村上浩康特集

『東京干潟』『蟹の惑星』新藤兼人賞2019金賞受賞記念 村上浩康監督特集

人と自然―知られざる世界のつながりを発見する映画作家、奇跡のような瞬間を捉えた作品を特集!

流 ながれ

2012年/85分/日本
監督・編集:村上浩康
製作・撮影:能勢広

神奈川県の中津川で生き物の保護と研究に取り組む二人のおじいさんの姿を10年間にわたり追い続けたドキュメンタリー。2000年、神奈川県愛川町と厚木市を流れる中津川に、首都圏最大級の水がめ「宮ケ瀬ダム」が完成。上流にダムができたことで川に生息する生き物たちに影響があらわれはじめる。愛川町に住む吉江啓蔵さんは、関東地方の限られた河川にしかみられない絶滅危惧種の「カワラノギク」を保護するため活動をたった一人で始めた。一方、愛川中学校の元教師で、長らく中津川の水生昆虫調査を行っていた齋藤知一さんも、ダムの完成を契機に水生昆虫の調査を再開。カワラノギクは吉江さんの献身的な世話のもとで命を吹き返していき、齋藤さんの調査からは、水生昆虫の知られざる生態やダムの影響で起こった川の環境変化が明らかになっていく。
公式 http://www.nagale.info/


小さな学校

2012年/80分/日本
監督・編集:村上浩康
製作・撮影:能勢広

神奈川県藤野町の篠原小学校の廃校までの1年間を追った珠玉の記録映画。生徒数わずか6人という山間の学校の日常を、子どもたちの身近にいる親しい撮影者(父兄やボランティアなどを含む)が記録。その映像は、子どもたちの生き生きとした姿を自然に捉え、かけがいのない時間を鮮やかに描き出している。個性豊かな子どもたちの魅力が溢れる


無名碑 MONUMENT

2016年/70分/日本
製作・監督・撮影・編集:村上浩康

岩手県盛岡市の桜の名所“高松の池”を訪れた人々の証言から、池の歴史、環境破壊、戦争体験、震災と絆など、様々なエピソードが浮かび上がる。池をとりまく無関係に見えるそれぞれの存在が、次第に時空を超えた繋がりを持つことが明らかになる展開は、村上作品独特の祝祭的映像マジック。真っ暗な画面に現れるシベリア抑留体験者の老人は圧巻!
公式 http://mumeihi.com/

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1300 ¥1100 ¥800
会員 ¥1100 ¥1100 ¥800