大杉漣特集

大杉漣特集 2019.1.2(水)~1.18(金)

雑魚のように、逞しく泳ぎたい――
全15作品 一挙上映
いつだって映画の中にいる大杉漣さん!

大杉漣特集
大杉連特集

■はじめに


2018年2月21日、大杉漣さんが、突然この世を去った。亡くなられてから10ヶ月、未発表の映画が次々と公開される中、漣さんの映画を最初から観直してみたい!そう思い、本特集を企画しました。様々な監督、様々な映画会社と、ものすごい量の仕事をされて来たことがわかります。初期のピンク映画、中期の傑作映画、そして後期の大ヒット作、ごく最近の出演作、その膨大な出演作から選りすぐりの全15作品をご紹介します。 思う存分スクリーンで漣さんに再会していただければ幸いです。

■大杉漣 (おおすぎ れん)


大杉漣特集1951年9月27日、徳島県生まれ。 役者になるきっかけは、1970年代に人気を呼んでいた、蜷川幸雄、寺山修司、唐十郎らの演劇との出会い。1973年、太田省吾の劇団研修生となり、別役実作品『門』で舞台デビュー。翌年、太田省吾創設の転形劇場入団、活動に打ち込む(転形劇場は1988年に解散)。その後、1980年、新東宝映画のピンク映画『緊縛いけにえ』で映画俳優デビュー。日活ロマンポルノや新東宝映画など多数のピンク映画に出演した。1993年、北野武監督の『ソナチネ』の演技が転機となり、『キッズ・リターン』『HANA-BI』『BROTHER』REN OSUGI IN MEMORY OF FILM『Dolls』『アウトレイジ 最終章』といった北野作品やSABU監督作、黒沢清監督作、三池崇史監督作などに出演した。出演本数も多く、バイプレイヤーの代表格として精力的な活動を行っていた。演じた役柄も幅広く、「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を取った。一方で、アマチュア映画や学生の自主制作映画など、若い映画製作者への協力も惜しまなかった。映画以外では、テレビドラマ、旅番組、バラエティなどにも数多く出演した。2018年2月21日、テレビドラマ『バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』撮影後、千葉県にて急性心不全で急逝、66歳。

上映スケジュール 全15作品

1/2(水) 1/3(木) 1/4(金)                        
ソナチネ15:00-16:40
ソナチネ
ポストマン・ブルース15:00-16:50
ポストマン・ブルース
ネコナデ15:00-16:30
ネコナデ
 
HANA-BI16:55-18:45
HANA-BI
アベックモンマリ17:05-18:41
アベックモンマリ
グッバイエレジー16:40-18:45
グッバイエレジー
 
犬、走る DOG RACE18:55-20:50
犬、走る DOG RACE
極道の妻たち 決着18:55-20:51
極道の妻たち 決着
蜜のあわれ18:55-20:45
蜜のあわれ
 
人妻拷問21:05-22:15
人妻拷問
連続暴姦21:05-22:10
連続暴姦
変態家族 兄貴の嫁さん21:05-22:15
変態家族
兄貴の嫁さん
 

予定表 横にスクロールできます

1/5(土) 1/6(日) 1/7(月) 1/8(火) 1/9(水) 1/10(木) 1/11(金)
教誨師12:40-14:40
教誨師
教誨師12:40-14:40
教誨師
教誨師12:40-14:40
教誨師
教誨師12:40-14:40
教誨師
教誨師12:40-14:40
教誨師
教誨師12:40-14:40
教誨師
教誨師12:40-14:40
教誨師
恋のしずく☆彡14:50-16:50
恋のしずく
トークショー
アベックモンマリ☆彡14:50-16:26
アベックモンマリトークショー
恋のしずく14:50-17:00
恋のしずく
恋のしずく14:50-17:00
恋のしずく
恋のしずく14:50-17:00
恋のしずく
恋のしずく14:50-17:00
恋のしずく
恋のしずく14:50-17:00
恋のしずく
ソナチネ17:30-19:10
ソナチネ
恋のしずく17:10-19:10
恋のしずく
蜜のあわれ17:10-19:00
蜜のあわれ
グッバイエレジー17:10-19:15
グッバイエレジー
ポストマン・ブルース17:10-19:00
ポストマン・ブルース
犬、走る DOG RACE17:10-19:05
犬、走る DOG RACE
極道の妻たち 決着17:10-19:10
極道の妻たち 決着
HANA-BI19:20-21:10
HANA-BI
ネコナデ19:20-20:50
ネコナデ
ポストマン・ブルース19:10-21:05
ポストマン・ブルース
ソナチネ19:30-21:10
ソナチネ
極道の妻たち 決着19:15-21:11
極道の妻たち 決着
ネコナデ19:20-20:50
ネコナデ
アベックモンマリ☆彡19:20-21:00
アベックモンマリ
人妻拷問21:20-22:25
人妻拷問
連続暴姦21:05-22:15
連続暴姦
変態家族 兄貴の嫁さん21:20-22:25
変態家族
兄貴の嫁さん
人妻拷問21:20-22:25
人妻拷問
連続暴姦21:25-22:25
連続暴姦
変態家族 兄貴の嫁さん21:05-22:15
変態家族
兄貴の嫁さん
人妻拷問21:10-22:20
人妻拷問

