花筐/HANAGATAMI

花筐/HANAGATAMI

 ©唐津映画製作委員会/PSC 2017

2017年/日本/カラー/DCP/アメリカンヴィスタ/169分/配給:新日本映画社 
監督:大林宣彦
原作:檀一雄「花筐」(講談社・文芸文庫)
脚本:大林宣彦、桂千穂
製作:辻幸徳(唐津映画製作委員会)、大林恭子(PSC)
出演:窪塚俊介、満島真之介、長塚圭史、柄本時生、矢作穂香、山崎紘菜、門脇麦、常盤貴子

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中! 特典:オリジナルクリアファイルをプレゼント!

「映画化するのは終生の夢であった」……。古里映画の巨匠・大林宣彦監督が40年以上映画化への想いを抱き続けた檀一雄の純文学小説『花筐』

世界的カルト映画にして大林宣彦監督のデビュー作『HOUSE/ハウス』(77)より以前に書き上げられていた幻の脚本が40年の時を経て奇蹟の映画化。自分の命さえ自由にならない太平洋戦争勃発前夜を生きる若者たちを主軸に、心が火傷するような凄まじき青春群像劇を、圧倒的な映像力で描く。原作は三島由紀夫がこの一冊を読み小説家を志したという檀一雄の純文学「花筐」。尾道三部作をはじめ数多くの“古里映画”を撮り続けてきた大林宣彦が選んだ佐賀県唐津市を舞台に、唐津の魂「唐津くんち」が映画史上初の全面協力。窪塚俊介主演、満島真之介、長塚圭史、常盤貴子ほか。『この空の花』『野のなななのか』に続く本作は、余命宣告を受けながら完成させた大林宣彦的 “戦争三部作”の締めを飾る魂の集大成である。

「我が命は、魂は、我が信じるままに自由であらせよ、」。迫りくる戦争の気配。少年は魂に火をつけ、少女は血に溺れる。

1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母(常盤貴子)の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦(窪塚俊介)の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼(満島真之介)、虚無僧のような吉良(長塚圭史)、お調子者の阿蘇(柄本時生)ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。肺病を患う従妹の美那(矢作穂香)に恋心を抱きながらも、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)と“不良”なる青春を謳歌している。しかし、我が「生」を自分の意志で生きようとする彼らの純粋で自由な荒ぶる青春のときは儚く、いつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。「殺されないぞ、戦争なんかに!」……俊彦はひとり、仲間たちの間を浮き草のように漂いながら、自らの魂に火をつけようとするが……。

花筐/HANAGATAMI 花筐/HANAGATAMI 花筐/HANAGATAMI

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

大林宣彦監督傑作選 特集上映

第91回キネマ旬報 監督賞!ベストテン第2位!
花筐/HANAGATAMI公開記念
大林宣彦監督傑作選 特集上映
2/10(土)-3/2(金) 全11作品

大林宣彦監督

【大林宣彦プロフィール】


1938年広島県尾道市生まれ。幼少の頃から映画を撮り始め、大学時代に自主制作映画のパイオニア的存在となる。CMディレクターとして手がけた作品は3000本を超える。映画監督として、日本の映像史を最先端で切り拓いた、まさに“映像の魔術師”。77年、『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出し、80年代の<尾道三部作>『転校生』、『時をかける少女』、『さびしんぼう』は世代を超えて熱狂的な支持を集めた。「同じことは二度としない」と公言している通り、大林のフィルモグラフィは1作ごとに異なる実験が行われている。90年代には実験精神溢れる<新・尾道三部作>を製作。近年では、強烈な反戦の思いを込めた『この空の花〜長岡花火物語』、『野のなななのか』に続き、<大林的戦争三部作>の締めを飾る最新作『花筐/HANAGATAMI』が公開されている。

横浜シネマリンでは『花筐/HANAGATAMI』公開を記念して、近年の選りすぐり11作品を特集上映いたします。

上映スケジュール 全11作品

2/10(土) 2/11(日) 2/12(月) 2/13(火) 2/14(水) 2/15(木) 2/16(金)
廃市10:30-12:20
廃市
北京的西瓜10:30-12:45
北京的西瓜
青春デンデケデケデケ10:30-12:45
青春デンデケデケデケ
北京的西瓜10:30-12:45
北京的西瓜
青春デンデケデケデケ10:30-12:45
青春デンデケデケデケ
廃市10:30-12:20
廃市
異人たちとの夏10:30-12:20
異人たちとの夏
青春デンデケデケデケ12:35-14:50
青春デンデケデケデケ
異人たちとの夏13:00-14:50
異人たちとの夏
異人たちとの夏13:00-14:50
異人たちとの夏
廃市13:00-14:50
廃市
異人たちとの夏13:00-14:50
異人たちとの夏
北京的西瓜12:35-14:50
北京的西瓜
青春デンデケデケデケ12:35-14:50
青春デンデケデケデケ
花筐15:00-17:55
花筐/HANAGATAMI
花筐15:00-17:55
花筐/HANAGATAMI
花筐15:00-17:55
花筐/HANAGATAMI
花筐15:00-17:55
花筐/HANAGATAMI
花筐15:00-17:55
花筐/HANAGATAMI
花筐15:00-17:55
花筐/HANAGATAMI
花筐15:00-17:55
花筐/HANAGATAMI

予定表 横にスクロールできます

2/17(土) 2/18(日) 2/19(月) 2/20(火) 2/21(水) 2/22(木) 2/23(金)
花筐12:30-15:25
花筐/HANAGATAMI
花筐12:30-15:25
花筐/HANAGATAMI
花筐12:30-15:25
花筐/HANAGATAMI
花筐12:30-15:25
花筐/HANAGATAMI
花筐12:30-15:25
花筐/HANAGATAMI
花筐12:30-15:25
花筐/HANAGATAMI
花筐12:30-15:25
花筐/HANAGATAMI
野のなななのか15:40-18:31
野のなななのか
この空の花 長岡花火物語15:40-18:25
この空の花 長岡花火物語
この空の花 長岡花火物語15:40-18:25
この空の花 長岡花火物語
野のなななのか15:40-18:31
野のなななのか
野のなななのか15:40-18:31
野のなななのか
理由15:40-18:25
理由
この空の花 長岡花火物語15:40-18:25
この空の花 長岡花火物語
この空の花 長岡花火物語18:40-21:25
この空の花 長岡花火物語
理由18:40-21:25
理由
野のなななのか18:40-21:31
野のなななのか
この空の花 長岡花火物語18:40-21:25
この空の花 長岡花火物語
理由18:40-21:25
理由
野のなななのか18:40-21:31
野のなななのか
はるか、ノスタルジー18:40-21:30
はるか、ノスタルジー

