母 小林多喜二の母の物語

母 小林多喜二の母の物語

2017年/日本/112分
監督:山田火砂子
原作:三浦綾子(「母」角川文庫)
脚本:重森孝子、山田火砂子、坂田俊子
製作:(株)現代ぷろだくしょん
出演:寺島しのぶ、塩谷瞬、趣里、山口馬木也、徳光和夫、赤塚真人、佐野史郎、渡辺いっけい

公式ホームページ

舞台挨拶
初日2/25(土)14:20回上映後、山田火砂子監督、塩谷瞬さん、上野神楽さん(子役)による舞台挨拶がございます。

大らかな心で、多喜二の「理想」を見守り、人を信じ、愛し、懸命に生き抜いたセキの波乱に満ちた一生を描き切った、山田火砂子監督、悲願の映画ついに完成!

秋田県釈迦内村、小作農と小さなそば屋で生計を立てる貧しい家の娘にセキは生まれた。当時の小作人は、地主に50%もの地代を払わねばならなかった。貧しい農家の娘たちは身売りするより仕方がない。セキの幼なじみの少女も売られていった。学校へ行きたくても、学校は男の行くところだと親からは相手にされない。

15歳で小林の家に嫁いだセキは三男三女を生み育てたが、長男は病死。次男が多喜二である。セキは優しい母親であった。自分は字も書けなかったが、多喜二は叔父の世話で小樽高商(現小樽商科大学)まで卒業させてもらい、銀行に勤める。

当時の銀行は大変な高給で、一生涯楽に暮らせる程であった。しかし多喜二は貧しい人の味方となって小説を書き、武器を作るお金で皆に白い米のご飯を!と反戦を訴え続けた。そんな彼の小説は危険思想とみなされ、遂に多喜二は国家権力によって殺されてしまう。セキは自分の息子が悪い事なぞするわけがないと多喜二を信じ続けた。

わだしは小説を書くことが、
あんなにもおっかないことだとは思ってもみなかった。
あの多喜二が小説書いて殺されるなんて…

母 小林多喜二の母の物語 母 小林多喜二の母の物語 母 小林多喜二の母の物語

上映日時

2/25(土)~3/3(金) 3/4(土)~3/10(金) 3/11(土)~3/17(金) 3/18(土)~3/24(金)
10:00~12:00
14:20~16:20
10:00~11:55
18:40~20:40
16:35~18:30
14:15~16:15

料金

一般 大学・専門 高校以下・シニア
通常 ¥1800 ¥1500 ¥1000
会員 ¥1500 ¥1200 ¥1000