モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険

モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険

©2017 BUSY MONKEY,LLC

2018年/アメリカ/82分/DCP/配給:エスパース・サロウ
原題:Monkey Business: The Adventures of Curious George’s Creators
監督:山崎エマ
製作:エミリー・ハロルド
ナレーション:サム・ウォーターストーン

公式ホームページ

「おさるのジョージ」生みの親、ハンス&マーガレット・レイ
戦火を逃れ、生涯ジョージと共に過ごした二人の冒険の日々

世界中で愛されている絵本「ひとまねこざる」と「おさるのジョージ」シリーズ。その生みの親、ユダヤ人であるハンス・レイとマーガレット・レイ夫妻。
ハンスは1898年、マーガレットは1906年、共にドイツ・ハンブルグに生まれ、1936年に結婚。パリで暮らしながらハンスが描いた動物の絵が出版社の目にとまり、児童向けの本執筆の依頼が入る。その時の作品「きりんのセシリーと9ひきのさるたち」に登場するキャラクター、おさるのジョージが後の世界的なベストセラー「ひとまねこざる」の主人公となった。

第二次大戦中、ナチスドイツの攻撃を避けるため、パリ陥落の数時間前にハンスが組み立てた自転車2台でパリを脱出。その時も「ひとまねこざる」の原画だけは手放さず、戦後はニューヨークで数々の「おさるのジョージと黄色い帽子のおじさん」の絵本シリーズを執筆した。
生涯ジョージのキャラクターを守り続けた二人の波乱万丈な人生を、世界中から集めた膨大なアーカイブ映像と、貴重な原画の数々を織り交ぜ、製作期間3年で15,000枚を描いたという手書きのアニメーションで綴るドキュメンタリー

監督は神戸生まれ、日本人の母とイギリス人の父を持つ山崎エマ。19歳で渡米し、ニューヨーク大学映画制作学部に進学。卒業後、携わったドキュメンタリー作品がサンダンス映画祭や米放送局PBS、HBOなどで上映・放送。編集とコープロデュースを担当した長編ドキュメンタリー『CLASS DIVIDE』が 2015年、アメリカ最大のドキュメンタリー映画祭 DOC NYCでグランプリを受賞。本作が初の長編ドキュメンタリー監督作品となる。

モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険 モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険 モンキービジネス おさるのジョージ著者の大冒険

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800