ホーム

お知らせ

2016/12/2

【舞台挨拶・ティーチイン】『縄文号とパクール号の航海』初日12/12(月)、14(水)、16(金)14:40回上映後、水本博之監督の舞台挨拶、12/17(土)、18(日)、23(金・祝)10:00回上映後は、水本博之監督トークショーがございます!

2016/11/30

【上映情報】『フィッシュマンの涙』の情報をアップしました。

2016/11/29

【上映情報】『レミニセンティア』の情報をアップしました。

2016/11/23

【トークショー】「『カレーライスを一から作る』」初日12/10(土)17:00回上映後、前田亜紀監督のトークショーが、12/17(土)12:30回上映後、あの「グレートジャーニー」の関野吉晴さんのトークショーが決定しました!

2016/11/22

【上映情報】『角川映画40周年企画「角川映画祭」』の情報をアップしました。

2016/11/20

【上映情報】『僕らのカヌーができるまで』の情報をアップしました。

2016/11/17

【上映情報】『神のゆらぎ』の情報をアップしました。

2016/11/13

【上映情報】『ニーゼと光のアトリエ 』の情報をアップしました。

2016/11/10

<会員限定> 無料上映会 12月10日(土)追悼上映 平幹二郎『夜の片鱗』の情報をアップしました。

2015/8/19

ムビチケカードのご使用が可能になりました!

2014/12/10

メンバーズカードのご案内』をアップしました。

2014/12/1

ホームページを開設しました。

2014/9/15

リニューアルオープンは12月12日(金)に決まりました。

2014/9/01

横浜シネマリンの公式twitterを始めました。

12/3(土)~12/9(金)

①10:30〜12:30


②12:45〜14:35


③15:00〜17:05


④17:15〜19:15


Lifeworks おまけ上映 Vol.16 『ストリートレース』


⑤19:25〜21:10


美しい人熊本チャリティー募金報告
追悼上映 平幹二郎『夜の片鱗』

今年もやります!〈会員限定〉無料上映会 12/10(土)昼の部・夜の部

追悼上映 平幹二郎『夜の片鱗』上映

1964年/日本/106分/35ミリニュープリント/配給:松竹/監督:中村登/出演:桑野みゆき、平幹二郎

昼の部トークゲスト:北里宇一郎さん(脚本家)
夜の部トークゲスト:〈名画座かんぺ×映画横丁コラボ企画〉のむみちさん×月永理絵さん

※〈会員限定〉無料上映会に参加したい方はぜひご入会ください!

※年会費2000円で特典いっぱい!詳しくはメンバーズカード案内をご覧ください。

<会員限定> 無料上映会 詳しくは >

特別鑑賞券情報

  • カレーライスを一から作る』全国共通特別鑑賞券1300円を当館受付にて発売中!
  • 彷徨える河』全国共通特別鑑賞券1500円を当館受付にて発売中!特典:トリップしおり2枚をプレゼント!
  • ニーゼと光のアトリエ』全国共通特別鑑賞券1,500円を当館受付にて発売中!
  • 角川映画祭』特別鑑賞券1000円を当館受付にて発売中!特典:オリジナルポストカードをプレゼント!
  • ジギー・スターダスト』全国共通特別鑑賞券1,500円を当館受付にて発売中! 特典:オリジナルポストカード
お父さんと伊藤さん

お父さんと伊藤さん 11/26(土)~

私、彼氏、お父さん。
今日から三人で暮らすことになりました。
娘の彩と20歳年上(!)の彼氏・伊藤さんが同棲するアパート。3人の共同生活は、嵐のように始まった―!

2016年/日本/119分/配給:ファントム・フィルム
監督:タナダユキ

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >

さとにきたらええやん 11/26(土)~

いつでもおいで。
日雇い労働者の街・釜ヶ崎で38年間続く子どもたちの集い場「こどもの里」― 人情が色濃く残る街の人々の奮闘を描く、涙と笑いあふれるドキュメンタリー

2015年/カラー/100分/16:9/DCP
監督・撮影:重江良樹
音楽:SHINGO★西成

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円


『さとにきたらええやん』トークイベント決定!

11月26日(土)初日12:45の回上映後【トークイベント】

登壇者:飯田基晴さん(映画監督)× 大澤一生さん(『さとにきたらええやん』プロデューサー)

12月3日(土)12:45の回上映後【舞台挨拶・トークイベント】

登壇者:重江良樹監督 × 北村年子さん(ノンフィクションライター)

※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。

 
詳しくは >

Life works 2016 第2期『グッド・モーニング』

©2014 利重剛 All Rights Reserved.

