鉄男シリーズ3作品

平成の幕開けとともに誕生した『鉄男』は、節目の年に30年を迎えました。
映像と音響で魅せる『鉄男』シリーズにとって、横浜シネマリンはもってこいの上映環境!この機会に当館で身体が包み込まれるような感覚を体感し、『鉄男』を堪能していただければ幸いです。

©1993 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

鉄男

1989年/モノクロ/スタンダード/67分/BD/製作・配給:海獣シアター
監督・脚本・撮影・特殊効果・美術・照明・編集:塚本晋也
助監督・撮影・衣裳:藤原京
音楽:石川忠
出演:田口トモロヲ、藤原京、叶岡伸、塚本晋也、六平直政、石橋蓮司

ローマ国際ファンタスティック映画祭でグランプリを獲得し、塚本の名を一躍世界に知らしめた16ミリ作品。当時隆盛となる人間とテクノロジーの相克を描くSFジャンル、サイバーパンクの日本における先駆で、鉄雄という名の少年が主人公の大友克洋「AKIRA」と共に、日本のカルト・スタンダードとなった。
ある朝、サラリーマンの男は頬に金属のトゲのようなニキビが出来ていることに気づく。次第に金属に侵蝕されていく男の肉体。かつて男がひき逃げした“やつ”は、復讐を果たすために男のもとへ向った。終わりのないメタルサイキック戦争が始まる。

©1993 TOSHIBA-EMI・KAIJYU THEATER

鉄男Ⅱ BODY HAMMER

1992年/カラー/モノラル/スタンダード/82分/R15指/BD/製作・配給:海獣シアター・東芝EMI
製作・監督・脚本・撮影・美術・照明・編集:塚本晋也
音楽:石川忠
特殊メイク・造形:小田尚、高濱幹、渋谷陽
出演:田口トモロヲ、叶岡伸、塚本晋也、金守珍、手塚秀影

『鉄男』のSFアクション版。塚本はこの映画を持って1年がかりで世界中の映画祭を廻り、後の日本映画海外進出の先駆けとなる。ポルト、ブリュッセル、タオルミナ、シッチェス、モントリオール、ゆうばり、高崎などの映画祭で受賞多数。
谷口は、8歳で他人の家に貰われるまでの幼い記憶を失している。今は妻、3歳の息子と共にハイテクなマンションで平穏に暮らしている。その幸福な一家に、不気味なスキンヘッドの二人組と、二人を司る“やつ”が忍び寄る。息子が殺害され、次第に完璧な人間銃器と化す谷口。“やつ”との壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる。

©TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009
本作品は劇場公開時にPG12指定を受けました

鉄男 THE BULLET MAN

2009年/カラー/ドルビーデジタル/ヨーロピアンビスタ/71分/全篇英語、日本語字幕/BD/製作:TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009/配給:アスミック・エース エンタテインメント
監督・撮影・美術・造形・編集:塚本晋也
音楽:石川忠
出演:エリック・ボシック、桃生亜希子、中村優子、ステファン・サラザン、塚本晋也

『鉄男』から20年、“鉄男アメリカ”としてクエンティン・タランティーノも製作に名乗りを上げた幻のプロジェクト。『鉄男Ⅱ』同様、過去2作の続編でもリメイクでもない。主役にアメリカ人俳優を据え、全篇英語の作品として製作された。
東京で外資系企業に勤めるアンソニーは、妻ゆり子、3歳の息子トムと幸せな生活を送っていた。ある日、謎の男が運転する車にトムが轢き殺されてしまい、アンソニーは次第に感情のコントロールを失い、身体が鋼鉄と化していく。そこに謎の男“ヤツ”が現れ、あらゆる“謎”が交錯するとき、東京を飲み込む巨大なエネルギーの噴射が始まる。

当日料金

一般¥1,500/会員¥1,200/大専・シニア¥1,100/高校生以下¥800

鉄男Tシャツを着て30周年を盛り上げよう!

上映期間中、劇場にてお買い求めいただけます!

