フィッシュマンの涙

フィッシュマンの涙

2015年/韓国/92分/カラー/配給:シンカ
原題:Collective Invention
監督・脚本:クォン・オグァン
出演:イ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン

公式ホームページ

僕は悪魔か 英雄か? それとも食糧?

テレビ局の記者を目指しているサンウォンは、就職面接官の部長から仕事ぶりを見たいという理由で、最近ネットを賑わせている事件を極秘取材することになった。 「恋人が魚の姿になってしまった」と投稿していた女性ジンに取材し、ジンはあの日の出来事を語り始める──。

どこにでもいるごく平凡なフリーター青年パク・グは、新薬を飲んで寝ているだけで30万ウォンの謝礼が出るというカンミ製薬会社の臨床実験に参加。ところが翌朝、謎の副作用で「魚人間」に突然変異してしまう。臨床実験の責任者だったピョン博士は「体内でタンパク質を無限に供給し、食糧難を解決する実験をおこなっていた」と弁明するが、製薬会社の非道な実態を知った国民の怒りは爆発。

その一方で、魚人間パクを通して明らかになる若年層の過酷な現実にも注目が集まり、就職難で困窮する若者たちのヒーローとなったパクは、社会に対して不満や不信を募らせる多くの人々の象徴と化し、追っかけファンの出現やグッズ発売などの爆発的シンドロームを次々と巻き起こしていく。だが実は、パクの体はますます魚化が進行し、もはや数分おきに大量の水分を補給しないと身がもたない状態に陥っていた…。

パクの元恋人ジン、熱血漢の新米テレビ局記者サンウォン、息子の為に賠償金獲得を狙う父親、人権派弁護士たちは、それぞれの事情を背負いながらも私欲にまみれた製薬会社に対して真実を明るみに出すべく動き出すのだった――。

本作では、コミカルな展開の中にも辛辣なテーマを織り込み、現代社会の問題点が浮き彫りにされる過程を巧みに活写。斬新なシチュエーションや心にしみる名セリフを通して「人生を豊かにしてくれるものとは何か?」に対する答えを、観客それぞれの心に導き出していく。ファンタジックでありながらも超リアル、笑えるけれども感涙させられる唯一無二の青春モンスタームービーがついに謎のベールを脱ぐ。

フィッシュマンの涙 フィッシュマンの涙 フィッシュマンの涙

フィッシュマンの涙メイキング映像

上映日時

2/11(土)~2/17(金) 2/18(土)~2/24(金)
18:35〜20:15 14:25~16:05

料金

一般 大学・専門 高校以下・シニア
通常 ¥1800 ¥1500 ¥1000
会員 ¥1500 ¥1200 ¥1000