トレインスポッティング

トレインスポッティング

©Channel Four Television Corporation MCMXCV

1996年/イギリス/94分/R15+/配給:アスミックエース
原題:Trainspotting
監督:ダニー・ボイル
製作:アンドリュー・マクドナルド
撮影:ブライアン・デュファノ
脚本: ジョン・ホッジ
原作:アーヴィン・ウェルシュ
サウンドトラック:「トレインスポッティング」東芝EMI
出演:ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド

90年代最高の“陽気で悲惨”な青春映画 『トレインスポッティング』旋風、日本上陸!

アーヴィン・ウェルシュの同名小説の映画化。スコットランドを舞台に、若者の「陽気で悲惨な」青春を、斬新な映像感覚で生々しく描いている。アメリカでは97年アカデミー賞脚色賞にノミネートされ、本国イギリスでもイギリス・アカデミー賞脚色賞を受賞、日本でも若者を中心に一躍旋風を巻き起こし、累計興収3億円という記録的数字を打ち立てた。サントラにはブラー、アンダーワールドといったブリティッシュポップの大物が名を連ね30万枚以上の大ヒット、原作本も公開後40万部のベストセラーとまさしくひとつの文化を作り出した。映像×音楽の極上のコラボレーションは今尚、人々の心をつかんで離さない。
本作品をきっかけに監督のダニー・ボイルはハリウッドに本格進出、主演のユアン・マクレガーは、一気にスターダムを駆け上り、まさしく映画界になくてはならない俳優として成長を果たした。

マーク・レントンと彼の仲間はヘロイン中毒。ケンカが趣味のベグビー。気のいい小心者スパッド。女たらしのシック・ボーイ。そしてセックスもドラッグもOKの女子中学生ダイアン。窃盗、詐欺、万引きを繰り返し逮捕されたレントンは更生を決意。ロンドンへ出て就職する。だが強盗で手配されたベグビーとシック・ボーイが押しかけてきて会社はクビ。地元へ戻れば、待ち受けていたのはヤク漬けのまま死んだ友人の葬式だった。圧倒的な絶望感の中、レントンと仲間たちは人生を変える賭けに出る。売人から大量の麻薬を仕入れ、ロンドンでさばけば大儲けだ。大金と新しい人生。果たして彼らはそれを手に入れる事ができるのか?

トレインスポッティング トレインスポッティング トレインスポッティング

上映日時 7/23(日)~6日間限定上映

7/22(土) 7/23(日)~7/28(金)
貸館上映のため
休映
10:00~11:45

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1300 ¥1100 ¥800
会員 ¥1100 ¥1100 ¥800

T2 トレインスポッティング

T2 トレインスポッティング

2017年/イギリス/117分/R15+/配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
原題:T2 Trainspotting
監督:ダニー・ボイル
製作:アンドリュー・マクドナルド、ダニー・ボイル、クリスチャン・コルソン、バーナード・ベリュー
撮影監督:アンソニー・ドッド・マントル
脚本: ジョン・ホッジ
原作:アーヴィン・ウェルシュ
出演:ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド

公式ホームページ

世界中を熱狂させた伝説の青春映画『トレインスポッティング』、待望の続編が21年ぶりに帰ってきた!

96年に公開され、世界中で大旋風を巻き起こしたアーヴィン・ウェルシュ原作の伝説の青春映画『トレインスポッティング』。スコットランドで暮らす伝説のジャンキーたちの明るく悲惨な青春像を斬新な感覚で描いたこの作品は、日本のミニシアターでも大ヒットを記録し、90年代のポップ・カルチャーの代名詞となった。そして21年後の今年、世界中が待ち望んだ続編が完成!
1作目同様、ユアン・マクレガー、ロバート・カーライル、ジョニー・リー・ミラー、ユエン・ブレムナーがかつての当たり役を演じ、監督のダニー・ボイル、脚本家ジョン・ホッジ、製作者アンドリュー・マクドナルドとオリジナルスタッフも集結。アーヴィン・ウェルシュの小説と「トレインスポッティング」と10年後の続編「T2 トレインスポッティング」を原作にしつつも、大胆な脚色を行い、映画だけのオリジナル世界観をめざした。