販売価格 各¥2,880(税抜)

上映スケジュール

10/12(土) 10/13(日) 10/14(月) 10/15(火) 10/16(水) 10/17(木) 10/18(金)
鉄男18:30-19:45
鉄男
鉄男18:30-19:45
鉄男
鉄男18:30-19:45
鉄男
鉄男18:30-19:45
鉄男
鉄男18:30-19:45
鉄男
鉄男18:30-19:45
鉄男
鉄男18:30-19:45
鉄男
鉄男Ⅱ BOD YHAMMER20:00-21:30
鉄男Ⅱ BODY HAMMER
鉄男 THE BULLET MAN20:00-21:20
鉄男 THE BULLET MAN
鉄男Ⅱ BOD YHAMMER20:00-21:30
鉄男Ⅱ BODY HAMMER
鉄男 THE BULLET MAN20:00-21:20
鉄男 THE BULLET MAN
鉄男Ⅱ BOD YHAMMER20:00-21:30
鉄男Ⅱ BODY HAMMER
鉄男 THE BULLET MAN20:00-21:20
鉄男 THE BULLET MAN
鉄男Ⅱ BOD YHAMMER20:00-21:30
鉄男Ⅱ BODY HAMMER

予定表 横にスクロールできます

蟹の惑星

蟹の惑星

© 2019 TOKYO HIGATA PROJECT

2019年/日本/68分/HD/配給:TOKYO HIGATA PROJECT
製作:TOKYO HIGATA PROJECT
監督・撮影・編集:村上浩康
音楽:田中館靖子

公式ホームページ

多摩川河口の干潟を舞台にした連作ドキュメンタリー「TOKYO HIGATA PROJECT」の1本。

多摩川河口の干潟は狭い範囲に、多くの種類のカニが生息する貴重な自然の宝庫である。

大都会の中で、これほどのカニが見られる場所はかなり珍しい。吉田唯義(ただよし)さんは、ここで15年に渡って独自にカニの観察を続けている。毎日のように干潟を訪れては、カニたちの生態を調べ記録しているのだ。吉田さんは誰よりも多摩川のカニに詳しいが、その視点はとてもユニークで、他の人が考えつかないような方法でカニたちの生態を調べている。
映画は吉田さんと干潟をフィールドワークしながら、カニたちの驚くべき営みを見つめていく。カメラはカニたちに限りなく接近し、肉眼では決して捉えられない世界を映し、迫力あるフォルムと美しい色彩が画面いっぱいに拡がる。そして小さなカニたちの営みが地球や月など、宇宙とも結びついていることを解き明かし、さらには戦争や震災が与えた現実の問題までを描き出す。
身近な自然に目を向けることの大切さと、都市の中にある別世界を描く全編“カニづくし”のワンダームービー。

蟹の惑星 蟹の惑星

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1500 ¥1100 ¥800
会員 ¥1200 ¥1100 ¥800

東京干潟

東京干潟

© 2019 TOKYO HIGATA PROJECT

2019年/日本/83分/HD/配給:TOKYO HIGATA PROJECT
製作:TOKYO HIGATA PROJECT
監督・撮影・編集:村上浩康

公式ホームページ

多摩川河口の干潟を舞台にした連作ドキュメンタリー「TOKYO HIGATA PROJECT」の1本。

あらゆるものが流れつく都市の最下流多摩川河口。
誰も知らない東京の涯て…。

多摩川の河口でシジミを獲るホームレスの老人。彼は捨てられた十数匹の猫を殺処分から救うため、日々世話をしながら干潟の小屋で10年以上暮らしている。80代半ばと思えない強靭な肉体を持つ老人は、シジミを売ったわずかな金で猫のエサと日々の糧を得ている。
彼は素手で漁をする。それはシジミと共存していく為に、成長途中の稚貝は絶対に獲らないと自ら厳しく決めているからだ。しかし近年、一部の人々により無計画な乱獲が始まり、シジミの数は激減していく。映画は、変わりゆく環境の中で懸命に猫たちと生きる老人の姿を描くと共に、彼の波乱に満ちた人生へも分け入っていく。炭鉱町に生まれ、返還前の沖縄で米軍基地に憲兵として勤務し、本土に帰国後、建築関係の会社を起業し、バブル期の東京の街を作りあげてきた男の人生。2020年のオリンピックを目前に控え、干潟には橋が架かり、沿岸には高層ホテルが建てられる。変わりゆく東京の姿を彼は複雑な思いで見つめる。
昭和から平成、そして令和へと時代が移ろうなかで、都市の “最下流”多摩川の河口から、一人の人間の生き様を追いつつ、環境破壊・高齢化社会・格差問題・ペット遺棄など、様々な日本の現在(いま)を浮き彫りにする。

東京干潟 東京干潟

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1500 ¥1100 ¥800
会員 ¥1200 ¥1100 ¥800

ココロ、オドル

ココロ、オドル

©2019 Fanfare Pictures All right reserved.

