牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

©1991 Kailidoscope

1991年/台湾/236分/配給:ビターズ・エンド
原題:A Brighter Summer Day
監督:エドワード・ヤン
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、ワン・チーザン、クー・ユールン、エレイン・ジン

公式ホームページ

トークショー
3/26(日)12:00回上映後、林海象監督×山本政志監督によるトークショーがございます。

半券提示サービス
『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』公開期間中、台湾家庭小皿料理「口福館(こうふくかん)」さんで、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』入場券半券提示の方に、デザートをサービス致します!

伝説の傑作が25年ぶりに
4Kレストア・デジタルリマスター、
3時間56分版で蘇る!

エドワード・ヤン監督が1991年に発表した、傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』。BBCが1995年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に台湾映画として唯一選ばれ、2015年釜山映画祭で発表された「アジア映画ベスト100」において、『東京物語』『七人の侍』『悲情城市』などと並んでベスト10入りするなど、映画史上に残る傑作として評価されながらも、日本では初上映以来25年間DVD化もされず、観る機会がほとんどなかった。マーティン・スコセッシが激賞し、ウォン・カーウァイ、オリヴィエ・アサイヤスなど、世界中のアーティストに影響を与え、熱狂的な信奉者を生み出した伝説の傑作がエドワード・ヤン監督の生誕70年、没後10年となる2017年に4Kレストア・デジタルリマスター版で蘇る。

1960年代初頭の台北。建国高校昼間部の受験に失敗して夜間部に通う小四(シャオスー)は不良グループ〝小公園“に属する王茂(ワンマオ)や飛機(フェイジー)らといつもつるんでいた。小四はある日、怪我をした小明(シャオミン)という少女と保健室で知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ〝217”のボスと、小明を奪いあい、相手を殺して姿を消していた。ハニーの不在で統制力を失った小公園は、今では中山堂を管理する父親の権力を笠に着た滑頭(ホアトウ)が幅を利かせている。
小明への淡い恋心を抱く小四だったが、ハニーが突然戻ってきたことをきっかけにグループ同士の対立は激しさを増し、小四たちを巻き込んでいく。
1961年に台北で起きた、14歳の少年によるガールフレンド殺人事件に想を得た本作は、青春期特有のきらめき、残酷さを描くと同時に、一人の少年とその家族、友人達を描くことで、その背景の社会や時代をも透徹した視線で見事に描ききっている。


*1991年東京国際映画祭 審査員特別賞・批評家連盟賞
*1991年ナント三大陸映画祭 監督賞
*1991年台湾金馬奨 最優秀作品賞・脚本賞
*1991年アジア太平洋映画祭 グランプリ
*1992年シンガポール国際映画祭 監督賞
*1992年キネマ旬報ベスト・テン 第2位・外国映画監督賞
*2015年釜山国際映画祭 「アジア映画ベスト100」第7位

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』来場者プレゼント!

3月25日(土)『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』を当劇場でご鑑賞のお客様に、主演の【チャン・チェンさん】のサイン入りグッズを抽選でプレゼント致します!

実施日時:3月25日(土) 12:00の回

入場料金:2,200円(特別料金)

賞  品:『牯嶺街少年殺人事件』チャン・チェンサイン入りグッズ〈チラシ/コメントフライヤー〉を合計4様にプレゼント! チラシ、コメントフライヤーのいずれか1つをプレゼントいたします。※種類は選べません。

抽選方法:入場整理券の番号を使い、上映終了後に抽選を行います。
※賞品のお引き換えの際に入場整理券半券をご提示いただきますので、お帰りの際まで無くされませんようご注意ください。

上映日時

3/11(土)~3/17(金) 3/18(土)~3/24(金) 3/25(土)~3/31(金)
12:20〜16:25
18:40~22:45
10:00〜14:05
18:40~22:45
12:00~16:05
4/1(土)~4/7(金) 4/8(土)~4/14(金) 4/15(土)~
14:15〜18:20 13:45〜17:45 上映時間
終了時期未定

トークショー
3/26(日)12:00回上映後、林海象監督×山本政志監督によるトークショーがございます。

料金

一般 大学・専門 高校以下・シニア
通常 一律2,200円(特別興行につきすべての割引対象外)
会員 一律2,200円(特別興行につきすべての割引対象外)

フィッシュマンの涙

フィッシュマンの涙

2015年/韓国/92分/カラー/配給:シンカ
原題:Collective Invention
監督・脚本:クォン・オグァン
出演:イ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン

公式ホームページ

僕は悪魔か 英雄か? それとも食糧?

テレビ局の記者を目指しているサンウォンは、就職面接官の部長から仕事ぶりを見たいという理由で、最近ネットを賑わせている事件を極秘取材することになった。 「恋人が魚の姿になってしまった」と投稿していた女性ジンに取材し、ジンはあの日の出来事を語り始める──。

どこにでもいるごく平凡なフリーター青年パク・グは、新薬を飲んで寝ているだけで30万ウォンの謝礼が出るというカンミ製薬会社の臨床実験に参加。ところが翌朝、謎の副作用で「魚人間」に突然変異してしまう。臨床実験の責任者だったピョン博士は「体内でタンパク質を無限に供給し、食糧難を解決する実験をおこなっていた」と弁明するが、製薬会社の非道な実態を知った国民の怒りは爆発。

その一方で、魚人間パクを通して明らかになる若年層の過酷な現実にも注目が集まり、就職難で困窮する若者たちのヒーローとなったパクは、社会に対して不満や不信を募らせる多くの人々の象徴と化し、追っかけファンの出現やグッズ発売などの爆発的シンドロームを次々と巻き起こしていく。だが実は、パクの体はますます魚化が進行し、もはや数分おきに大量の水分を補給しないと身がもたない状態に陥っていた…。

パクの元恋人ジン、熱血漢の新米テレビ局記者サンウォン、息子の為に賠償金獲得を狙う父親、人権派弁護士たちは、それぞれの事情を背負いながらも私欲にまみれた製薬会社に対して真実を明るみに出すべく動き出すのだった――。

本作では、コミカルな展開の中にも辛辣なテーマを織り込み、現代社会の問題点が浮き彫りにされる過程を巧みに活写。斬新なシチュエーションや心にしみる名セリフを通して「人生を豊かにしてくれるものとは何か?」に対する答えを、観客それぞれの心に導き出していく。ファンタジックでありながらも超リアル、笑えるけれども感涙させられる唯一無二の青春モンスタームービーがついに謎のベールを脱ぐ。

フィッシュマンの涙 フィッシュマンの涙 フィッシュマンの涙

フィッシュマンの涙メイキング映像

上映日時

2/11(土)~2/17(金) 2/18(土)~2/24(金)
18:35〜20:15 14:25~16:05

料金

一般 大学・専門 高校以下・シニア
通常 ¥1800 ¥1500 ¥1000
会員 ¥1500 ¥1200 ¥1000