予定表 横にスクロールできます

2/24(土) 2/25(日) 2/26(月) 2/27(火) 2/28(水) 3/1(木) 3/2(金)
ふたり16:00-18:30
ふたり
あした16:00-18:25
あした
あの、夏の日16:00-18:10
あの、夏の日
はるか、ノスタルジー15:45-18:30
はるか、ノスタルジー
ふたり16:00-18:30
ふたり
あした16:00-18:25
あした
あの、夏の日16:00-18:10
あの、夏の日
花筐18:40-21:30
花筐/HANAGATAMI
花筐18:40-21:30
花筐/HANAGATAMI
花筐18:40-21:30
花筐/HANAGATAMI
花筐18:40-21:30
花筐/HANAGATAMI
花筐18:40-21:30
花筐/HANAGATAMI
花筐18:40-21:30
花筐/HANAGATAMI
花筐18:40-21:30
花筐/HANAGATAMI

予定表 横にスクロールできます

3/3(土) 3/4(日) 3/5(月) 3/6(火) 3/7(水) 3/8(木) 3/9(金)
花筐15:50-18:45
花筐/HANAGATAMI
花筐15:50-18:45
花筐/HANAGATAMI
花筐15:50-18:45
花筐/HANAGATAMI
花筐15:50-18:45
花筐/HANAGATAMI
花筐15:50-18:45
花筐/HANAGATAMI
花筐15:50-18:45
花筐/HANAGATAMI
花筐15:50-18:45
花筐/HANAGATAMI

予定表 横にスクロールできます

【特集上映入場料】

前売料金:劇場特別鑑賞券1,000円を当館受付にて発売中!

当日料金:一般1,500円/会員1,200円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

上映作品紹介

廃市

©PSC

廃市

1983年/35mm/106分/PSC
監督:大林宣彦
脚本:内藤誠、桂千穂
原作:福永武彦
撮影:阪本善尚
美術:薩谷和夫
出演:小林聡美、山下規介、根岸季衣、峰岸徹、入江若葉、尾美としのり、林成年、入江たか子

古びた運河の町のある旧家を舞台に、美しい姉妹とそこを訪れた青年の一夏の出来事を描く。かつて一度も映画になったことのない福永武彦原作の同名小説を、福岡県柳川市で全編オールロケされ、念願の映画化を果たした。

異人たちとの夏

©1988 松竹株式会社

異人たちとの夏

1988年/35mm/110分/松竹
監督:大林宣彦
脚色:市川森一
原作:山田太一
撮影:阪本善尚
美術:薩谷和夫
音楽:篠崎正嗣
出演:風間杜夫、秋吉久美子、片岡鶴太郎、名取裕子、永島敏行、入江若葉、林泰文、奥村公延

中年の人気シナリオ・ライターが、幼い頃死んだはずの両親と再会する不思議な体験を描いたファンタジー。山本周五郎賞を受賞した山田太一原作の映画化。人間と幽霊の間の愛と情念とを情感豊かに描き込んだ傑作!

北京的西瓜 ぺきんのすいか

©PSC

北京的西瓜 ぺきんのすいか

1989年/35mm/135分/PSC
監督:大林宣彦
脚本:石松愛弘
原作:林小利、久我山通
撮影:長野重一
美術:薩谷和夫
音楽:根田哲雄
出演:ベンガル、もたいまさこ、峰岸徹、斉藤晴彦、笹野高史、柄本明、天宮良、浅香光代

船橋市郊外の「八百春」を舞台に、中国人留学生にすべての生活を捧げた八百屋夫婦の実話の映画化。予定されていた中国ロケ直前に天安門事件が起こり、1989年6月4日を忘れないために、数を全部足した37秒間の空白が挿入された。

ふたり

©PSC

ふたり

1991年/35mm/150分/PSC
監督:大林宣彦
脚本:桂千穂
原作:赤川次郎
撮影:長野重一
美術:薩谷和夫
音楽:久石譲
出演:石田ひかり、中嶋朋子、富司純子、岸部一徳、尾美としのり、中江有里、増田恵子

尾道を舞台に、亡き姉の幽霊に見守られながら成長していく多感な少女の姿を描いた青春ファンタジー。その年の映画賞新人賞を総なめにした石田ひかりの映画デビュー作。再び尾道を舞台に描く<新・尾道三部作>第1弾。

青春デンデケデケデケ

©PSC

青春デンデケデケデケ

1992年/35mm/135分/PSC
監督:大林宣彦
脚本:石森史郎
原作:芦原すなお
撮影:萩原憲治、岩松茂
美術:薩谷和夫
音楽:久石譲
出演:林泰文、柴山智加、岸部一徳、ベンガル、大森嘉文、浅野忠信、永堀剛敏、佐藤真一郎、根岸季衣

1960年代中頃の四国の田舎町を舞台に、ベンチャーズに憧れ、ロックバンドに情熱を燃やす高校生たちを軽快に描いた。特別出演するベンチャーズ「パイプライン」をはじめ、60年代ロック・ミュージックが全編に散りばめられている。

はるか、ノスタルジィ

©PSC

はるか、ノスタルジィ

1992年/35mm/165分/PSC
監督・脚本:大林宣彦
原作:山中恒
撮影:阪本善尚
美術:薩谷和夫
音楽:久石譲
出演:勝野洋、石田ひかり、松田洋治、尾美としのり、川谷拓三、ベンガル、根岸季衣、増田恵子