2019年/日本/96分/DCP/配給:Fanfare Pictures
監督・脚本:岸本司
出演:尚玄、吉田妙子、ダニエル・ロペス、仲宗根梨乃、仁科貴、池間夏海、加藤雅也

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,200円を当館受付にて発売中!

舞台挨拶
初日8/31(土)20:00回上映後、尚玄さん、仁科貴さんの舞台挨拶が決定しました!

沖縄を舞台に家族の《絆》を描いた、笑って泣ける傑作映画が誕生!!

「SSFF & ASIA 2015」ジャパン部門優秀賞、「LA映画フェスタ」ゴールデン・ジパング賞を受賞した短編映画『こころ、おどる』を長編化。沖縄県慶良間諸島の美しい自然を背景に、不器用ながらも愛を求める3組の家族の物語を描いたオムニバス映画。

英語の通じない島の民宿に宿泊することになった外国人夫婦。
罪を犯し、逃亡中にもかかわらず息子のために島に帰ってきた男。
妻が浮気相手と共に島から出て行き、残されてしまった義理の父と娘。
不器用ながらも愛を求める3組の家族。そのココロは、美しい慶良間諸島の自然と島の人々のチムググル(愛情)によってほぐされ、やがてココロが打ち解けていく。

*2019年 第20回ハンブルク日本映画祭にて​最高賞の審査員賞受賞!

ココロ、オドル ココロ、オドル ココロ、オドル
【舞台挨拶】  初日8/31(土)20:00回上映後、尚玄さん、仁科貴さん

尚玄(しょうげん)
大学卒業後、バックパックで世界中を旅しながらヨーロッパでモデルとして活動。2005年に戦後の沖縄を描いた映画『ハブと拳骨』でデビュー。『Street Fighter: Assassin’s Fist』の剛拳役、TV版『Death Note』のレイ・ペンバー役など、現在は日本と海外を行き来しながら邦画だけではなく海外の作品にも多数出演している。

仁科貴(にしなたかし)
京都出身。学生時代から、映画の制作進行、演劇ユニットの制作、ラジオCMの声優等を経験し、96年俳優デビュー。主な作品に『呉清源 極みの棋譜』『劔岳 点の記』『アウトレイジ最終章』ドラマ『刑事ゆがみ』等、ドラマや映画で幅広く活動。舞台「素晴らしき哉、人生!」「さらば箱舟」では主演を務めた。

上映日時

8/31(土)~9/5(木) 9/6(金)~9/13(金) 9/14(土)~
20:00~21:40 レイトショー割レイト割 休映 未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

アルツハイマーと僕 〜グレン・キャンベル 音楽の奇跡〜

アルツハイマーと僕 〜グレン・キャンベル 音楽の奇跡〜

© 2014 GC Documentary, LLC. All Rights Reserved.

2014年/アメリカ/104分/配給:エレファントハウス、カルチャヴィル
原題:Glen Campbell I’ll Be Me
監督・プロデューサー:ジェームズ・キーチ
プロデューサー:トレヴァー・アルバート
出演:グレン・キャンベル、ブルース・スプリングスティーン、ジ・エッジ(U2)、ポール・マッカートニー、ブレイク・シェルトン、シェリル・クロウ、キース・アーバン、ブラッド・ペイズリー、テイラー・スウィフト、スティーヴ・マーティン、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ビル・クリントン(第42代アメリカ合衆国大統領)

公式ホームページ

【前売券】全国共通鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!