予定表 横にスクロールできます

1/12(土) 1/13(日) 1/14(月) 1/15(火) 1/16(水) 1/17(木) 1/18(金)
教誨師14:05-16:00
教誨師
教誨師13:50-15:50
教誨師
教誨師13:50-15:50
教誨師
教誨師13:50-15:50
教誨師
教誨師13:50-15:50
教誨師
教誨師13:50-15:50
教誨師
教誨師13:50-15:50
教誨師
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す16:05-17:57
返還交渉人
いつか、沖縄を取り戻す
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す16:00-17:52
返還交渉人
いつか、沖縄を取り戻す
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す16:00-17:52
返還交渉人
いつか、沖縄を取り戻す
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す16:00-17:52
返還交渉人
いつか、沖縄を取り戻す
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す16:00-17:52
返還交渉人
いつか、沖縄を取り戻す
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す16:00-17:52
返還交渉人
いつか、沖縄を取り戻す
返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す16:00-17:52
返還交渉人
いつか、沖縄を取り戻す
アベックモンマリ18:05-19:45
アベックモンマリ
HANA-BI18:05-19:55
HANA-BI
犬、走る DOG RACE18:05-20:00
犬、走る DOG RACE
極道の妻たち 決着18:05-20:05
極道の妻たち 決着
蜜のあわれ18:05-19:55
蜜のあわれ
グッバイエレジー18:05-20:10
グッバイエレジー
ポストマン・ブルース18:05-20:00
ポストマン・ブルース
変態家族 兄貴の嫁さん20:00-21:10
変態家族
兄貴の嫁さん
蜜のあわれ20:15-22:05
蜜のあわれ
ソナチネ20:15-21:55
ソナチネ
ネコナデ20:15-21:45
ネコナデ
グッバイエレジー20:15-22:15
グッバイエレジー
連続暴姦20:25-21:30
連続暴姦
HANA-BI20:15-22:05
HANA-BI

予定表 横にスクロールできます

新作『教誨師』『恋のしずく』『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

その他の旧作

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1300 ¥1100 ¥800
会員 ¥1100 ¥1100 ¥800

トークショー
『恋のしずく』1/5(土)14:50回上映後、瀬木直貴監督『恋のしずく』と 佐向大監督『教誨師』のトークショーがございます。
『アベックモンマリ』1/6(日)14:50回上映後、大谷健太郎監督 と 武藤起一さん(プロデューサー)のトークショーがございます。

作品紹介

人妻拷問

人妻拷問

1980年/62分/R18+/DVD/配給:新東宝映画
企画・製作:高橋プロ
脚本:西岡琢也
監督:高橋伴明
撮影:長田勇市
照明:磯貝一
音楽:渡辺企画
出演:青木美奈、下元史朗、丘なおみ、大杉漣、青野リマ
※映画初出演作である『緊縛いけにえ』(1980)は、プリント、DVDともに上映素材がなく、同年、同監督による本作を上映させていただきます。また、DVD上映のため、映像に不良箇所がありますことを予めお詫び申し上げます。

雪子は、夜道で四人の男に強姦され、それを苦に自殺をしてしまう。愛する妹を失った兄は、残された者の哀しみを思い知らせるために、復讐を決意する。彼らの妻を同じように強姦して殺害するのだ。一人目、二人目、三人目と目指す女を犯してはピストルで射殺した。四人目の女も襲って犯し、彼女を殺せば復讐が終わるというとき、女から思いもよらぬ告白を聞かされる…。美しい映像美の復讐劇、漣さんは四人目の女の夫役で出演。

連続暴姦

連続暴姦

1983年/60分/R18+/35ミリ/配給:新東宝映画
監督:滝田洋二郎
脚本:高木功
撮影:佐々木原保志
編集:酒井正次
製作:獅子プロダクション
出演:大杉漣、麻生うさぎ、織本かおる、螢雪次朗

