ホーム

動くな、死ね、甦れ!
J:ビヨンド・フラメンコ
米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー
空(カラ)の味
ブランカとギター弾き
エキストランド
立ち去った女

お知らせ

2017/12/8

【イベント情報】『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』★二日目12/10(日)12:00回上映後、佐古忠彦監督(TBS「筑紫哲也NEWS23」キャスター)の舞台挨拶が急遽決定致しました!!!

2017/12/8

【イベント情報】『空(カラ)の味』★初日12/9(土)18:00回上映後、塚田万理奈監督、出演の松井薫平さん、南久松真奈さん、笠松七海さん、林田沙希絵さんの舞台挨拶がございます!★12/13(水)18:00回上映後、大崎章さん(『お盆の弟』監督)、塚田万理奈監督、主演の堀春菜さんトークショーが決定しました!!!

2017/12/03

【イベント情報】『いただきます みそをつくる子どもたち 毎週火曜は【親子上映会】12/5(火)、12/12(火)開催決定!』の情報をアップしました。

2017/12/1

【上映情報】『アランフエスの麗しき日々』の情報をアップしました。

2017/11/28

【上映情報】『愛しのノラ~幸せのめぐり逢い~』の情報をアップしました。

2017/11/27

【上映情報】『ザ・思いやり パート2 ~希望と行動編~』の情報をアップしました。

2017/11/27

【上映情報】『ラモツォの亡命ノート』の情報をアップしました。

2017/11/25

【上映情報】『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』の情報をアップしました。

2017/11/22

【上映情報】『ブランカとギター弾き』の情報をアップしました。

2017/11/21

【イベント情報】『〈みそづくりワークショップ〉開催!』の情報をアップしました。

2017/11/20

【上映情報】『ヨコハマメリー』の情報をアップしました。

2017/11/19

【イベント情報】『〈横浜シネマリン3周年記念上映会〉不滅の男 エンケン対日本武道館』の情報をアップしました。

2017/11/13

【上映情報】『沈黙 立ち上がる慰安婦』の情報をアップしました。

2017/11/6

【イベント情報】『こども映画教室シネクラブ@横浜シネマリン2017』の情報をアップしました。

2017/5/1

劇場案内』6/1(木)より【料金体系】の見直しを行います。また、6/3(土)上映作品より【先売りチケット】の販売を開始致します!

2015/8/19

ムビチケカードのご使用が可能になりました!

2014/12/10

メンバーズカードのご案内』をアップしました。

2014/12/1

ホームページを開設しました。

2014/9/15

リニューアルオープンは12月12日(金)に決まりました。

2014/9/01

横浜シネマリンの公式twitterを始めました。

12/11(月)~12/15(金)

前売券情報

©TBSテレビ

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー 12/9(土)~

※12/17(日)は子ども映画教室開催のため休映

アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ、沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった―。

2017年/日本/日本語/カラー(一部モノクロ)/ビスタ/ステレオ/107分/配給:彩プロ 
監督:佐古忠彦
撮影:福田安美
音声:町田英史
編集:後藤亮太
エグゼクティブプロデューサー:藤井和史
プロデューサー:大友淳、秋山浩之
語り:山根基世、大杉漣
テーマ音楽:「Sacoo」作曲・演奏 坂本龍一
音楽:坂本龍一、兼松衆、中村巴奈重、中野香梨、櫻井美希

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

二日目舞台挨拶
12/10(日)12:00回上映後、佐古忠彦監督の舞台挨拶が急遽決定致しました!!!

詳しくは >

© theアートシアター

theアートシアター

不滅の映画をみよう。

時代を超え、国や地域を超え、私たちに迫り、生々しい手触りを遺す映画がある。
時にその衝撃から人生までをも変えてしまう映画がある。
高い芸術性を孕み、決して古びず、今なお輝きを増す珠玉の作品たち。
「the アートシアター」では、そんな特別な映画作品を劇場が選び、上映いたします。

動くな、死ね、甦れ! 12/2(土)~

※12/10(日)は横浜シネマリン3周年記念行事のため休映

突如として現れ、世界を驚嘆させた天才ヴィターリー・カネフスキーが生み出した“映画の奇跡”が、HDリマスター版でスクリーンに甦る!収容所地帯の町で暮らす少年少女の過酷な運命を鮮烈かつ叙情あふれるタッチで描き出す

1989年/ソビエト/105分/配給:ノーム
監督・脚本:ヴィターリー・カネフスキー
出演:パーヴェル・ナザーロフ、ディナーラ・ドルカーロワ、エレーナ・ポポワ

一般1500円/会員1300円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

 (c) 2016「いただきます」製作委員会.All Rights Reserved.