アルツハイマーを公表した伝説のミュージシャン、グレン・キャンベル
家族とともに、病と闘いながら敢行したツアーを収めた感動の記録

2011年、伝説のミュージシャンであるグレン・キャンベルは前代未聞の全米ツアーを開始。当初の予定は5週間強であったこのツアーは大成功を収め、1年半にわたり151回ものソールドアウト公演を実現した。アルツハイマー病と診断されたグレン・キャンベルは、ギター演奏を断念せざるを得ないとの忠告を医師から受けていた。しかし、グレンと彼の妻は病を公表し、家族とともに「さよならツアー」を敢行すると発表したのである。
彼と家族の驚くべき旅路の記録であると同時に、進行が予期できないグレンの病に対し、愛と笑いと音楽を処方薬として立ち向かう彼らの姿を映し出すドキュメンタリー。
ブルース・スプリングスティーンをはじめとしたミュージシャンたちが自身の家族の罹患体験を語るなど、予想不能な病の本質をさまざまの方向からナビゲートしようと試み、いまだかつてないレベルでアルツハイマー病の認知度向上に努めたとして全米で称賛された話題作。

グレン・キャンベル

音楽業界でのキャリアは実に50年近くにもおよび、彼の伝説的なギター演奏はビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』やフランク・シナトラの『夜のストレンジャー』といった数々の名盤で耳にすることができる。
ソロアーティストとしても、世代を超えて愛され続ける名曲の数々をリリースし、グラミー賞6回、グラミー殿堂賞3回など多数の賞を受賞。2012年2月、グラミー賞授章式にて特別功労賞を授与され、病を抱えながらも3,900万人もの視聴者へ向けてパフォーマンスを行う。そして2017年6月には最期のスタジオアルバム「Adiós」をリリースするなど最後まで現役を貫き、同年8月8日に81歳でこの世を去った。

アルツハイマーと僕 〜グレン・キャンベル 音楽の奇跡〜 アルツハイマーと僕 〜グレン・キャンベル 音楽の奇跡〜 アルツハイマーと僕 〜グレン・キャンベル 音楽の奇跡〜

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー

ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー

Package Design & Supplementary Material Compilation TM & © 2016 Fisher Klingenstein Ventures, LLC. All Rights Reserved.

2016年/アメリカ/114分/配給:エレファントハウス、カルチャヴィル
原題:Chicago – Now More Than Ever
監督:ピーター・パーディーニ
監修:城田雅昭
出演:ロバート・ラム、ジミー・パンコウ、リー・ロックネイン、ダニー・セラフィン、ウォルト・パラセイダー、テリー・キャス、ピーター・セテラ、デイヴィッド・フォスター、ジェイソン・シェフ、クライヴ・デイヴィス

公式ホームページ

【前売券】全国共通鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!

結成50周年を超えた現在も圧倒的人気を誇る不滅のバンド、シカゴ
半世紀に及ぶ軌跡を追ったドキュメンタリー

「長い夜」「素直になれなくて」「サタデイ・イン・ザ・パーク」「愛ある別れ」… 誰もが知る永遠の名曲総登場!47枚のアルバムがゴールドとプラチナに輝き、70枚のシングルがチャートイン、セールス数は1億2200万枚を突破。現在も年間公演は100回以上、まさにアメリカを代表する最強バンド=シカゴ。1967年の結成からロックの殿堂入りを果たした2016年まで、半世紀に及ぶバンドの軌跡を追ったドキュメンタリー。
看板ギタリストの事故死、リード・ヴォーカル突然の脱退、幾多のメンバー交代劇そして頂点からの転落と低迷。それでも何故バンドは続いたのか?栄光の陰に潜む波乱万丈、50年の歴史を代表曲と共に紐解く全音楽ファン必見のロック・アンソロジー。全ての登場曲に日本語対訳入り。

