近日上映作品

6/3(土)~

ボブ・ディラン/我が道は変る~1961-1965 フォークの時代~

ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~

©Sexy Intelletual

2015年/イギリス/英語/モノクロ&カラー/124分/ビスタ/DCP/ステレオ/提供:ジェットリンク/配給:クロックワークス
製作・監督:ロブ・ジョンストーン
編集:トム・オーディル
出演:ボブ・ディラン、エリック・アンダースン、マリア・マルダー、トム・パクストン、ピーター・スタンプフェル

公式ホームページ

ディランを、学ぶ。 始まりは、1961年 初冬のニューヨーク。稀代の名曲「風に吹かれて」「時代は変る」は如何にして誕生したのか?

2016年秋、ノーベル文学賞に輝きブーム再燃となったボブ・ディラン。斬新な歌詞・他者に無いカリスマで、デビュー後まもなく世界を席巻し、フォーク・シンガーの象徴となったディランの原点、不滅のフォーク時代の名曲とアルバムを、時系列に追っていく、これぞ至福の2時間。

ディランをもっと知りたい、ディランと共に生きるマニア必見のドキュメンタリー、ついに登場。

1950年代中盤のロックンロールに熱狂した若者たちはやがて大人になり、自らの文化に根づいた音楽を求めるようになった60年代初頭、「モダン・フォーク・ブーム」が巻き起こった。伝統音楽に触発され、独自の詩を書き、政治的主張をギターに乗せて唄うスタイルは、後に続く者たちへ多くの影響を与えた。その一人に過ぎなかったミネソタ州出身の青年は、憧れのピート・シガーやウディ・ガスリーを追い求め、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジへ向かった…。
本作は、フォーク・ソングの歴史と代表曲、ディランのデビュー作から第5作「ブリンキング・イット・オール・バック・ホーム」、そして「ライク・ア・ローリング・ストーン」まで、幾多の名曲に秘められたエピソードを解明していきながら、時代と共に変貌していくディランのフォーク時代に迫るドキュメンタリーである。

出演者は、モダン・フォーク・ブームの渦中、ディランと共にグリニッジ・ヴィレッジの日々を過ごしたエリック・アンダースン、マリア・マルダー、トム・パクストン等、我が国でもお馴染みのシンガーたちに加え、ディラン研究の権威たちが独自のディラン論を次々に披露している。監督は「ブライアン・ウィルソン/ソングライター」2部作で、刻一刻変貌していく音楽シーンを俯瞰視しながらも卓越した構成力で見事に集約した、音楽ドキュメンタリーの達人=ロブ・ジョンストーン。

ボブ・ディラン/我が道は変わる

6/10(土)~

ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK

ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK

© 2016Pennebaker Hegedus films.Inc

1967 年/アメリカ/モノクロ/96 分/デジタル・リマスター版DCP/配給:アダンソニア、オンリー・ハーツ/字幕:寺尾次郎

原題:Don’t Look Back
監督・編集・撮影:D・A・ペネベーカー
撮影:ハワード・アルク、ジョネス・アルク、エド・エムシュウイラー
製作:アルバート・グロスマン、ジョン・コート
出演:ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ドノヴァン、アラン・プライス、ボブ・ニューアース、アレン・ギンズバーク、アルバート・グロスマン

公式ホームページ

全国共通特別鑑賞券1,500円を当館受付にて発売中!特典:ポストカードをプレゼント!(2種類から1枚お選び下さい)

有隣堂伊勢佐木店全国共通鑑賞券

1965年、ボブ・ディラン24歳。吟遊詩人伝説はここから始まった。 “偉大なる詩人”ボブ・ディランの<特別な始まり>を記録した音楽ドキュメンタリー史上の金字塔。

1962年のデビューから社会に対する痛烈なメッセージを自曲にのせ、今日まで半世紀以上、ひたすら歌い、走り続けてきたボブ・ディランは、2016年10月にノーベル平和賞を受賞した。“Don’t Look Back”―うしろを振り返るな、とばかりに『サブタレニアン・ホーム・シック・ブルース』の歌詞カードを曲に合わせて一枚ずつ落としていく印象的なシーンから始まる『ドント・ルック・バック』は、1965年、4~5月の英国ツアー中のボブ・ディランに迫ったドキュメンタリーである。

1965年――時代もボブ・ディランも変わろうとしていた。

ディランはフォークを歌う詩人からポップ・ミュージックの変革者へと進化しようとしていた。“時代を止めようと人はいろんな事をする。だがそんな事はできない”とばかりに、映画はオープニング・シーンからディランの数々のライヴ演奏、舞台裏の風景、記者へのこき下ろし、熱烈なファンの様子などを含めて、ボブ・ディランが“ディラン”を演ずる姿を、監督ペネベーカーの16ミリキャメラがリアルに映しだしていく。