いただきます みそをつくるこどもたち 12/2(土)~

古きよき日本の食卓を、子どもたちへ。医食同源・和食給食に込められた「いただきます」の本当の意味。子どもたちから元氣をもらう、ピュア・ドキュメンタリー!

2017年/日本/75分/配給:メジロフィルムズ
監督・撮影・編集:オオタヴィン
プロデューサー:安武信吾
ナレーション:石田ゆり子
出演:高取保育園の子どもたち、保育者のみなさん、西福江(高取保育園園長)、小泉武夫、奥田昌子、木村泰子ほか

一般1600円/会員1300円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

初日舞台挨拶
12/2(土)10:30回上映後、オオタヴィン監督の舞台挨拶がございます!

毎週火曜は【親子上映会】12/5(火)、12/12(火)開催決定! 詳しくは >

J:ビヨンド・フラメンコ 11/25(土)~

※12/10(日)は横浜シネマリン3周年記念行事のため休映

フラメンコのルーツ、情熱のダンス「ホタ」の魅力に迫る、巨匠カルロス・サウラが本当に描きたかったスペインの魂!

2016年/スペイン/スペイン語/90分/ビスタサイズ/5.1ch/DCP/カラー&モノクロ/配給:レスペ 
原題:JOTA de Saura
英題:J:Beyond Flamenco
監督:カルロス・サウラ
出演:サラ・パラス、カニサレス、カルロス・ヌニェス、ミゲル・アンヘル、ベルナ、バレリアーノ・パニョス、カルメン・パリス

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

 © 2016「空(カラ)の味」

空(カラ)の味 12/9(土)・12/11(月)~12/15(金)

※12/10(日)は横浜シネマリン3周年記念行事のため休映

―ただ、あなたに見てほしかった、わたしの中の本当のはなし― 田辺弁慶映画祭にて弁慶グランプリ・女優賞・市民賞・映検審査員賞の4冠を受賞

2016年/日本/135分/配給:映画24区 
監督・脚本:塚田万理奈
出演:堀春菜、松井薫平、南久松真奈、井上智之、イワゴウサトシ、柴田瑠歌、松本恭子、笠松七海、林田沙希絵

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

初日舞台挨拶
12/9(土)18:00回上映後、塚田万理奈監督、出演の松井薫平さん、南久松真奈さん、笠松七海さん、林田沙希絵さんの舞台挨拶がございます!

トークショー
12/13(水)18:00回上映後、大崎章さん(『お盆の弟』監督)、塚田万理奈監督、主演の堀春菜さんトークショーが決定しました!!!

詳しくは >

©2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

ブランカとギター弾き 12/16(土)~1週間限定

2017年度〈新藤兼人賞〉金賞受賞!
歌ってごらん、ブランカ。
生きるために、自分の居場所を見つけるために――。
気鋭の日本人監督による、世界中を魅了した愛と勇気の物語。

2015年/イタリア/タガログ語/77分/カラー/5.1ch/DCP/配給:トランスフォーマー
原題:BLANKA
監督・脚本:長谷井宏紀
撮影:大西健之

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

©Koto Production Inc.

エキストランド 12/16(土)~

全国13に及ぶフィルムコミッションへ取材を敢行!地方創生が謳われる現代への痛烈な風刺とユーモアにあふれた野心作

2017年/日本/91分/配給:コトプロダクション
監督・脚本:坂下雄一郎
出演:吉沢悠、戸次重幸、前野朋哉、金田哲、仁科貴、棚橋ナッツ、鷲尾英彰、長野こうへい、後藤ユウミ、嶺豪一

一般レイト1500円/会員1200円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

【前売券】劇場特別鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!

詳しくは >

©山室軍平の映画を作る会 All Rights Reserved .

地の塩 山室軍平 12/16(土)~

※12/17(日)は子ども映画教室開催のため休映

世の苦しむ人たちのために生涯をかけた社会福祉の先駆者、山室軍平と同志たちの物語,社会福祉の先駆者として知られる山室軍平の生涯とは…

2016年/日本/107分/配給:アルゴ・ピクチャーズ
監督:東條政利
出演:森岡龍、我妻三輪子、辰巳琢郎、伊嵜充則、水澤紳吾

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!