青春時代を過ごした小樽を訪れた作家と彼に町を案内する少女が、作家の本名を名乗る不思議な少年に導かれて、痛ましい青春の記憶を再生させていく。山中恒が故郷を舞台に書き下ろした『転校生』『さびしんぼう』に次ぐ第三作。

あした

©PSC

あした

1995年/35mm/141分/PSC
監督:大林宣彦
脚本:桂千穂
原作:赤川次郎
撮影:坂本典隆
美術:竹中和雄
音楽:學草太郎、岩代太郎
出演:高橋かおり、林泰文、宝生舞、原田知世、津島恵子、植木等、柏原収史、ベンガル、岸部一徳、田口トモロ、多岐川裕美、尾美としのり

『ふたり』に続き赤川次郎を原作に、冬の尾道の海を舞台に描かれる<新・尾道三部作>第2弾。遭難した死者からのメッセージを受け取った、残された家族や恋人たちの別れと“あした”への旅立ちを描いた人間ドラマ。

あの、夏の日~とんでろ じいちゃん~

©PSC

あの、夏の日~とんでろ じいちゃん~

1999年/35mm/123分/PSC
監督:大林宣彦
脚本:石森史郎、大林宣彦
原作:山中恒
撮影:坂本典隆
美術:竹内公一
音楽:學草太郎
出演:小林桂樹、菅井きん、厚木拓郎、勝野雅奈恵、嶋田久作、松田美由紀、宮崎あおい、石田ひかり

夏の尾道を舞台に、おじいちゃんと孫の少年が繰り広げる不思議な冒険を描いたファンタジー。<新・尾道三部作>最終作。ボケ気味のおじいちゃんを監視する為、夏休みの間ひとり尾道を訪れた由太だが、監視どころではなくなり…。

理由

©2004 WOWOW/PSC

理由

2004年/35mm/160分/アスミック・エース
監督:大林宣彦
脚色:大林宣彦、石森史郎
原作:宮部みゆき
撮影:加藤雄大
美術:竹内公一
音楽:山下康介
出演:村田雄浩、岸部一徳、大和田伸也、久本雅美、松田洋治、宝生舞(出演順)

宮部みゆきの直木賞受賞ベストセラーの映画化。台風の夜、超高層マンションで殺害された一家4人、実は赤の他人であることが判明し…。原作に忠実ゆえに、登場人物は総勢107名! 演技派俳優たちが、鬼気迫る演技を繰り広げる。

この空の花―長岡花火物語

©「長岡映画」製作委員会/PSC 2011

この空の花―長岡花火物語

1983年/35mm/106分/PSC
2011年/DCP/160分/PSC、TMエンタテインメント
監督:大林宣彦
脚本:長谷川孝治、大林宣彦
撮影:加藤雄大、三本木久城、星貴
美術:竹内公一
音楽:久石譲
出演:松雪泰子、高嶋政宏、猪股南、原田夏希、森田直幸、筧利夫、池内万作、富司純子

「戦禍を忘れぬ」長岡花火と、同じように火花が降り注いだ1945年の長岡大空襲とをつなぐ反戦ファンタジー。3.11の被災者をいち早く受け入れた新潟・長岡で、「世界中の爆弾を全て、花火に替えたい!」思いで描く初全編デジタル作品。

野のなななのか

©2013 芦別映画製作委員会/PSC

野のなななのか

2014年/DCP/171分/PSC、TMエンタテインメント
監督:大林宣彦
脚色:内藤忠司、大林宣彦
原作:長谷川孝治
撮影:三本木久城
美術:竹内公一
音楽:山下康介
出演:品川徹、常盤貴子、村田雄浩、松重豊、寺島咲、山崎紘菜、窪塚俊介、安達祐実

『この空の花』に次ぐ強烈な反戦映画。北海道芦別市を舞台に、ひとりの老人の死によって集まった家族と、老人に大きな影響を及ぼした、終戦直前の旧ソ連軍による樺太侵攻体験を通し、3・11以降の日本再生のあり方を問う。

霊的ボリシェヴィキ

霊的ボリシェヴィキ

2017年/日本/ビスタサイズ/ステレオ/72分/配給・宣伝:『霊的ボリシェヴィキ』宣伝部
監督・脚本:高橋洋
撮影:山田達也
照明:玉川直人
録音:臼井勝
音楽:長嶌寛幸
製作:映画美学校
出演:韓英恵、巴山祐樹、長宗我部陽子、高木公佑、近藤笑菜、河野知美、本間菜穂、南谷朝子、伊藤洋三郎

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,200円を当館受付にて発売中!

それは、あの世に触れる<恐怖の革命> 
Jホラーの巨匠が切り拓く、かつてない“心霊映画”

集音マイクがそこかしこに仕掛けられた奇妙な施設。呼び集められたのは、かつて“あの世に触れた”ことがあるという“ゲスト”と呼ばれる男女たちだった。その中の一人、由紀子には、幼い頃“神隠し”に遭遇した過去があった。強すぎる霊気により一切のデジタル機器が通用しないこの場所で、静かにアナログのテープが回り始める。やがてテープに記録されてゆくのは、人間の領域を踏み越える禁断の心霊実験だった……。

「霊的ボリシェヴィキ」。ディープ・オカルトの世界でのみ密かに語り継がれた謎の言葉…。この言葉をタイトルに冠する極限の映画が誕生した!