いつまでも大人になれないダメ男たちが選んだ未来とは――。

舞台はスコットランドのエディンバラ。前作でユアン・マクレガー扮する主人公のレントンは仲間の3人を裏切り、ひとりで大金を持って逃走する。そんな彼が20年ぶりに故郷に戻る。親友だったシック・ボーイことサイモンは、表向きはパブを経営しているが、裏ではゆすりや売春に手を染め、気のいいジャンキーのスパッドは人生に絶望し、血の気が多いベグビーは殺人罪で刑務所にいる。再会したサイモンとレントンは危ない新事業に乗り出し、スパッドはボクシングを始め、脱走したベグビーはレントンへの復讐を誓う。いつまでも大人になれないダメ男たちの新たな青春の旅立ちをユーモアとペーソスを込めて描くことで、キャラクター・ドラマとしては前作以上に奥行きが深くなっている。かつてレントンの恋人だったダイアンやスパッドのパートナーのゲイルも登場するが、女たちはみんなタフ。“永遠のダメ男”VS“しっかり女子”の図式も見せることで、年月を経た人生の真実も伝わる構成になっている。

T2 トレインスポッティング T2 トレインスポッティング

上映日時

7/15(土)~7/21(金) 7/22(土) 7/23(日)~7/28(金)
19:35~21:40 貸館上映のため休映 11:55~14:00

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間

2015年/アメリカ/101分/字幕翻訳:寺尾次郎/配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント/DCP
原題:Miles Ahead
監督・製作・共同脚本:ドン・チードル
製作:ダリル・ポーター、ビンス・ウィルバーン、ダニエル・ワグナー、ロバート・オグデン・バーナム
出演:ドン・チードル、ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルディ、キース・スタンフィールド、 マイケル・スタールバーグ

公式ホームページ

有隣堂伊勢佐木店全国共通鑑賞券

新しいサウンドを求め続けたジャズの帝王。
今初めて明かされる天才の狂気と真実。

マイルス・デイヴィスはトランペット奏者にとどまらず、「ジャズ界の革命児」「ジャズの帝王」とも称されている。しかし彼には、半世紀のキャリアにおいて、創作活動を休止した“空白の5年間”があった。なぜ、彼は活動を休止したのか?そして彼に何があったのか?最愛の妻との別れ、ドラック、襲い来る現実と幻想、そして天才であるがゆえの創作の苦しみや隠遁願望…。マイルス・デイヴィスの実像を映画化するのは、極めて厳しいとされてきた。しかし、この作品は史実とフィクションを織り交ぜ、彼の真実に迫り“マイルス・デイヴィス”を描き切った意欲作だ。


珠玉の名曲と共に受け継がれたスピリット
オスカーに手をかける実力派名優ドン・チードル渾身の一作!

この念願の企画で監督デビューを飾り、トランペットの特訓を積んでマイルスの外見、性格、仕種を完璧なまでに体現したのは、『ホテル・ルワンダ』や『アベンジャーズ』シリーズで知られる俳優ドン・チードル。マイルスが遺した珠玉の名曲を全編にフィーチャーし、エンディングでは彼の音楽性を今に受け継ぐ豪華ミュージシャン競演によるライブ・シーンを実現。まるで一瞬のひらめきのように偉大なるカリスマの魅力の“すべて”を凝縮し、あらゆる観客に驚きに満ちた発見と刺激をもたらす野心的な快作がここに完成した!

1970年代後半のニューヨーク。長らく音楽活動を休止中のマイルス・デイヴィスの自宅に、彼のカムバック記事を書こうとしている音楽記者デイヴが押しかけてくる。しかし体調不良に苦しみ、ドラッグと酒に溺れるマイルスは、創作上のミューズでもあった元妻フランシスとの苦い思い出にも囚われ、キャリア終焉の危機に瀕していた。やがてデイヴと行動を共にするうちに、悪辣な音楽プロデューサーに大切なマスターテープを盗まれたマイルスは、怒りに駆られて危険なチェイスに身を投じていく。その行く手に待ち受けるのは破滅か、それとも再起への希望の光なのか……。

共演に、『ムーラン・ルージュ』(01)でゴールデン・グローブ賞男優賞にノミネートされ、『ゴーストライター』(11)でヨーロッパ映画賞男優賞を受賞したユアン・マクレガーがブレイデン(レポーター)役を演じる。また、ライブ・シーンではマイルスとの共演経験もあるハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターをはじめとする一線級のミュージシャン達が登場する。

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間

上映日時

8/5(土) 8/6(日)~8/8(火) 8/9(水)~8/10(木) 8/11(金)
18:45〜20:30 20:15~22:00 18:25~20:10 20:35~22:20

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1500 ¥1100 ¥800
会員 ¥1200 ¥1100 ¥800