山中傳奇

山中傳奇

©1979 First Distributors(HK)Ltd. All Rights Reserved. 2016 officially restored by Taiwan Film Institute.

1979年/台湾・香港/192分/DCP/配給:オリオフィルムズ、竹書房
英題:Legend of the Mountain
監督・美術:キン・フー(胡金銓)
脚本:チュン・リン(鐘玲)
出演:シルヴィア・チャン(張 艾嘉)、シュー・フォン(徐楓)、シー・チュン(石雋)

公式ホームページ

【前売券】劇場特別鑑賞券1,300円を当館受付にて発売中!特典:オリジナルポストカード2枚セットをプレゼント!

巨匠キン・フー監督 幻の超武侠ファンタジー
192分の完全全長版にて日本初劇場公開!

京劇の影響のもと、アクション映画を芸術の域にまで高め、中華圏から初めてカンヌ国際映画祭での受賞を果たし世界に知られることとなった伝説の監督・キン・フー。彼が宋時代の古典「西山一窟鬼」に想を得て作り上げた、妖しと幻想の世界が交錯する美しい武侠ファンタジー劇。「風景や空間に焦点を当てるキン・フー監督独特の映像美を存分に堪能できる名作」と称賛されている。
2016年ヴェネチア国際映画祭で、4Kデジタル修復・完全全長版『山中傳奇』がワールドプレミア上映され大絶賛を博した。日本ではこれまで2時間の短縮版が映画祭等で上映されたのみという幻の傑作を今回、3時間12分の完全全長版での上映。

果てなき山中で繰り広げられる、生けるものと死せるものとの夢幻の闘い

11世紀、宋の時代。若い学僧・雲青(シー・チュン)は、戦乱で死んだ者たちの鎮魂のための写経を頼まれる。写経に集中できる静かな場所を求め、崔という男から案内されたのは山奥の城跡にある廃屋であった。
近所に住む世話好きな王夫人は、その夜 雲青を宴席に招き、妖艶で美しい娘・楽娘(シュー・フォン)を見合わせる。酒に酔った雲青は、その楽娘と一夜を共にし強引に彼女と結婚させられるが、新婚生活を送っているうちに周囲で奇妙な出来事が起こり始める。
ある日、崔と二人で麓の村に向かった雲青は居酒屋に立ち寄り、酔っぱらった崔から「お前の女房は妖怪だ」と告げられる。雲青は崔の酔いが醒めるまでの間、気晴らしに居酒屋の娘・依雲(シルヴィア・チャン)と散歩するうちにようやく心も落ち着つき、清楚で可憐な彼女に親愛の気持ちが芽生えた。
妻の楽娘は、夫が依雲に会ったと知るや眉をつりあげて怒り雲青に金縛りの妖術をかけ部屋に閉じ込めた。崔の言ったとおり、彼女は妖怪だった。
雲青の託された霊界を支配できるという経典めぐって妖怪・楽娘と対立する道士との壮絶な戦いが始まる。武器は剣ではなく、太鼓やシンバル。大きく小さくまたは軽妙に大胆に打ち続けられる音。やがて…。

山中傳奇 山中傳奇 山中傳奇

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800