野火

野火

 ©SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

2014年/日本/87分/PG12/配給:海獣シアター
監督・製作・脚本・撮影:塚本晋也
原作:大岡昇平
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作、中村優子

公式ホームページ

【舞台挨拶】
8/15(火)18:40回上映後、塚本晋也監督の舞台挨拶がございます。

毎年観て欲しい『野火』! 
二度と戦争を繰り返さないための再上映!

大岡昇平さんが小説にした、第二次世界大戦フィリピン戦線における日本軍の苦しい彷徨いを映画にしました。50年前に市川崑さんがやはりすばらしい映画にしていますが、私の『野火』はそのリメイクではなく、あくまで原作から感じたものを映画にしたものです。初めて読んだのは高校生のときですが、本当の戦場にいるような恐ろしさがあり頭から離れませんでした。

30歳をすぎ本格的に映画にしようと動き始めましたが、規模も大きく中々現実的にはなりませんでした。さらに歳月が流れ、今から10年前に、戦場に行った方々が80歳を越えたときに強い焦りの気持ちが起こりました、その方々のお話だけでも聞いておかなければとインタビューを始めました。しかしそれでも映画化は簡単には進みませんでした。そして、今、実際に戦争の痛みを知る人がいよいよ少なくなるにつれ、また戦争をしようとする動きが起こっているような気がしてなりません。今作らなければもうこの先作るチャンスはないかもしれない。また作るのは今しかないと思い、お金はありませんでしたが、多くの力強い協力を得て完成に至りました。

映画は一定の思想を押し付けるものではありません。感じ方は自由です。しかし、戦争体験者の肉声を体にしみ込ませ反映させたこの映画を、今の若い人をはじめ少しでも多くの方に見てもらい、いろいろなことを感じてもらいたいと思いました。そして議論の場に使っていただけたら幸いです。 塚本晋也

なぜ大地を血で汚すのか

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。
日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。

しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は早々に追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そしてはてしない原野を彷徨うことになるのだった。


*日本映画プロフェッショナル大賞 監督賞
*第30回高崎映画祭 最優秀作品賞、最優秀新人男優賞(森優作)
*第10回KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭 批評家賞、最優秀撮影賞
*第7回TAMA映画賞 特別賞
*第70回毎日映画コンクール 監督賞、男優主演賞(塚本晋也)

草原に黄色い花を見つける 草原に黄色い花を見つける 草原に黄色い花を見つける

上映日時

8/15(火)
18:40〜20:10

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1700 ¥1100 ¥800
会員 ¥1400 ¥1100 ¥800

お父さんと伊藤さん

お父さんと伊藤さん

2016年/日本/119分/配給:ファントム・フィルム
監督:タナダユキ
原作:中澤日菜子
脚本:黒沢久子
エンディングテーマ:ユニコーン「マイホーム」
出演:上野樹里、リリー・フランキー、藤竜也、長谷川朝、安藤聖 、渡辺えり

公式ホームページ

私、彼氏、お父さん。
今日から三人で暮らすことになりました。

「この家に住む!生活費は自分で払う!」
息子夫婦の家を追い出されたお父さんが選んだのは…
娘の彩と20歳年上(!)の彼氏・伊藤さんが同棲するアパート。3人の共同生活は、嵐のように始まった―!

お父さんは、ボストンバックと謎の小さな箱を持って彩たちの家に突然やってきた。
とんかつにかけるソースをめぐり激論を交わす夕食。うすい壁一枚で仕切られた隣の部屋にいるお父さんの存在にあたふたする夜。
爆弾のように激しい性格のお父さんは、彩たちの穏やかだった日常を一変させてしまう。
それでも毎日のちょっぴりおかしなハプニングを経て、お父さんと伊藤さんの間に不思議な友情が芽生えていく日曜日の午後、3人がひとつの家族のようになりかけた矢先…
「しばらくでかける」情けない文字で書かれた置き手紙がひらりと一枚机に置かれ行方不明に。

すれちがう3人の心。
やがて訪れる別れの朝。そのとき彼らはどんな未来を選ぶのか。

自分のペースで、日々の暮らしを大切に生きる女性・彩を上野樹里、ウイットに富み飄々と生きている彼氏・伊藤さんをリリー・フランキー、そして、頑固ながらも愛くるしい一面を持つ父親役に藤竜也。3人のユーモアあふれる会話の掛け合いはくすりとした笑いを含みながらも、時に涙を誘う展開へ。登場人物の心の機微を描くのに定評がある監督・タナダユキが、キレイごとだけで済まされない娘と父親の関係を中心に、家族という存在を、鋭くも温かな視点で描きました。今の時代を生きる、新たな“家族”の物語の誕生です。

お父さんと伊藤さん お父さんと伊藤さん お父さんと伊藤さん

上映日時

11/26(土)~12/2(金) 12/3(土)~12/9(金)
17:00〜19:05 15:00〜17:05

料金

一般 大学・専門 高校以下・シニア
通常 ¥1800 ¥1500 ¥1000
会員 ¥1500 ¥1200 ¥1000

海よりもまだ深く

海よりもまだ深く

©2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

2016年/日本映画/117分/カラー/ヴィスタ/5.1chデジタル/配給:ギャガ
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和 (『そして父になる』『海街diary』)
出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 / 橋爪功 樹木希林

公式ホームページ

台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”。
夢見た未来と、少しちがう今を生きる大人たちへ贈る感動作。

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まる――。

世界に愛される是枝裕和監督が、特別な思いを込めて2016年初夏に送り出すのは、〝なりたかった大人″になれなかった大人たちの物語。 主演に迎えたのは、今や国民的名優となった阿部寛。叶わぬ夢ばかり追い続ける情けない男・良多を、ときに可笑しく、ときに切なく、チャーミングに演じる。そんな良多に愛想を尽かし、一人息子と共に家を出た元妻に真木よう子。そして、良多の人生を穏やかな眼差しで見つめる母に樹木希林。さらに、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、橋爪功ら豪華キャストが揃った。 主題歌と音楽を手がけるのは、カリスマ的人気を誇るハナレグミ。彼の楽曲が本作に深みと温かさを加える。 台風の夜に集まった元家族。嵐が去れば、またそれぞれの日常に戻ると分かっている彼らの想いが交錯し――。“海よりもまだ深い”人生の愛し方を教えてくれる、心に沁みる感動作が誕生した。

海よりもまだ深く 海よりもまだ深く 海よりもまだ深く

上映日時

7/2(土)~7/8(金) 7/9(土)~7/15(金)
16:00〜18:05 12:30〜14:35

料金

一般 大学・専門 高校以下・シニア
通常 ¥1800 ¥1500 ¥1000
会員 ¥1500 ¥1200 ¥1000