Life works vol.17 『グッド・モーニング』 11/26(土)~12/30(金)

監督:森日出夫/脚本:近藤有希、利重 剛

横浜を舞台にした連作ショートフィルム「Life works」。どれも1話完結、映画本編の前に“おまけ”として上映されます。

舞台挨拶
11/27(日)15:00の回上映前、上原用子さん、森日出夫監督、中村高寛プロデューサーの舞台挨拶がございます。

詳しくは >

記憶の中のシベリア

祖父の日記帳と私のビデオノート

祖父の日記帳と私のビデオノート 11/26(土)~

祖父には中国での戦争やシベリア抑留の体験があった。最後まで百姓として生きた祖父とその戦争の記憶を、孫である私の眼を通して描く。

2013年/日本/デジタル/40分
監督・撮影・編集:久保田桂子/出演:久保田直人

海へ 朴さんの手紙

海へ 朴さんの手紙 11/26(土)~

ソウルに暮らす朴さんはかつて日本兵だった。朴さんはシベリア抑留を経験していた。彼は日本軍で一緒だった日本人の親友、山根さんに宛てて何度も手紙を送ったがそれが届くことはなかった。

2016年/日本/デジタル/70分
監督・撮影・編集:久保田桂子/出演:朴道興(パク・ドフン)、山根みすえ、山根秋夫(写真)



『祖父の日記帳と私のビデオノート』『海へ 朴さんの手紙』
2作品で 一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

『記憶の中のシベリア』監督による舞台挨拶&ティーチイン決定!

12月3日(土)、12月4(日)上映後

登壇者:久保田桂子監督

詳しくは >

手紙は憶えている 11/26(土)~

70年前、家族を殺したナチスを探せ。
容疑者は4人、手がかりは1通の手紙のみ。

2015年/カナダ=ドイツ/95分/ヴィスタサイズ/5.1ch/配給:アスミックエース 
監督:アトム・エゴヤン
出演:マーティン・ランドー、ヘンリー・ツェニー、ディーン・ノリス、ブルーノ・ガンツ、ルディ・コランダー

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >

神のゆらぎ

神のゆらぎ 12/3(土)~

神さまのきまぐれを、私たちは奇跡と呼ぶ。

2013年/カナダ/109分/配給:ピクチャーズデプト
監督:ダニエル・グルー

出演:グザビエ・ドラン、マリリン・キャストンゲ、ガブリエル・サブーラン、ジャン=ニコラ・ベロー、アンヌ・ドルバル

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >
特集「関野吉晴の魅力」に迫る・『カレーライスを一から作る』公開記念
カレーライスを一から作る

カレーライスを一から作る 12/10(土)~

地球を歩き続けた探検家 関野吉晴の途方もない課外ゼミ!
種まきから始めた9カ月の記録

2016年/日本/カラー/96分/製作・配給:ネツゲン
監督:前田亜紀

一般1700円/会員1400円/大専1400円/シニア・高校生以下1000円

特別鑑賞券1300円を当館受付にて発売中!

『カレーライスを一から作る』トークショー決定!

初日12/10(土)17:00回上映後

登壇者:前田亜紀監督

12/17(土)12:30回上映後

登壇者:「グレートジャーニー」関野吉晴さん

詳しくは >

縄文号とパクール号の航海

縄文号とパクール号の航海 12/12(月)~

「グレートジャーニー」関野吉晴 前代未聞の大航海!
砂鉄から鉄工具を作り、木を伐って舟を作る途方もない計画が始まった

2014年/日本/HDCAM/122分
監督・構成・撮影・編集:水本博之

一般1500円/会員1200円/大専1300円/シニア・高校生以下1000円

『縄文号とパクール号の航海』舞台挨拶&トークショー決定!

【舞台挨拶】
初日12/12(月)、14(水)、16(金)14:40回上映後

【トークショー】
12/17(土)、18(日)、23(金・祝)10:00回上映後

登壇者:水本博之監督

詳しくは >

僕らのカヌーができるまで

僕らのカヌーができるまで 12/17(土)~

50年後も生きる若者と一緒に、自分の足で歩いて、目で見て、耳で聞いて、様々な気づきを共有したい――関野吉晴

2010年/日本/109分/配給:僕らのカヌーができるまで製作委員会
監督:江藤孝治、木下美月、水本博之、鈴木純一

一般1300円/会員1000円/大専1100円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >

プージェー

プージェー 12/17(土)~

20世紀末、変わりゆくモンゴル
少女は草原を駆け抜けた

2006年/日本/長編ドキュメンタリー/カラー/110分
監督:山田和也

一般1300円/会員1000円/大専1100円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >

こども映画教室パンフレット

こども映画教室シネクラブ@横浜シネマリン2016 12/11(日)

