返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

©NHK

2018年/日本/100 分/DCP/配給:太秦
監督:柳川強
脚本:西岡琢也
原案:宮川徹志「僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫」(岩波書店刊)
音楽:大友良英
出演:井浦新、戸田菜穂、尾美としのり、中島歩、みのすけ、チャールズ・グラバー、吉田妙子、平良進、津波信一、佐野史郎、大杉漣、石橋蓮司
語り:仲代達矢

公式ホームページ

1972年、沖縄返還の舞台裏で何が起きていたのか?
米軍の“理不尽な占領”と闘い続けた外交官、千葉一夫
知られざる真実の物語

2010年の外務省の“密約問題”調査により、1972年の沖縄返還当時の外交資料がほぼ全て公開された。資料を読み解くと、対米交渉・対沖縄折衝の両面で1人の外交官が大きな役割を担ってきた事が初めて判った。その男の名は、千葉一夫。「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官である。
戦後、外交官となり沖縄返還で外交交渉の最前線にいた千葉は、本土から切り離されアメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないようアメリカと激しい外交交渉を重ねた。
アメリカ政府の理不尽な要求に“怒り”を隠さず対等に交渉し、何度も沖縄に足を運んでは米軍基地の存続に困惑する沖縄の状況に“泣き”、そして寄り添った。
そんな人間・千葉一夫の存在を非公開資料や遺族への丹念な取材から掘り起こした宮川徹志の『僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫』(岩波書店刊)を原案に、昭和史のハイライトの一つ、沖縄返還交渉の舞台裏を描いた骨太な社会派エンターテイメント

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す 返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す 返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

上映日時

1/12(土)~1/18(金)
16:00~17:52

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800