「霊的」×「ボリシェヴィキ」(ロシア革命でレーニンが率いた革命党派*)。霊と唯物論のあり得ない交錯を1970年代に提唱したのは、神道霊学研究家の武田崇元氏。ジャパニーズ・ホラーを主導し、その後も『恐怖』『旧支配者のキャロル』『予兆 散歩する侵略者 劇場版』と一貫して恐怖映画を追求してきた高橋洋は、20年以上前からこの言葉に取り憑かれ、ついに、かつてないコンセプトによる“心霊映画”を生み出した。その最初のホン読み(シナリオの読み合わせ)は、「まるでそれ自体が降霊実験のようだった」という(スタッフの証言)。そして偶然にも、この映画が完成したのは2017年、ロシア革命100周年の年だった…。

主演は鈴木清順監督『ピストルオペラ』でのデビュー以来、異彩を放ち続ける韓英恵。さらに高橋映画の常連・長宗我部陽子、『秋の理由』の伊藤洋三郎らベテラン勢から岩手まで個性派俳優陣が結集した。これは観客を直接スクリーンの中の“霊気”へと巻き込む、まったく新しい形の“霊的エンターテインメント”である。

*ボリシェヴィキとは…ロシア語で「多数派」の意味。1917年10月のロシア革命、ソビエト政権の樹立以後は、暴力的な共産主義革命を目指す前衛集団の意味で用いられる。レーニンと後継者スターリンが提唱する革命主義は「ボリシェヴィズム」とも呼称される。

霊的ボリシェヴィキ 霊的ボリシェヴィキ 霊的ボリシェヴィキ

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1700 ¥1100 ¥800
会員 ¥1400 ¥1100 ¥800

希望のかなた

希望のかなた

 ©SPUTNIK OY, 2017

2017年/フィンランド/98分/フィンランド語・英語・アラビア語/DCP・35㎜/カラー/配給:ユーロスペース  
原題:TOIVON TUOLLA PUOLEN
監督・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:シェルワン・ハジ、サカリ・クオスマネン

公式ホームページ

※横浜シネマリンでは、デジタル上映、35ミリプリント上映、両方行います!その風合いの違いをぜひお楽しみください!

北欧の街、ヘルシンキ。ちいさな善意があつまって、妹を探すシリア難民の魂を救う。名匠アキ・カウリスマキ監督、新たな傑作。

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手をさしのべ、自身のレストランへカーリドを雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた、行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始めるが…。

2017年のベルリン国際映画祭で観る者すべての胸に深い余韻を残し、批評家のみならず観客からも圧倒的支持を受けたアキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』。同映画祭で見事、監督賞を受賞したカウリスマキは、前作『ル・アーヴルの靴みがき』で“港町3部作”と名付けたシリーズ名を自ら“難民3部作”に変えて、今や全世界で火急の課題となった難民問題に再び向かいあいました。

シリア難民の主人公カーリドは、“いい人々のいい国”だと聞いていたフィンランドで、無情にも難民申請を却下され、ネオナチからのいわれのない暴力にさらされます。これは、やむなく故郷を離れた難民たちが、希望を求めた土地で実際に直面する現実です。そんな酷薄な現実にさらされるカーリドに、ヴィクストロムをはじめとする市井の人々が救いの手をさしのべます。カウリスマキ映画ではおなじみの、社会の片隅でつつましやかに生きる、少しばかり孤独をかかえた人々のちいさな善意が、カーリドの願いを叶え、魂を救うのです。『希望のかなた』は今、世界が忘れかけている“当たり前”の人間性を、辛辣なユーモアと無償のやさしさをもって描いたヒューマンドラマ。カウリスマキからのメッセージは、不寛容がはびこる世界に生きる私たちの、心のより所となることでしょう。

*2017年ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)
*2017年国際批評家連盟賞年間グランプリ
*2017年ダブリン国際映画祭 ダブリン映画批評家協会賞、最優秀男優賞
*2017年ミュンヘン映画祭 平和のためのドイツ映画賞ザ・ブリッジ監督賞
*2017年モスクワ国際映画祭出品
*2017年シドニー映画祭出品
*2017年トロント国際映画祭出品

希望のかなた 希望のかなた 希望のかなた

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

 (c)Mosaic Images LLC.

ひいくんのあるく町

ひいくんのあるく町

 ©水口屋フィルム

2017年/日本/DCP/カラー/47分
監督:青柳拓
プロデューサー・録音:植田朱里
副プロデューサー:熊澤海透
撮影:山野目光政
録音:福田陽
編集:朝野未沙稀
題字:渡井秀彦(ひいくん)
アドバイザー:安岡卓治、島田隆一、山内大堂、辻井潔
製作=日本映画大学

公式ホームページ

僕の故郷の記憶には、いつも彼が歩いていた。シャッター街をほのかに明るく照らす珠玉の47分!かつての町は今でも温かく、いつまでも優しい。

監督、青柳の父が働く障がい者の自立施設「地域活動支援センター」に通う渡井秀彦さんを街の人々は「ひいくん」と愛称して温かく見守り、仕事の手伝いを託す。その表情に屈託はない。この街に生きる人として受け入れ、差別も偏見もない。厚労省が提唱し、バリヤフリーや障がい者の自立や社会参加を促す「ノーマライゼーション」の理念が、この地に根付いているのである。「ひいくん」を主人公として衰えつつある故郷・市川大門の変化と現実を描くことを青柳は決意する。電気店を営んでいた叔父・青柳正輝さんは、脳出血を患い、認知症も併発してリハビリに励んでいるが、かつてこの街を趣味の写真で記録し続けていた。正輝さんの写真は、市川大門の変化を記録していた。その写真の一葉に、節分で鬼の面を被った「ひいくん」と幼い青柳拓が写されていた。都会で暮らすことを決意していたはずの青柳が本作の制作過程で、故郷に惹かれてゆく。

故郷への郷愁と愛しさを奏でる“ほっこり”ドキュメンタリーの誕生。

監督の故郷、山梨県甲府盆地の南・市川大門。その町並みをヘルメット姿の少年のような風変わりなおじさんがひょこたんと歩く。彼は町の人々の手伝いをして、“ひいくん”と愛称され温かく受け入れられている。いつも、当たり前のように町があり、人がいた。しかし、いつしか町はシャッターが目立つようになった。お気に入りの電気屋「水口屋テレビ」の店主・青柳正輝さんは病気で倒れ、店を閉めた。写真好きの正輝さんが撮影した膨大な数の写真には、この町の活気ある姿が確かな形で写っていた。華やかだった町の風景、盛り上がる祭り…。今、町はゆるやかに静まってゆくが、我らが人気者のひいくんはこの町を今日も朗らかに歩き続ける。
ひいくんのあるく町 ひいくんのあるく町 ひいくんのあるく町