冬子はOLでありながら、 “山崎千代子”というペンネームでピンク映画の脚本を執筆している。幼少期に姉・秋子をレイプ殺人で亡くした際、男の太腿に赤い蛇の刺青があるのを目撃した。成長した冬子は、男が成人映画館の映写技師であることを突き止め、殺人の様子を再現した自作のピンク映画を上映して、男をおびき出そうとするが…。漣さん扮する連続殺人鬼が勤務する成人映画館という設定で、今は無き上坂東映が登場する。
*第5回ズームアップ映画祭作品賞・監督賞 *第5回 ピンクリボン賞主演男優賞(大杉漣)受賞

変態家族 兄貴の嫁さん

変態家族 兄貴の嫁さん

1984年/62分/R18+/35ミリ/配給:新東宝映画
企画:朝倉大介
監督・脚本:周防正行
撮影:長田勇市
美術:種田陽平
音楽:周防義和
編集:菊池純一
出演:風かおる、下元史朗、大杉漣、山地美貴、首藤敬、麻生うさぎ

百合子は、間宮家の長男・幸一と結婚し、彼の家族と同居をはじめた。ところが義父は死んだ妻似のスナックのママに熱を上げ、義妹は平凡な会社勤めが空しく風俗で働くようになる、義弟は大学受験に失敗し万引きで警察の世話になり、嗜虐趣味のある夫はスナックのママがマゾであることを知るや、入りびたり、同棲を始める始末。小津安二郎にオマージュを捧げた周防正行監督デビュー作品。当時33歳の漣さんが60歳超の老人を怪演。

ソナチネ

©1993 松竹株式会社

ソナチネ

1993年/83分/35ミリ/配給:松竹
監督・脚本:北野武
製作:奥山和由
撮影:柳島克己
美術:佐々木修
音楽監督:久石譲
出演:ビートたけし、渡辺哲、勝村政信、寺島進、国舞亜矢、南方英二、逗子とんぼ、矢島健一、大杉漣

組長からの命令により、沖縄にある中松組の抗争の助っ人として舎弟たちと共に沖縄へと出向いた村川。しかし、事態はますます激化、男は抗争の泥沼に巻き込まれていく。漣さんはオーディションを受け合格。当初やくざ事務所の電話番という台本に台詞のない端役だったが、たけしの「全部アドリブでやって」という指示に対し、即興で演じたヤミ金の取り立ての演技に「うめえな、この人」とたけしを唸らせた。北野武作品初出演作品。

ポストマン・ブルース

©1997 ブロードマークス/テレビ東京/日活

ポストマン・ブルース

1997年/110分/35ミリ/配給:日活
監督・脚本・原案:SABU
撮影:栗山修司
美術:西村徹
美術意匠:佐々木記貴
音楽:岡本大介
出演:堤真一、遠山景織子、大杉漣、堀部圭亮、清水宏

郵便配達人の沢木は、同じことが繰り返される毎日に嫌気がさしていた。そんなある日、配達中に偶然、高校時代の友人で今はヤクザの野口に再会したことから、運び屋で殺し屋と勘違いされ、警察とヤクザの両方から追われるはめになる。平凡な郵便局員の姿をコミカルでかつハードに描く。漣さんは全国殺し屋選手権大会出場の合格通知なるものを待つ謎の殺し屋ジョー役で。
*おおさか映画祭・報知映画賞 受賞

HANA-BI

© 1997 バンダイビジュアル・テレビ東京・TOKYO FM/オフィス北野

HANA-BI

監督・脚本・編集・挿入画:北野 武/音楽監督:久石 譲/プロデューサー:森 昌行・柘植靖司・吉田多喜男/撮影:山本英夫/照明:髙屋 齋/美術:磯田典宏/録音:堀内戦治/編集:太田義則/記録:中田秀子/助監督:清水 浩/製作担当:小宮慎二/製作管理:山崎義人/スチール:笹田和俊/製作:バンダイビジュアル・テレビ東京・TOKYO FM/オフィス北野/協力:JFN(全国FM放送協議会) 出演:ビートたけし、岸本加世子、大杉 漣、寺島 進、白竜、渡辺 哲、薬師寺保栄、大家由祐子、芦川 誠、逸見太郎 他