“偉大なる詩人”としてノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの<特別な始まり>を告げた『ドント・ルック・バック』は、公開後50年を経て今なお、驚くべき斬新さに溢れた音楽ドキュメンタリー史上の金字塔として映画史に刻まれている。

寺尾次郎氏新訳による全曲歌詞付き
デジタル・リマスター版にて上映

ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK

6/3(土)~

アンコール上映『母 小林多喜二の母の物語』

母 小林多喜二母 小林多喜二の母の物語

2017年/日本/112分
監督:山田火砂子
原作:三浦綾子(「母」角川文庫)
脚本:重森孝子、山田火砂子、坂田俊子
製作:(株)現代ぷろだくしょん
出演:寺島しのぶ、塩谷瞬、趣里、山口馬木也、徳光和夫、赤塚真人、佐野史郎、渡辺いっけい

公式ホームページ

大らかな心で、多喜二の「理想」を見守り、人を信じ、愛し、懸命に生き抜いたセキの波乱に満ちた一生を描き切った、山田火砂子監督、悲願の映画ついに完成!

秋田県釈迦内村、小作農と小さなそば屋で生計を立てる貧しい家の娘にセキは生まれた。当時の小作人は、地主に50%もの地代を払わねばならなかった。貧しい農家の娘たちは身売りするより仕方がない。セキの幼なじみの少女も売られていった。学校へ行きたくても、学校は男の行くところだと親からは相手にされない。

15歳で小林の家に嫁いだセキは三男三女を生み育てたが、長男は病死。次男が多喜二である。セキは優しい母親であった。自分は字も書けなかったが、多喜二は叔父の世話で小樽高商(現小樽商科大学)まで卒業させてもらい、銀行に勤める。

当時の銀行は大変な高給で、一生涯楽に暮らせる程であった。しかし多喜二は貧しい人の味方となって小説を書き、武器を作るお金で皆に白い米のご飯を!と反戦を訴え続けた。そんな彼の小説は危険思想とみなされ、遂に多喜二は国家権力によって殺されてしまう。セキは自分の息子が悪い事なぞするわけがないと多喜二を信じ続けた。

わだしは小説を書くことが、
あんなにもおっかないことだとは思ってもみなかった。
あの多喜二が小説書いて殺されるなんて…

母 小林多喜二の母の物語 母 小林多喜二の母の物語 母 小林多喜二の母の物語
 

6/3(土)~

ラプチャー –破裂-

ラプチャー –破裂-

©2016Rupture CAL, Inc

2016年/アメリカ/102分/配給:ギャガ・プラス
監督・原案・製作:スティーヴン・シャインバーグ
脚本・原案:ブライアン・ネルソン
製作:アンドリュー・ラザー
出演:ノオミ・ラパス、ピーター・ストーメア、マイケル・チクリス

公式ホームページ

全国共通特別鑑賞券1,400円を当館受付にて発売中!特典:ポストカードをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通鑑賞券

※有隣堂で購入の場合、特典は付きません。

ハリウッドの異才クリエイターが集結して贈る、誰も想像しえなかった、奇妙で不快でクセになるSMホラー解禁!

蜘蛛が嫌いなシングルマザーのレネー。ある日突然、見知らぬ男達に拉致される。謎の隔離施設で目覚めた彼女を待っていたのは、被験者に”生きている中で一番嫌いな物”を与え続ける人体実験。拘束され、動けない状態での執拗なまでの“蜘蛛攻め”の果て、レネーの体は驚愕の変化を見せ始める–。この異様すぎる実験は一体、誰が何のためにおこなっているのか―?
監督は、サンダンス映画祭を皮切りに、世界を熱狂させたSMラブストーリー『セクレタリー』(03)のスティーヴン・シャインバーグ、脚本は同じくサンダンスで話題となった少女による監禁サスペンス『ハード キャンディ』(06)のブライアン・ネルソン。そんなハリウッドきっての異才が『アメリカン・スナイパー』の製作者であるアンドリュー・ラザーのもとに集結。
このSMホラーが、普通の映画なわけがない。拉致、監禁、人体実験―。その衝撃すぎる展開が、観るもの全ての自律神経をこれでもかと刺激する!
さらに本作で描かれるのは、「嫌いなもの」に責められる人体実験。蜘蛛嫌いな主人公レネーが責められ続けてどうなるのか?『ミレニアム』に続く、ノオミ・ラパスの代表作となるべく本作に是非ご注目ください。

ラプチャー –破裂- ラプチャー –破裂- ラプチャー –破裂-

6/17(土)~

世界にひとつの金メダル

世界にひとつの金メダル

 ©2013 – ACAJOU FILMS – PATHE PRODUCTION – ORANGE STUDIO – TF1 FILMS PRODUCTION – CANEO FILMS – SCOPE PICTURES – CD FILMS JAPPELOUP INC.