シカゴ プロフィール

1967年
ロバート・ラム、ジェイムズ・パンコウを中心に結成。ビッグ・シング→シカゴ・トランジット・オーソリティ→シカゴと変更される
1969年
2枚組アルバム「シカゴの軌跡」で コロンビアよりレコード・デビュー。
1971年
初来日公演が大盛況、以降3年連続来日を果たし 日本語録音によるシングル「ロウダウン」発売
1972年
アルバム第5作「シカゴV」全米1位獲得、シングル「サタデイ・イン・ザ・パーク」も大ヒット
1976年
「CHICAGO X / カリブの旋風」からのシングル「愛ある別れ」、バンド初の全米1位獲得、第19回グラミー賞最優秀ポップ・ボーカル・グループ受賞
1978年
看板ギタリストのテリー・キャスが拳銃暴発事故で急逝、以降バンドは低迷する
1982年
デビッド・フォスターをプロデューサーに迎え、ワーナー移籍後初の「シカゴ16」収録「素直になれなくて」が全米1位となり、劇的復活を遂げる
1984年
「シカゴ17」発売、バンド史上最高の600万枚超のセールスを記録
1985年
リード・ヴォーカルのピーター・セテラが脱退、ジェイソン・シェフが加入
1989年
通算20枚目のベスト・アルバム「GREATEST HITS 1982-1989」発売、500万枚の大ヒットとなる
2006年
「TWENTY 1」以来15年ぶりとなる全曲新作のオリジナル・アルバム「XXX」発売
2017年
前年にロックの殿堂入りを果たし、結成50周年を迎える

ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ ナウ・モア・ザン・エヴァー

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

金子文子と朴烈(パクヨル)

金子文子と朴烈

© 2017, CINEWORLD & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

2017年/韓国/129分/DCP/配給:太秦
原題:박열
英題:Anarchist from the colony
監督:イ・ジュンイク
脚本:ファン・ソング
撮影:パク・ソンジュ
音楽:パン・ジュンソク
出演:イ・ジェフン、チェ・ヒソ、キム・インウ、キム・ジュンハン、山野内扶、金守珍

公式ホームページ

朴と共に死ねるなら、私は満足しよう――
青春を懸けて掴み取ろうとした、愛、そして革命。社会の底辺で見つけた、美しくも狂おしい魂の叫び――。

1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。 内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。

イ・ジュンイク監督が世界を魅了する――禁断の歴史映画の誕生!韓国で235万人の動員を記録した、激しくも心揺さぶる真実の物語。

本作は『建築学概論』『探偵ホン・ギルドン 消えた村』のイ・ジェフンと、イ・ジュンイク監督のミューズとして『空と風と星の詩人 尹東柱の生涯』で注目された新鋭チェ・ヒソがW主演を務め、2017年、韓国で大ヒットを記録。『王の運命 歴史を変えた八日間』『空と風と星の詩人 尹東柱の生涯』のイ・ジュンイク監督がメガホンをとり、大正期の日本に実在した金子文子と朴烈の愛と闘いの物語を描き出した。本作は、大鐘賞映画祭で監督賞をはじめ5冠を達成、計10冠を記録している。そして、2017年大阪アジアン映画祭では、オープニングで上映され大きな話題を呼んだ。
確かな演技力人気スターであるイ・ジェフンは、本作で朴烈役を演じるに辺り、外見を変え、日本語を学んだほか、朴烈の人生についても調べ、若きアナキストの信念を懸命に表現し、その卓越した演技により表現者として大きな転機を迎えた。 文子を演じたチェ・ヒソは、本作で大鐘賞映画祭新人女優賞と主演女優賞のW受賞のほか、韓国映画評論家協会賞、青龍映画賞などでも新人女優賞を獲得、一躍人気女優となった。 本作には多くの日本人・在日韓国人俳優が参加。布施辰治を演じた山野内扶(やまのうちたすく)やキム・ジュンハン、韓国を拠点に活動する在日コリアンの俳優キム・インウ、そして金守珍 (キム・スジン)、をはじめとした劇団「新宿梁山泊」のメンバーが顔を揃える。日韓両国の実力派俳優による共演も見どころになっている。

金子文子と朴烈 金子文子と朴烈 金子文子と朴烈

上映日時

8/31(土)~9/6(金)
11:30~13:40

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

よこがお

よこがお

©2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

2019/111分/日本・フランス/配給:KADOKAWA
脚本・監督:深田晃司
出演:筒井真理子、市川実日子、池松壮亮、須藤蓮、小川未祐、吹越満

公式ホームページ

身に覚えのないことで不利な状況に陥り
気がつくと日常が崩壊し始めていた。
ある事件をきっかけに〈無実の加害者〉に転落した女
誰にでも起こりうるかもしれない人生の不条理に
人はどう立ち向かえるか――

