現在上映作品

9/22(土)~

マガディーラ 勇者転生

マガディーラ 勇者転生

©GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.

2009年/インド/テルグ語/139分/配給:ツイン
原題:MAGADHEERA
監督・脚本:S・S・ラージャマウリ
製作:アッル・アラヴィンド、B.V.S.N.プラサド
音楽:M.M.キーラヴァーニ
出演:ラーム・チャラン、カージャル・アグルワール、スリハリ、デヴ・ギル、スニール、サラット・バーブ

公式ホームページ

半券提示サービス
『マガディーラ 勇者転生』公開期間中、「インド料理 モハン」さん、または、「本格インド料理 パナス」さんで、本作入場券半券提示の方に、「ワンドリンク」サービス致します!

『バーフバリ』の原点。ついに公開!
『バーフバリ』スタッフ総結集で贈る、もう1つの愛と復讐のスペクタクル・アドベンチャー!

昨年末の公開以来、驚異のロングラン・ヒット中の奇跡の映画『バーフバリ 王の凱旋』。その熱狂と興奮を受け、ついに『バーフバリ』2部作誕生の原点として日本公開が待望されていた、S.S.ラージャマウリ監督の傑作『マガディーラ 勇者転生』が登場!
史劇スペクタクルの見せ場も数多く、歌と踊りが満載の<マサラ・ムービー>としての楽しさも存分に味わえる傑作として高い評価を獲得、今も圧倒的な人気を誇るテルグ映画史上屈指の1本。
『バーフバリ 王の凱旋』と合わせてお楽しみください!

400年の時を越えて甦る、運命の恋。
愛の戦士を称えよ!

1609年、ウダイガル王国。近衛軍の伝説的戦士バイラヴァは、国王の娘ミトラ姫と愛し合っていたが、王国とミトラ姫を我が物にしようと企む軍司令官ラナデーヴの邪悪な陰謀により、非業の死を遂げる。
400年後のハイデラバード、バイラヴァはバイクレーサーのハルシャという若者に生まれ変わっていた。ハルシャはある日、町で偶然にある女性の手に触れた途端、脳裏に前世の記憶が甦るが、その女性を見失ってしまう。やがてハルシャはミトラ姫の生まれ変わりインドゥと運命の再会を遂げるが、かつて二人の仲を裂いたラナデーヴも、インドゥの従兄弟ラグヴィールとして生まれ変わっており、再び悪逆非道な罠を仕掛けてくる…。

マガディーラ 勇者転生 マガディーラ 勇者転生 マガディーラ 勇者転生

上映日時

9/22(土)~9/28(金) 9/29(土) 9/30(日) 10/1(土)~10/5(金) 10/6(土)~10/12(金)
16:00~18:20 13:50~16:10 17:40~20:00 13:50~16:10 20:10~22:35

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

9/22(土)~

-『マガディーラ 勇者転生』公開記念上映!-

バーフバリ 王の凱旋 完全版

バーフバリ 王の凱旋 完全版

©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

2017年/インド/インド・テルグ語/167分/DCP/配給:ツイン
原題:Baahubali 2: The Conclusion
監督・脚本:S・S・ラージャマウリ
製作:ショーブ・ヤーララガッダ、プラサード・デービネーニ
出演:プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ

公式ホームページ

半券提示サービス
『バーフバリ 王の凱旋 完全版』公開期間中、「インド料理 モハン」さん、または、「本格インド料理 パナス」さんで、本作入場券半券提示の方に、「ワンドリンク」サービス致します!

バーフバリ 王の凱旋 完全版 絶叫上映ロゴ 9/30(日)14:10開演 V8japanさんによる前説あり/14:20上映開始
9/16(日)9:30劇場OPENよりチケット販売開始!一律1,800円/ただし会員割あり1,500円

映画の神様が、スクリーンに降臨する。
宇宙最強の愛と復讐、ここに完結!

インド映画史上歴代最高興収を達成、日本でも限定公開から噂が噂を呼び異例のロングラン・ヒットとなった驚異のアクション・エンタテインメント『バーフバリ 王の凱旋』が満を持してついにシネマリンに登場!
日本公開された141分のインターナショナル版よりも26分長く、ヒロインのデーヴァセーナが歌い踊る楽曲「かわいいクリシュナ神よ」のシーンなど日本初公開のシーンが多数含まれる、本国インドで公開された167分の完全版!

大抒情詩「マハーバーラタ」から生まれた、映画史上最強の吉祥開運ムービー!