2013年/フランス=カナダ/130分/カラー
監督:クリスチャン・デュゲイ
出演:ギョーム・カネ、マリナ・ハンズ、ダニエル・オートゥイユ、ドナルド・サザーランド

公式ホームページ

全国共通特別鑑賞券1,500円を当館受付にて発売中!特典:オリジナルポストカードをプレゼント!

有隣堂伊勢佐木店全国共通鑑賞券

人間を全く信じない競技馬との出会い。父との確執、幼い日の夢。エリート弁護士は華々しいキャリアを捨て障害飛越競技に挑んだ――。

フランスで200万人が涙し大ヒットを記録した『世界にひとつの金メダル』は、実話を基に描いた感動作だ。エリート弁護士を辞め選手〈ライダー〉としてオリンピックを目指した男ピエール・デュランと人間を信じない競技馬ジャップルーとの絆、そして彼らを見守る父との確執と愛情。度重なる挫折や逆境が彼らを襲いながらも成長していく、競技ならではの過酷な世界で夢をあきらめずに挑み続ける情熱を描く【人生】の物語だ。

『ザ・ビーチ』『ヴィドック』のギョーム・カネが脚本・主演に挑戦し、本物の選手〈ライダー〉さながらのダイナミックさと臨場感とスター性で魅了する。セザール賞、リュミエール賞、ケベック映画賞などを受賞し、モントリオール世界映画祭に正式出品して話題となった。製作費35億円を超える超大作は、ロサンゼルス、ソウルと二つのオリンピックを完全再現し、壮大なスペクタクルでクライマックスを熱狂的に盛り上げる。

1980年代初頭、フランス。子供のころより父セルジュの指導の下で障害飛越競技に打ち込んできたピエール。彼は大人になり父の期待から逃れるように弁護士となる。だが、幼い日の情熱をあきらめることができずキャリアを捨て、再び選手〈ライダー〉となる。気性が荒く欠点だらけの若馬ジャップルーと父とともにオリンピックを目指す―。

世界にひとつの金メダル 世界にひとつの金メダル 世界にひとつの金メダル

6/24(土)~

スウィート17モンスター

スウィート17モンスター

© MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

2016年/アメリカ/カラー/104分/配給:カルチャヴィル
原題:The Edge Of Seventeen
監督:ケリー・フレモン・クレイグ
製作:ジェームズ・L・ブルックス、リチャード・サカイ、ジュリー・アンセル
出演:ヘイリー・スタインフェルド、ウッディ・ハレルソン、キーラ・セジウィック、ブレイク・ジェナー、ヘイリー・ルー・リチャードソン

公式ホームページ

共感率100%!こじらせたまま大人になったすべての人に捧ぐ―愛すべき21世紀の傑作青春映画誕生!

映画批評No.1サイト、ロッテントマトでフレッシュ95%という数値を叩きだした『スウィート17モンスター』。辛口で辛辣な批評家たちがこぞって、“あの頃”のリアルな痛さを思い出して悶絶してしまう、めったに出会えない宝物のような青春映画だと絶賛した。主人公のネイディーン役は、『トゥルー・グリッド』で14歳のときにオスカーにノミネートされ、歌手としても人気のヘイリー・スタンインフェルド。Fワード全開のマシンガントークで、自己中心的なのにどこか憎めない等身大の17歳像を演じ、ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート。加えて初監督・脚本のケリー・フレモン・クレイグが、NY映画批評家協会賞第一回作品賞を受賞するなど、本作は、賞レース4受賞、17部門ノミネートの快挙となった。そして、教師役には個性派俳優ウディ・ハレルソン、母親役には海外ドラマ『クローザー』のキーラ・セジウィック、兄ダリアン役には、『glee/グリー』シリーズのブレイク・ジェナーが、主人公に寄り添い彼女を見守る「大人になりきれない大人」たちを見事に演じている。親、兄妹、友人、そして‟あの頃の自分”目線で共感する人も多いはず。

親友が兄と恋をした?友情、家族、人生⇒WTF!?