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1000 ¥1000 ¥800
会員 ¥1000 ¥1000 ¥800

あしたはどっちだ、寺山修司

あしたはどっちだ、寺山修司

2017年/日本/100分/カラー/ステレオ/DCP/配給・宣伝協力:プレイタイム
監督:相原英雄
特別監修:九條今日子
監修:寺山偏陸、笹目浩之
出演:寺山修司、九條今日子ほか 

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,300円を当館受付にて発売中! 有隣堂伊勢佐木店全国共通特別鑑賞券

時代を挑発し47歳の若さでこの世を去った、異端のマルチクリエーター寺山修司。その壮絶な人生の全貌に迫る。

体制に迎合しない異端児、言葉の錬金術師、扇動者、アナーキストなどと呼ばれ、常にスキャンダルを生み出し、時代を挑発した過激なマルチクリエイター寺山修司。映像作品23本、著作189冊、戯曲30本以上、作詞600曲、競馬のエッセーを書き、写真家でもあった。そのエネルギーは60・70年代の既成概念を次々と破壊した。価値観を転倒させ、あらゆる常識を打ち破ったエネルギーは、閉塞感漂う現代に刺激を与え続け、今でも、多くのクリエイターや映画監督、若者たちに影響を与え続けている。だが、寺山の生涯は謎が多い。この映画『あしたはどっちだ、寺山修司』は人生を虚構で塗り固めた寺山修司の真実に迫るドキュメンタリーである。

父の戦死、母との別居、偏見にさらされた孤独な子供時代…。時代の寵児となっても、その創作活動は常にセンセーショナルに扱われ、主宰する演劇実験室天井棧敷では、演劇による革命を標榜し、差別される側に自ら身を置いた。寺山が亡くなる直前にたくらんだ恐るべき実験。そこには、寺山修司の最後のメッセージが隠されていた。

寺山修司 最後のたくらみ

1975年、4月19日土曜日、事件は起きた。突然、銭湯で劇が始まり、別の場所では、箱に閉じ込められた観客が遠く離れた港に放置された。300台のオートバイが杉並を突っ切り、車椅子に乗ったミイラ男が、大勢の観客を連れて団地のドアをノックして歩く。違法放送局が電波を流し、街頭では、通行人がマンホールに引きずりこまれた。寺山は杉並区一帯を使い、30ヶ所で30時間にも及ぶ市街劇「ノック」を一切の許可をとらずにゲリラ的に行ったのだ。 この同時多発のゲリラともいうべき市街劇により、街が無法地帯になることを恐れた警察は厳戒態勢に入った。学生運動の盛んな時代、暴動に発展することを恐れていたのだ。寺山が掲げたテーマは、「人々の閉ざされた心をノックし意識を変革する。」平穏な日常に突然、劇が侵入し刺激を与えるという「フラッシュモブ」過激版とでもいうべきものだった。住民の苦情があいつぎパトカーが出動、警官隊は予定していた劇を次々と中止させた。劇団員は逮捕され、寺山も警察に出頭した。しかし寺山は警察の出動や批判するマスコミさえも市街劇の一部だと考えていた。

寺山は、アナーキストを自負し、それ以前にも学生運動のセクトにゲリラのアイデアを提供したとして取り調べも受けていた。国家権力に立ち向かう寺山のエネルギーの原点はなにか?寺山の過去を取材し、数々の証言を得るうちに、 演劇による革命を標榜した寺山が、最後に計画した幻の市街劇の存在が明らかになる。実験段階の記録映像によると、 それは国家権力へのリターンマッチとも思える過激なものだった。寺山は、人生の最後にどんな過激な劇をたくらんだのか? 「幻の市街劇」を通して、 寺山修司の最後のメッセージに迫る。
あしたはどっちだ、寺山修司

 ©荒木経惟 あしたはどっちだ、寺山修司 あしたはどっちだ、寺山修司

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

誕生!ヘルツォーク特集

誕生!ヘルツォーク特集 誕生!ヘルツォーク特集

ヴェルナー・ヘルツォーク監督の75歳を記念して

■はじめに


ドイツの映画監督ヴェルナー・ヘルツォークが2017年9月に75歳の誕生日を迎えたことを記念して開催される特集上映。
16世紀にアマゾンの奥地に黄金郷を求めたスペイン探検隊の実話が原作の『アギーレ/神の怒り』、第35回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した約157分の大作『フィツカラルド』、世界のアートシーンに衝撃を与えた『小人の饗宴』、湾岸戦争の様子を名曲とともに捉えたドキュメンタリー『問いかける焦土』など、選りすぐりの10作品を上映致します。

公式ホームページ

©Werner Herzog Film

■ヴェルナー・ヘルツォーク Werner Herzog


1942年9月5日ドイツ生まれ。スジガネ入りのフリーターだった父親のもと、ドイツ南部を転々として電話も知らない少年時代を過ごす。『カスパー・ハウザーの謎』(1974年)でカンヌ国際映画祭審査員グランプリ、『フィツカラルド』(1982年)で同監督賞受賞。また、『ミスター・ロンリー』(2006年/ハーモニー・コリン監督)などでは俳優としても活躍。『ローエングリン』(1990年バイロイト音楽祭にて公演)や『忠臣蔵』(三枝成彰作曲・島田雅彦脚本1997年)など数多くのオペラも演出。2012年には、米国テキサス州の刑務所で服役中の死刑囚にインタビューしたドキュメンタリーInto the Abyss、2014年にはニコール・キッドマン主演でQueen of The Desertを完成させた後、現在は、Vernon God Little(邦訳「ヴァーノン・ゴッド・リトル 死をめぐる21世紀の喜劇」(D・B・Cピエール著/都甲幸治訳/ビレッジブックス刊))を原作に新作準備中である。