初めて訪れた美容院で、リサは「和道」という美容師を指名した。数日後、和道の自宅付近で待ち伏せ、偶然会ったふりをするリサ。近所だからと連絡先を交換し、和道を見送った彼女が戻ったのは、窓から向かいの彼の部屋が見える安アパートの一室だった――。リサは偽名で、彼女の本当の名前は市子。半年前までは訪問看護師として、その献身的な仕事ぶりで周囲から厚く信頼されていた。なかでも訪問先の大石家の長女・基子には、介護福祉士になるための勉強を見てやっているほどであった。基子が市子に対して、憧れ以上の感情を抱いていたとは思いもせず――。
ある日、基子の妹・サキが行方不明になる。すぐに無事保護されるが、逮捕された犯人は意外な人物だった。この事件との関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りにより、築き上げた生活のすべてを失ってゆく。自らの運命に復讐するように、市子は“リサ”へと姿を変え、和道に近づいたのだった。果たして彼女が心に誓った復讐とは何なのか――。

“叫びたい全ての女性へ――”
カンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞に輝いた『淵に立つ』の深田晃司監督が
再び筒井真理子を主演に迎えて挑む、新たなる衝撃作

一人の女の二つの異なる“よこがお”を、深田監督が「演技者としての天才的なセンスを持つ」と称える筒井真理子が演じる。市子への想いが本人にも予期せぬ方向へと舵を取っていく基子には、近年『シン・ゴジラ』で高く評価された市川実日子。リサの計画の中で重要な役割を与えられてしまった和道には、『万引き家族』、『斬、』など海外でも高く評価された作品に出演が続く池松壮亮。さらに、須藤蓮、小川未祐などの瑞々しい顔ぶれと、吹越満らベテラン俳優が、それぞれの役が抱える魂の石礫をスクリーンに投げ、ドラマに幾重にも重なる波紋を広げていく。
2016年、『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞し、世界の映画界を揺るがす嵐の到来を高らかに告げた深田晃司監督が、同作で毎日映画コンクール女優主演賞を始め多数の賞に輝いた筒井真理子と、自身のオリジナル脚本でさらに深く濃密な“共作”を成し遂げ完成させた、全世界渇望の最新作にして衝撃の問題作。

よこがお よこがお よこがお

上映日時

8/24(土)~8/30(金) 8/31(土)~9/6(金)
13:50~15:50 17:55~19:50

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

破天荒ボクサー

破天荒ボクサー

©ノマド・アイ

2018年/日本/115分/BD/配給:ノマド・アイ
監督・撮影・編集:武田倫和
撮影・編集協力:岡崎まゆみ
出演:山口賢一、高山勝成

公式ホームページ

【前売券】特別鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!

舞台挨拶
初日9/7(土)、9/8(日)20:35回上映後、武田倫和監督の舞台挨拶がございます!

研ぎ澄ませ!
闘う相手は目に見えるものだけじゃない

大阪帝拳に所属していた山口賢一は、将来を嘱望されるボクサーであった。
デビューから11連勝を果たし、次は日本タイトルマッチかと期待が高まる中、明確な理由のないまま、いたずらに時が流れ、ついに試合が組まれる事は無かった。業を煮やした山口は、JBC(日本ボクシングコミッション)に引退届けを提出。単身闘いの舞台を海外に移した。そして、WBO(世界ボクシング機構 当時JBC非公認)に挑戦。ついにアジア太平洋スーパーバンタム級暫定王者となる。続くメキシコで、日本人初のWBO世界タイトルマッチに挑戦。しかし、世界フェザー級王者オルランド・サリドに、惜しくも11RでKO負けを喫する。2013年、同じくJBCに引退届けを提出した盟友・高山勝成をサポート。高山は、メキシコでIBF(国際ボクシング連盟 当時JBC非公認)世界ミニマム級王者挑戦し、見事王座に輝く。山口たちの挑戦後、JBCはWBOとIBFの2団体を承認するが、その事により、山口は次のリングを求めざるを得なくなる。
海外での経験を積むことで、日本ボクシング界の現状に対して疑問を抱くようになった山口は、いつか“自分の経験と考えを日本に持ち帰りたい”という思いを強くしていく。そんな折、OPBF(東洋太平洋ボクシング連盟)タイトルマッチのオファーが舞い込んで来た。この機会に、日本へと活動の場を移そうと考えた山口に突きつけられた条件は、「JBC復帰」だった。山口は日本ボクシング界の変革と、自身の世界タイトルマッチ再挑戦のため、かつて袂を別った大阪帝拳とJBCへ話し合いに向かうのだが――

なぜ彼はリングを去らねばならなかったのか
慣習、慣例、同調圧力。
ひとりのボクサーの、自らの尊厳をかけた闘いのゴングがいま鳴り響く!

