けた検問所を通過しなければならないため3時間かけてエルサレムに通っている。イスラエル・パレスチナ間の情勢が不安定になると検問所が閉じられてしまい、エルサレムに通えない時もある。そんな時はオンラインレッスンとなる。
決して恵まれた環境でない場所に暮らしながら、ミシャはパレスチナ、イスラエル、そしてロシアを行き来しながら次第に才能を開花していき、国際的にプロのピアニストとして活躍する夢を固めていく。しかし、研鑽を積むためのヨーロッパ留学が決まった矢先、新型コロナウイルスの世界的流行により新たな国境の壁が彼の行く手を阻んでしまう。
将来は医師になれという父からのプレッシャー、自由に行き来できない国境、そして突然やって来たコロナ禍という障害が加わるも、ミシャはピアニストになって幸せな人生を生きる夢を叶えるために挑戦を重ねていく。映画はミシャの13歳から17歳の4年間を追う。


パレスチナのピアニスト パレスチナのピアニスト パレスチナのピアニスト