上映スケジュール 全10作品

1/27(土) 1/28(日) 1/29(月) 1/30(火) 1/31(水) 2/1(木) 2/2(金)
アギーレ/神の怒り14:00-15:31
A アギーレ/神の怒り
小人の饗宴14:00-15:40
G 小人の饗宴
ノスフェラトゥ14:00-15:50
C ノスフェラトゥ
フィツカラルド14:00-16:40
E フィツカラルド
コブラ・ヴェルデ 緑の蛇14:00-15:55
F コブラ・ヴェルデ 緑の蛇
シュトロツェクの不思議な旅14:00-15:50
B シュトロツェクの不思議な旅
カスパー・ハウザーの謎14:00-15:55
H カスパー・ハウザーの謎
ヴォイチェック15:40-17:01
D ヴォイチェック
カスパー・ハウザーの謎15:55-17:50
H カスパー・ハウザーの謎
シュトロツェクの不思議な旅16:00-17:50
B シュトロツェクの不思議な旅
問いかける焦土16:50-17:50
I 問いかける焦土
キンスキー、我が最愛の敵16:10-17:50
J キンスキー、我が最愛の敵
小人の饗宴16:00-17:40
G 小人の饗宴
ノスフェラトゥ16:05-17:50
C ノスフェラトゥ

予定表 横にスクロールできます

2/3(土) 2/4(日) 2/5(月) 2/6(火) 2/7(水) 2/8(木) 2/9(金)
問いかける焦土12:00-13:00
I 問いかける焦土
キンスキー、我が最愛の敵12:00-13:40
J キンスキー、我が最愛の敵
ヴォイチェック12:00-13:30
D ヴォイチェック
小人の饗宴12:00-13:40
G 小人の饗宴
アギーレ/神の怒り12:00-13:35
A アギーレ/神の怒り
カスパー・ハウザーの謎12:00-13:55
H カスパー・ハウザーの謎
フィツカラルド12:00-14:40
E フィツカラルド
フィツカラルド13:10-15:50
E フィツカラルド
アギーレ/神の怒り13:55-15:30
A アギーレ/神の怒り
コブラ・ヴェルデ 緑の蛇13:45-15:40
F コブラ・ヴェルデ 緑の蛇
シュトロツェクの不思議な旅13:50-15:40
B シュトロツェクの不思議な旅
ノスフェラトゥ13:50-15:40
C ノスフェラトゥ
キンスキー、我が最愛の敵14:10-15:50
J キンスキー、我が最愛の敵
問いかける焦土14:50-15:50
I 問いかける焦土
小人の饗宴18:00-19:40
G 小人の饗宴
フィツカラルド18:00-20:40
E フィツカラルド
カスパー・ハウザーの謎18:00-19:55
H カスパー・ハウザーの謎
ノスフェラトゥ18:00-19:45
C ノスフェラトゥ
シュトロツェクの不思議な旅18:00-19:50
B シュトロツェクの不思議な旅
問いかける焦土18:00-19:00
I 問いかける焦土
アギーレ/神の怒り18:00-19:35
A アギーレ/神の怒り
アギーレ/神の怒り19:55-21:30
A アギーレ/神の怒り
問いかける焦土20:50-21:50
I 問いかける焦土
キンスキー、我が最愛の敵20:10-21:50
J キンスキー、我が最愛の敵
コブラ・ヴェルデ 緑の蛇19:55-21:50
F コブラ・ヴェルデ 緑の蛇
ヴォイチェック20:00-21:30
D ヴォイチェック
フィツカラルド19:10-21:50
E フィツカラルド
小人の饗宴19:50-21:30
G 小人の饗宴

予定表 横にスクロールできます

入場料金

【当日料金】一般1,500円/会員1,200円/大専・シニア1,100円/高校生以下800円

【前売券】劇場特別鑑賞券3回券3,000円を当館受付にて発売中!

※当館は整理番号順入場、全席自由席です。上映の1週間前より、劇場窓口でのみ先売りチケットを取扱っております。前売券を先売りチケットにお引き換えいただくことも可能です。インターネットや電話でのご予約は承っておりませんので、予めご了承ください。

上映作品紹介

アギーレ/神の怒り

A アギーレ/神の怒り

1972年/日本語字幕付き/新訳/91分/デジタル・リマスター版/BD
出演:クラウス・キンスキー

16世紀、アマゾンの奥地に黄金郷を求めたスペイン探検隊の実話が原作。最後の峠を越えたところで厳しい自然に阻まれ、食料も底をつき探検隊は内部崩壊してゆく。『タイム』誌が選ぶ<歴代映画100選>の1本に!

1973年ドイツ映画賞最優秀撮影賞
1976年フランス映画批評家協会賞最優秀外国語映画賞
1977年全米映画批評家賞最優秀撮影賞 他

シュトロツェクの不思議な旅

B シュトロツェクの不思議な旅

1976年/ドイツ/日本語字幕付き/104分/デジタル・リマスター版/BD
出演:ブルーノ・S エーファ・マッテス

シュトロツェクは刑務所出所後、エーファとシャイツ老と、成功を夢見てドイツから米国に渡るが・・。シュトロツェクに『カスパー・ハウザーの謎』のブルーノ・S、エーファに『ドイツ・青ざめた母』のエーファ・マッテスを起用。三人いずれも見事なはまり役!

1977年タオルミナ国際映画祭審査員特別賞
1978年ドイツ映画批評家協会最優秀作品賞 他

ノスフェラトゥ

C ノスフェラトゥ

1978年/ドイツ/日本語字幕付き/103分/デジタル・リマスター版/BD
出演:クラウス・キンスキー イザベル・アジャーニ ブルーノ・ガンツ

クラウス・キンスキー演じる白塗りのドラキュラ伯爵の迫力と、アジャーニの妖しい美しさに息をのむ。『ヒトラー~最後の12日間~』の名優ブルーノ・ガンツが、アジャーニとカップルを演じているのも見もの。

1979年ベルリン国際映画祭銀熊賞/最優秀美術賞
1979年ドイツ映画賞最優秀男優賞(クラウス・キンスキー)
1980年カルタヘナ映画祭最優秀男優賞 他

ヴォイチェック

D ヴォイチェック

1979年/日本語字幕付き/81分/デジタル・リマスター版/BD
出演:クラウス・キンスキー エーファ・マッテス

兵士ヴォイチェックの頭には、しょっちゅう、不思議な声が響いていた。その声に導かれるように彼は…。原作は19世紀に23歳で亡くなった天才ゲオルク・ビューヒナーによる未完の小説。

1979年カンヌ国際映画祭最優秀助演女優賞(エーファ・マッテス)
1981年ドイツアートハウスギルド賞 他

フィツカラルド

E フィツカラルド

1981-1982年/ドイツ/日本語字幕付き/約157分/デジタル・リマスター版/BD
出演:クラウス・キンスキー クラウディア・カルディナ―

19世紀末ブラジル。稀代のテナー、エンリコ・カルーソーに感激したフィツカラルドが、アマゾンの奥地にオペラハウスを建てようと始めた事とは…。船の山越えシーンが伝説になった途方もないスケールの映画!

