こども映画教室シネクラブ@横浜シネマリン2021

CHILDREN MEET CINEMA

こども映画教室シネクラブ@横浜シネマリン2021

映画館遠足篇

映画文化を担う街の貴重な存在、
ミニシアターを体験してみよう!

最寄り駅に集合して、横浜シネマリンまで映画館遠足!
自分で席を選んで、自分でチケットを買って、映画鑑賞。
映画のあとは、こども映画教室のみんなと映画についておしゃべりしましょう!

日 時 2021年12月12日(日)11:20~15:30

会 場 横浜シネマリン

参加費 無料(ただし映画鑑賞料のみ別途必要800円)

映画館遠足のおおよそ

11:20 関内駅集合→映画館を探す
11:40 映画館探検
    映写室・バックヤード見学
12:20 『少年、機関車に乗る』鑑賞
14:20 映画について語り合おう
15:30 関内駅解散

鑑賞作品

『少年、機関車に乗る』Bratan

1991年/ソ連/ロシア語、タジク語/モノクロ/100分/作品提供:ユーロスペース/配給:トレノバ
監督・脚本:バフティヤル・フドイナザーロフ/脚本:レオニード・マフカモフ/出演:ティムール・トゥルスノフ、フィルス・サブザリエフ、ナビ・ベクムラドフ

中央アジアの大平原を機関車で行く兄弟の珍道中。ユーモラスな詩情にあふれたレール・ロードムービの最高傑作。タジキスタンが誇る巨匠、バフティヤル・フドイナザーロフ(『ルナ・パパ』)のデビュー作。仲間と悪さをして過ごす17歳のファルーと、土を食べる癖を持つ7歳のアザマットの兄弟は、祖母と3人暮らし。兄弟はある日、遠くに住む父親に会うため機関車に乗って旅に出る。トラックとの競争や、ポットをたくさん持った変なおじさんの出現、悪ガキの襲撃などなど、機関車はハプニングに遭遇しながらもガタゴトと走っていく。

申込方法

①横浜シネマリンに電話またはFAX

TEL 045-341-3180 FAX 045-341-3187 以下のことをお伝えください。
1)お子様のお名前(ふりがな)
2)学校名・学年
3)保護者様のお名前
4)電話番号(日中、連絡のつくもの)
5)メールアドレス

②Webから申し込み:

こちらから

主催:特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター
本イベントは、文化庁「ウィズコロナに対応した文化資源の高付加価値化促進事業」採択事業です。
特設ウェブサイト https://yokohama-anomachi.com/

企画:一般社団法人こども映画教室®、横浜シネマリン

About 

一般社団法人こども映画教室®は「こどもと映画のアカルイミライ」をミッションに、自治体、映画祭、大学、小学校などで映画・映像に関するワークショップの企画・実施、また国内外で映像教育に関するシンポジウム、情報交換などを行う団体です。

こども映画教室公式サイト:http://kodomoeiga.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kodomoeiga

新型コロナウイルス感染予防対策について

横浜シネマリンでは、現在座席を全席開放しております。劇場が行っている感染対策、ご来場者様へのお願いなど、詳しくは下記の案内をご確認ください。
https://cinemarine.co.jp/theater-guidance/