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。
自らが伝説の英雄バーフバリの息子であることを知ったシヴドゥは、父の家臣カッタッパから、ある裏切りによって命を絶たれ、王座を奪われた父の悲劇を聴かされる・・・。
カーラケーヤとの戦争に勝利を収め、国母シヴァカミから王位継承を託されたアマレントラ・バーフバリは、自ら治めることになる国を視察するために、信頼する忠臣カッタッパと共に身分を隠し、旅に出る。その旅でバーフバリはクンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちるが、王位継承争いに敗れたバラーラデーヴァは、バーフバリとデーヴァセーナの仲を裂き、バーフバリを王座から引き下ろすべく邪悪な策略を巡らしていた。やがて、王位を奪ったバラーラデーヴァはバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも亡きものにしようとする・・・。
父バーフバリはなぜ殺害されなければならなかったのか?母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか?すべてを知ったシヴドゥはマヘントラ・バーフバリを名乗り、暴君と化したバラーラデーヴァに戦いを挑む!

バーフバリ 王の凱旋 完全版 バーフバリ 王の凱旋 完全版 バーフバリ 王の凱旋 完全版
バーフバリ 王の凱旋 完全版 絶叫上映ロゴ

インド映画として日本では異例の大ヒットとなった『バーフバリ』。多くのお客様からの熱いリクエストを受け、『バーフバリ 王の凱旋 完全版』を横浜シネマリンにて“ヨコハマヒシュマティ”完全版絶叫上映として開催いたします!発声OK!コスプレOK!サイリウムOK!打楽器・鳴り物OK!紙吹雪OK!の上映です!集え民よ!港町“ヨコハマヒシュマティ”で王を称えよ!皆様のご来場をお待ちしております!

【絶叫上映 開催日時】

9/30(日)

14:10開演 ※V8japanさんによる前説・注意事項あり

14:20上映開始 ※ダイジェスト映像上映あり

【注意事項・ご案内】

  • 上映中の発声、拍手、合唱OKの上映となります!
  • 鈴、タンバリン、小型の太鼓などの鳴り物の使用OK!
  • ラッパ、ブブゼラなど笛系の使用はご遠慮ください。
  • うちわ、サイリウム等、光り物の使用OK!
  • 紙吹雪の使用OK!※終了後、紙吹雪のお掃除にご協力お願い致します!
  • コスプレやメイクをしての参加OK!※場内に着替え・メイクスペースはありませんので、予めご了承ください。
  • コスプレの場合、鋭利なパーツや小道具の使用はご配慮下さい。
  • クラッカーなど、火薬を使用した発音器などの使用はご遠慮ください。
  • 泥酔状態でのご参加はご遠慮ください。
  • その他、映画鑑賞時の基本的マナーを守ってご参加ください。

【チケット販売】

9/16(日)9:30劇場OPENより販売開始!

※入場整理番号付/全席自由席

※インターネットでの事前予約、販売はございません。

【料金】

一律1,800円

※特別上映に付き、招待券、ポイントカードによる無料鑑賞不可。

【プレゼント配布】

当日のご来場者様に、本上映イベント協力のV8Japanさんよりステッカープレゼント!

V8japanさんによるステッカープレゼント!

上映日時

9/22(土)~9/28(金) 9/29(土) 9/30(日)※絶叫上映 10/1(土)~10/5(金)
18:30~21:30 16:20~19:10 14:10~17:12 16:20~19:10

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

9/15(土)~

ポップ・アイ

ポップ・アイ

©2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

2017年/シンガポール、タイ合作/102分/配給:トレノバ、ディレクターズ・ユニブ
原題:POP AYE
監督・脚本:カーステン・タン
出演:ボン、タネート・ワラークンヌクロ、ペンパック・シリクン、チャイワット・カムディ

公式ホームページ>

ゾウと中年男、
タイ縦断500キロの旅がはじまる!

かつては一流建築家として名を馳せたタナー。 今は会社で居場所がなくなり、妻にも相手にされず、人生に疲れきった中年男。 ある日、彼はバンコクの路上で、幼い頃に飼っていたゾウのポパイを偶然見つける。居ても立ってもいられなくなった彼は、数十年を経て巨大に成長したポパイを買い取って家に連れ帰るが、妻にキレられる。 家庭も仕事も放り出したくなったタナーはポパイと二人で家出をして、幼い頃に一緒に暮らした故郷を目指して長い長い旅をはじめる。道中では、ちょっと間抜けな警官コンビや人生を悟ったホームレス、哀愁漂うニューハーフなど個性豊かな人々に出会っていき…。

サンダンスが歓喜に包まれた!タイに魅了され、”野良ゾウ”にインスピレーションを得た カーステン・タンが描く、かつてない摩訶不思議なロードムービー!

