ザ・思いやり

ザ・思いやり

2015年/日本/88分/カラー/配給:『ザ・思いやり』上映事務局
監督・編集:リラン・バクレー
撮影:高尾徹
音楽:ダレン・チルトン
美術製作:岡田久幸
字幕協力:堀純司
出演:松元ヒロ(コメディアン)、山口洋子(思いやり予算を被災地の支援へ)、呉東正彦(弁護士)、前泊博盛(沖縄国際大学教授)

公式ホームページ

トークショー
7/29(土)、7/30(日)、7/31(月)上映後、リラン・バクレー監督のトークショー開催

一人のアメリカ人が米軍への“オモイヤリヨサン”の疑問に挑むドキュメンタリー!

知ッテイマスカ?「思いやり予算」。日本の税金が在日米軍のために使われていることを。在日米軍家族のための住宅、小・中学校、教会、銀行、ゴルフ場、マクドナルドなどの施設建設に税金が使われていることを。電気、水道、ガス料金は使いたい放題、例え遊びであっても有料道路料金がすべてタダということを。米兵による凶悪暴行事件の賠償金にも使われていることを。すでに6兆円を超える日本の私たちの税金が使われていることを!

日本の経済が困難な状況の中で、なぜ日本人がここまでアメリカ軍を思いやらなければならないのでしょうか?アメリカとの条約においては一切義務付けられていない「思いやり予算」は、1978年から始まり、日本人が自ら働いて支払っている税金から在日米軍へ6兆円以上が投入されてきました。米兵一人当たり年間1500万円という膨大な額は、ほとんどがアメリカ軍人の贅沢な生活を支援するために使われているのです。この映画では、一人のアメリカ人の疑問から、「思いやり予算」の不条理さと矛盾を様々な視点から鋭く、そしてユーモアたっぷりに日本人に問いかけていきます。

ザ・思いやり ザ・思いやり ザ・思いやり

上映日時

7/29(土)~8/4(金)
16:25〜18:00

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1700 ¥1100 ¥800
会員 ¥1400 ¥1100 ¥800