MAKI マキ

MAKI

2017年/アメリカ・日本/89分/配給:ユーロスペース
原題:MAKI
監督・脚本:ナグメ・シルハン
撮影監督:ベン・ウルフ(US)、柳島克己(東京)
編集:ナグメ・シルハン、横山昌吾
出演:サンドバーグ直美、ジュリアン、おおのゆりか、ブランカ・ヴィヴァンコス、原田美枝子

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!

有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

夜の闇に、あてどなく光を求めて

ニューヨークの日本人高級クラブ。マキはホステスとしてミカの経営するクラブで働いている。英語も話せないままアメリカ人の彼氏を追って日本を飛び出して数か月。この日本人コミュニティでの彼女の通称は“エヴァ”だ。いま彼女はボーイのトミーと暮らしている。クラブ内は恋愛禁止でトミーには女の影が絶えないが、おなかには彼の子供もいる。
ある日マキはコミュニティをはじき出されたユミコの存在を知る。トミーとの関係を匂わせマキの妊娠に動揺するユミコに、マキはトミーへの不信感と孤独を募らせはじめる。そんなマキへ優しい言葉をかけたのは、彼女の妊娠に気づいたミカだった。ミカはマキをいたわり、生まれてくる子供を養子に出すことを提案するが、実はミカにはある思惑があった…。より所をなくしたマキの愛の行方はーー?

自由の国、様々な人種・国籍の人間が行き交う世界一活気に満ちた街。ゆえにアイデンティティを見失い、居場所を求めてさまよう人々が集うニューヨークの高級クラブを舞台に描かれる、女性たちの孤独な愛。監督はイラン出身のナグメ・シルハン。アミール・ナデリ監督(『CUT』)に師事した新鋭女性監督が、ニューヨークの日本人コミュニティをクールに描き出す。主人公・マキ役のサンドバーグ直美、トミー役のジュリアンの二人が、すれ違っていく恋人たちのリアリティを瑞々しく演じ、観るものを惹きつける。そして日本を代表する女優・原田美枝子がクラブオーナーのミカを演じ、ニューヨークに生きる女性の欲望と孤独に説得力を持たせている。

MAKI MAKI MAKI

上映日時

12/22(土)~12/30(日)
20:40~22:40

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800