詳しくは >

ザ・思いやり パート2 ~希望と行動編~ 12/16(土)~

※12/17(日)は子ども映画教室開催のため休映

日本に住むアメリカ人が作るドキュメンタリー、待望の第2弾!
バクレー監督が希望をもって行動している人に会いにいく!

2017年/日本/90分/配給:映画「ザ・思いやり」事務局
監督:リラン・バクレー
撮影:高尾徹、伊藤二コラ

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

©2016 F.S.U.E C&P SMF

こども映画教室シネクラブ@横浜シネマリン2017 12/17(日)

みる しる つくる を 楽しむ映画鑑賞ワークショップ! ユーリー・ノルシュテイン監督のアニメーションの世界を体験してみよう!

1部:映画鑑賞

ユーリー・ノルシュテイン監督作品

  • 霧の中のハリネズミ
  • キツネとウサギ
  • 話の話

参加費(1部のみ):0歳~2歳:無料/3歳~12歳:500円/保護者:800円
定 員:82名


2部:ワークショップ
  • 映画館探検
  • 『霧の中のハリネズミ』をテーマにしたワークショップ

参加費(1部+2部):2500円/参加資格:小学1~6年生※年齢制限を外しました。/定 員:20名(抽選)

詳しくは >

立ち去った女 12/23(土)~

※新年元旦は休館

世界が絶賛する “怪物的映画作家”が、ついに全貌を現す!光と闇、善と悪、罪と赦し。人間の本質を炙り出す、美しき復讐のドラマ。観る者をとりこにする「長尺」の快感。映画的興奮に溺れる3時間48分!

2016年/フィリピン/タガログ語/モノクロ/228分/配給:マジックアワー
監督・脚本・撮影・編集:ラヴ・ディアス
出演:チャロ・サントス・コンシオ、ジョン・ロイド・クルズ、マイケル・デ・メサ、シャマイン・センテネラ・ブエンカミノ、ノニー・ブエンカミノ

一般2200円/会員・大専・高校生以下・シニア1500円

【前売券】全国共通特別鑑賞券1,800円を当館受付にて発売中!特典:オリジナルポストカードをプレゼント!

詳しくは >

沈黙 立ち上がる慰安婦 12/30(土)~

※新年元旦は休館

ハルモニたちは 半世紀の沈黙を破って立ち上がった。ハルモニたちは自らの手で恨(ハン)を晴らしていきました

2017年/日本・韓国合作/117分/カラー/HD/配給:アリランのうた製作委員会
朴壽南(パク・スナム)
撮影:大津幸四郎、ハン・ジョング、チャン・ソンホ 他

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

ラモツォの亡命ノート 12/30(土)~

※新年元旦は休館

政治犯の夫を持つ妻と、家族の6年の物語。読み書きのできないラモツォは、旅の途上をビデオカメラに記録した。

2017年/日本/チベット語/93分/カラー/ドキュメンタリー
監督・撮影・編集:小川真利枝
協力:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

一般1700円/会員1400円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

愛しのノラ~幸せのめぐり逢い~ 12/30(土)~

※新年元旦は休館

文豪・内田百閒の「ノラや」からインスパイアされて作り上げた、猫と人間が織りなす感動のドラマ

2017年/日本/82分/配給:ブロードウェイ
監督:田尻裕司
脚本:中野太、川崎龍太
プロデューサー:張江肇、朝倉庄助

一般1500円/会員1200円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >

©2016-Alfama Films Production-Neue Road Movies

アランフエスの麗しき日々 2018/1/27(土)~

ほかに何も言うことはない、世界は燃えている、そして僕は君を愛してる、君を愛してる…
巨匠ヴィム・ヴェンダース監督最新作!盟友ペーター・ハントケの戯曲を映画化

2016年/フランス・ドイツ・ポルトガル/97分/配給:オンリー・ハーツ
監督・脚本:ヴィム・ヴェンダース
原作:ペーター・ハントケ
出演:レダ・カテブ、ソフィー・セミン、、イェンス・ハルツ、、ニック・ケイヴ

一般1800円/会員1500円/大専・シニア1100円/高校生以下800円

詳しくは >
 

本拠点は、アーツコミッション・ヨコハマの平成26年度芸術不動産リノベーション助成を活用し、整備しています。

アーツコミッション・ヨコハマロゴ
横浜ニューテアトル
シネマジャック・アンドベティ
横浜キネマ倶楽部
コミュニティシネマセンター
PAGE TOP ▲      shinnnenn