チロンヌプカムイ イオマンテ 日川善次郎エカシの伝承による

ZAPPA

©Visual Folklore Inc.©堤大司郎

2021年/日本/105分/配給:ヴィジュアルフォークロア
監督:北村皆雄
語り:豊川容子
音楽:豊川容子+nin cup
制作:三浦庸子
監修・カムイノミ対語訳:中川裕(千葉大学名誉教授、『ゴールデンカムイ』アイヌ語監修)
司祭者:日川善次郎エカシ
企画・スチル:堤大司郎
文化庁「ARTS for the Future!」補助対象事業

公式ホームページ

35年前に記録したこのアイヌの動物観・世界観は、現在に何を訴えかけているのか。

愛しいキタキツネを、父母(ちちはは)の国へ送る
−アイヌ民族の知られざる祭祀
1986年 カメラはすべてを撮っていた−

アイヌの幻の祭り
1986年、北海道屈斜路湖を臨む美幌峠で、大正時代から75年ぶりに「キタキツネのイオマンテ(霊送り)」が行われた。わが子と同じように育てたキタキツネを、神の国へ送り返す。

ウポポ(歌)とリㇺセ(踊り)の原点
霊魂を神の国へ導く時がくる。イオマンテでは、一言一句に魂を込めカムイノミ(神への祈り)を唱え、ウポポとリㇺセが捧げられる。アイヌの歌と踊りの原点がここにある。

不世出の伝承者・日川エカシ
祭祀を司るのは、明治44生まれの日川善次郎エカシ(当時75歳)。祈りの言葉を間違えれば神の怒りをかうという大役である。神の国へ戻ったチロンヌプカムイは、人間の国で歓待されたようすをみんなに聞かせ、うらやましがられる。仲間たちは、肉と毛皮をみやげにして、人間の国を訪ねたいと願うのだ。

人気漫画『ゴールデンカムイ』の監修者・中川裕が全訳、監修

日川エカシの祈りのすべてをアイヌ語に書き起こし、現代日本語訳で甦らせた。映画は、1986年に撮影したものをレストア(補修)し、35年ぶりに作品に仕上げた。1960年代以来、アジアや沖縄・日本各地をフィールドに、映像人類学・民俗学を掲げ百を超える映画・テレビ番組を撮り続けてきた北村皆雄監督は「民俗の記録は古いほど原型が残っている。時間の奥に眠っていたアイヌの世界観を現在に引き出した」と語る。


チロンヌプカムイ イオマンテ

©堤大司郎

チロンヌプカムイ イオマンテ チロンヌプカムイ イオマンテ

©堤大司郎

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800