不治の病に冒された妻を見舞うため、張込みの現場を離れていた西刑事に同僚の掘部が撃たれたという知らせが届く。追い詰めた犯人との銃撃戦で、今度は部下の田中が命を落とす。次々と大切な物を奪われ、心をさいなまれていく西。下半身不随となった堀部は絵を描き始める。そんな堀部や田中の遺族、そして妻と過ごせるあと残り僅かな時間のために、西はある重大な決心をする…。漣さんは仕事一筋の刑事堀部役で。
*第54回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞 *第41回ブルーリボン賞(作品賞・監督賞)

極道の妻たち 決着ケジメ

© 東映

極道の妻たち 決着ケジメ

1998年/116分/35ミリ/配給:東映
監督:中島貞夫
脚本:高田宏治
原作:家田荘子
撮影:仙元誠三
美術:松宮敏之
音楽:栗山和樹
出演:岩下志麻、かたせ梨乃、とよた真帆、中条きよし、愛川欽也、藤田朋子、中野若葉、細川ふみえ、トミーズ雅、名古屋章、大杉漣

女には女のケジメがおます。劇画的様式美と凄絶華麗なる女の美学。夫を罠にはめ、暴利を貪る傘下の悪徳ヤクザに闘いを挑む、極妻の活躍を描いた人気シリーズの第10弾にして最終作。組長殺害の黒幕を追い詰め、組のために凛と戦う井出春日、仲間を裏切った夫に三行半を叩き付ける番水彩子、夫を殺され再起を賭ける秋葉杏子、三者三様の極妻たちの多彩な生き様を鮮烈なタッチで描いた。漣さんは番水組組長役で登場

犬、走る DOG RACE

© 東映ビデオ 国立映画アーカイブ所蔵作品

犬、走る DOG RACE

1998年/110分/R15+/35ミリ/配給:東映ビデオ
監督:崔洋一
脚本:崔洋一、鄭義信
原案:丸山昇一
撮影:藤澤順一
美術:今村力
音楽:鈴木茂
出演:岸谷五朗、大杉漣、冨樫真、香川照之、遠藤憲一

新宿警察署生活安全課の刑事・中山は、韓国人の情報屋・秀吉と上海美女の恋人・桃花とつるんでは、ヤクザに情報を流して金をもらったり、ヤクに手を出しその勢いでボッタクリバーを強制調査して手柄を立てたりと、かなり危ない生活を送っていた。そんなある日、桃花が秀吉の部屋で死体で発見され…。新宿歌舞伎町を舞台に、そこに巣食う人々の生態をエネルギッシュに描いたサスペンス・コメディ。漣さんは韓国人の情報屋・秀吉役で。

 アベックモンマリ

© 武藤起一事務所

アベックモンマリ

1999年/96分/35ミリ/配給:武藤起一事務所
監督・脚本:大谷健太郎
プロデューサー:武藤起一
撮影:鈴木一博
美術:貝賀香織
音楽:レイナルド・ポネダ
出演:小林宏史、板谷由夏、大杉漣、辻香織里

仕事バリバリの妻・美都子と主夫業バッチリのタモツ。結婚3年目のふたりに離婚の危機が。原因はタモツと若い女マユとの浮気容疑。ところがマユは中年男・中崎と不倫中で…。今時の二組の夫婦の、複雑にこんがらがった人間関係を自然な会話の中に綴る恋愛コメディ。監督は、ぴあフィルムフェスティバルで二度の入賞経験を持つ大谷健太郎。漣さんは中年男・中崎役で。タイトルの「avec mon mari」とはフランス語で“夫と一緒に”の意。

ネコナデ

© 2008「ネコナデ」製作委員会

ネコナデ

2008年/85分/BD/配給:AMGエンタテインメント
監督:大森美香
脚本・原案:永森裕二
撮影:近藤龍人
美術:高尾研吏
音楽:遠藤浩二
出演:大杉漣、青山倫子、黒川芽以、もたいまさこ、螢雪次朗、原日出子、鶴見辰吾

IT企業の人事部長・鬼塚太郎は、社長の指揮の元、必要のない社員を容赦なく切り捨て、一方では新入社員を取るという矛盾に苦しんでいた。ある日子猫を拾い、妻に内緒で社宅用のウィークリーマンションにかくまった。研修が始まり、鬼塚の厳しさに震え上がる新入社員たちの中で、鬼塚を勘違いする社員もいた。そんな中、ウィークリーマンションの清掃をすることになり…。子猫に翻弄される堅物のサラリーマンを漣さんが好演。