今年も開催するよ!
『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』をみるよ!
映画ってなんだ!?映画についてもっと知ろう!
みる しる つくる を 楽しむ映画鑑賞ワークショップ

詳しくは >
角川映画40周年企画 「角川映画祭」
角川映画40周年企画 「角川映画祭」

だれにでも忘れられない物語がある 「角川映画祭」 12/24(土)~1/13(金)

常識破りの戦略で一大ブームを巻き起こした角川映画―時代に挑戦状を突きつけた、パワー溢れる16作品を横浜シネマリンで一挙上映

『犬神家の一族』D
『人間の証明』D
『野性の証明』
『蘇える金狼』D
『戦国自衛隊』D
『復活の日』D
『野獣死すべし』
『スローなブギにしてくれ』D
『ねらわれた学園』D
『悪霊島』
『セーラー服と機関銃』D
『探偵物語』D
『時をかける少女』D
『里見八犬伝』D
『麻雀放浪記』
『Wの悲劇』D

D 初デジタル化

一般1500円/会員1300円/大専1300円/シニア・高校生以下1000円/【学生応援割】大学生・専門学校生の方1000円!

特別鑑賞券1000円を当館受付にて発売中!特典:特製ポストカードをプレゼント!
詳しくは >

© TvZero

ニーゼと光のアトリエ 12/24(土)~

わたしの武器は、愛と絵筆。
心理療法の常識をくつがえし、愛と芸術で人を癒したある女医の真実の物語。

2015年/ブラジル/ポルトガル語109分/カラー/ヴィスタ/配給:ココロヲ・動かす・映画社 ◯
監督・脚本:ホベルト・ベリネール
出演:グロリア・ピレス、シモーネ・マゼール、ジュリオ・アドリアォン、クラウジオ・ジャボランジー、ファブリシオ・ボリヴェイラ、ホネイ・ヴィレラ

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

特別鑑賞券1500円を当館受付にて発売中!

詳しくは >

彷徨える河 12/24(土)~

コロンビアの俊英シーロ・ゲーラが描く、深遠なるアマゾンを舞台にした失われゆくものの物語

2015年/コロンビア・ベネズエラ・アルゼンチン/B&W+color/2.35:1/124分
監督:シーロ・ゲーラ
出演:ヤン・ベイブート、ブリオン・デイビス、アントニオ・ボリバル・サルバドール、ニルビオ・トーレス、ミゲル・ディオニシオ・ラモス

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

全国共通特別鑑賞券1500円を当館受付にて発売中!特典:トリップしおり2枚をプレゼント!

詳しくは >

レミニセンティア12/24(土)~

日本人監督が挑む!!
日本映画史上初のロシアSF映画!!

2016/日本/89分/STEREO/16:9/ロシア語/配給: INOUE VISUAL DESIGN
監督:井上雅貴
出演: アレクサンダー・ツィルコフ、井上美麗奈、ユリア・アサードバ、ほか

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >

地球に落ちて来た男 1/7(土)~

デヴィッド・ボウイ 一周忌 全国一斉追悼上映
地球に降り立った美しき宇宙人、デヴィッド・ボウイ。
待望の初主演作を、ふたたびスクリーンで!

1976年/イギリス/カラー/139分/デジタル
監督:ニコラス・ローグ
出演:デヴィッド・ボウイ、リップ・トーン、キャンディ・クラーク、バック・ヘンリー 、バーニー・ケイシー、ほか

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >

ジギースターダスト 1/28(土)~

デビッド・ボウイが、1973年7月3日に英ロンドンのハマースミス・オデオンで行った歴史的コンサートの模様を収録したドキュメンタリー。

1973年/イギリス/90分
監督:D・A・ペネベーカー

一般1800円/会員1500円/大専1500円/シニア・高校生以下1000円

詳しくは >

フィッシュマンの涙 2/11(土)~

ボクは悪魔か 英雄か? それとも食糧?

2015年/韓国/92分/カラー/配給:シンカ
原題:Collective Invention
監督・脚本:クォン・オグァン

詳しくは >
 

本拠点は、アーツコミッション・ヨコハマの平成26年度芸術不動産リノベーション助成を活用し、整備しています。

アーツコミッション・ヨコハマロゴ
横浜ニューテアトル
シネマジャック・アンドベティ
横浜キネマ倶楽部
コミュニティシネマセンター
PAGE TOP ▲
    ほーあokuha