ネイディーンは17歳の高校生。キスさえ未経験の、イケてない毎日。恋に恋する妄想だけがいつも空まわりして、教師のブルーナーや母親を困らせてばかり。たったひとりの親友クリスタだけが自分のすべてだと思っていたのに、何をしてもかなわないとコンプレックスを抱いていたイケメン人気者の兄ダリアンと親友クリスタが恋に落ちてしまう。疎外感からまるで世界にたった一人取り残されたような気持になったネイディーンは、とんでもない行動に出るのだが…。

スウィート17モンスター スウィート17モンスター

7/1(土)~

いのちのはじまり:子育てが未来をつくる

いのちのはじまり:子育てが未来をつくる

2016年/ブラジル/96分/カラー/16:9/DCP/配給・宣伝:アップリンク
原題・英題:O Comeco da Vida
監督:エステラ・ヘネル
制作:マリア・ファリナ・フィルムズ
提供:マリア・セシリア・ソート・ビジガル財団、バーナード・バン・リー財団、アラナ協会、ユニセフ
後援:アショカ 、世界銀行グループ、UBSオプティマス財団、ジョンソンズ 、ハギーズ 、ナチュラ 、アミル 、ポンポン 、TAMブラジル航空
協力:日本ユニセフ協会

公式ホームページ

世界の子育て最前線!すべての子供に、素晴らしい人生のスタートを。子供たちの成長に本当に必要なものとは?

世界中、いろんな国のいろんな育児を見つめたドキュメンタリー。
ブラジル出身のエステラ・ヘネル監督が9カ国のさまざまな家庭を訪問し子育ての現場を撮影しました。

育休を経て職場復帰時期に悩む母親、専業主夫となり二人の男の子を育てている元研究者、好条件の転職と娘の通学送迎が折り合わず悩んだ末に決断を下した父親、養子をとり育児中の驚きや喜びを語る夫婦、子育て中のレズビアンカップル、娘夫婦に代わって孫の面倒をみている中国の祖父母、ドラッグ中毒により子育てもままならない時期を経て立ち直った経緯を語る母親、両親を亡くし幼い兄弟の面倒をたった一人でみる少女など、さまざまな文化・民族・社会背景の子供たちの生き生きとした様子と、彼等を取り巻く大人のリアルな姿を映しだします。

さらに、児童心理学者、学習脳科学者、小児科医、精神分析医、経済学者、教師など様々な分野のスペシャリストたちへのインタビューも多数収録。乳幼児期の子供たちにとって、育つ環境だけでなく、周囲の人々とのかかわりの質と量が、その後の人生を左右するほど重要であることを伝えていきます。

いのちのはじまり:子育てが未来をつくる いのちのはじまり:子育てが未来をつくる いのちのはじまり:子育てが未来をつくる

7/1(土)~

アムール,愛の法廷

アムール,愛の法廷

2015年/フランス/98分/配給:ココロヲ・動かす・映画社/DCP
原題:L’HERMINE
監督:クリスチャン・ヴァンサン
製作:シドニー・デュマ、マチュー・タロ
出演:ファブリス・ルキーニ、 シセ・バベット・クヌッセン

公式ホームページ

「熟年の淡い恋」と「法廷劇」2つの物語が巧みに絡み合いながら描かれる、大人のラブストーリー。

多様な人種や階層の人々が集まる法廷で裁判長として職務を果たし、周囲から厳格で人間味のない人物と恐れられているミシェル。そんな彼がある日、自身の担当する裁判の陪審員席の中にかつて入院中に想いを寄せた女医ディットがいることに気づく。思いがけない再会に動揺を隠せないミシェル。その数奇な巡りあわせこそが、彼を次第に裁判長として、ひとりの人間として、成長させていくことになる。
冷徹だと畏怖されてきた彼の裁判は、ディットとのふれあいを重ねるにつれ人間味のある暖かいものへと変わっていき、その変化はやがて彼女の心をも動かし始める……。

『大統領の料理人』(13)『恋愛小説ができるまで』(92)のフランスの名匠クリスチャン・ヴァンサン監督が熟年の淡い恋を描いた法廷劇!
第75回ベネチア国際映画祭では脚本賞と共に、ミシェル役を演じたフランスのベテラン俳優ファブリス・ルキーニが男優賞を受賞。また『インフェルノ』『王様のためのホログラム』などに出演したシセ・バベット・クヌッセンがディット役を務め、第41回セザール賞の助演女優賞を受賞し、本国フランスでもロングランヒットを記録した珠玉の一作。