ゾウと中年男がタイの国土を縦断するという奇想天外なアイデアを、 巧みなストーリーテリング、ユーモアあふれる演出、そして旅情感に満ちた映像で描き出したのは、シンガポール出身の女性監督カーステン・タン。 短編が各国の国際映画祭で注目され、CNNの「注目の人物」でも取り上げられた俊英が長編第1作に選んだ舞台は居住経験のあるタイ。 その時に目撃した”野良ゾウ”のビジュアルに触発されて制作した本作は、シンガポールの名匠 エリック・クーに大絶賛され、ワールドプレミアとなったサンダンスで脚本賞を受賞し、大きな話題となる。 その後、ロッテルダムやチューリッヒなどの国際映画祭でも高い評価を得る。 第30回東京国際映画祭CROSSCUT ASIA部門上映作品。

ポップ・アイ ポップ・アイ ポップ・アイ

上映日時

9/15(土)~9/21(金) 9/22(土)~9/28(金) 9/29(土)~
14:00~15:45 10:00~11:50 未定

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

9/15(土)~

プロヴァンス物語2部作 マルセルの夏/マルセルのお城

マルセルの夏

(C)1990 GAUMONT/TF1 FILMS PRODUCTION

1990年/フランス/『マルセルの夏』111分・『マルセルのお城』99分/DCP/配給:オンリー・ハーツ
原題:『マルセルの夏』La gloire de mon pere、『マルセルのお城』Le chateau de ma mere
監督:イブ・ロベール
原作:マルセル・パニョル
製作:アラン・ポワレ
脚本:ジェローム・トネール、イブ・ロベール
出演:フィリップ・コーベール、ナタリー・ルーセル、ディディエ・パン、テレーズ・リオタール

公式ホームページ

<なか区ブックフェスタ2018>参加企画!
「読んでから見るか、見てから読むか第2弾」と題して原作本を販売いたします!
マルセル・パニョル著 三部作
『少年時代①父の大手柄 マルセルの夏』
『少年時代②母のお屋敷 マルセルのお城』
『少年時代③秘めごとの季節』
映画と併せてお楽しみください!

父がいた、母がいた、家族と友がいた。
忘れえぬ、人生で最も美しい日々・・・

フランスの国民的作家・劇作家・映画人マルセル・パニョル(1895-1974)の自伝的作品『少年時代』を、『わんぱく戦争』などの名匠イヴ・ロベール監督が詩情豊かに描いたプロヴァンス物語2部作『マルセルの夏』『マルセルのお城』。
20世紀初頭の南仏プロヴァンスの一家族の物語は、フランス人にとって心の故郷そのもの。それはフランス人に限らずとも、だれもが心の奥底に持ち続けている大事な宝物を想起させてくれる。空や川や木や風の匂い、父の強さ、母の笑顔、友との約束、未知への憧れ。なんともいえない幸福感、せつない哀愁が、陽光輝く大自然の風景とともに一瞬のうちに蘇る。
日仏交流160年に際し、4Kデジタルリマスター版にて公開(当館では2Kでの上映となります)。
音楽は『ディーバ』などでも知られる巨匠ウラジミール・コスマ。字幕は松浦美奈が初公開時の自らの翻訳を改訂。

ここでは幸せが
泉のようにあふれていた。

『プロヴァンス物語 マルセルの夏』
お針子と教師の間に生まれたマルセルは、幼いうちから読み書きに秀でた少年。やがて弟、そして妹も誕生したパニョル一家は、夏のヴァカンスを過ごすため、ローズ伯母とその夫ジュール伯父が借りている丘陵の緑とセミの声に包まれた別荘に向かう。狩猟の名人である伯父は初心者の父ジョゼフを狩猟に誘う。マルセルが初めて目にする頼りない万能の父…。

『プロヴァンス物語 マルセルのお城』
再び休暇が訪れ、友が待つ夢にまで見た丘陵に戻ったマルセルは、そこで初めての恋を体験する。やがてパニョル一家は、母の計らいで毎週末を別荘で過ごし始める。ただそこは、多くの荷物を抱えて歩いていくには駅からとてつもなく遠く、父の教え子の助けもあって、いくつかの大きな邸宅の庭先を抜けて近道をしていた。が、ある日、頑固で容赦ない邸宅の管理人に見つかり、母は卒倒してしまう…。

マルセルの夏 マルセルの夏 マルセルの夏 マルセルのお城 マルセルのお城

上映日時

『プロヴァンス物語 マルセルの夏』

9/15(土)~9/21(金) 9/22(土)~9/28(金)
10:00~11:55 12:00~13:55

『プロヴァンス物語 マルセルのお城』

9/15(土)~9/21(金) 9/22(土)~9/28(金)
12:05~13:50 14:05~15:50

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800
PAGE TOP ▲