蜜のあわれ

© 2015『蜜のあわれ』製作委員会

蜜のあわれ

2016年/105分/DCP/配給:ファントムフィルム
監督:石井岳龍
脚本:港岳彦
原作:室生犀星:(「蜜のあはれ」)
撮影:笠松則通
美術:佐々木尚、齋藤佐都子
音楽:森俊之、勝本道哲
出演:二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏

老境の作家と暮らす愛くるしい魅力が詰まった少女・赤子は、作家をおじさまと呼び、きわどいやり取りをしたり、夜は身を密着させて眠ったりしている。ほかの人間にはわからないものの、赤子は普通の女とどこか違っていた。彼女の正体は、人間の姿に変貌する、真っ赤な金魚だったのだ。そんな赤子の前に、ある日、老作家への愛を募らせた幽霊・ゆり子が現れ…。室生犀星晩年の幻想小説を映画化、漣さんは老境の作家を演じた。

グッバイエレジー

© 2017「グッバイエレジー」製作委員会

グッバイエレジー

2017/118分/DCP/配給:マジックアワー
監督・脚本:三村順一
スーパーバイザー:小川研次
撮影監督:岡田主
美術:山崎輝
音楽:丸谷晴彦
出演:大杉漣、石野真子、藤吉久美子、吉田栄作、中村有志、仁科亜季子、大和田獏、佐々木すみ江

映画監督の深山晄は、中学時代の同級生・井川道臣の死を知り、数十年ぶりに故郷・北九州に帰郷、関係者を訪ね歩き、道臣の生き様を知ることになる。その胸に蘇るのは、道臣との懐かしい日々、紫川で泳ぎ、釣りをし、喧嘩に明け暮れ、大好きな映画館“小倉昭和館”に通い、銀幕のスター、赤木圭一郎に憧れて将来を語り合った。北九州市出身の三村順一が、故郷を舞台に半自伝的なエピソードも盛り込んだ映画。漣さんは映画監督役で。

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

© NHK

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す

2018年/100分/DCP/配給:太秦
監督:柳川強
脚本:西岡琢也
原案:宮川徹志:(『僕は沖縄を取り戻したい 異色の外交官・千葉一夫』岩波書店)
音楽:大友良英
出演:井浦新、戸田菜穂、尾美としのり、中島歩、佐野史郎、大杉漣、石橋蓮司
ナレーション:仲代達矢

沖縄返還の最前線にいた外交官・千葉一夫は、本土から切り離され、アメリカの統治下にあった沖縄から核兵器を撤去させ、ベトナム戦争の出撃拠点としないよう、アメリカと激しい外交交渉を重ねる。千葉は何度も沖縄に足を運び、人々の苦悩に真摯に耳を傾けた。「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された伝説の外交官・千葉一夫の姿を通して、知られざる沖縄返還の裏面史を伝える。漣さんは駐米大使・植田啓三役を熱演。

教誨師

©「教誨師」members

教誨師

2018年/114分/DCP/配給:マーメイドフィルム=コピアポアフィルム
監督:佐向大
エグゼクティブプロデューサー:大杉漣、狩野洋平、押田興将
撮影:山田達也
美術:安藤真人
出演:大杉漣、玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川登、古舘寛治、光石研

漣さんが初プロデュースした最後の主演作。その長いフィルムグラフィーの中でも際立ってユニークな内容、膨大な台詞量のオリジナル脚本を、まさに全身全霊を捧げて体現し、圧巻の存在感を見せる。死刑囚専門の教誨師である牧師・佐伯は、独房で孤独に過ごす死刑囚にとって良き理解者であり、格好の話し相手だ。彼が面会する年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚。佐伯は彼らに寄り添いながら、自らの人生とも向き合っていく。

恋のしずく

© 2018「恋のしずく」製作委員会

恋のしずく

2018年/117分/DCP/配給:ブロードメディアスタジオ
監督:瀬木直貴
脚本:鴨義信
撮影:岡田賢三
美術:三藤秀仁
音楽:高山英丈
出演:川栄李奈、小野塚勇人(劇団EXILE)、宮地真緒、中村優一、小市慢太郎、大杉漣

東京の農大でワインソムリエを目指す“日本酒嫌い”のリケジョ・詩織の実習先は、意に反して広島にある日本酒の酒蔵に決まってしまった。渋々実習先の乃神酒造を訪れた詩織だったが、人々との出会いや日本酒造りを通じて、今までにない喜びを見出していく。日本三大酒処の一つとして有名な東広島市・西条を舞台に、幻の日本酒づくりと西条の街、人々の出会いと別れを繊細に描いた。漣さんは亡き妻の思いを秘めた蔵元役で出演。