主演を演じたファブリス・ルキーニは『ボヴァリー婦人とパン屋』『危険なプロット』などで知られるフランスの国民的名優であり、相手役のシセ・バベット・クヌッセンはデンマークテレビフェスティバルの主演女優賞を2年連続で受賞するなど、ナチュラルな美しさが魅力のデンマークを代表するベテラン女優として世界中から注目を集めている。

監督のクリスチャン・ヴァンサンは、『恋愛小説ができるまで』(92)でセザール賞脚本賞を受賞。その他、イザベル・ユペール主演の『La separation』(94)、『大統領の料理人』(13)など、社会的なテーマを帯びた物語を入念なリサーチと巧みな構成力で誠実に描き出す作風が国内外から高い評価を得ている。


*第72回ベネチア国際映画祭 最優秀男優賞
*第72回ベネチア国際映画祭 最優秀脚本賞
*第41回セザール賞 助演女優賞

アムール、愛の法廷 アムール、愛の法廷 アムール、愛の法廷

2017年 夏~

裁き

裁き

2014年/インド/カラー/235:1/マラーティー語、ヒンディー語、英語、グジャラート語/116分/配給:トノレバ/後援:インド大使館監督
原題:COURT
監督・脚本:チャイタニヤ・タームハネー
プロデューサー:ヴィヴェーク・ゴーンバル
撮影:ムリナール・デサイ
編集:リカヴ・デサイ
音楽:サンバージー・バガト
出演:ヴィーラー・サーティダル、ヴィヴェーク・ゴーンバル、ギータンジャリ・クルカルニー、プラディープ・ジョーシー

公式ホームページ

特別鑑賞券1,500円を当館受付にて発売中!特典:オリジナルポストカードセットをプレゼント! 有隣堂伊勢佐木店全国共通鑑賞券

※有隣堂でご購入の場合、特典は付きません。

不条理な容疑で逮捕され、被告人となった男と、彼の運命を握る裁判官、検事、弁護士。一つの「裁き」を巡る法廷の攻防と、並行する彼らの私生活を、独特の視点とカメラワークで描いた、異色の法廷劇が幕を開ける―

ムンバイを拠点としながらもボリウッドとは一線を画し、独自のスタイルで作品を作り上げているインド新世代の旗手チャイタニヤ・タームハネー。米経済誌フォーブス「アジアのエンターテインメント&スポーツにおける30歳以下の30人」、米業界誌ハリウッド・レポーター「世界で最も将来が期待されている30歳以下の映画監督の一人」などに選出され、世界の映画界に新風を巻き起こしている。本作では、インドの裁判やカースト、家族といった社会システムを背景に、国家権力などの問題にも踏み込みながら、ユーモラスかつ洞察力に富んだ視点で“人間”を描いていく。

ある下水清掃人の死体が、ムンバイのマンホールの中で発見された。ほどなく、年老いた民謡歌手カンブレが逮捕される。彼の扇動的な歌が、下水清掃人を自殺へと駆り立てたという容疑だった。不条理にも被告人となった彼の裁判が下級裁判所で始まる。理論的で人権を尊重する若手弁護士、100年以上前の法律を持ち出して刑の確定を急ぐ検察官、何とか公正に事を運ぼうとする裁判官、そして偽証をする目撃者や無関心な被害者の未亡人といった証人たち。インドの複雑な社会環境の中で、階級、宗教、言語、民族など、あらゆる面で異なる世界に身を置いている彼らの個人的な生活と、法廷の中での一つの裁きが多層に重なっていき…。


ヴェネツィア国際映画祭W受賞&アカデミー賞®外国語映画部門インド代表!

*第71回ヴェネツィア国際映画祭 ルイジ・デ・ラウレンティス賞
*第71回ヴェネツィア国際映画祭 オリゾンティ部門 作品賞
*第45回ビエンナーレ国際映画祭 FIPRESCI賞
*第22回シンガポール国際映画祭 シルバースクリーン賞 作品賞 監督賞
*第62回インド国際映画祭 ナショナルフィルムアワード Golden Lotus賞
*第16回ムンバイ映画祭 Golden Gateway of India for Best Film作品賞
*第16回ムンバイ映画祭 Silver Gateway of India監督賞
*第44回キエフ国際映画祭 Special Mention of the Jury賞
*第21回ミンスク国際映画祭 Victor Turov Memorial Award 作品賞
*第11回香港アジア映画祭 New Talent Award 監督賞
*第9回ダブリン国際映画祭 批評家連盟賞
*第16回ブエノスアイレス・インディペンデントシネマ国際映画祭 Best Filmなど4部門
*第88回アカデミー賞®外国語映画賞インド代表

裁き 裁き 裁き
PAGE TOP ▲