監督は、『南京 引き裂かれた記憶』(09)、 『イナかのせんきょ』(15)、『わたしの居場所』(18)の武田倫和。近年、大相撲やラグビー、レスリング等々でも問題視されている「組織」と「個人」の関係性。オリンピックを来年に控えたいま、あらためて指導者と選手、団体の在り方を見つめ直し、改善する機会がきているのではないだろうか。ひとり声を上げ、独自のネットワークを作るために奮闘する山口の姿は、挑戦を恐れない事の大切さ、そして未来への可能性を感じさせるに違いない。

*東京ドキュメンタリー映画祭2018 準グランプリ

破天荒ボクサー 破天荒ボクサー 破天荒ボクサー

上映日時

9/7(土)~9/13(金) 9/14(土)~
20:35~22:35 レイトショー割レイト割 未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

お百姓さんになりたい

お百姓さんになりたい

©mio kakiuchi

2019年/日本/104分/配給:きろくびと
監督・撮影・編集:原村政樹
語り:小林綾子
音楽:鈴木光男
映像技術:荒山和之、浅野北斗
整音:丸山晃、堀口誠
後援:埼玉県三芳町、農福連携自然栽培パーティー全国協議会

公式ホームページ

「生きるために食べ物をつくる」いちばんシンプルな仕事
自然の声に耳を傾けながら、いのちをつなぐ。
明石農園の春・夏・秋・冬。

2.8ヘクタールの畑で60種類もの野菜を育てている、埼玉県三芳町の明石農園。明石誠一さんは28歳の時に東京から移り住み、新規就農した。有機農法からスタートし、10年前からは農薬や除草剤、さらに肥料さえも使わない「自然栽培」に取り組んでいる。ここでは、野菜同士が互いを育てる肥やしになり、雑草は3年を経て有機物に富んだ堆肥になる。収穫後は、種を自家採種していのちをつなぐ。春夏秋冬、地道な農の営みは、お百姓さんになりたい人への実践的ガイドとなり、”自分の口に入るもの”に関心を持つ人に、心豊かに暮らすためのヒントを提示する。

不揃いでもいい。失敗してもいい。
みんな、ここにいていいんだ。

明石農園には、パティシエやカメラマンなど、さまざまな経歴を持つ人たちが研修生としてやってきて、農家として独立する人も出てきた。ノウフク(農業福祉連携)にも取り組み、障がいを持つ人たちも得意分野を生かし、それぞれのペースで働いている。「都会の子に土に触れてほしい」と、農業体験イベントも開催する。
20代でも60代でも、障がいがあってもなくても、虫も植物も、土の上ではみんな同じいのち。土がつなぐ「いのちの営み」に、なぜ引き寄せられるのか。競争社会から共生社会へとシフトする、新しい幸せの物差しが「農」にある。

日本の農業を追い続ける原村政樹監督最新作

監督は『いのち耕す人々』(2006)、『天に栄える村』(2013)といった農業をテーマとしたドキュメンタリーをライフワークとしている原村政樹。本作は『武蔵野』(2017)の続編的な位置付けとなる作品。自分の思い通りにならない自然の厳しさ、失敗と試行錯誤を繰り返しながら謙虚に自然から学ぼうとする農園の営みを丁寧に描き、効率重視の現代社会に「農」の価値を問いかける。

自然栽培とは?

肥料や農薬に頼らず、植物や土の持つ力を最大限に生かした農業方式のこと。自然に学び、作物の声に耳を傾けながら、土づくりに何よりの時間をかけ、種を自家採種して次代に繋げていく持続可能な農法。

お百姓さんになりたい

©mio kakiuchi

お百姓さんになりたい お百姓さんになりたい

©mio kakiuchi

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1700 ¥1100 ¥800
会員 ¥1400 ¥1100 ¥800