1982年カンヌ国際映画祭監督賞
1982年ドイツ映画賞最優秀作品賞
1983年ゴールデングローブ賞最優秀外国語映画賞候補 他

コブラ・ヴェルデ 緑の蛇

F コブラ・ヴェルデ 緑の蛇

1987年/ドイツ/110分/デジタル・リマスター版/BD
出演:クラウス・キンスキー

19世紀初頭のブラジル。フランシスコは農園主の娘に手を付けたため、アフリカに飛ばされた後、奴隷商人コブラ・ヴェルデとなるが、勲功をあげアフリカ総督になる。だが、栄華は続かず、首に懸賞をかけられる身に…。稀代の役者、クラウス・キンスキー出演作品

1988年ババリア映画祭最優秀作品賞/最優秀録音賞 他

小人の饗宴

G 小人の饗宴

1969―1970年/ドイツ/日本語字幕付き/96分/デジタル・リマスター版/BD
出演:ヘルムート・デーリング

人里離れた施設で始まったアナーキーなドンチャン騒ぎ。衝撃的な内容に物議を醸したが、世界のアートシーンに与えた影響は計り知れない。ヘルツォークは「ニワトリが恐ろしいと示したのは私が最初です」と語る。

カスパー・ハウザーの謎

H カスパー・ハウザーの謎

1974年/日本語字幕付き/デジタル・リマスター版/109分/デジタル・リマスター版/BD
音楽:ポポル・ヴー 使用音楽:ヨハン・パッヘルベル オルランド・ディ・ラッソ他
出演:ブルーノ・S

映画史上に残る傑作。1828年、ニュルンベルクの路上で、言葉も喋れない青年が発見された。地下室に閉じ込められていたようだ。彼はカスパー・ハウザーと名付けられ、ある篤志家に引き取られ、言葉を習得して通常の生活を送るようになるが、突然正体不明の男に殺される…。 カスパーはナポレオン二世の落とし子などの噂もあるが出自も暗殺の真相も不明。小説・音楽など多くのクリエイターを引き付けたこの実話を題材に、ヘルツォークは、精神病施設からの脱走を繰り返したというアマチュアのブルーノ・Sをカスパーに起用。

1974年カンヌ国際映画祭審査員グランプリ/FIPRESCI賞/エキュメニカル賞
1975年ドイツ映画賞最優秀美術賞 他

問いかける焦土

I 問いかける焦土

1992年/仏・英・独/カラー/54分/デジタル・リマスター版/BD
原題:Lektionen in Finsternis

ワーグナー、シューベルト、ヴェルディ、マーラー、プロコフィエフらの荘厳な楽曲を背景に描かれる湾岸戦争(1991年)のドキュメント。戦火により黒煙を上げる油田地帯、破壊され人気が消えた町、海水のように流れてゆく石油。見知らぬ惑星での出来事のようである。

メルボルン国際映画祭1993グランプリ 他

キンスキー、我が最愛の敵

J キンスキー、我が最愛の敵

1998-1999年/独・英/カラー=モノクロ/95分/デジタル・リマスター版/BD
原題:Mein Liebster Feind
出演:ヴェルナー・ヘルツォーク、クラウス・キンスキー、クラウディア・カルディナーレ、イザベル・アジャーニ

10代の頃、同じ下宿で暮らしたヘルツォークとクラウス・キンスキーの最狂コンビで作った映画は5本。ヘルツォークは撮影現場で〈キンスキー殺し〉を持ちかけられ、キンスキーに銃をぶっ放されたスタッフもいたとか。凄まじいエネルギーが伝わるドキュメンタリー。

1999年サン・パウロ国際映画祭最優秀記録映画賞 他

ちょっとまて野球部!

ちょっと待て野球部!

 ©2017ゆくえ高那・新潮社/「ちょっとまて野球部!」製作委員会

2018年/日本/76分/配給:日本出版販売、東映ビデオ
監督:宝来忠昭
原作:ゆくえ高那
脚本:友池一彦
撮影:青木泰広
出演:須賀健太、小関裕太、山本涼介、宮崎秋人、荒井敦史、塩谷瑛久、柳喬之、堀部圭亮、福士誠治

公式ホームページ

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!特典:オリジナルポストカード(3枚組)をプレゼント! 有隣堂伊勢佐木店全国共通鑑賞券

ほのぼの部活コメディ、野球部3バカトリオの青春映画 
どんだけ青春?!

県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。3年生たち最後の夏が終わり、1年生の大堀(須賀健太)、秋本(小関裕太)、宮田(山本涼介)ら残された部員たちの新たな日常がスタートする。なんとなく授業をやりすごし、マネージャーの日野原(宮崎秋人)や2年生の晴見(荒井敦史)、石橋(塩谷瑛久)、木村(柳喬之)の指示のもと運動部再下級生お馴染みのお茶入れや草むしりなどの雑用をこなしながら野球に励む3人。
ある日、テストの追試で赤点を取った大堀がピンチに陥る。再追試に落ちると、夏の合宿に参加できないことが分かったのだ。大堀を勉強に集中させるべく、2年生から秋本、宮田に出た指令は大堀の悪ノリに付き合わないこと。しかし、この対応を無視されたと誤解した大堀は一人思い悩み、勉強にも集中できなくなる…。そして、再追試直前に2人と揉めた大堀は突如学校から脱走する。急いで、大堀を追跡する2人。やがて、再追試を大堀に受けさせるため、野球部全体を巻き込むドタバタの大騒動が起こる!
野球部のキングオブバカ・大堀は無事に再追試をクリアし、合宿に行けるのか?

