ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK

ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK

© 2016Pennebaker Hegedus films.Inc

1967 年/アメリカ/モノクロ/96 分/デジタル・リマスター版DCP/配給:アダンソニア、オンリー・ハーツ/字幕:寺尾次郎

原題:Don’t Look Back
監督・編集・撮影:D・A・ペネベーカー
撮影:ハワード・アルク、ジョネス・アルク、エド・エムシュウイラー
製作:アルバート・グロスマン、ジョン・コート
出演:ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ドノヴァン、アラン・プライス、ボブ・ニューアース、アレン・ギンズバーク、アルバート・グロスマン

公式ホームページ


有隣堂伊勢佐木店全国共通鑑賞券

1965年、ボブ・ディラン24歳。吟遊詩人伝説はここから始まった。 “偉大なる詩人”ボブ・ディランの<特別な始まり>を記録した音楽ドキュメンタリー史上の金字塔。

1962年のデビューから社会に対する痛烈なメッセージを自曲にのせ、今日まで半世紀以上、ひたすら歌い、走り続けてきたボブ・ディランは、2016年10月にノーベル平和賞を受賞した。“Don’t Look Back”―うしろを振り返るな、とばかりに『サブタレニアン・ホーム・シック・ブルース』の歌詞カードを曲に合わせて一枚ずつ落としていく印象的なシーンから始まる『ドント・ルック・バック』は、1965年、4~5月の英国ツアー中のボブ・ディランに迫ったドキュメンタリーである。

1965年――時代もボブ・ディランも変わろうとしていた。

ディランはフォークを歌う詩人からポップ・ミュージックの変革者へと進化しようとしていた。“時代を止めようと人はいろんな事をする。だがそんな事はできない”とばかりに、映画はオープニング・シーンからディランの数々のライヴ演奏、舞台裏の風景、記者へのこき下ろし、熱烈なファンの様子などを含めて、ボブ・ディランが“ディラン”を演ずる姿を、監督ペネベーカーの16ミリキャメラがリアルに映しだしていく。

“偉大なる詩人”としてノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランの<特別な始まり>を告げた『ドント・ルック・バック』は、公開後50年を経て今なお、驚くべき斬新さに溢れた音楽ドキュメンタリー史上の金字塔として映画史に刻まれている。

寺尾次郎氏新訳による全曲歌詞付き
デジタル・リマスター版にて上映

ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK ドント・ルック・バック DON’T LOOK BACK

上映日時

6/10(土)~6/16(金) 6/17(土)~6/23(金) 6/24(土)~6/30(金)
12:20〜14:05 16:45~18:25
21:00~22:40
14:25~16:05

料金

一般 大学・専門・シニア 高校以下
通常 ¥1800 ¥1100 ¥800
会員 ¥1500 ¥1100 ¥800