さらばわが愛、北朝鮮

さらばわが愛、北朝鮮

©822Films+Cinema Dal

2017年/韓国・ロシア/80分/配給:パンドラ
監督:キム・ソヨン
撮影:カン・ジンソク、シン・イムホ
編集:キム・ソヨン、カン・ジンソク
録音:チョン・ジヨン
美術:キム・テフン
製作:カン・ジンソク
日本版字幕:小川昌代

公式ホームページ

1950年代にモスクワ国立映画大学に留学した北朝鮮の若者8人が亡命した。
その望郷の思いとは・・・

1952年に北朝鮮から8人の若者がモスクワ国立映画大学に留学したが、北朝鮮に帰らず、当時の金日成首相を批判し1958年にソ連に亡命し、広大なユーラシア大陸に移り住んだ。
それから50年以上にわたり、カザフスタンを始めとするユーラシアの各地で、ある者は映画監督として、ある者は作家として活動した彼らのその後を追ったドキュメンタリー。
撮影監督キム・ジョンフンと映画監督のチェ・クッキン、作家になったハン・デヨンのロシア人妻などへのインタビューを通して描かれる真実とは…

監督のことば

半世紀以上前に北朝鮮からソ連へ亡命し、中央アジアへと移動した8名の足跡を辿るのは困難であった。彼らは北朝鮮出身の若きエリートで、1950年代にモスクワ映画大学で学び、金日成を批判しソビエト連邦へ亡命した後、仕事と住まいを探すのにたいへんに苦労していた。幾人かは映画監督、撮影監督、作家として名を残したが、他の人たちは無名に終わるか、貧しいままで亡くなっていった。彼らは朝鮮戦争、南北朝鮮分断、金日成、そしてスターリンの目撃者でもある。本作は、権力に抵抗した若者たちを考察することになり、同時に、彼らを蘇らせ、彼らに語らせる手段ともなるに違いない。製作に着手した際には、すでに7名が亡くなっていた。現在生存者はただひとりである。最後のサバイバーだ。本作はユーラシア大陸をめぐる大きな敗北と小さな勝利についての壮大な物語であり、南北朝鮮分断と再統合についての考察を迫ることだろう。

さらばわが愛、北朝鮮 さらばわが愛、北朝鮮 さらばわが愛、北朝鮮

上映日時

8/15(土)~8/21(金) 8/22(土)~8/28(金) 8/29(土)~
10:00~11:25 14:05~15:30 未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800