野球マンガにして、熱血野球シーンがない?!

男性保育士の日常を描いた人気漫画「てぃ先生」の漫画を担当するゆくえ高那の漫画が原作。野球部の漫画ながら、ほのぼのとした部活の側面を描く部活コメディーであり、女性が見ても楽しめる熱くない?青春映画。また、野球部の面々は皆ほぼイケメンというところも女性漫画家ならでは。原作と同様、映画化した本作もフレッシュなイケメンのキャストが勢揃い。ゆるゆるほのぼのした野球部の舞台裏を描きつつ、最後には不思議にジワッとくる友情物語がここに誕生した!

ちょっと待て野球部 ちょっと待て野球部 ちょっと待て野球部

上映日時

2/3(土)~2/9(金) 2/10(土)~2/16(金)
16:10~17:35 18:10~19:35

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

夜間もやってる保育園

私が殺したリー・モーガン

 ©夜間もやってる製作委員会

2017年/日本/111分/配給:東風
監督:大宮浩一
企画:片野清美
撮影:遠山慎二、前田大和

公式ホームページ

夜間保育園を知っていますか?
保育園が変われば社会が変わる。療育教室や有機食材をつかった食育まで、知られざる夜間保育園の挑戦です。

夕方には仕事を終えて、家族そろって食卓を囲みたい。けれど、なかなかそうもいきません。家庭の事情もさまざま。核家族化、共働き、夜遅くまでの仕事もあれば、ひとりで家事や育児もこなすシングルペアレントだって少なくありません。夜間保育園は、子どもたちが安心して夜「も」過ごせる保育園です。



映画が映し出すのは、制度や数字からだけでは知ることのできない豊かな現実です。

少子化が進むいっぽうで大きな社会問題になっている待機児童。国と自治体にとって喫緊の課題ですが、認可夜間保育園の数は全国で約80。夜間に子どもを預けてまで働く親と夜間保育園への偏見や批判も多くあります。だからいま、いっしょに考えてみませんか?

新宿歌舞伎町に隣接する大久保で24時間保育を行う「エイビイシイ保育園」では、完全オーガニックの給食による食育や多動的な子どもたちへの療育プログラム、卒園後の学童保育など、独自の試行錯誤をつづけていました。さらに北海道、新潟、沖縄の保育現場を取材しました。

監督は『ただいま それぞれの居場所』で介護福祉現場のいまを鮮やかに描いた大宮浩一。さまざまな事情で子どもを預ける親や保育士たちの葛藤やよろこび。すくすくと育つ子どもたちの笑顔や寝顔や泣き顔…。知られざる夜間保育の現場から、家族のありかた、働きかた、いま私たちが暮らしているこの社会のかたちを照らします。

夜間もやってる保育園 夜間もやってる保育園 夜間もやってる保育園

上映日時

1/13(土)~1/19(金) 1/20(土)~1/26(金)
10:00〜11:51(予告なし) 19:30〜21:30

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1700 ¥1100 ¥800
会員 ¥1400 ¥1100 ¥800

私が殺したリー・モーガン

私が殺したリー・モーガン

 ©2016 Kasper Collin Produktion AB

2016年/スウェーデン・アメリカ合作/91分/モノクロ&カラー/配給:ディスクユニオン
原題:I Called Him Morgan
監督:カスパー・コリン
出演:リー・モーガン、ヘレン・モーガン、ビリー・ハーパー、ジミー・メリット、ベニー・モウピン

公式ホームページ

ジャズ史に刻まれた一夜の悲劇の真実。
今なお深く傷を遺す「ジャズ史上最悪の悲劇」の愛と哀しみに迫る。

1972年2月19日深夜、雪のマンハッタン。イースト・ヴィレッジのジャズクラブ『スラッグス』。33歳の天才トランぺッター リー・モーガンの途が閉ざされた。

若干18歳で名門ブルーノート・レコードからデビューするなど稀なる才能で駆け上がったスターダム。ドラッグでの転落。二人三脚で救い出したひと回り歳上の女性ヘレンとの出会い。そんな二人に対するミュージシャン仲間からの温かい眼差し、評価。その関係を崩壊させる新恋人の登場と凶行―。

銃と運命の引き金を引いた内縁の妻ヘレン・モーガンが最晩年に残した唯一のインタビューに、友人や関係者たちの証言を加え、リーとヘレンをとりまく周囲の人間模様と変化が徐々に明らかになる。



この映画は、リーとヘレン、そして彼らがもたらした音楽へのラヴ・レター。

リー・モーガン(1938〜1972年)

若干18歳でディジー・ガレスピーに見出され、同年名門ブルーノート・レコードより『Lee Morgan indeed!』でデビュー。天才クリフォード・ブラウンの再来とも呼ばれた。特に57年にレコーディングされた3枚目のアルバム『Lee Morgan Vol.3』の中の< アイ・リメンバー・クリフォード>はジャズ界屈指の名演のひとつとして名高い。1960年代はアート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズに所属し、来日公演も行った。この時代の演奏では< モーニン>< ダット・デア>などが有名で、日本におけるジャズ人気を牽引した。さらに1963年録音の『The Sidewinder』がビルボードチャート最高25位にランクイン。これはジャズ界では空前のヒット作となり“ジャズ・ロック”というジャンルを築いた。
1972年2月18日、NYのジャズクラブ「スラッグス」での演奏中、その2ステージ目と3ステージ目の合間の休憩時間に、内縁の妻ヘレン・モーガンに拳銃で撃たれ、ベルビュー病院に移送されたが、死亡が確認された。

私が殺したリー・モーガン

 (c)Val WilmerCTSIMAGES.

私が殺したリー・モーガン

 (c)Ben van Meerendonk International Institute for Social History

私が殺したリー・モーガン

上映日時

1/13(土)~1/19(金) 1/20(土)~1/26(金)
20:15〜21:55 10:00〜11:40

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800